壮年性脱毛症と男性型脱毛症(AGA)ってどこが違う?

男性型脱毛症(AGA)は、いくつかの誘因が重なって発症します。遺伝的な体質や、男性ホルモンの多少にかかわらず、その発症には個人差が有ります。そのAGAの一つが壮年性脱毛症です。壮年性脱毛症とは、発生する年齢は、30~50代の男性の脱毛現象を指して言われていますのが、一般的と言えましょう。厚労省の見方は、「31~44歳」を壮年期の働き盛り、「45~64歳」を中年期と定義し、この二つを合わせたものが壮年期としています。それ以降は「老人性脱毛症」、若年性脱毛は、「15~30歳」までで、いわゆる”若ハゲ“としています。ここでは壮年性脱毛症と本来の男性型脱毛症の違いについて検証して行きます。

男性型脱毛症(AGA)のメカニズム

薄毛や脱毛は老若男女、あらゆる階層で、起っています。
中でも髪の脱毛に悩んでいる人が多いのは、AGAと言えましょう。
AGAとは、男性特有の脱毛症を指し、若年層から壮年層まで、薄毛、脱毛に悩む男性の約8割が該当すると言われています。
AGAの羅漢率は、20代で10%、30代で、20%、50代以降は40数%と加齢とともに高くなる傾向を示しています。
AGAそのものは、高血圧や糖尿病のように、髪の毛以外の肉体を、直接むしばむことはありません。
肉体より、むしろ精神に強い影響を及ぼすものです。
精神面の様々な悪影響を考慮すると、AGAの治療は優先順位が高いので、心臓やガンのように、精子にダイレクトに結びつく病気の方が、研究は進む傾向にあります。
それは研究開発費が優先的に回されるからです。
そうしたアウェイな環境の中で、AGAの治療薬の研究は、なかなか進みませんでしたが、1990年代に入って相次いでAGAの治療薬に使える、有効成分が研究開発されました。
それがフィナステリドとミノキシジルです。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

プロぺシアとリアップの登場は日本の毛髪業界を大きく変えた!

フィナステリドは商品名「プロペシア」、ミノキシジルが商品名「リアップ」として、日本では知られている薬です。
AGAの治療が、日本で軽視されていた傍証に、プロペシアは、前立腺肥大の治療薬、リアップは高血圧の治療費として、それぞれ開発されていました。
そのプロセスの中で、偶然抜け毛を抑制する効果が発見されたという経緯があるのです。ちなみにプロペシア、リアップも、日本の厚労省は、保険適応から外しています。
医療費の削減という理由からです。
それは「AGAは生死に関わりがないから」という単純な理由で、保険適用から外れているのでしたら、納得がいかないのではないでしょうか。

髪の毛はこうして生まれる

髪の毛は大きく分けて「毛根」「毛幹」に分けられます。
毛根は、皮膚の中に潜り込んで外からは見えない部分、毛幹は皮膚の外に出て、いる部分です。
毛根は「毛包」という鞘の様な膜に覆われています。
そして毛根の下部には、卵形に膨らんでいます。
この部分を「毛球」と言います。
毛球には髪の毛を成長させる「毛母細胞」がぎっしりつまってているのです。
この毛母細胞は、毛乳頭に通じている、毛細血管から酸素や糖質の様な栄養素を吸収し、24時間休みなく、細胞分裂を行っているのです。
一方毛幹は、3層構造をしています。
鉛筆のようだと思えば理解しやすくなります。
鉛筆の芯に当たるのが、髪の毛の中心を占めている「毛髄質」です。
毛髄質は、大量に空気を含んでいます。
空気は、断熱材として働き、直射日光の熱から頭を守っているのです。

AGAのメカニズム

AGAは、ヘアサイクルの成長期が短くなり、太く、硬く、長い髪の毛が減り、細く、軟らかく、短い髪の毛が増えてくることで、進行度を増します。
これを専門的な用語で言いますと、「硬毛の軟毛化」と呼ばれています。
生まれた時は誰でも太く、硬く長い毛はなく、全身は細く軟らかく短い毛でおおわれています。
これを「うぶ毛」と呼んでいます。
軟毛は、メラニン色素が少なく、短く、細いために目立たないだけなのです。
成長とともに、軟毛は、太く、硬く、長い硬毛に置き換えられます。
つまり「軟毛の硬毛化」が起きるのです。
AGAではそれと反対の「硬毛の軟毛化」が起こり、地肌が見えるようになります。
通常なら4~5年の成長期が、AGAにより、短くなりますと、髪の毛が十分に成長する時間的な余裕がないので、毛根も太く深くならない内に、休止期に入り、抜け落ちてしまいます。
そして毛根はみるみる委縮し、さらなる軟毛化が進むと言う悪循環に陥ります。
このような状態が進むと、休止期から成長期に移行しなくなり、つまり新しい毛を生やさなくなる毛根が増え、毛の本数さえも減って来ると言う訳です。

AGAのシンプルチック

AGAのメカニズムを知って、自分もAGAかもしれないと思ったら、次の項目をチェックして判明します。
1抜け毛が増えてきた
2家族・親族に抜け毛の人がいる
3頭皮が硬い
4同世代より頭髪の量が少ない
5日頃からストレスを感じている
6慢性的な睡眠不足
7食生活が乱れ、バランスの良い食事が摂れていない
8人と比べて体毛が濃い
9喫煙の習慣がある
10飲酒の習慣がある
以上の10項目のうち、5個以上にあてはまればAGAの可能性が高いと思った方がいいでしょう。

