フィナステリドとプロペシアの違い、ちゃんと分かってますか?

AGAと治療薬

AGAとその治療薬であるプロペシアとフィナステリド

AGAというのは男性ホルモンの働きの活発化によって発生する男性特有の薄毛の症状になります。男性で薄毛に悩んでいる人がいる場合、その薄毛の90パーセント以上はこのAGAというものが原因になって発生していると考えられます。このAGAを治療するために利用されるAGA治療薬にプロペシア、フィナステリドというものがあります。

混同しがちなプロペシアとフィナステリド

AGAについて興味関心を持ち、調べたことがある人であれば、プロペシアとフィナステリドの名前を知らない人はいないでしょう。このプロペシアとフィナステリドについてはAGA治療の現場やAGAについてまとめているウェブサイトなどにおいても、意味が混同されている場合があります。今回の記事においてはプロペシアとフィナステリドの違いについて詳しくみていきたいと思います。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

引用:https://hagelabo.jp/articles/finasteride-propecia-distinction”

プロペシアって何?

プロペシアの定義

では、プロペシアについてですが、プロペシアについては以下のような説明がなされています。

プロペシアには、具体的にどんな効果、効能が期待できるのでしょうか。
プロペシアの効果・効能を一言で簡潔に言ってしまうと、それはAGA(男性型脱毛症)の原因とされている『DHT』の生成の抑制です。
このDHT(ジヒドロテストステロン)は、男性ホルモンであるテストステロンが『5α-還元酵素』という変換酵素の働きを受けて生成されるものです。ということは、『5α-還元酵素』さえなければ、DHTは生成されないということになります。そこででてきたのが、このプロペシアです。

引用:hairmedical.com

プロペシアは男性ホルモンの働きを抑えるもの

さて、上記の説明を読むと、プロペシアというのは男性ホルモンがDHTという物質に変換されることを抑える働きをしている育毛剤であるということが分かります。このDHTという物質がまさにAGAの原因となっている成分になります。このDHTが髪の毛を作る細胞に栄養を供給する働きをしている毛乳頭細胞という細胞と結合することにより、AGAという薄毛症状が発生することになります。このDHTの発生を抑える効果がプロペシアには存在します。

フィナステリドって何?

フィナステリドの定義

では、続いてフィナステリドについて見ていきましょう。フィナステリドについては以下のような説明がなされています。

フィナステリド(finasteride, 商品名 Proscar, Propecia, Fincar, Finpecia, Finax, Finast, Finara, Prosteride)は米メルク社が開発した抗アンドロゲン薬の1つであり、男性ホルモンテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換する酵素である2型5-α還元酵素を阻害することによって作用する。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%89″

フィナステリドも男性ホルモンの働きを抑えるもの?プロペシアとの違いは

さて、上記の文章を見てますます違いが分からなくなった人も多いのではないでしょうか。上記の文章を読む限りフィナステリドに関してもAGAの原因となるDHTの発生を抑える働きをしているように読み取ることが出来ます。一体プロペシアとフィナステリドの違いは何なのでしょうか?

プロペシアとは製品名

プロペシアとフィナステリドの違いについてですが、結論から言うとプロペシアは育毛剤の製品名のことを指しています。例えば、頭痛薬を例に挙げてみましょう。頭痛薬でよく知られている製品として、バファリンという頭痛薬があります。このバファリンという頭痛薬は「バファリン」という名前が製品名です。
バファリンというのが日本ではライオン株式会社が販売している頭痛薬の製品名であるように、アメリカのメルク社が製造している育毛剤の製品名がこのプロペシアというものになっています。

フィナステリドは成分名

一方、フィナステリドというものについてはどのように表現すればよいのでしょうか。こちらのフィナステリドについては育毛剤の成分名であるということが出来ます。例えば、先ほどと同様に頭痛薬を例にして説明してみましょう。頭痛薬を例として挙げるのであれば、バファリンという頭痛薬には頭痛を抑えるための成分としてアスピリンというものが配合されています。
これと同様に、プロペシアについてはその育毛成分としてフィナステリドという成分が含まれています。

フィナステリドを含んでいる他の治療薬

フィナステリドを含んでいるプロスカー

さて、プロペシアというのは固有の育毛剤の製品名になりますが、フィナステリドというのはあくまでも成分名にすぎません。したがって、フィナステリドを含んでいる治療薬というのはプロペシアに限ったものではありません。例えばフィナステリドを含んだ治療薬として有名なものにプロスカーというものがあります。

