もしかしてAGAかも?!危ない前髪【画像あり】~これが若ハゲの前兆~

493x335_mens_health_balding_magazine
出典:http://www.lebe-stilvoll.de/

男性型育毛剤(AGA)は男性なら、誰でもなる可能性のあるとても厄介な脱毛症です。みなさんは大丈夫ですか?

AGAになりかけているという人にはある特徴があります。今回は、そんなAGAの初期症状について解説をしていきます。今回ご紹介する初期症状が現れてしまっている!そんな人は、AGAの可能性がとても高いので、早急にAGAクリニックを受診しましょう。

男性脱毛症の特徴とは?危ない前髪というのはズバリこれ!

img_8931-1024x601-1
出典:http://plantel.biz/column/?p=149

ではまず、早速AGAの初期症状の特徴を見ていきましょう!次にご紹介する症状が出てしまっていたら、注意してください!

◆髪の毛が全体的に柔らかくなった

最も初期の症状として、今まで硬かった髪の毛がいきなり柔らかくなることがあります。これは、ほとんどが男性型脱毛症の影響で、5aリダクターゼという酵素の働きにより、成長しきっていない髪が増えるからで、このような髪の毛は毛根が弱くなってしまっているので、成長してもすぐに抜けてしまいます。

◆前髪とサイドの髪の毛が分かれる

男性型脱毛症の症状で最も多いのが、前髪とサイドの髪の毛が勝手に分かれてしまうという初期症状です。男性型脱毛症はM字のラインから徐々に後退してくるという人が多く、特に富士額を部分を残すような形になる可能性が高いです。

そのため、富士額は残っているのに、M字部分が後退していきているので、その間に高さの違いが出てしまいます。

さらに、このとき、サイドの髪の毛もこめかみ辺りの毛を残すようにM字になってしまうで、前髪とサイドの髪の毛がまるで分かれているように見えてしまいます。

◆生え際に産毛が出てきた

次に自覚症状として感じることが多いのが、産毛です。産毛は女性の生え際に生えているポヤポヤとした赤ちゃんのような髪の毛で、個人差はありますが、男性の額にはほとんど生えていません。

しかし、男性型脱毛症の場合、通常男性には生えることの少ない額の生え際の産毛が大量に生えているという初期症状が引き起ります。これは、男性型脱毛症の症状が進行し、生え際が徐々に後退している証拠になります。

男性の生え際に生えている髪の毛が産毛だった場合は、元々はその産毛が生えていた部分まで髪の毛が生えていた可能性が高いです、つまり、後退していることに気づかず産毛だと勘違いしているが、実際は産毛ではなく、成長できなかっただけの細く短い髪の毛、ということです。

自分では産毛が生えてきた。これは回復の兆しを見せたのかも…そう勘違いをしているというとても恐ろしい初期症状ですね。

◆前髪のボリュームが出ない

そして多くの人が実感するのがボリュームの減少です。若い時は剛毛だった人が、男性型脱毛症の初期症状で、元々剛毛だったとは全く思えないほどに細くなります。

また、ボリュームについての実感が出てくるのは主にセットをしたときの違いで、ワックスなどをトップに付けてツンツンとさせたくても、ボリュームが落ちてしまっているせいで、全くツンツンとしないという自覚症状が出る人がとても多いようです。

さらに、その後治療をせずに時間が経過すると、ボリュームがなくなっていた髪の毛が透けるようになり、最終的に綺麗になくなってしまうこともあります。

◆ハチから上の髪の毛を持ち上げると前髪がなくなる

ハチと呼ばれる、側頭部のふくらみ部分から上の髪の毛を全て持ち上げると前髪がなくなるという方も、実は隠れた男性型脱毛症の可能性があります。なぜなら、男性型脱毛症が進行している場合、M字部分が薄くなることがありますが、M部分というのはカットのデザインによって隠せてしまいます。

M字部分の薄毛を隠した際には、必ず頭頂部付近の髪の毛を前髪付近にもってきて、模擬の前髪を作ることが多く、そのような前髪のほとんどはハチから上の頭頂部の髪の毛を全て持ち上げることで、前髪を頭頂部から持ってきているのが分かります。

しかし、前頭部から頭頂部までの厚さがない骨格を持っているという人もいるので、一概にハチから上を持ち上げるとハゲであるという訳ではありません。

男性型脱毛症は髪の毛の成長期が短い

img_3061_712_700
出典:http://aga-ikumou.link/

このような初期症状が発生する原因は5aリダクターゼの影響により、毛周期が乱れるので引き起ります。5aリダクターゼというのは、毛根に存在する酵素の一つで、男性ホルモンが乱れることで活性化し、毛根に働きかけ、成長から脱毛までのサイクルを早めてしまいます。

正常な髪の毛とどれほどの差があるのかというと、正常な髪の毛が、成長期2~6年・後退期2週間・休止期3ヶ月なのに比べ、5aリダクターゼが活性化した髪の毛は、成長期数ヶ月・後退期2週間・休止期3ヶ月

