蛇行性脱毛症の原因を探る!~治療法まとめ~

蛇行性脱毛症は、円形脱毛症の一つです。この円形脱毛症の、原因や病気が起きていく状態(病態)については、長い間不明でしたが、最近の研究の進歩もあり、徐々に解ってきました。そしてより病態に即した治療を開発して行く、気運が高まっているのが実情と言えましょう。円形脱毛症の一種、蛇行型脱毛症は、円形脱毛の種類が7つある内、最も重症と言われています。円形脱毛症の場合、単発型などは、ほっておいても自然に治る軽度なものですが、この蛇行性脱毛症は、放置しておきますと、どんどん進行して行き、怖い病気になります。ここでは、蛇行性脱毛症の原因を探ると共に、その治療法を解説して行きます。

円形脱毛症は7種類ある中で、蛇行性は重症な病気

円形脱毛症には,小脱毛症と言われています、
円形型のハゲが1個の「単発型」小脱毛症が2個以上多発する「多発型」、頭部全体に脱毛が及ぶ「全頭型」、全身の毛が脱毛する「汎発型」、生え際が帯状に脱毛する「蛇行型」、頭頂部が脱毛し、生え際が残っている「逆蛇行型」、急性に頭部全体に脱毛するが経過が良好な「Acute diffuse and total alopecia」の7種類があります。
この中でも蛇行性脱毛症は、早急に医師の診断が必要な、重症な病気と言えましょう。
単発型の様に、すぐに治る症状もありますので、円形脱毛症は、ほっておいても自然治癒すると、勘違いしている人も多いのは確かです。
単発型が見られた状態で、医師の相談をオススメします。
円形脱毛症は、繰り返し起こる可能性もありますので、そうした注意も大切です。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

蛇行性脱毛症は女性や子供にも出てくる症状

蛇行性脱毛の性質として、女性や子どもにも多発しています。
おでこや、首筋、耳の周りなどの生え際から、蛇が蛇行するように、ハゲていくことからこの名が付けられました。
後ろから見ますと、耳の生え際から、一方の耳の生え際にかけて、頭頂部、後頭部がすべてハゲテ行きます。
逆蛇行型脱毛は、蛇行型と真逆で、頭頂部や、後頭部は髪の毛が残り、耳の生え際から首筋に書けてハゲテいく症状です。
いずれにしろ、ここまで来ますと治療も難しくなります。
このタイプに有効な治療法は、ステロイド薬の局所注射など、踏み込んだ治療が必須となります。

円形脱毛症 蛇行性脱毛症を起こす原因は?

ハゲの状態を医学的には、「脱毛症」と言います。
蛇行性脱毛症の原因となりますのは、ほぼ円形脱毛症と同じで、ストレスや他の治療疾患の影響、そして自己免疫疾患などが有力視されています。

1精神的ストレス

最近の社会環境から、ストレスは避けられない、と言うのが現実と言えましょう。
家庭でのストレス、学校や職場での人間関係など、精神的ストレスは溜まる一方です。
最近、職場でのサラリーマン、OL、そして病院の看護師、薬剤師などに、うつ病が慢性化している状況は事実です。
このストレスが要因となっているのは確かです。
生きるためには、いかにストレスを軽減して行くかが、今重要なファクターとなっています。

2自己免疫疾患

人間の体には、細菌やウイルスなどの外敵の侵入から、体を守る「免疫」機能があります。その働きをつかさどるのは、リンパ球です。
何らかの理由があって、リンパ球が自分の体の一部で、毛根を異物と間違えて、攻撃し、髪の毛の成長を止めてしまうことです。
円形脱毛症になる主な原因は、この免疫疾患が深く、関わっていると言うのが最近の研究で判明しました。

3婦人科疾患による影響

女性に円形脱毛症が多いのは、婦人科疾患の影響によるものと考えられます。
その第一に挙げられますのが、ホルモンバランスの崩れでしょう。
女性ホルモンの分泌は、20歳代をピークに、徐々に減少傾向を示し、50歳代の更年期を迎えますと、急激に下降し始めます。
そして加齢に伴い、ホルモンバランスが崩れていきます。
そこで、この女性ホルモンに有効とされる、エストロゲンで髪の保持をするのが効果的です。

蛇行型脱毛症の治療法はステロイド療法が一番有効

蛇行型脱毛に効果的とされています、ステロイド剤は、かゆみ止めや、炎症を抑える薬として、アトピー性皮膚炎など、アレルギー疾患の治療の際に必ずと言っていいほど使われている薬です。
正式な名称としましては、合成副腎皮質ステロイドホルモンと言いまして、体内の副腎から分泌されます、副腎皮質ホルモンに似た化学構造を持ち、より強力な消炎作用があるのです。
アトピー皮膚炎の疾患を持つ人が、蛇行性脱毛症になる人も多いデータも示されています。その治療薬がステロイドというのもうなずけます。
またステロイド剤は、過剰な免疫反応から起こります、炎症反応を抑えて、正常な細胞の破壊を防ぐ作用があります。
それは、血管収縮作用、抗炎症作用、免疫抑制作用、細胞増殖抑制作用などです。

