【驚愕の事実】抜け毛の限度数って知ってる?

200px-trichotillomania_1
出典:http://urx.red/AKAA

みなさんは、抜け毛には限度数があるのはご存知ですか?今薄毛に悩んでいるという方は、すでにその限度数を超えてしまっているため生えてこなくなっている可能性があります。では、限度数とはなんなのでしょうか?

今回は、抜け毛の限度数や、抜け毛の限度数をオーバーしないようにするための効果的な育毛方法について解説をしていきます。限度数と言われても、実際は自分ではほとんど実感できない生理現象のようなものなのでほとんど気づかない。

みなさんも、自分の髪の毛が抜けている実感は円形脱毛症のような突発的な脱毛症でない意外、あまり感じないと思います。抜けていることに気づかず改善をしないまま放っておいてしまうことで、現同数を超えてハゲになってしまいます。

しかし、限度数は努力次第では超えなくすることもできるのです。みなさんも、髪の毛が抜けないように、さまざまな努力をしているとは思いますが、男性脱毛症の場合は限度数を超えないようにすることがとても大切、間違った育毛をしてしまうことで全く育毛が効果を表さないこともあります。そのため、限度数を超えないようにするための育毛が必要です。

それでは、まず抜け毛の限度数と関係の深い、髪の毛のサイクルというものから見ていきましょう!

髪の毛にはサイクル(毛周期)というのがある

haircicrle
出典:http://perle-lumiere.com/perlewhite.html 

大前提として、私たちの髪の毛は抜けていないようで、実は1日に驚くほどの髪の毛が抜けています。その本数は個人差はありますが、女性の場合は約100本、男性の場合は約50~80程度と言われており、中には1日に200本ほど抜ける人もいるそうです。

しかし、1日に200本抜けたとしても、髪の毛がいきなり薄くなるということはありません。これは、毛サイクルが大きく関係しています。髪の毛はいわば一つの細胞で、爪と同じです。爪も髪の毛と同じタンパク質で構成されていますが、1度爪を切っても、また生えてきますよね。

これは、爪の深層部、メデュラという部分が細胞分裂をして、新しい爪を今肉眼で確認できる爪の下につくっているから。つまり、大人の爪の下には、小さな赤ちゃんの爪が生えているのです。

髪の毛にもサイクルが存在する

このメカニズムは髪の毛にも言えることで、髪の毛の場合は、

「成長期」、「後退期」、「休止期」という毛サイクル

が存在します。これらは左から

「赤ちゃんの髪の毛が今ある髪の毛の下に生える」、「今ある髪の毛が抜ける準備をしつつ、赤ちゃんの髪の毛が成長をする」、「生えていた髪の毛が抜けて、赤ちゃんの髪の毛が成熟する」

という流れで、段々と生え変わるのです。

これらは、1段階が約2~3ヶ月と言われていて、全頭が生え変わるまでに約3年~4年がかかります。また、こちらも個人差があり、人によっては、6年をかけて全頭の生え変わりが終わることもあります。

このように、私たちが気づかない内に髪の毛というのは、抜けたり、生えたりを繰り返し、徐々に成長をして常に新しい髪の毛でいられるのです。

髪の毛が生え変わる限度数とは?

しかし、この成長には限度数があります。要するに、ある一定の回数、成長と後退を繰り返すと、それ以上は成長しなくなるということです。端的に言うとこの限度数を上回ることが髪の毛が薄くなる原因です。

限度数も個人差はありますが、一般的な髪の毛の人で40~50回と言われています。頭皮に何らかのトラブルが引き起ることで、「成長期」、「後退期」、「休止期」の3つのリズムが崩れてしまい、成長途中の髪の毛が細いまま抜けてしまったりします

これが所謂ハゲの症状で、この状態から徐々に抜ける回数を重ね。完全にハゲてしまうのです。

生え変わる限度数を超える原因は?

c5a0fc10
出典:http://blog.livedoor.jp/ligaliga/archives/7050407.html 

では、限度数を超えてしまうのには、どのような原因があるのでしょうか。その原因を改善することで、生え変わる速度を遅くして、髪の毛の寿命を延ばすことができます。

それでは、生え変わりの速度を速めてしまう原因を見ていきましょう!生え変わる速度を速めてしまう原因には大きく分けて3つあります。

男性ホルモンの影響

生え変わりの限度数を速めてしまう、原因のなかで最もその影響を受けると言われている原因は「男性ホルモン」です。男性ホルモン(テストステロン)は通常筋肉を増強させたり、ゴツゴツと骨ばった骨格を作る、大切なホルモンで増えることで男性としての魅力が格段にUPします。

しかしテストステロンがホルモンバランスの乱れにより減少すると、還元酵素である5aリダクターゼという還元酵素が活発に活動しはじめ、ジヒドロテストステロンという成分を作り出します。

ジヒドロテストステロンは、いわば髪の毛の強力な成長促進剤のようなもので、驚くべき速さで髪の毛を成長を加速させ、同時に後退も加速させてしまいます。

すると、生え変わりの限度数を超え男性型脱毛症という脱毛症になってしまうのです。ちなみに、この5aリダクターゼ。男性の前頭部から頭頂部にかけてまでの範囲にしか存在しない酵素のため、その範囲でしかハゲることがありあせん。

