ハゲの最新治療法まとめ~円形脱毛症にはこれ~

ハゲの治療法は、育毛、羊毛を主体とした保存療法を行うか、植毛を行う手術療法を用いるか、大きく治療法を分けるとするならばこの二者一択となります。単にハゲの外観だけを見て決めることはできません。頭のハゲテいる部分の皮膚の一部を採り、毛の根っこがあるかどうかをまず詳しく検査しなければなりません。男性脱毛型(AGA)では、プロペシアやリアップの投与が一般的です。円形脱毛症においては、その種類によって、薬の投与を気お付けなければなりません。一口にハゲの治療と言いましても多岐に渡った治療法があると言うことです。そこでここではハゲの治療法についてまとめてみました。特に円形脱毛症については、最新の治療法より最適な治療法を追求してみました。

多岐に渡ってある最新ハゲの治療の流れ

一般的な、ハゲの治療の流れを追って見ます。
ハゲの治療をするには、先ず頭皮の検査は欠かせません。
その検査結果によって、先ず局所麻酔薬を注射します。
これは一般的な予防注射よりも、もっと少ない量なので、痛いのはホンの一瞬です。
局部麻酔後約5~6分後痛みを感じなくなってから2~3㎜大の小さい皮膚片を切り採り、その傷を見えなくするためにキズを縫います。
採った皮膚は、毛の根元を調べるために、特殊検査の染色法を行います。
約1週間後に、その結果が出ます。
顕微鏡を使用して、毛の根元が活動状況か、冬眠状態化、または既に退化して消え失せてしまったのかを良く調べます。
もし活動状態、冬眠状態の毛の根っこが多い場合は、育毛,養毛を主とした保存療法を選択し、毛の根元が既に退化し、消えてしまった人には植毛、または手術治療を行うと言う訳です。
こうした過程を踏んで、本格的治療に進みます。
こうした方針決定は、大変重要なことです。そして次に進むための戦略を建てます。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

手術をしない治療法 保存療法

保存療法の最大の条件は、毛の根っこが残っているかどうかということです。
この状態は、外側から観察しただけでは全く分かりません。
したがって、詳しい検査が必要なのです。
保存療法で行けるとなりますと次の治療に進みます。

血行を増やす治療

血行を増やす治療としては、頭の皮膚を温めること、マッサージをすること、血行を良くするために、近赤外線や、特殊レーザー光線を掛けます。
そして薬を服用するなどがあります。
特殊なものとしましては、男性ホルモン抑制剤入り、クリームを付けること等があります。

近赤外線の照射

赤外線には波長により、近・中・遠と言う3つの異なった赤外線があります。
これらの内特に、皮膚の透過性も良いため,照射すると頭皮の温度が適宜に広がり、血行が良くなってきます。
この方法は、医師の指揮下で行うことが重要です。
良いからと言って、あまり長い時間照射しますと、かえって火傷などの傷害を受けることもあります。

マッサージ

頭皮のマッサージを行います。
マッサージと言っても軽く、叩くように行った方がいいでしょう。

薬の服用

特に高齢の人は、薬の服用がいいでしょう。
米国製のミノキシジルという養毛薬は、頭皮の血行を増加させるために使われます。
心臓病その他の血管の障害がある人には用いられません。
その他2~3の特殊薬剤がありますが、それらも医師の処方下で、医師の指導の下に服用することが肝心です。
自分でむやみに飲んだりしますと、副作用のためにいろいろな障害を起こす可能性があります。

手術療法

薬を服用することや、塗ることで症状が治りにくい場合は、手術療法を行います。
この治療法は、薄毛部分の毛根に発毛する力がなくなっている場合、毛を埋め込んみ、皮膚を移植する植毛手術によって、毛髪を蘇らせるのです。
もちろん専門医の手で行います。

植毛手術

植え付けは、人口毛では移植部分への定着が難しく、急性炎症を起こすこともあり、定着しても、精々1~2年で植え替えが必要になります。
そこで一般的に普及していますのが、自分の毛を毛根ごと、移植する「自毛植毛」です。そして大量の毛を移植したい時には、頭皮を移植する手術があります。
これは薄毛部分を頭皮ごと切り開き、そこに移植する「有茎弁種皮手術」もあります。
手術も、術後のケアも時間がかかりますが、植えつけの定着率が良い方法です。

同種植毛

他人の毛を移植する方法です。
心臓移植、肝臓移植と同様に、永久に生着することは現在では望めません。
特に毛髪は、免疫拒絶反応が強いため、他人の皮膚の移植と同様に3週間程度の生着しか望めませんので、実用不可能と言われています。

その他の手術療法

切除縫合法

ハゲの部分を切り取り、毛のある部分で縫い合わせます。
比較的小さいハゲの治療に使います。
幅の広いハゲの場合、その部分の皮膚は一般に退化している場合が多く、一度に切除することができません。

