円形脱毛症攻略!血液検査で未然に防ぐ?【チェック項目有り】

コイン型の脱毛で知られています円形脱毛症は、これまでストレスの代名詞のように言われてきました。確かにこのタイプの脱毛症は、仕事が忙しく、ストレスで円形のハゲができたと言う人は多いようです。外部からは、余りはっきりと見えなくても、指で頭を触ってハゲタ部分が見つかり、驚いてしまう人も数多くいます。しかし毛髪業界の進歩は顕著で、今は円形脱毛症の原因は、ストレスの他に、自己免疫疾患であることが判明しました。その円形脱毛症かどうか、血液検査で分かるまでに医療は進歩しました。円形脱毛症に隠れています、他の病気、アレルギー疾患、膠原病なども特定することができるのです。円形脱毛症かどうか悩んでいる人は、早急に専門医を受診し、血液検査を受けることをオススメします。

円形脱毛症のきっかけ

円形脱毛症は、精神的なストレスによって引き起こされる、と永い間言われてきました。しかし実際には、ウイルス感染、疲労、出産、外傷など様々なことがきっかけでとなりうるのです。
なぜウイルス感染がきっかけとなり得るのでしょうか。
これは人体がウイルスと闘うために「インターフェロン」というサイトカインを大量に作り出し、免疫力を活性化させようとするからです。
そのため発熱を伴うのですが、この免疫力の活性化が、自己免疫反応を補強してしまうのです。
その他のきっかけとしましては、どこかに頭をぶっつけた後や、全身麻酔の手術などで一定時間、頭部が圧迫された後、そこから円形脱毛症が発症する例も報告されています。
いずれにしても精神的ストレスばかりが原因でない、ことは明白であります。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

円形脱毛症の血液検査 その重要なチェック項目

円形脱毛症に合併する疾患として、自己免疫性甲状腺疾患、糖尿病、炎症性腺疾患、膠原病、全身性エリテマト-テス、アレルギーなど、多くが自己免疫疾患と報告されています。こうしたことを踏まえて、円形脱毛症患者に対して、他の病気を合併していないか確認するため、血液検査を行うことが数多くあります。
最も合併しやすい病気はアトピー性皮膚炎ですが、この診断は必ずしも血液審査は必要ありません。
しかし甲状腺疾患については、血液検査やエコー検査で初めてわかることがあります。
円形脱毛症に関わる、甲状腺疾患には、自己免疫疾性の甲状性疾患である橋本病や、バセドー病、1型糖尿病、膠原病などが挙げられます。
円形脱毛症の血液検査は、多岐に渡って行われますが、その中でも重要項目となるのが抗核抗体、コルチゾール、抗甲状腺抗体、甲状腺疾患などです。

抗核抗体検査

細胞の核内の、細胞核形成分に対する自己抗体の総称です。
つまり免疫に対する検査です。
抗核抗体は、多くの膠原病で陽性を示すことから、膠原病と同じ検査として用いられています。
この数値が高い人は、医師と相談した方がいいでしょう。
ただし抗核抗体は、何にもなくても陽性が出ることもあり、必ずしも抗核抗体が高いから膠原病とは限りませんので注意しましょう。
この膠原病は、いくつかの病気の総称です。
最も多くみられるのは、関節リウマチで、他に全身性エリテマトーテ、強皮症、皮膚筋炎・多発性筋炎ジェーグレン症候群等があります。
特に20~50代の女性に多く見られる現象です。
膠原病は、患者の血液中に、自分の体の組織と反応してしまうリンパ球や、自己抗体が存在することから、自己免疫疾患とされています。
女性に多い理由としましては、自己免疫疾患と女性ホルモン(エストロゲン)との関係が考えられます。

コルチゾール

別名、ストレス緩和ホルモンと呼ばれています。
強いストレスを受けますと、副腎皮質からストレス反応ホルモンである,コレ―チゾールが多量に分泌されます。
コレチゾール自体は、ストレスに耐える力を与えてくれるものなのです。
そして男性ホルモンを刺激する作用により、免疫系の働きに大きく影響し、脱毛につながる可能性もあります。
ストレス過多の状態であることは、血液の検査から読み取ることができます。

抗甲状腺抗体

甲状腺の自己抗体は、甲状腺の機能を以上に傷め、押さえこんだりすることもあり、その異常が円形脱毛症の原因になることもあります。
ただし甲状腺の自己抗体があっても、甲状腺機能には異常がない人もいると言うことです。

円形脱毛症の要因 自己免疫疾患の仕組み

一口に言えば、自己を攻撃する仕組み、つまり、免疫システムの異常ということです。
免疫システムは、侵入した有害な異物や細菌、ウイルスなどを自己ではないと認識し、攻撃、排除します。
自己免疫疾患は、このシステムが異常をきたし、本来は攻撃するはずのない自己由来のたんぱく質(細胞表面の膜たんぱく質など)に対して攻撃し、炎症や機能障害を起こす疾患です。免疫システムは、正常であれば、自己たんぱく質に対して、攻撃することが直接に、免疫寛容が機能します。
具体的には、T細胞の教育の場であります、胸腺において、自己に反応するT細胞は、アポトーシスにより死なせて、排除します。
なぜ自己を攻撃するのでしょう。
自己抗体の出現については2つの説があります。
一つは感染や薬物などの投与が原因となり、自己タンパク質の構造が変化して、自己を異物として認識してしまうことが考えられています。
もう一つは、外来たんぱく質の構造が、自己たんぱく質と類似していますと、交差反応を起こし、自己たんぱく質を、外来たんぱく質と間違えてしまうことから、自己抗体が産出されると言うことです。

