ハゲは大いに気にするべき!気にしないと大変なことに?

「ハゲは遺伝だから仕方がない」という考え方が定着しています。それでいいのでしょうか。
薄毛をあきらめ、そのまま放置しておくと、若くして、前頭ハゲに陥ることにもなり、取り返しがつかないことになるのは確かです。気が付いたときは「毛(手)遅れ」なんてことにならないように・・・。
一般的に薄毛に悩んでいる人は、髪の毛が抜ける事ばかり、気にしているようですが、ここに頭髪ケアの盲点があると言えましょう。薄毛対策で本当に大切なのは、これから育つ毛(新生毛)をいかに大切にするかと言うことですから。そうした意味でも薄毛は大いに気にしましょう。
実際に正しい頭髪ケアを行って、薄毛が改善された人は数多くいます。気にしなくなったら人生の半分を捨てたようなものです。髪は、その人を若々しくも見せる反面,老けて見える特徴を持っています。
髪を大いに気にしましょう。そして髪のヘアケアの知識を学び、人生を豊かに過ごしましょう。

男女年齢に関係なく、どんな人にも訪れる薄毛の危機

20代、30代になりますと、髪の将来が気になり始めます。
この現象は男女に関係なく思うことでしょう。
現在は10代から薄毛現象が起きているとの報告もあります。
昔と違いまして、食の欧米化や、ストレスに囲まれた社会環境、学校や職場での人間関係で、うつ病が広い年代層に渡って拡大しているのもその証左でもあります。
このストレスの蓄積こそ、薄毛の大きな要因となっているのは周知のとおりです。
こうした病気やストレス性の場合を除いて、年齢と共にハゲテくるのが男性型脱毛症(AGA)です。
日本人の薄毛の大半が、このタイプと言って過言ではないでしょう。
これは男性ホルモンである、テストステロンにより、生理作用の強い5α-ジヒドロテストステロン(DHT)に変換された結果前頭部や、M字部分、頭頂部からの抜け毛が多くなる、太く長かった髪が、次第に細くなり、伸びが悪くなって、薄毛や脱毛範囲が広がる症状がみられるようになるのです。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

薄毛は遺伝やストレスだけが原因ではない。食事や、生活改善も要因の一つ

「親父の頭を見て、俺いつまでもつかな」と思った人は多いでしょう。
確かに薄毛の要因の一つに遺伝がありますが、親、親戚にハゲタ人がいなくても薄毛になった人は数多くいます。
遺伝やストレスの他にも、内臓や、皮膚の疾患が影響してハゲになった人、極端な栄養バランスの崩れから薄毛になった人、夜更かし、睡眠不足など、日常生活の乱れなども大いに薄毛の要因になるものが周囲に一杯あります。
そうしたことの改善こそが、薄毛対策につながってくることは言うまでもありません。
薄毛を気にし始めたら、早速改善に乗り出してください。
たった一つの十円玉程度の円形脱毛症から、前頭ハゲになるケースが、いくつもの症例が報告されています。
それは放っておいても治るとの、間違った思い込みからきているのです。

逆に薄毛を気にし過ぎてもいけない

薄毛のことが心配で食事も喉を通さない、とあっては、それがストレスとなってかえって薄毛を招くことになります。
過剰な無関心、過剰な楽観、必要以上の不安は、薄毛を加速することになりますので注意しましょう。
そして自分ではどうすることもできない遺伝や、ホルモンなどに関する医療部門については、専門医の力を借りることが大切です。
そして日頃のケアに関して、薄毛になる前に、髪にとって良くないことを速めに認識し、出来るだけ良い状態を保つよう、予防するように心がけしてください。
そして不幸にも、薄くなり、ハゲテ来た場合は、少なくとも現在の状態を進行させないためにも「やってはいけないこと」や、「どのように改善したらいいのか」などを研究しておくことが必要です。

日本人の最近の毛髪事情

ハゲと老化現象

これまでは、一般的に言いまして、ハゲ頭の出現は、40代、50歳代で、加齢とともに順次多く見られると言うものでした。
今は全く変化しています。なんと10代ですでに、薄毛の人が登場したのです。
原因は、おそらく生まれつきか、または何かの病気のためだと考えられます。
この例は極端だとしても20歳代、30歳代から、薄毛の人は全国的に出始めているようです。こうした現象は、おそらく、頭の皮膚、毛の根っこの傷みみと考えられますが、50歳代をピークに、薄毛は下降線をたどっているようです。
それでは老化とは、一体どうして起きるのでしょう。
これを医学面から見ますと、複雑な面がいろいろと絡み合っていると言うことです。
原因を一口に言うには無理があります。
つまり、私たちが体を動かす時に、発生する酸化物質(オキシジェン・ラディカル)が大きく関与していると,最近の研究で判明しました。
私たちが体を動かす、呼吸をする、などの動作を行う時に、血液中から体動部に放出された酸素が、分解し、酸化現象が起こると言うことです。
ハゲはこうした加齢による皮膚の老化と共に、頭部にはしる動脈・静脈血管の変化によっても現れてきます。

若ハゲの増える原因は?

