アレルギーと抜け毛の関係が深い?【侮るなかれ】

アレルギーと言えば、アトピー性皮膚炎、花粉症というイメージがすぐに浮かんできます。この他、金属アレルギーなどありますが、このアレルギーが、抜け毛と深い関係にあることは余り知られていません。このアレルギーのイオンが人に体内に侵入し、毛母細胞を履がえし、抜け毛の原因となり、髪の成長を著しく遅らせるのです。脱毛に悩む人の約7割が、このアレルギー体質であることも報告されています。そこで、抜け毛とアレルギーの関係を徹底的に、検証し、そのメカニズムを追っていきます。

抜け毛の原因となるアレルギーとは何か?

アレルギーとは、外来抗原に対して、特異的に起る免疫反応が、過剰に起こることで、体に害を与えてしまう状態を言います。
近年、日本人のアレルギー体質の人は、諸外国の人に比べて、著しい増加傾向が見られます。
アレルギーの増加要因については、はっきりした原因は特定されていませんが、いくつかの仮説が立てられています。
その一つには、衛生的すぎる環境が、整体のヘルパーT細胞のバランスを崩して、いるのではないかということです。
細胞が多くなりすぎますと、アレルギー反応を起こしやすいとされています。
一般的に言いまして、スギ花粉や、勤続など環境中にある物質、牛乳、そば、魚介類などの食品が「アルゲン」として挙げられます。
アルゲンとは、抗体と反応する物質のことを言います。
基本的には、たんぱく質が、「ぺプチド」であります。
アレルゲンが金属という場合でも、金属イオンが体内のたんぱく質と結合して、アレルギーの原因物質になります。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

アレルギーの症状は個人ごとに異なる

アレルギーの症状は、個人ごとにその程度は幅広く、症状があってもほとんど無害な場合もあれば、ショック状態を引き起こして、致命的な状態に陥る場合もあり、それぞれに違った症状を見せるのが特徴とも言えます。
アレルギーの症状が個人ごとに違うのは、アレルゲンに暴露される量(体内に入り込む量)だけでなく、個人の遺伝学的・内分泌学的・生理学的因子、あるいは学的因子による感受性によって免疫反応に違いをもたらすためであると言えましょう。

ストレスと免疫について

ストレスが掛かると、副腎皮質からホルモンのコルチゾール(副腎ステロイド)が分泌され、T細胞の機能抑制、NK細胞の活性化を抑制します。
人が興奮しますと交感神経が優位になり、ホルモンのアドレナリンが分泌され、NK細胞の活性化を低下させます。
このように、内分泌系も神経科系も免疫に影響を及ぼしますので、アレルギーとも考えられるのです。
社会環境によるストレス、偏食や睡眠不足等がアレルギー増加要因としても考えられます。

免疫とアレルギー

免疫反応とアレルギー反応は、侵入する抗原と対応する抗体の違いで起こします。
正常な免疫反応の場合は、細菌などの抗原が侵入してきますと、主にIgG抗体が結合し、無力化させます。
抗原が記憶されますので、再び同じ抗原が侵入しますと、直ぐに大量の抗体が対応し、感染症の発症を防ぎます。
アレルギー反応の場合は、花粉などの抗原が侵入してきますと、IgE抗体が産出されます。IgE抗体は、肥満細胞にも結合し、再び同じ抗原が侵入すると、肥満細胞の抗体に、抗原が結合し、アレルギー症状を起こす生理活性化物質が放出されます。

アレルギーの分類

アレルギーは、抗体や免疫細胞の反応の仕方から、1型からV型までに分類されます。

1型アレルギー

肥満細胞に結合したIgE抗体に、抗原が結合しますと、肥満細胞からヒスタミンなどの生理活性物質が放出され、血管拡張、気管支収縮なのアレルギー症状を引き起こします。

Ⅱ型アレルギー

自己細胞に反応するIgG抗体や、IgM抗体ができてしまいます。
補体系も加勢して、自己細胞が破壊されてしまいます。
抗体が結合されました自己細胞は、マクロファージにも浸食されます。

Ⅲ型アレルギー

血液などに溶けています抗原に抗体が結合し、さらに補体が結合した免疫複合体が、血流にのって、周囲の自己組織に沈着し、生涯を起こします。

Ⅳ型アレルギー

抗原に反応したヘルパーT細胞から、サイトカインによって活性化されました細胞傷害性T細胞や、好中球が、周囲の自己組織を損害してしまいます。

Ⅴ型アレルギー

自己細胞表面のレセプターに反応する自己抗体が、産出され、レセプターに結合して、ホルモンの過剰分泌など、自己細胞に異常な反応を起こさせてしまいます。

抜け毛とアレルギーの関係の中でも特に関係が深いのが花粉、金属アレルギー

近年、脱毛に悩む人の7割近くの人が、アレルギー体質の人、というのがデータで報告されています。
それほどアレルギーと、抜け毛の関係は深いものがあると言えるでしょう。
そのアレルギーにおいても、目立って多いのが、花粉アレルギーによるものと、金属アレルギーによるものが最も多く影響しているようです。
30代、40代で、過去に歯の治療を行った人は、抜け毛になる人が多いと言うデータも示されています。
その理由としましては、歯の治療において、歯に詰める材料は、アミㇽガムやパラジウム合金が使用されたことが要因となっているようです。
この世代が、抜け毛、脱毛の症状が多い世代で、こうした要因と関係があるのかもしれません。
いずれにしてもアレルギーは抜け毛に大きな影響を与えることは確かです。

