薄毛対策は10代のうちに!明日から試したい改善策まとめ

現在日本における薄毛率は、約5%と言われています。なんと4人に1人が、”上から目線”に悩んでいるのです。もし市販している育毛剤や、養毛剤、発毛促進剤等々が、キャッチフレーズのように、有効ならばこんなに多くの薄毛の人たちが、私たちの周りにいないでしょう。薄毛にさよならしたいならば、噂などに惑わされず、きちんとした科学的な理論に基づいた、育毛戦略が必要となりましょう。薄毛に悩む人が最近急激に増えてきたのは理由があります。それはOA機器の普及、パソコンや、スマートフォンなどによるゲームの氾濫です。当然眼を酷使しますので、眼精疲労になる人が後を絶ちません。その眼精疲労は、薄毛に大いに関係してくるのです。長時間パソコンやスマートフォンで肩こり、首筋のこり、などの症状を生み出し、それが抜け毛につながり、薄毛の人が急増していると言うのが現状です。しかし恐ろしいのは、これまで薄毛は40代、50代の現象とされてきましたのが20代30代の若ハゲと言われる現象を生み出しました。それが驚いたことに、ゲーム機の影響糸ともみられます、10代の薄毛の人が現れたのです。遺伝とか、他の病気、薬剤などは一切関連しないことから生まれたのです。もはや薄毛対策は10代から始めなければならない時代に来たと言えましょう。

毛と共に先細るデトックスパワー

毛髪が十分にある時人は「毛髪はなぜ必要か」と考える人は先ずいないでしょう。
健康と髪の毛は、失ってみて、初めてそのありがたさに気付くのです。
毛髪は、頭部の保温、皮膚の保護に加えて、外部の変化を察知するセンサー機能、さらには有害物質、特に重金属などの排泄、すなわち解毒(デトックス)などの役割を担っていると考えられています。毛髪の役割の中でも、デトックスは、特に健康維持のために重要と言えましょう。
貴金属中毒や薬物中毒の診断では、毛根に含まれている、これらの物質の濃度を減らすことからも、デトックスにおける毛髪の関与の、重要性が立証されています。
人の毛髪は、他の霊長類のそれと比べて、太く、長く、そしてより多くのメラニン色素を含んでいます。
これは人の進化の過程で獲得した特性です。
海岸で長く暮らしている人たちは、魚を主食としていました。
魚を食べることで、魚に含まれている重金属も一緒に体内で摂り込んでいます。
けれど毛髪を持つことで、摂り込んだ重金属を体外へ排出することができるのです。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

デトックス機能の促進は健康維持に最重要

魚をたくさん食べる漁師は、デトックス機能が促進されているので、薄毛の人はあまり見かけません。
しかも漁師の人たちは、心筋梗塞、脳血管疾患、悪性腫瘍などによる、死亡率が一般の人たちと比べて、各段に低いとのデータも示されています。
デトックス機能を高めることは、薄毛の予防にもなり、他の病気への予防にもつながると言えましょう。
また果物を食べることも、薄毛予防には大いに役立つことになります。
ブドウなどの果物には、ポリフェノールという一群の物質が含まれています。
この代表的なものが赤ワインのレスベラトロールです。
これはブドウなどに紫外線が当たれば当たるほど、たくさん作られ、紫外線による障害を防ぐ効果を持つ、いわばブドウにとっての自己防衛物質なのです。

毛髪に含まれるメラニンの解毒作用

毛髪に含まれていますメラニンは、人の皮膚に紫外線が当たりますと、沢山作られます。そのため、メラニンは、人によってのポリフェノールであり、植物の場合と同様に、紫外線から肌を守るほか、酸化物質や重金属などの有害物質を結合し、体外へ排泄する作用を持っています。
皮膚が赤くはれるほどの日焼けは、問題ですが、小麦色の肌の人は健康的と言えそうです。このように毛髪に含まれています、メラニンの解毒作用や、生体防御作用などを考えますと、薄毛の人は、そうでない人に比べて、重金属などを体外へ排泄するデトックス能力が低下している可能性があります。
マグロなどの大型魚は、海の魚の食化連鎖の中で、上位にあり、貴金属が蓄積されやすくなっています。
しかし食べ過ぎは逆効果をもたらす場合もありますので注意が肝心です。

美しさを競い合う女性たち

現代はストレス社会です。
このストレスこそ、薄毛の大敵と言わねばなりません。
ストレスのために血行が悪くなり、ホルモンのバランスが崩れ、免疫力が落ち、その結果として抜け毛が起こり、薄毛になると言う訳です。
ただ総じて言えますのは、ストレスのある生活は、とりもなおさず体に悪い生活、ひいては髪にも良くない生活を送っていると言うことです。
「ストレスが溜まり、睡眠不足で疲れがたまり、生活が不規則で食事もろくに摂れない」となりますと、髪を丁寧にケアする時間などある訳はなく、髪の手入れも、おろそかになってしまいます。
その結果、若い内から薄毛に悩むことになるのです。
また若い女性は、美容に関心が高く、情報源も豊富で、少しでも不調を感じたら、すぐケアする方法は見つかるはずなのですが。
ある民間調査機関に調べで、働く20代、30代は、一番ストレスが強いと言う結果も出ています。
一つ言えることは、薄毛の女性が増えたと言うことは、裏を返せば、「薄毛のまま我慢する女性が少なくなった」ということかもしれません。

