前髪ばかり抜けるのはなぜ?生え際のハゲの原因と対策まとめ

sfxvfzwjlft8ped1462810830_1462811368

生え際が後退するタイプの薄毛は、男性に多く見られるのが特徴で、形態によりM字ハゲやU字ハゲと呼ばれています。これらのように、前髪に集中して薄毛が進行するのは何故なのでしょうか?今回は、その原因と対策についてご説明します。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

(出典:http://www.xn--tv-6l5cu97ge1v.com/img/SfXVfzWjlfT8PED1462810830_1462811368.png

生え際の薄毛の原因

生え際の薄毛は、AGAという症状の典型的な形態で、男性ホルモンのテストステロン(testosterone)が変化したジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone)という物質の作用により引き起こされます。ちなみに、ジヒドロテストステロンの生成に関与している還元酵素のⅡ型5αリダクターゼは、生え際から頭頂部の毛根内部に分布しているので、薄毛はこの部分に集中することになります。つまり、O字ハゲと呼ばれている頭頂部の薄毛も原因は同じということです。

なお、AGAの発症には遺伝的な要因が大きいと考えられており、特に母方から受け継ぐ男性ホルモンレセプター遺伝子の多型が重要なポイントとなります。この遺伝子を受け継いでいると、ジヒドロテストステロンが毛乳頭内の男性ホルモンレセプターと効率的に結合するので、脱毛症が進行しやすい状況となってしまうからです。

この脱毛症の日本人男性における発症頻度は約30%と報告されており、20歳代10%、30歳代20%、40歳代30%、50歳代以降40数%と年齢と共に高くなります。これは、加齢によりテストステロンの分泌量が低下するに従い、これをサポートするジヒドロテストステロンの影響力が強まるためと推測されています。


(出典:http://www.hiro-derma.com/images/aga2.jpg

生え際の薄毛の仕組み

AGAで薄毛が進行するのは、ジヒドロテストステロンの作用により、トランスフォーミング増殖因子という脱毛因子が誘導されることが原因です。これにより、毛母細胞の増殖が抑制されるので、髪の毛の寿命が短くなってしまいます。このために、初期の段階では前髪がなかなか伸びないと感じることになります。

また、ジヒドロテストステロンには皮脂の分泌量を過剰化させるという作用もあるので、毛根が塞がれてしまい炎症を起こしやすい環境が形成されます。これにより、毛包がダメージを受けて縮小するので、髪の毛のサイズも細くなります。つまり、短毛化と軟毛化が同時に進行するということです。

なお、ジヒドロテストステロンが生産されている限り、このような状況が変化することはないので、最終的には毛根は機能を喪失してしまい、生え際から頭頂部までの髪の毛はなくなってしまいます。この最終段階に到達するのは40歳代以降が一般的ですが、20歳代でかなり進行するケースも起こり得ます。

若ハゲで悩んでいます。もともと前髪が薄かったのですが、最近露骨に前髪の生え際がスースーするくらいまでハゲてしました。
まだ20前半なのにすごく前髪の生え際が寂しくて鬱になりそうです。何をするにも前髪の生え際が気になって仕方ありません。どうすれば改善できるでしょうか。

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10141149420

若ハゲに悩んでいる大学生20歳です。現在m字と頭頂部の両方がキテおり、最近は髪全体のスカスカ感を感じるようになってきました。食生活は気を使っていますが何分遺伝の影響が大きく家系はハゲ一家です。しかしせめて40まではハゲたくありません。今現在は癖毛なので自然とボリュームがあるように見えますが濡れるとスカスカです。

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10147724505
このように、早い段階で薄毛になってしまうと周囲には同じ悩みを持つ人が見当たらないということもあり、必要以上に悩んでしまうことになります。


(出典:http://bi-kakumei.com/article_img/d148ba0f9ead738845d17801b8d8dc2e.jpg

生え際の薄毛の対策

AGAは、遺伝的要因が大きく関与しているので、残念ながら発症自体を防ぐということは出来ません。しかし、現在では改善する方法が考案されているので、薄毛の進行を防止することは可能です。この節では、生え際の薄毛を食い止める方法を紹介していきます。

プロペシア

AGAに対しては、10年以上前から医療機関での治療が本格的にスタートしています。これは、2,005年にプロペシアという治療薬が厚生労働省に承認されたためで、かなりの高確率で脱毛症の進行を食い止めることが出来ます。ちなみに、厚生労働省が1年間かけて実施した臨床試験では、軽度改善以上の効果が58%に、不変以上の効果に至っては実に98%に認められています。

この治療薬の作用機序は、Ⅱ型5αリダクターゼの酵素活性を阻害するという内容で、髪の毛に対しての直接的な効果はありません。しかし、ジヒドロテストステロンの生産量が減少するので、狂わされていたヘアサイクルが元の状態に回復することになります。このために、髪の毛は通常の成長が出来るようになるので、薄毛が改善するという結果につながります。

なお、実際に使用した人の感想は次のような内容が記されているものが多く見られています。

ちょうど3ヶ月服用が終わりました。60日目頃から生え始めた生え際の産毛が、濃くなってきて、3センチほど生え際が下がり高校生の頃の生え際ラインになっています。それどころか、額全体に産毛が広がってきています。このままだと額がなくなるのでは。。。ただ、生え際の産毛が濃くなったとはいえまだまだ密度がイマイチなのでこれからに期待しています。

引用:https://www.osakado.org/product_reviews/rpg/000051_propecia_nz.html

正直半信半疑ではじめました服用して4ヶ月ぐらいから徐々に実感が感じられるようになってきました 自分は、Mハゲで前頭部が離れ小島状態になる前ぐらいに髪がすけていましたが半年たった今ではそんなに気にならない程度まで回復しきています 副作用は今まではないです 薄毛で悩んでいるならぜひ試したほうがいいと思います