エクスパンダ―法

ハゲに近接した、毛の生えている部分の皮膚の下に、風船のようなものを挿入し、これを徐々に膨らませて延ばした、皮膚を利用する方法です。
丁度妊婦のおなかが臨月に近づくにつれ、膨らむことと同じことです。
おなかの赤ちゃんが、徐々に大きくなるにつれ、お腹の筋肉、皮膚は次第に拡張されていきます。
この原理を応用して、風船のようなものをゆっくりと皮膚の下で、膨らませて行きますと、毛の生えている皮膚も徐々に伸ばされます。
この伸びた部分を利用して、ハゲの部分を被うと言う方法です。

エクステンダー法

エクステンダーとは拡張器という意味です。
こちらは金属で作った、ギザギザの熊手の様なものを直接キズの下、またはハゲの中に入れ、少しずつ中央に向って引っ張る方法です。
原理はエクスパンダ―もエクステンダーも同じで、皮膚を延長する方法です。

毛髪剤

毛髪剤を大きく分けますと、皮膚面上に露出している、毛の部分(毛幹)は作用する薬剤と、皮膚の下に埋もれている外部から見えない部分の毛根、毛母と言われる部分に作用するものとがあります。
毛幹部に作用する毛髪剤は、シャンプー、リンスなどがあります。
毛根に作用するものとしては、育毛剤、養毛剤等があります。

円形脱毛症の一般的治療法

円形脱毛症は文字通り、コインのように円形の脱毛が起きる病気です。
最初は1cmほどの小さなものから、数センチのものまで様々です。
1ヵ所だけでなく、多発することもあり、髪の毛だけでなく、眉毛、腋毛など全身の毛が抜ける場合もあります。
最初の単発の内は放っておいてもすぐに治るのが一般的ですが、放置しておくと前頭に広がり、恐ろしい結果になります。
種類としては「単発型」「多発型」「全島型」「汎発型」「蛇行型」「逆蛇行型」など多岐に渡ってあります。
治療法としましては「局所免疫療法」「ステロイド局所注射」「ステロイドパルス療法」「ステロイド内服療法」「塩化カルプロ二ウム」「セファランチン」「グリチルリチン」「抗ヒスタミン薬」「紫外線療法」等があります。
治療としてはステロイドを使用することが一般的です。

比較的よく用いられる薬剤・治療法

比較的一般的に用いられます薬剤と治療法は、塩化かルプロ二ウム(フロジン液)、グリチㇽチン、ステロイド、セファランチン、ミノキシジル、ドライアイス圧抵療法、液体窒素療法、紫外線療法、局所免疫療法、免疫抑制剤、低出力レーザー、等があります。
円形脱毛症の場合は、特にどのような治療法が効果的かは、人によってさまざまです。
また治療にかなりの時間がかかるケースもあります。
医師と相談しながら根気よく治療を続ける覚悟が必要となりましょう。

ここまで来た円形脱毛症の最新治療

円形脱毛症の病態が徐々に解明されてきた現在、2014年以降、最も注目されていますのがJAK阻害薬による治療方法です。
円形脱毛症の病態の中心となります、インターフェロンというサイトカインは、細胞上の受容体に結合しますと、細胞内のサイトカイン受容体に結合していますJAKが活性化します。
受容体のチロシン残基自己リン酸化が起こり、STAT分子のSH2ドメインとの結合部位になります。
このJAK阻害薬「ルキソリチ二ブ」「トファシチ二ブ」によるマウス,ヒトの円形脱毛症の治療効果について検討した結果が報告されています。
円形脱毛症モデルマウスで、アルミ発症マウスに、円形脱毛症を発症していますマウスの皮膚を移植することで円形脱毛症を誘導することができるとしています。
この現象を利用して、移植マウスに、たいして「ルキソリチ二プ」や「ファシチ二ブ」を投与しますと、非投与群では16週後に99%のマウスが発症しましたが、薬剤投与群では、それぞれ100%、0%の発症率でした。
これらの薬剤が、円形脱毛症を抑えた、との結果が公表され話題を呼びました。

円形脱毛症の今後の課題

円形脱毛症の病態は解明されつつも、まだまだ既存の治療法による、対応を迫られていると言えましょう。
病気の上で、つまり、急性期なのか、慢性期なのかを適切に判断し、必要性があれば皮膚組織を採取して、毛包の状態を確認し、より良い治療選択をすべきです。
しかし、なかなかそこまで踏み込んで検査や治療をしてくれる、クリニックや病院は少ないと言うのが現状です。
残念なことに、脱毛症疾患への関心や、患者の脱毛症状に対する深い悩みを共有してくれる、医療機関ばかりではありません。
安全性が高く、効果のある治療の一つであります局所免疫治療法を、行っている医療機関もまだまだ少ないのです。
さらには、社会における脱毛症に対する理解が進んでいない、と言う面もあります。
学校の教師が、脱毛症の生徒にウイッグや帽子の着用を認めない、ケースすらあるのです。「髪の毛ぐらい」といった風潮があるのは事実であり、テレビ番組においても薄毛を笑いの対称にしているのをよく目にします。
患者の心の痛みを共有し、社会全体で優しくサポートする時代が来るよう、一人一人がこの病気を理解して行かなければ、根本的な問題は解決しないでしょう。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。