ステロイド剤の作用

私たちの体で作られる、副腎皮質ステロイドホルモンは、多くの働きがあります。

1血管収縮作用

炎症が起こっている部位では、抗原処理のために白血球を、そこへ急いで移動させようとしまして、血管が拡張します。
赤く見えるのはこのせいですが、ステロイド剤は、血管の拡張を抑え、同時に赤みを取る働きがあります。

2抗炎症作用

炎症に拍車をかける、様々な化学伝達物質などの産出や、働きを抑制します。
またかゆみの元、ヒスタミンを作る細胞の増殖を、抑えてかゆみを摂ります。

3免疫抑制作用

抗体産出の、過剰な反応を起こすきっかけとなります、白血球の働きを抑制します。

4細胞増殖抑制作用

過剰な炎症反応の原因となる、細胞や白血球を自殺に追い込み、正常な細胞に被害が及ぶのを防ぎます。

円形脱毛症 蛇行脱毛症の治療方法

円形脱毛症の治療方法としては、多岐に渡ってあります。
局所免疫療法、ステロイド局所注射、ステロイドパルス療法、ステロイド内服療法、塩化カルプロ二ウム、セファランチン、グリチルリチン、抗ヒスタミン薬、などです。
他にスーパーライザ―療法があります。
この治療法は、体の奥まで届く、特殊な赤外線を照射、自立神経を刺激することが出来、全身の血流が良くなるの、ストレスの軽減や精神安定のために使われます。
重症の場合、ステロイド療法と併用すればより効果的になると考えられます。
蛇行型脱毛症に効果的な、ステロイド剤を使った治療法は次の3つが効果的と考えられています。

ステロイド局所注射治療法

副腎皮質ステロイド注射薬を用いたこの方法は、痛い注射療法となります。
注射できる量には制限があります。
1回の注射で、薬が行き渡る範囲は、せいぜい1㎡程度ですから、脱毛範囲が広ければ1回の診療所で何回も注射することになります。
また同じ場所には、月1回の頻度にすべきで、短期間に注射を繰り返すことで、皮膚が委縮してしまう可能性があります。
あまり強く萎縮すると、回復するには数ヵ月掛かることもありますので、その間は改善が見込めないことになります。
眉毛病変にも注射することは可能ですが、眼圧が高まる、緑内障を誘発することもあり、注意が必要です。

ステロイドパルス療法

広い範囲に脱毛が見られる場合、ステロイドパルス療法が効果的です。
メチルプレドニゾロンと言う、副腎皮質ステロイド薬を3日間連続して1日当たり、500㎎点滴する治療法です。
多くの場合、3~4日程度の入院で行いますが、外来で行う場合もあるようです。
まだ毛包が自己免疫反応によって、炎症を起こしている発症早期に、一気にその炎症を押さえこんでしまおうと言う考えです。
そのため、何年も経過した、慢性期の症例には有効性は期待できません。
もともとこのステロイドパルス方法は、全身状態が非常に悪化したような状況において、その状態を一気に改善させることを目的にするものです。
全身状態に大きな問題のない円形脱毛症患者に対して、行っても大きな副作用はほとんどありませんが、頭痛や吐き気、発熱、生理不順など軽度の副作用が一過性に見られることがあります。

ステロイド内服療法

一般的には連日内服します。
他の自己免疫疾患と同様に、ステロイド内服による自己免疫反応の抑制を目的としています。
抜け毛が続くような、活動性のある円形脱毛症に対して有効ですが、内服したからと言って急に、脱毛症が止まるわけではありません。
効果が見られたら徐々に減量して行きますが、あまり減量を急ぎますと、再発する可能性があります。
そのため、長期にわたり、リステロイド内服をせざるを得ない症例が多いのです。
定期的な血液検査、骨密度検査によって糖尿病や高脂血症、骨租しょう症などの確認が行われます。
しかしB型肝炎ウイルスのキャリアーや、すでに重度の糖尿病、緑内障、骨租しょう症があればプレドニゾロン内服の適応にはなりません。

蛇行性脱毛症荷はこういう人は気付けよう

蛇行性脱毛症になる人は、特に気付けたいのは、他の病に過去掛かった人、現在も治療を受けている人は注意が肝心です。
他の病気か影響して蛇行性脱毛症に掛かる人が多い病気なのです。
1 これまで、大小にかかわらず、円形脱毛症にかかったことがある人は、要注意です。
2家庭で、学校で、職場で、ストレスを良く感じる人も注意が必要です。
3特に、アトピー性皮膚炎、免疫疾患などの皮膚の疾患にかかったことのある人、または現在進行中の人も、蛇行性脱毛に掛かる可能性が高いので、注意しましょう。

強力な消炎効果の裏に参加コレステロールの蓄積があるので注意しましょう。

ステロイド剤は、体内で、劇的な消炎作用を発揮します。
働きを終えたステロイドは、体内にとどまる内に酸化され、酸化コレステロールというカスになります。
この酸化の程度が進むと、酸化コレステロールが過剰になり、肝臓での処理が間に合わなくなり、排泄が困難となります。
つまり酸化コレステロールは皮下脂肪や、血管壁に蓄積されてしまうのです。
それが大きく蓄積されると、他の病気にも大きく影響してきます。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。