運動でハゲが治る!?ハゲ予防になる!? 〜都市伝説の真実〜

運動していますか?
忙しさや面倒くささから、結構運動不足の人は多いと思います。

運動するとハゲが治るという都市伝説を聞いたことがありますか?
「それなら運動するよ」という声が聞こえてきそうですが、本当なのでしょうか?
今回は運動でハゲが治るという都市伝説を徹底検証していきます。

運動はハゲに良い!?

34833942_m

(出典: http://www.fitnessjunkie.jp/archives/4143

運動すると体が熱くなり、汗をかいて気持ち良いですよね。
全身の血行が良くなるのが分かると思います。

薄毛の原因とされていることに血行不良があります。
では、運動すれば血行不良が改善されるので薄毛も改善されるのではないかと考えたことありませんか?
実際にどうなのでしょうか?

まずは運動不足でどういうことが起こるか見ていきましょう。

運動不足で起こる体の変化

肥満になる

symptom_67

(出典: https://doctors-me.com/doctor/symptom/67

運動不足により基礎代謝が落ちていくのに、食事の量が変わらないことで肥満体型になっていく場合があります。
これは成人男性に多くありがちで、中性脂肪も増えるので心臓に負担がかかり血行が悪くなります。

また、皮脂の分泌も多くなるので、毛穴がつまりやすく頭皮環境が悪化し、薄毛になる可能性があります。

ストレスが溜まる

mens03

(出典: http://xn--loh-5s0en63o5mm.net/juvenile-menopausal-disorders-of-the-man-2/

運動しないと確実にストレスは溜まりやすくなります。
自律神経が緊張し、血管が収縮するので血流が悪くなります。

ストレスが溜まりっぱなしですと、血管が収縮したままになるので、毛髪が成長できず薄毛になります。

体臭がきつくなる

25415

(出典: http://healthil.jp/25415

運動不足になると代謝が悪いので老廃物がた溜まりやすく体臭が発生してしまうことがあります。

これは毛穴に皮脂が詰まってしまい雑菌が繁殖するためと言われています。
そうなると、結果的に抜け毛も増え薄毛になってしまいます。

血行が悪くなる

基礎代謝が落ち筋肉があまり動かないため、心臓から血液がうまく循環できずに血行が悪くなります。
血行が悪くなることで、頭皮へ必要な栄養が届きにくくなるので薄毛になってしまいます。

運動でハゲは治るの?

運動不足で薄毛を招いてしまうことがあるとわかったところで、実際に運動でハゲは治るのか?

残念ながら、運動でハゲが治るということはないようです。

確かに運動で血行を改善することはできるのですが、ハゲる原因と言われている5αリダクターゼを抑制できませんので根本的に治療ができる訳ではないようです。

ハゲ予防のための運動

運動でハゲは治りませんが、予防をすることはできます。

つまりハゲる前なら未然にハゲ予防ができる可能性はあります。
ハゲてからでは運動だけでハゲ改善は難しいです。
そのため、運動を習慣化すると良いでしょう。

運動すると起こる体の変化

では、運動することで私たちの体はどのように変化するのでしょうか。

痩せやすい体になる

Young man measuring waist with tape

(出典: https://jooy.jp/58924

私たちの体は運動すると成長ホルモンを分泌します。
有酸素運動はもちろん無酸素運動と言われる筋力トレーニングは特に効果的と言われています。

筋トレしたことにより分泌される成長ホルモンの働きで体脂肪を燃焼しやすい状態にするからと言われています。

また、筋トレ後2日間は体脂肪が燃焼しやすい状態が続くとも言われています。

それと筋トレでハゲるという説もありますが、あれは半分本当で半分嘘です。
と言うのも、筋トレをすると男性ホルモンのテストステロンが分泌されますが、ハゲる原因はテストステロンと還元酵素5αリダクターゼが結びつくことにより起こります

この結びつきにより、DHT(ジヒドロテストステロン)と言われる強力な男性ホルモンに変換され、DHTがヘアサイクルを乱しハゲルと言われています。

つまり、テストステロンが分泌されていても5αリダクターゼと結びつかなければハゲになりにくいという事です。
この結びつきは個人差があるようで、ジヒドロテストステロンの感受性が低い場合はいくら筋トレをしてもハゲないそうです。

そのため、筋トレでハゲるというには半分本当で半分噓になるのです。

その他にも、筋トレでダメージを受けた筋肉にテストステロンが消費されるので、5αリダクターゼと結びつきにくくなるという説もあります。

ストレスが発散される

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%b9%e8%a7%a3%e6%b6%88%e3%81%ae%e8%89%b2%e3%80%85%e3%81%aa%e6%96%b9%e6%b3%95

(出典: http://kenko.karada555.info/hiro_stress/stress_kaisyo/

運動することで、交感神経の働きが抑えられ副交感神経が優位に働くようになります。

交感神経は緊張している時や、ストレスを感じている時に働きます。
一方、副交感神経は運動の他、休息している時、睡眠中などのリラックスしている時に働きます。
運動は気分転換になりリラックスするので、ストレスが発散されます

また、鬱にも良いとされ、運動で血中脂肪が分解され、トリプトファンが脳内でセロトニンに変換されます。
セロトニンは不安解消に良いとされていますので、鬱に効果があるとされています。