ホルモンバランスを整えることが重要

この改善は、ホルモンバランスを整えるとこが必須です。しかし、ホルモンバランスというものは、簡単に崩してしまい、全く知識のない素人の私たちが完璧に改善するというのはとても難しいです。

そのため男性型脱毛症専用のクリニック(AGAクリニック)にお願いします。AGAクリニックでは、その人の症状に合わせて外服薬や内用薬でホルモンバランスの改善を目指します。自分で改善するよりもはるかに効果的な方法で、AGA治療します。

この方法が最も楽で、最も確実な方法です。さらに、男性型脱毛症の場合、自分で育毛をしていても、生えてくるという確証が全くないので、不安との戦いになります。しかし、クリニックにお願いすれば、目の前に男性脱毛症に詳しい専門家の医師がいる環境で安心して育毛を行うことができます

この精神的なストレスがないという点においても、かなり髪の毛に影響が出ると言われています。

生活習慣の影響

生え変わりの限度数をオーバーしてしまう原因として、次に多いのが生活習慣の乱れです。生活習慣の乱れは髪の毛と関係のないように見えますが、かなり深い関係があります。

例えば、食生活。脂っこいものばかり食べていると、もちろん皮脂の分泌が多くなり、頭皮も脂っこくなります。すると、頭皮に潜伏している常在菌たちが、増殖してしまい、毛穴につまり炎症を起こします

炎症を起こすとその部分の皮膚が傷つき、肌はターンオーバーさせて新しい肌を作ろうとします。その過程で、髪の毛も同時にターンオーバーを起こしますが、炎症が起きることで、このターンオーバーが早まり、毛サイクルの乱れを引き起こしてしまいます

また、睡眠不足などの影響も考えられます。睡眠不足はとても厄介で、成長ホルモンの分泌が制限されてしまいます。成長ホルモンは午後11時~夜中2時まで分泌すると言われている髪の毛の成長を助けるホルモンで、成長ホルモンが分泌することで、髪の毛が成長します。

しかし、この時間帯に睡眠をとることができなかった場合、そのホルモンの量は微量なもので、髪の毛の成長に携わることができるほどのものではありません。

そのため、成長期を向かる髪の毛たちが全く成長できなくなり、毛サイクルが乱れ、例え成長途中にある髪の毛でも細いうちに抜けてしまうことがあります。

改善方法はただ1つ、生活習慣の見直し

これを改善する方法はただ一つ。正しい生活習慣に変えることです。睡眠をしっかりと摂り、野菜中心の食生活をこころがけ、髪の毛の育ちやすい環境をしっかりと整えてあげることで、本来の毛サイクルに戻し、効果的に育毛をすることができます。

カラーリングなどによる毛根への過度なダメージ

このように、わたしたちの生活と毛サイクルは常に何らかの関係を持っており、それぞれのバランスが乱れることで、薄毛を引き起こしていますが、一例だけ、物理的ダメージをうけて、生え変わりの限度数を超えてしまうことがあります。それは、カラーリングやパーマなどによる毛根への過度なダメージです。

カラーリングの場合は、特に黒染めをすると染めたところが痒くなったり、赤くただれたりする人は気を付けてください。黒染めには「ジアミン」という成分が豊富に含まれています。ジアミンは「アレルゲン」といい、アレルギーを引き起こす原因物質。なかには、ジアミンに触れただけで、アナフィラキシー症状を引き起こし命の危険があるという人もいるようです。

ジアミンは、ブリーチ以外のカラー剤にはほとんど配合されていることが多いですが、なかでも黒染めにはたっぷりとジアミンが配合されています。ジアミンによるアレルギーを引き起こすと、まず頭皮がただれます

そのあと徐々にジリジリというような痒みが頭皮を遅い、最終的に頭皮ニキビができてしまったり、火傷をしたように炎症が起きたりします。

もちろん、このような症状になると、毛根にもかなりの負担がかかり、生え変わる速度を速めてしまい、程度によっては限度数も超えてしまう可能性があります。

適度なカラーリング・パーマの回数が大切

この改善方法は、簡単です。毛根に負担を掛けないこと。もちろん、カラーリングなどによる頭皮の異常は一度や二度ではすぐにハゲるということはありませんが、繰り返し行うことで、徐々に限度数に近づいてしまい、最終的に限度数を超えます。

生え変わりの限度数を超えないようにする工夫が大切!

ia64120400017-360x240
出典:http://www.ikumou-usuge-taisaku.com/generic_medicines/5396.html 

このように、髪の毛は常に新しい髪の毛に生え変わっており、生え変わる回数は限度数があり約40~50回程度、生え変わってしまうと二度と生えてこなくなってしまいます。

そのため、この限度数をこえないように育毛をしていく必要があります。限度数を超えてしまう原因はさまざまですが、最も影響が出るのは「男性ホルモン」や「生活習慣」、「毛根への物理的なダメージ」などです。これらの根本的な原因を解決することで生え変わりの速度を遅くすることができるので、薄毛も改善します。

みなさんも、なるべく生え変わりの限度数を超えないような生活を心掛けましょう!

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。