円形脱毛症治療薬の副作用を徹底解説【副作用が怖い人に】

円形脱毛症

円形脱毛症の症状

円形脱毛症というのはその名の通り、髪の毛が円形に抜けてしまうという症状になります。この症状はいわゆる一般的な薄毛の症状とは違って一部分だけが円形に抜けるという特徴的な形を示すため、それをからかわれることも多く、ある意味普通の薄毛症状よりも苦しめられる症状であるということが出来ます。

AGAとは異なる円形脱毛症の原因

さて、このような円形脱毛症の原因ですが、根本的に通常の薄毛の症状とは全くメカニズムが違うと考えられています。男性によくみられる薄毛の症状というのは男性ホルモンの働きが活発化することにより、早い人では20代以降から抜け毛の症状が発生するAGAというものになります。
しかし、円形脱毛症についてはまだ男性ホルモンの活発化によるAGAの症状が発生する年齢ではない10代の若者に発生することもあります。また、女性が円形脱毛症の症状を発生することもあります。これらの事象から、円形脱毛症というのは普通のAGAの症状とは全く別のものが影響していることが分かります。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

円形脱毛症の原因

円形脱毛症の原因と考えられるアレルギー症状

円形脱毛症の原因ははっきりと判明しているわけではありませんが、一つ有力な原因として考えられているのが、アレルギー症状になります。

円形脱毛症全体の8割を占めるタイプで、他のアレルギー疾患 (アトピー性皮膚炎や喘息など)と円形脱毛症との合併には統計的有意差があると言われており、これらのアレルギー疾患が円形脱毛症と深く関わっていると推測されている。このタイプは発症が単発型でも次第に症例が重くなる傾向があり完治が難しいとされている。
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E5%BD%A2%E8%84%B1%E6%AF%9B%E7%97%87

円形脱毛症の原因と考えられるストレス

また、もう一つの有力な円形脱毛症の原因がストレスになります。

アレルギーを持っていない患者の場合、ストレスなどによって自己免疫異常が一時的に発生して脱毛に至るのではないかとされている。アレルギーを持つ場合でもストレスが引き金となり発症してアレルギーによって重症化する可能性も考えられている。ストレスが原因の場合はストレスやプレッシャーがなくなれば治癒するため短期(6ヶ月程度以内)で完治することが多い。
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E5%BD%A2%E8%84%B1%E6%AF%9B%E7%97%87

円形脱毛症の治療の考え方

2つに共通する原因として考えられる自己免疫疾患

さて、先ほど円形脱毛症の原因について、アレルギー症状とストレスが原因となる可能性が高いと述べてました。一見アレルギー症状とストレスというのは全く無関係に思えます。しかし、この2つの事柄は自己免疫機能という観点から考えるとうまく説明することができます。
自己免疫機能というのはお分かりの通り、異物が体内に入ってきたときに、それを排除するために攻撃するという体内の防御機能になります。この自己免疫機能が本来異物や体に害を与えるものではない対象に対して、誤って攻撃を開始してしまうというのがアレルギーの症状になります。このアレルギー反応の代表例には花粉症があります。花粉症は花粉という体に無害なものに対して、自己免疫機能が有害な異物として誤認をして攻撃するため、風邪をひいたときと似た症状を引き起こすというものにになります。
円形脱毛症についても花粉症と同じようなメカニズムが働いている可能性があります。つまり、自己免疫機能が何らかのきっかけで自分自身の体の一部である毛根を異物として認識し、攻撃し始めることがその原因なのではないかと考えられています。毛根は攻撃されることにより、傷ついて弱ってしまい、どんどん毛髪が抜け落ちていきます。これが円形脱毛症の原因ではないかと考えられます。
さらに、この円形脱毛症を引き起こす自己免疫機能の狂いを生じさせるきっかけがストレスなのではないかということが現在の医学界では言われています。

円形脱毛症の治療のアプローチ

上記の自己免疫疾患が原因なのではないかという仮説に基づき、治療法には主として3つのアプローチが行われています。
まずは、そもそも円形脱毛症も抜け毛が発生しているということは変わらないので、普通の薄毛症状と同じであると考えて治療を行っていくというアプローチになります。このアプローチで円形脱毛症の治療に臨む場合は通常の薄毛治療と同様に育毛剤を処方して治療が行われていくことになります。
次に、円形脱毛症が自己免疫機能の異常、つまりアレルギー症状が原因となっているのだから、そのアレルギー症状を押さえてやればよいというアプローチになります。こちらの治療アプローチの考え方は花粉症の治療などに非常に似通ったものがあります。アレルギー反応を抑制する形を処方することにより、免疫機能が毛根を攻撃するのを防ぐようにして、抜け毛症状を抑えるというのがこのアプローチになります。
そして、最後がストレスに着目した治療法になります。医師が問診していて患者が精神的な悩みを抱えていることが分かり、それが円形脱毛症の発生に結びついていると考えた場合には、精神科の受診をすすめる場合があります。そして、精神科で精神安定剤などを処方されて、それを服用して精神の安定を取り戻すことにより、円形脱毛症も自然におさまる場合もあります。ただし、この場合はもはや円形脱毛症の治療がメインというよりも、精神疾患の治療になっているので、この文章では割愛したいと思います。