歯の治療に使われたアルミガムやパラジウム合金も抜け毛の要因

歯の治療に使われている、アミルガムにおいては、重金属である水銀を50%を含み、口腔間で劣化しやすく、それが蒸発し、腐食することで、水銀が蒸気となり、体内深く浸透します。
それが全身に回り、抜け毛の原因となるのです。
パラジウム合金においては、金属アレルギー検査で、半数に陽性反応が出るような合金です。
ドイツでは、パナジウム合金の利用については、政府が禁止しているほどです。
体内に浸透した金属イオンが、毛根部のケラチンと言いますタンパク質と結合し、アレルゲンとなります。
このアレルゲンによって、攻撃され、毛母細胞がぼろぼろになり、抜け毛が増え、髪が生えなくなり、育毛の成長を著しく妨げることになります。
このように、過去に歯の治療で詰めたものが原因となり、抜け毛が増え、円形脱毛症となるケースが増えています。

花粉症(1型アレルギー)のメカニズム

花粉症は、吸入性アレルゲンによる1型アレルギー反応であり、IgE抗体と肥満細胞によるメカニズムが大きく関与する即時型アレルギーの代表格です。
くしゃみ、彗星鼻漏(鼻水)、鼻つまりを特徴とする疾患で、正式には、鼻アレルギー、アレルギー性鼻炎と呼ばれています。
肥満細胞から放出される生理活性物質(ケミカルメディエータ―ともいう)の内、重要なものは、ヒスタミンとロイコトリエンです。
アレルギー性鼻炎は、季節性と通年性に分けられます。
季節性の大部分は、花粉が原因であり、花粉症と呼ばれています。
通念性の場合は、アレルギー性鼻炎の原因としましては、室内塵(ハウスダスト)中のダニに対するアレルギーが多く見られます。
ダニアレルギーの多くは、10度以下で発症し、小児アレルギー性鼻炎の原因となっています。
このアレルギー性鼻炎を繰り返しますと、粘膜過敏性が増加して、症状が慢性化する場合があり、花粉の飛散が減少しても、病変はすぐに改善されないこともあります。

金属アレルギーのメカニズム

ニッケル、コバルト、クロムなどの金属は、歯科用だけでなく、装身具、ピアス、腕時計、メガネなどにも使用されているため、金属アレルギーを起こす金属として知られています。アレルギー反応は、たんぱく質に対して発生するものですが、なぜ金属で起こるかと言いますと、身に付けた金属から溶け出した金属イオンが体に侵入し、人のタンパク質と結合することで、アレルゲンとなるのです。
金属イオンとは、ニッケルやコバルト、クロムなどの金属は、汗や、唾液に触れることで、イオン(電荷をもつ分子)となって、溶け出すのです。
金属は種類によっては、何らかの液体があれば、反応して、イオンとなる性質を持っているのです。
金や白金は、イオン化の反応が起こりにくく、溶けにくいのです。

歯科用金属とアレルギーの関係

歯科治療で使われる金属のつめもの、被せ物、入れ歯などを長期間装着していますと、金属が溶け出し、アレルギーを起こします。
口内外歯肉炎にとどまらず、アトピー性皮膚炎などの、全身症状を起こすこともあります。バッチテストでアレルゲンを特定できましたなら、速やかに除去し、詰め物などをアレルゲンにならないセラミックなどに交換することが大切です。
現在の歯科医療の進歩は著しく、昔と違って、詰め物にはこうした金属アレルギー対策として、オールセラミックを使用している歯科医院が大半です。
ひと昔前までは、パラジウム合金などが使われていましたので、そうした治療を受けた人は、抜け毛の症状を起こす可能性があると言うことです。

抜け毛の原因となるアレルギー疾患の治療

アレルギーは様々なタイプがあり、引き起こされるアレルギー疾患持たらしたようです。根本は皆同じです。
ではどのような治療法があるのでしょうか。
実際に行われています対症療法の他に、新しい試みとして、経口免疫療法(減感作療法)等があります。
重度のアレルギー疾患を持っている人は、周囲の人にアレルギーのことを理解してもらうことが大切です。
アレルギーの治療はこれまで、根本的な治療は困難とされてきましたが、現在では、治療としましては、薬物療法や、経口免疫作療法などを行い、対策としては抗原を除去するなどのセルフケアを行っております。
アレルゲンの除去には、先ず原因物質を特定しなければなりません。
その原因物質特定には、バッチテストが有効で、アレルギー性接触皮膚炎などの確定診断に用いられます。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。