その差は歴然。男性型脱毛症が進行している頭皮から生える髪の毛は、驚くべき早さで成長し、悲しいまでに早く脱毛します……つまり、未熟な髪の毛が生え、完全に成長する前に抜けてしまうというサイクルを繰り返してしまいます。まさに悪循環です。

男性型脱毛症には5つのタイプがあります

type
出典:http://yemenjobs.org/tisiki7.html

男性型脱毛症の後退の仕方には、主に4つのパターンがあります。それぞれ後退の仕方に特徴があるので、その後退の仕方をそれぞれご紹介していきます。

➤第1型(前頭部から進行)

第1型は前頭部から進行するタイプの脱毛症です。生え際が徐々い後退を見せ、頭頂部まで広がりを見せます。頭頂部から後頭部まで症状が進行することはほとんどありません。

➤第2型(頭頂部から進行)

第2型は第1型の逆で、頭頂部から徐々に前頭部にかけて脱毛が進行します。同時に、前頭部からの脱毛も進み、中期になると頭頂部と前頭部の脱毛症がくっついてしまい、第1型脱毛症に似た形になります。
しかし、第1型に比べると側頭部の髪の毛の脱毛範囲は狭く、第1型よりも若干多めに側頭部が残ることが多いようです

➤第3型(左右のこめかみから進行)

前頭部から脱毛が進行するのは第1型に似ていますが、第1型が「U」のような形になるのに比べ、第3型の場合は、「U」が二手に分かれ、M字型に頭頂部に向け進行していく脱毛です。末期になると、富士額部分の髪の毛だけが残る可能性もあります。また、第3型の脱毛症は白人に多いと言われています。

➤第4型(頭頂部と左右のこめかみから進行)

第4型のタイプは非常に珍しい形の脱毛をします。まず、第2型のように頭頂部から徐々に前頭部にかけて後退を見せます。同時に前頭部からは第3型のように二手に分かれるように脱毛する症状が現れますが、第3型よりも急角度で剃りこみが入ったように脱毛します。また、こちらも第3型と同じように富士額が残ることがあります。

M型に脱毛する男性型脱毛症は改善が難しいのが現実

男性型脱毛症を治療するためには、育毛クリニックで治療を受けることになると思います。育毛クリニックでは、フィナステリドという薬を使用して育毛をしていきますが、育毛を行った約80%の人が男性型脱毛症が改善すると言われています。

かなりの高確率で脱毛症を改善できるとされていますが、実際はその80%のほとんどの人が頭頂部からの脱毛症の症状の方です。

つまり、前頭部からの脱毛症の症状が出てしまっている人は、改善するのが難しいのです。特にM字型に脱毛が出てしまっているタイプの方は、育毛クリニックの薬が効かない可能性があります。

しかし、絶対に治らない訳ではありません。なかにはM字でも治療に成功したという方もいます。ただし、これらは、症状が現れてから5年以内。5年以上を過ぎてしまうと、毛根が完全に消滅してしまい、改善はほとんど期待できないと言われています。

そのため、男性型脱毛症を改善するには、今回ご紹介した初期症状が出ている場合にいかに素早く対応できるかということになります。また、初期症状が現れてから、すぐに治療を始めると、80%を超える高確率で髪の毛が生えると言われています。
いかに早期治療が大切なのかが分かりますね。

AGAは完治することはない!

残念ながら、現在の医療では男性型脱毛症を完治させることはできません。その理由は、根本的な原因である男性ホルモンの分泌はなくなることはないからです…。男性ホルモンが分泌している限り、5aリダクターゼは活性化する可能性があり、AGA治療で使われる薬の服用をやめてしまうと、脱も症状を繰り返してしまうこともあります。

しかし、諦めることはありません。髪の毛というのは、現在の医療を用いても明らかにされていないことが多く、実際5aリダクターゼ意外にもさまざまな原因が重なり、脱毛症が起きている可能性もあるので、生活習慣から指導してもらえるAGAクリニックで治療を受けるのは、現時点で育毛医療の最先端の治療を受けているに等しいので、最も高い確率で効果的に育毛ができるのです。

ただし、その分デメリットもあります。それは、治療費の問題です。AGA治療は、残念ながら保険適応外。初期1~2万/月・中期3万/月・末期8万円以上/月という莫大な費用が掛かります。さらに末期になると長期的な治療が必要になるため、年間100万円以上が数年単位でかかる可能性があり、強烈な費用的なリスクが生じます。

AGAは早期発見・早期治療が大切!

このように、AGAの治療は症状が進行すればするほどに、段々と費用が高くなり、長期的な治療が必要になる可能性があるので、早期発見・早期治療がとても大切になります。みなさんは、「まだ大丈夫…」そう思っていはいませんか?

完全に抜けきってしまってからでは手遅れになることもあるので、少しでも怪しい、そう感じた時には、なるべく早い段階でAGAクリニックに足を運び医師に相談してみましょう!そして、いつまでもフサフサな髪の毛を維持できるようにしましょう!

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。