壮年性脱毛症のメカニズムとその原因

壮年性脱毛症の特徴として挙げられますのが、抜け毛が増えるようになり、やがて髪が薄くなったことを始めて実感します。
症状の現れ方として、生え際、M字ハゲ、U字ハゲ、頭頂部がハゲてくる、O字ハゲ、髪の毛が細くなり、いっそう薄毛に見える等が挙げられます。
壮年性脱毛症は、男性ホルモンであります、テストステロンが還元酵素の5αリダクターゼによって、DHT(ジヒトロテストステロン)という物質に変換されます。
DHT発毛を抑制することで起こると考えられています。
この現象は、加齢により30代、40代に起り始めることから「壮年性脱毛症」と呼ばれています。
その原因となりますのは、ストレスや、遺伝、食生活、生活習慣の乱れで、若い年代の男性に発症する傾向が高いと言われています。
日本人の薄毛傾向は、外国人と違って、頭頂部からハゲてくる傾向が高いと言われています。
壮年性脱毛症にこの傾向が高くなっているようです。

AGAは女性にも起こる症状

AGAは男性だけでなく、女性にも起こる症状と言えましょう。
女性の場合は、男性の頭頂部からハゲて来るのとは違って、全体的に薄くなる「びまん性脱毛症」が多いようです。
女性の薄毛で最も多いタイプである「びまん性脱毛症」とは、生え際が後退するのではなく、頭髪全体が薄くなり、脱毛部分の限界がはっきりしないと言うことです。
特に、髪の分け目が透けて見えるようになります。
その原因となりますのが、老化、ストレス、過度なダイエット、誤ったヘアケアなどとされています。
また髪の変化と女性ホルモンは、深く関係してきます。
その女性ホルモンでよく知られていますのが、「エストロゲン」と「プロゲステロン」です。女性らしい体つきを維持し、妊娠、出産に大きく関わってくるホルモンです。
この女性ホルモンの分泌は、20歳代をピークに、30歳代を過ぎると徐々に減少し、45~50歳代の更年期頃に急激に下降します。

壮年性脱毛症と男性型脱毛症の違いは?

壮年性脱毛症と、男性型脱毛症(AGA)は、共にAGAの一種なので、症状はほとんど同じなのです。
一般的に両者の違いと言えば、年齢による分け方で、それぞれ壮年性脱毛症とAGAと呼ばれ、薄毛の進行度も、幾分違っているようです。
壮年性脱毛症の場合、頭頂部からハゲテ行くのが多いのですが、AGAの場合は、M字型、U型、O型、ハゲていく部位が多岐に渡っていると言うことでしょうか。
そしてAGAのメカニズム、壮年性脱毛症では幾分異なっている部分があると言えそうです。年齢による区分では、壮年性脱毛症が、厚労省の発表から見ますと、31~44歳の働き盛りの壮年期、45~64歳の中年期のこの二つを合わせて「壮年性脱脱毛症と呼んでいます。

AGAは遺伝する

「テストステロンは男性なら、年齢に関係なくだれでも持っているのに、AGAになる人と、ならない人がいる」のはなぜでしょうか?当然こうした疑問がわいてきます。
フサフサから、つるつるの分かれ道は、AGAを誘発するDHTに対する毛乳頭と毛母細胞のDHTをキャッチする受容体を備えています。
この受容体の感度が高いと、少量のDHTにも敏感に反応し、AGAが進みます。
逆に、感度が低いと、DHTに分泌されてもAGAが進みにくいのです。
これらの違いを生んでいる理由の一つに、遺伝があると言われています。
「親父が剥げていると息子もハゲル」という風に、単純化できません。
全身は60兆個もの細胞から成りますが、モトを正すと、たった1個の受精卵が、細胞分離したものです。
ですから「親父がハゲているから息子もハゲル」とは言えないのです。
AGAには食生活や運動といった、日常的な習慣が、要因として関係してくるのです。
遺伝的にAGAになりやすい男性でも、ライフスタイル次第では、薄毛や脱毛のない人が出てもおかしくないのです。

フサフサのための体内の環境作り

AGAになっても、プロペシアやリアップを使っていれば、後は何をしてもいいと言う訳ではありません。
自ら発毛しやすい体内環境を作るための努力が必要です。
自から出来る体内環境改善としては、頭皮コンディションの改善と、食生活改善が重要となります。
頭皮コンディションを改善する第一歩としましては、毎日正しいシャンプーを行うと言うことにつきます。
農業でも、「良い作物作りは土壌から」という言葉があります。
発毛でも農地の土壌である頭皮の環境が悪化していますと、元気な髪の毛は生えて来ません。
そのために重要なのがシャンプーなのです。

大人の常識 正しいシャンプーの4つのポイント

1アミノ酸系の泡で、充分に泡立てする
2指の腹を使って丁寧に洗う
3きれいに流し、しっかり乾かす
4自分に合ったシャンプー剤を選ぶ
この4つが、シャンプー洗いのキーポイントと言えましょう。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。