プロスカーはフィナステリド成分を含む、AGA治療薬です。
海外ではプロペシア同様に認知されているお薬で、男性型脱毛症に非常に効果的とされています。
育毛剤・発毛剤にもいろんな種類がありますが、このプロスカーはその中でも十分な効果が出るとされています。

引用:http://www.tuswecatiospaye.org/

前立腺肥大の治療に用いられるプロスカー

さて、このプロスカーについてですが、実は育毛剤としてつかわれることがメインの目的として開発された薬ではありません。このプロスカーという薬は前立腺肥大の症状を治療するために開発された薬になります。フィナステリドという成分は男性ホルモンの働きを抑えてAGAの症状を改善するだけではなく、実は前立腺肥大の症状を改善する治療効果もあります。そのため、前立腺肥大の薬にもフィナステリドは使われることになります。

プロペシアの廉価版であるフィンペシア

薬価が高いプロペシア

さて、上記で紹介してきたプロペシアについてですが、AGA治療に取り組んでいる人の間ではその価格が高いということが言われています。実際、プロペシアの価格については28錠入りで5,500円程度といわれており、決して安い育毛剤ではありません。また、このプロペシアはAGAクリニックという専門のクリニックで医師に処方箋を書いてもらわない限り購入することが出来ない育毛剤になります。AGAクリニックにで購入する場合には5,500円よりも値上がりすることになり、大体8,000円程度の価格になるといわれています。
このようなプロペシアにかかるコストを減らすために注目を浴びるようになったのがフィンペシアになります。

フィンペシアは、上記のプロペシア・プロスカーなどと同じ成分ですが、最近ではそんなAGA治療薬の中でも、AGA治療に対して一番効果が期待できるとも言われています。
脱毛抑止剤に含まれているミノキシジル成分と組み合わせも良いかもしれません!(併用は医師に相談しましょう)

引用:http://www.tuswecatiospaye.org

インドで製造されたプロペシア=フィンペシア

さて、このフィンペシアについてですが、よくプロペシアのジェネリックという表現をされることがあります。しかし、この表現は正しくありません。なぜなら、プロペシアはまだ薬の特許権が切れていないため、ジェネリック薬品を製造することはできません。しかし、それを無視する形で、インドの製薬会社であるシプラ社がプロペシアと全く同様のフィナステリドを使って製造したのが、フィンペシアになります。
このフィンペシアについてはプロペシアと全く同じ成分でありながら、100錠で2,000円程度の値段で売られています。ただ、このフィンペシアについては日本国内には流通していないため、個人輸入という形で購入するしか手に入れる方法はありません。

引用:http://hairgrowing.net

フィナステリドの副作用

妊娠中の女性がいる場合は使用厳禁のフィナステリド系育毛剤

さて、プロペシアをはじめとしたフィナステリドが含まれている育毛剤については、下記のような副作用が報告されているいます。

1%以上5%未満に性欲減退の副作用が発現する他、1%未満に勃起機能不全、射精障害、精液量減少が発現する。その他、発現率不明の副作用として、睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)、乳房圧痛、乳房肥大、抑鬱症状、眩暈、そう痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇が添付文書に記載されている。

禁忌
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%89″

特にフィナステリドが調合されている育毛剤を服用して、それが妊娠中の女性の体内に取り込まれると、胎児に性的不能といったような問題が発生する場合があります。したがって、妊娠中の女性が家庭などにいる場合はフィナステリドが調合されている育毛剤の使用は絶対禁止となっています。

フィナステリドの服用で精子にダメージ

妊娠中の女性の体内にフィナステリドが入ってしまうことで、胎児の性的な能力に問題が発生するという副作用は以前から知られてきました。しかし、近年の研究によってフィナステリドの服用によって、男性の精子にダメージを与えるという副作用にも注目が集まるようになりました。
その副作用とは精子がダメージを受けることにより、性欲減退と勃起不全の症状が発生するというものです。さらにこの症状がやっかいなのはフィナステリドの服用を止めても後遺症として残る可能性があるということです。現在では対処法がなく、このような副作用がプロペシアをはじめとしたフィナステリド配合の育毛剤には存在するという現実を受け入れるしかありません。

結論!プロペシアとフィナステリドはほぼ同じ

さて、上記ではプロペシアとフィナステリドについてその違いを見てきました。結論としてはプロペシアは製品名、フィナステリドは成分名です。AGAの現場で使う場合にはプロペシアといった場合もフィナステリドといった場合も、結局はフィナステリドのことを意味します。
ただ、プロペシア=フィナステリドとは言えず、フィナステリドを配合している育毛剤は他にも存在します。
しかし、AGAの現場では同じ意味で使われていることが多いととらえておけば間違いないでしょう。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。