引用:https://www.osakado.org/product_reviews/rpg/000051_propecia_nz.html/page:3

プロペシアをはじめて半年近くになったので、参考までに経過報告します。元々おでこが広く、毛の量(密度)も多くない方でした。20代半ばから、おでこが少し後退&地肌の見え具合が気になってきました。それ以降、シャンプーや食べ物を気にしたり、市販の育毛トニックを使ったりしていましたが、効果はイマイチでした。そんなとき、こちらのプロペシアを見つけました。使い始めて1週間ほどで頭皮の脂が減少し2ヶ月ほどで、おでこに産毛が生えてきました。気のせいだと思い込んでいましたが、やはり生え際が後退していたことがわかりました。

引用:https://www.osakado.org/product_reviews/rpg/000051_propecia_nz.html/page:5
ダイレクトな育毛効果はないので、改善するペースは非常に緩やかです。このために、最低でも半年程度は継続して利用することが必要であり、完全に回復するまでにはさらに時間がかかることになります。

一方、プロペシアは男性ホルモンに作用するので、性欲の減退や勃起機能の低下など性機能に関する副作用が起きる可能性があります。また、ジヒドロテストステロンは男性性器の発育に関与しているので、この物質の生産を抑制することにより、成長が阻害されることになります。このために、妊娠中や授乳中の女性は胎児や乳児の男性性器に悪影響が及ぶ危険があるので、服用することを禁止されています。また、経皮吸収する可能性があるので、これらの人と同居している場合は厳重な管理が求められます。


(出典:http://img-cdn.jg.jugem.jp/d19/95514/20100530_1160539.jpg

ザガーロ

2,015年の9月に承認されたザガーロは、プロペシアと同様に5αリダクターゼの活性阻害剤ですが、数倍以上の効果を発揮すると考えられています。このために、プロペシアで効果を体感できなかった場合は、こちらの治療薬を服用することにより、状況が変化する可能性があります。

ちなみに、ザガーロはプロペシアと同様に、AGA治療を行っている医療機関で処方されています。健康保険が適用されない自由診療による取り扱いとなるので、クリニックによって料金には違いがありますが、大体の相場は1か月分で8,000円程度と言われています。

なお、ザガーロと同じデュタステリドを主成分としている治療薬は、アボダートやデュタスなど複数の種類が販売されており、個人輸入代行業者を利用して購入することが出来ます。これらは、かなりお得な値段が設定されており、デュタスに至っては1年分で約12,000円とザガーロの8分の1程度です。トラブルが起きても自己責任となってしまいますが、経済的な負担を軽くしたいという人にはオススメです。

それでは、実際の利用者の口コミを見ていくことにしましょう。

45歳、薬剤師です。
育毛歴1年になります。
フィナステリドからの乗り換えです。
ザガーロが国内で販売開始になったのをキッカケに、ジェネリックで服用開始しました。現在2カ月間継続しています。フィナステリドでやや停滞していた発毛がデュタステリドに変更して、再び発毛再開しています。抜け毛も確実に減りました。髪のコシが20台の時に比べてもかなり強くなっていて、寝起きや帽子を脱いだ後に実感します。

引用:https://www.osakado.org/product_reviews/rpg/014955_dutas.html

フィナステリド1mgを1年半ほど服用しておりましたが、抜け毛が減らなかったためデュタステリドに切り替えました。服用開始して1か月ほどで髪を洗う際の抜け毛が劇的に減少しました。少々性欲が減退しているように感じますが、副作用なのか年齢や精神的な要因なのかは判断ができないので今後慎重に服用していこうと思います。

引用:https://www.osakado.org/product_reviews/rpg/014955_dutas.html/page:2

使用して一年程ですが、全体的に見違えるようになりました。飲み始めて一ヶ月で薄っすら生際のラインができて、そこから外側から徐々に濃くなってきています。数年間フィンペシアだけ飲んできましたが、現状維持程度でした。今も合わせて飲んでいます。これからも生際が濃くなってくるのが楽しみです。フィンペシアであまり変わらなく悩んでる方にはオススメですね。

引用:https://www.osakado.org/product_reviews/rpg/014955_dutas.html/page:3
このように、プロペシアジェネリックのフィンペシアから乗り換えるというケースが多いのが特徴で、かなり期待が持てる内容が記されています。ただし、効果が強い分だけ副作用の危険も大きくなるので、使用する際には十分な注意が必要となります。


引用:http://aga-clinic-experience.jp/img/photo/zagallo_bf1.jpg

まとめ

生え際の薄毛の大部分を占めているAGAは、医療機関での治療も実施されていますが、基本的には疾患ではなく単なる体質です。このために、生え際から頭頂部までの髪の毛が全てなくなるまで進行したとしても、寿命に影響が及ぶことは全くありません。実際に、ツルッパゲと呼ばれるような状態になっている高齢者は少なからず存在しており、病気ではないということを証明しています。

ただし、それだけに自然治癒力で改善するということはないので、放っておくと間違いなく進行します。また、生活習慣の見直しなどで健康状態を良化しても、薄毛を改善することは出来ません。何故なら、ジヒドロテストステロンが生産されている限り、状況が変化することはないからです。

このために、生え際の薄毛を何とかしたい場合は、原因物質の生産を抑制するというアプローチが必須となります。今回紹介したプロペシアとザガーロは最も有効な方法であり、前髪の抜け毛に悩んでいる人にとっては間違いなく強い味方になります。根拠のない治療法に惑わされることなく、確実な方法を選択するようにしましょう。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。