血行が良くなる

筋肉は心臓から送られてきた血液を送り返す役割がありますので、筋肉が低下すると血行が悪くなります。
運動することで筋肉量が増えますので正常に血液を送り出すことができるため血行改善になります。
血行が良くなることで、頭皮に栄養が届きやすくなるため薄毛の予防に繋がります。

血行改善には

  • ・ランニング、ウォーキング、水泳などの有酸素運動を30分以上
  • ・腕立て伏せやスクワットなどの筋力トレーニング
  • ・ストレッチで体を柔らかくする
  • ・半身浴を37~38度のお湯で20分以上

などがあり、運動の他にも血行改善できることがあります。

血行が良くなると体温も上がり風邪が引きにくくもなりますので、運動を習慣化しましょう。

こんな人は運動しても無駄

ハゲ予防のために運動を始めるのはとても良い事ですが、次に挙げる様な場合は折角の運動も無駄になるかもしれません。

食生活が乱れている人

eatingdisorder-300x200

(出典: http://ur0.biz/D7Ef

食生活が乱れていては折角の運動も台無しになります。

運動することで、カロリーが消費されるためいつもより食事の量が増えたり、「今日は運動したからご褒美で」なんて自分を甘やかすことは結果的に悪影響になります。
私たちの体は全て食事で作られます。

炭水化物は筋肉を作るうえでは大切ですし、タンパク質・ビタミン・ミネラルは毛髪の成長のため、脂質は肌を潤すためには必要となり、どの栄養が欠けても体に何らからの影響を及ぼします。

「じゃあ、たくさん摂ればいいの?」という発想になると思いますが、過剰摂取は逆に体に負担が掛かります。
炭水化物と脂質を多くとると脂肪が増えますし、他の栄養素も摂り過ぎると内臓を疲労させそれがストレスになるかもしれません。

何事も“適度”が一番良いです。

睡眠不足の人

175052972-e1450087862422

(出典: http://yaziup.com/life-style/life-habit/1744

睡眠も非常に大切となります。

人間の体は寝ている時に成長ホルモンを分泌します。
それも、22時~2時の4時間が最も分泌すると言われており、髪の成長にはこの時間に寝るのが望ましいです。

また、しっかり睡眠時間を取ることで疲労回復や肌の調子も良くなります。
次の日の仕事のパフォーマンスに影響が出ますので、ネットやテレビを見てダラダラ過ごさないで早く寝るようにしましょう。

喫煙している人

af9920044870w

(出典: http://cdn2.mynvwm.com/wp-content/uploads/2016/06/af9920044870w.jpg

髪は血液から運ばれてきた栄養を毛細血管から吸収し成長するのですが、タバコを吸うと血管の収縮により頭部の血行が悪くなりますので、栄養が届かず毛髪の成長を邪魔してしまいます。

また、タバコを吸うと男性ホルモンが増えると言うのは最近の研究で解明されてきています。
薄毛のメカニズムとして、男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素と結びつき、「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換されます。

このDHTが毛乳頭に働きかけ髪の成長を止めてしまい薄毛を進行させてしまうそうです。

更にタバコに含まれているニコチンは、体内のビタミンCを破壊します。
ビタミンCには栄養の吸収を促進する働きがあり、正常に保つことで頭皮環境を整え薄毛を防ぎます。
ニコチンがビタミンCを破壊し、吸収率が下がると毛髪に必要な栄養素が届きにくくなり、薄毛になってしまいます。

ちなみに、ビタミンCの一日の基準摂取量は100mgとなっており、タバコ1本で25~100mgものビタミンCが破壊されます。

お分かりですか?
タバコは体に悪いと言われていますが、髪にも悪影響を与えます。
せっかく運動しているのにも関わらず上記のような生活をおくっていると、薄毛になるのも頷けます。
運動しつつ日頃の習慣を見直しましょう。

ハゲを直すには

では、ハゲを直すにはどうしたらいいのか。
以下が主な治療方法です。

クリニックに通う

薄毛専門のクリニックがありますので、まずはそちらを受診してみてはいかがでしょうか?
HARG療法など成長因子を頭皮に注射したり、ミノキシジルやフィナステリドをなど発毛に効果のある薬を処方してくれます。

最近ではCMなども増えて、薄毛には専門クリニックが効果的と一般化しつつあります。

一人で悩まずに医師に相談することで解決し、気持ち的が楽になる人もいます。
無料カウンセリングを行っているところもありますので、一度受診するのも一つの方法になります。

植毛する

根本的に治療したい場合は自毛植毛が良いでしょう。
側頭部や後頭部の髪が生えているところから薄毛部分に移植するので、拒否反応がなくその後の発毛率も高い様です。

しかし、費用が高く傷跡が残る可能性があるなどリスクもあります
そういったことを理解した上で行えば、根本的な治療になるので良いのではないでしょうか。

ハゲ予防と健康のために運動を

今回は運動でハゲが治るという都市伝説を検証してきました。

運動だけではハゲが治ることはありませんが、薄毛の予防には繋がります。
学生時代運動しており、引き締まった体だった人も社会人になると太りだすというケースがあります。
それは、健康だけではなく確実に薄毛を進行させるでしょう。

忙しいさや面倒くささなど、甘えが出ることもあるでしょうが、将来の自分のために今から運動をしていきたいものです。

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。