最近、髪の毛に対する一般の人たちの関心が、きわめて高くなってきました。
日本人の髪の毛は黒色、西洋人は茶色、ブロンドというのがこれまでの一般的な常識となっていました。
しかし近年、この常識が崩れてきました。
若い人たちの髪の色を見れば一目瞭然です。
赤毛やブロンドは言うに及ばず、最近は紫色の髪をしている人も増えています。
思うままに髪の毛の色を変え、ファッションを楽しんでいるようです。
こうした一方で、若い人の薄毛やハゲが目立っているのが、昨今の実情と言えましょう。テレビのスイッチを入れると、育毛、養毛、増毛、植毛のコマーシャルが氾濫しています。これだけ薄毛の需要が多いと言う証しと言え様です。
しかし医学面での毛髪の研究は、まだ初歩段階と言えるのです。
先進諸国と比較して、薄毛の業界はまだまだ遅れていると言っていいでしょう。

食生活の欧米化も日本人薄毛の原因

ハリウッド映画などでもよく見受けられますが、西洋人にハゲの多いのは昔から言われてきたことです。
その点昔の日本人のハゲは、少なかったのです。
それは肉を主体とした西洋人と、米(炭水化物)を主食とした日本人との食事の違いにから来るものと考えられます。
肉類(脂肪、動物性たんぱく質)中心の食にしますと、皮膚の脂腺(毛の根元についているし成分を分泌する腺)が肥大し、発達するのです。
これが脱毛と極めて関係の深い、男性ホルモンンを過剰に毛の中に取り入れることと関連してくるため、西洋人はハゲが多いという訳です。
一方日本人は、穀類を主食とした炭水化物を多く摂るため、脂腺はそれほど発育せず、男性ホルモンの影響を、さほど受けないと考えられています。
もちろん西洋人と東洋人との間に、民族固有の遺伝性があることも要因であるのは確かでしょう。
最近の若い人たちは、マスコミの影響もあり、肉類主体な食事が増えているのが現状です。そのためか、若い人の間にも、薄毛、若ハゲが増えています。

ハゲは大いに気にするべき 気にしないと大変なことになる

薄毛や抜け毛は、ストレス過剰や偏った生活、何らかの体の病気、薬物の影響や遺伝素質など、様々な原因から起こることが解りました。
これらの脱毛症状は、女性の薄毛に対しても発毛を促す「ミノキシジル」という薬を始め、各種の治療法が工夫されています。薄毛、抜け毛の場合、適切に対拠すれば、改善します。今髪の毛のことで悩んでいる人にとって「自分の髪の毛に納得できる自分になる」ための手がかりを掴んで下さい。

日本の将来が見えない

日本では漠然とした不安に悩む人が増えているようです。その一因は、日本という国の先行きが不透明だからでしょう。
「昔から一寸先は闇」という言葉がありますが、今の日本は、中国、韓国、北朝鮮といった周辺諸国との関係も戦後最悪となっています。
それに加えて国の借金が1100兆円以上もあります。バブル経済崩壊後低成長経済に入り、アベノミスクも不安要素がいっぱいです。
こうした背景は、髪の毛の悩みも同じです。
診察室で髪の毛の相談をしても、「これから自分の髪の毛がどうなっていくのか」漠然としたものしかわからないと言うのが現実です。
薄毛の人でなくても、髪の毛は加齢とともに、細くなり、薄くなるのです。
それが加齢と共に、シミやシワが出てくるのと同じように、薄毛も脱毛もエイジングに伴う自然な現象なのです。

ハゲは大いに気にしましょう。気にしないと大変なことになります

髪の毛だけでなく、いつどのように老化が進むのか、を正確に予測するのは現代医学では不可能と言えましょう。
「私の髪の毛はこれからどうなるのでしょう」という質問されたら「それは神のみぞ知る」と答えるしかない、と言うのが現実なのです。
20代の独身男性に「私の30年後、誰と結婚し子どもが何人いて、どのような暮らしをしていますか」なんて聞かれても誰も超えることができないのと同じなのです。
ただ言えますことは、こうした漠然とした不安にとらわれて思考停止に陥っていると、事態は好転しないと言うことです。
そこで有効な手段を打ちませんと、何も好転はしないと言うことです。
薄毛は大いに気にしましょう。
そこで思考停止しないで、それなりの対策を考えましょう。
薄毛対策は数多くあることを認識することが大切です。

フサフサのための頭皮のコンディションを改善する

AGAになっても、フィナステリッドとミノキシジルさえ使っていれば、後は何をしていいと言う訳ではありません。
自分自身で、体内環境作りを積極的に取り組まなければなりません。
自分で発毛しやすい、体内の環境作りに努力する事が大切なのです。頭皮コンディションを改善する第一歩は、毎日シャンプーを実施する事等があります。
シャンプーは髪を洗うと思っている歩とが多いはずです。
シャンプーの目的は、髪を洗うことが目的ではありません。
頭皮を清潔にし、髪の成育を促進するためのものです。
こうした正しいシャンプーの目的を認識し、実行するだけで髪の将来が期待できるのです。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。