女性の薄毛の悩みは深刻

「ハゲは男性だけの問題」確かに街を歩いている人を見ても、髪が薄いのは圧倒的に男性ばかりと言えましょう。
女性の若い人はもとより、高齢者でも髪はふさふさしている人ばかりです。
ところがそれは女性にとって思い込みにすぎません。
女性は男性ほど顕著じゃないにしても、加齢とともに、髪が薄くなります。
長い間男性の薄毛の陰に隠れて、女性の薄毛は余り問題視されてきませんでした。
その結果「オンナはハゲないもの」という世間の思い込みが出来てしまいました。
そのためいざ薄くなった場合、「どうして私は女性なのに薄くなるの」と深刻に悩むことになるのです。
もちろん男性にとっても薄毛の悩みはあります。
若いのにハゲていたら女性にもてない、と悩む人は多いはずです。
それでも男性の場合、大半、本人が気にしなければ済んでしまいます。
しかし女性の場合はそうはいきません。
つまり女性の場合の薄毛は、存在が認められないのです。
地肌が透けて見えるほど、髪が薄いことが、外見上プラスになることはまずありません。女性の薄毛はより深刻なのです。

若い女性に薄毛が増加中

女性の薄毛は、本来ならば女性ホルモンが低下する、中年期以降に起るのが一般的なのです。
ところが、最近は、若い女性に薄毛現象が目立ってきています。
「まだ若いのになぜこんなに髪が薄いの」と悩んで売る人が急増しています。
その理由としていくつかありますが、やはり一番多いのが、食生活の乱れにより、髪への栄養不足と言えましょう。
食の欧米化で、これまでのご飯、味噌汁、卵、海苔、魚、野菜といった和食の生活から、パン、肉を中心とした欧米食に変わってきたことでしょう。
次に挙げられますのが、過度なダイエットでの栄養不足、生活習慣の乱れ、スマートフォン、パソコンなどの影響による眼精疲労、これが薄毛を増やす大きな要因となっています。男性も薄毛傾向は、年代が下がっていますが女性においても、その傾向は変わらないようです。

髪への一番の投資とは

テレビなどの情報番組で、薄毛の特集などをやっていますが、そこで「これさえ食べれば薄毛予防にはOK」という、体にいい食べ物を紹介していました。
もちろん、「これさえ食べれば薄毛にならない」まるで夢のような、そんな食べ物はありません。
「サプリメントを飲んでいるから栄養は十分に足りている」という人も野菜や、ヨーグルトなど、何か自然なものを摂ってる方が肌や髪には、絶対いいのです。
例えば市販されている野菜ジュースなどは「これ1本飲むだけでOK」などを謳っていますが、食物繊維、ビタミンC,カリウム、鉄、マグネシウムが1日に求められる摂取量より、大幅に下回るデータ報告されているのです。
一番効率がいいのは、緑黄色野菜を中心にジューサーで絞ってつくることです。
野菜や果物は、バランスよく摂取してこそ、その効果が発揮できるのです。
大切な栄養素は、ホルモンの分泌やコラーゲンの育成にもつながります。
コラーゲンは、体内でアミノ酸に変わってしまいます。
アミノ酸が不足しますと、抜け毛につながります。
ですから、むしろ良質なたんぱく質(アミノ酸)を摂ることが大切です。
これが髪への投資につながることはいうまでもありません。

薄毛で悩む人、薄くないのに悩む人

薄毛の度合いが、ハミルトン・ノーウッド分類で言えば、Ⅳ、Ⅴ、それ以上とかなり進んでいる人が悩むのは、比較的理解しやすいのですく、自然な気持ちと言えましょう。
「髪の毛が薄くなった」という現実の問題が、目の前にある訳ですから治療が進み、頭髪の状況が、それなりに改善して行けば気分も軽くなるsでしょう。
しかし客観的に見て、特に頭髪に問題がないけれど、悩みや憂鬱気分が強いと言う人は抜髪の毛の本数を気にし、フサフサ髪になりたいと悩んでいる人も多くなりました。
なぜ髪の毛がそんなに気になってしまうのか、それは遺伝的なことから、「親父の髪は前頭ハゲなので、自分もいつかそういう日が来る」と悩んでいる人もいます。
そうした日々の悩みがストレスとなり、本当に薄毛になった人もいます。

薄毛の対策は、10代から始めよう

これまで薄毛と言いますと、加齢に伴ってハゲて来ると言うのが一般的な考えでした。
今やそういった時代は完全に崩壊したのです。
10代からでも薄毛現象は表れてくる時代になったのです。
薄毛になる前に、正しい対策を施したならば、必ずハゲは防ぐことができます。
それには日常生活の改善、から始めなければなりません。パソコンや、スマートフォンでの長時間使用で、目の疲れ誘うことや、食生活の改善、適度な運動、正しいヘアケアをしっかりマスターするなど、すぐに出来ることは沢山あります。
ハゲにならないための予防策を、今から始めよう。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。