自己免疫疾患の種類

自己免疫疾患は、全身性の自己免疫疾患(関節リウマチ、全身性エリテマトーテスなど)と、臓器特異的な自己免疫疾患(橋本病、重症筋無力症、グッドパスチャー症、潰瘍性大腸炎など)の2種類に大きく分けることができます。
多くの自己免疫疾患は、治療が困難であるか、長期間の治療が必要であり、国から難病の指定がなされています。
つまり自己免疫疾患は、炎症が全身に見られる、全身性自己免疫疾患と、特定の臓器に炎症が見られる、臓器特異性自己免疫疾患に分けられていると言うことです。
円形脱毛症の血液検査によって、円形脱毛症の陰に隠れた、自己免疫疾患の病気が明らかになる可能性を秘めています。
主な自己免疫疾患を詳しく解説します。

DNAに対する自己抗体を産出 全身性エリテマト-テス

全身性エリテマトーテスでは、自己抗体であります、抗核抗体(主に核内のDNAに対する抗体)が産出され、DNAとの免疫複合体が産出されます。
この免疫複合体が様々な組織に沈着し、補体系の活性化などを引き起こして、炎症が全身に発生する自己免疫疾患です。
膠原病の一つとして分類されています。
関節リウマチに次いで、多い疾患率です。
遺伝的要因を背景にして、感染、性ホルモン、紫外線、薬物などの環境因子の影響によって発症するものと考えられています。

関節リウマチ

関節リウマチは、自己抗体であります、リウマチ因子が産出されるために、関接の内面を覆っている滑膜に炎症が起こり、進行すると軟骨や骨が壊れていく自己免疫疾患です。
手足の筋肉や関節に生じる、痛みや炎症が主な症状です。
悪化すると全身に広がり、悪性のものが流れて、広まると言うイメージから、ギリシャ語の「流れる」という意味の「リウマチ」が疾患名に使われています。
膠原病と分類されている中では、最も多い疾患です。
主に女性に認められ、女性ホルモンや遺伝的素因、ウイルス感染や生活習慣などの影響により発症、悪化すると言われています。

甲状腺関連の橋本病

自己免疫疾患のうち、甲状腺に関連するものは、橋本病があります。
橋本病は、甲状腺ホルモン関連たんぱく質(サイログロプリン、甲状腺ベルオキシダーゼ)に対する自己抗体、抗サイログロプリンと、抗甲状腺ベルオキシダ-ゼ抗体が産出されることで発症します。
「自己抗体によって甲状腺機能が低下し、甲状腺ホルモンの役割である全身の代謝を正常に維持する能力が低下しているため、様々な障害を引き起こす自己免疫疾患です。
女性に多い疾患ですが、甲状腺は、予備能力の大きな臓器であるため、自覚症状はほとんど表れず、加齢と共に何年もかかってゆっくり進行します。
やがて甲状腺機能が低下しますと、全身の代謝が低下し、病的な寒がり、記憶力や計算力の低下、眠気などを自覚するようになります。

グッドパスチャー症候群

腎臓関連の自己免疫疾患には、グッドパスター症候群があります。
この病気は、腎臓や肺の壁面の膜組織に対する、自己抗体が産出されることで、抗原抗体複合体が形成され、組織が傷害されて、腎機能や肺機能が急速に低下する疾患です。
原因は、今のところ不明で、ウイルス感染、喫煙、職場環境における揮発成分などが関与すると考えられています。

神経から情報が遮断される重症筋無力症

筋肉、神経関連の自己免疫疾患には重症筋無力疾患があります。
この病気は、末梢神経と筋肉の継ぎ目である、神経筋接合部において、神経側から分泌されます神経伝達物質アセチルコリンの筋肉側の受け手である、アセチルコリンレセプタ-に対して、自己抗体が産出されることにより、神経と筋肉の連絡が阻害され、様々な運動障害や呼吸障害を引き起こす自己免疫疾患です。

円形脱毛症と深くかかわるアレルギー疾患

アレルギーとは、外来抗原に対して特異的に起る免疫反応が、必要以上に過剰に起ることで、体に害を与えてしまう状態を言います。
アレルギー反応も、基本的には免疫における抗原抗体反応なのです。
円形脱毛症は、アトピー性皮膚炎などの、アレルギー疾患とも深いかかわりがあるとされています。
過剰アレルギー反応を起こしてしまい、毛根を攻撃してしまいます。
発症した時は、単発型でも、段々に症状が重くなる場合もあり、完治するまで気長に症状と付き合うことになるケースも多く見られます。
アレルギー反応を引き起こす抗原があり、アレルゲンと呼ばれています。
スギ花粉、卵、牛乳、そば、魚介などが挙げられます。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。