ミノキシジルの特徴

ミノキシジルという治療薬

さて、ではここからは円形脱毛症の治療薬についてみていきたいと思います。まず円形脱毛症の治療薬として挙げることが出来るのは、ミノキシジルという育毛剤になります。

ミノキシジルは血管拡張薬であり、元々は高血圧の治療に内服薬(商品名ロニテン Loniten)として使われていた。しかし、この薬の副作用として毛髪が伸びたり、脱毛が改善したりすることが発見され、1980年代に米国アップジョン社の「ロゲイン Rogaine」2%溶液が脱毛と禿髪の治療薬としてFDAの認可を受けた。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%81%AE%E6%B2%BB%E7%99%82#.E3.83.9F.E3.83.8E.E3.82.AD.E3.82.B7.E3.82.B8.E3.83.AB

ミノキシジルの副作用

さて、このミノキシジルについてですが、もともとは高血圧の治療薬として使われていた歴史があります。そのため、このミノキシジルを使うことで、血圧が下がってしまい、結果的に心拍数が増加する、めまいが発生する、頭痛が起こるといった副作用が報告されています。また、最悪のケースでは心筋梗塞の引き金になったというケースも報告されています。

抗ヒスタミン剤の特徴

抗ヒスタミン剤という治療薬

さて、次に紹介したいのが抗ヒスタミン剤という円形脱毛症の治療薬になります。とはいっても抗ヒスタミン剤はアレルギーを抑えるという面から円形脱毛症の症状にアプローチするものになります。

血圧降下、血管透過性亢進、平滑筋収縮、血管拡張、腺分泌促進などの薬理作用があり、アレルギー反応や炎症の発現に介在物質として働く。ヒスタミンが過剰に分泌されると、ヒスタミン1型受容体(H1受容体)というタンパク質と結合して、アレルギー疾患の原因となる。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3

抗ヒスタミン剤の副作用

さて、アレルギー症状を抑えるのには抜群の効果を発揮する抗ヒスタミン剤についてですが、この抗ヒスタミンジ剤にも当然ながら副作用があります。それが眠さを感じたり、だるさを感じたりするというものです。この副作用に関しては花粉症の症状がある人なら経験したことがあると思います。
特に眠気に関しては非常につらいものがあります。ただ、抗ヒスタミン剤にも第一世代と第二世代というものがあり、第二世代に属する抗ヒスタミン剤は副作用が抑えられており、眠気があまり発生しないというタイプのものもあります。

塩化カルプロニウムの特徴

塩化カルプロニウムという治療薬

円形脱毛症の治療には塩化カルプロニウムという治療薬が用いられる場合もあります。

塩化カルプロニウムは頭皮に塗ることで血行を促進し毛乳頭を活性化させて育毛を促す、という効果が期待できるとされています。

引用:http://www.datumousyou.com/ikumou-medicine/carpronium-chloride-aga.html
この塩化カルプロニウムに関してはミノキシジルと非常によく似た血管の拡張効果を持っているといわれています。ただ、ミノキシジルに比べると効果が控えめです。

塩化カルプロニウムの副作用

この塩化カルプロニウムについてですが、効果が控えめな分、副作用もほとんど無いというのが特徴になります。強いてあげるのであれば、外用薬として肌に塗った時に肌が熱く感じたり、場合によってはかぶれてしまうというくらいになります。ただ、他の円形脱毛症の治療薬と比較すると副作用は微々たるものになります。

ステロイドの特徴

ステロイドという治療薬

そして、最後にステロイドという成分を使った治療薬を挙げておきます。このステロイドを使った治療薬についてですが、免疫機能の誤反応によって発生する攻撃反応を抑えるのには抜群の効果を発揮します。

ステロイドの副作用

ただし、このステロイドにはこれまでの円形脱毛症の治療薬には無いほど強力な副作用が存在します。ステロイド、特に内服薬を服用することによる副作用は消化器官、腎臓、肝臓、肺といった体中の臓器に及びます。体中の臓器の機能が低下した結果、感染症に感染してしまう、糖尿病が悪化する、血圧が上昇する、下痢などの消化器官の異常が発生するという問題が発生する可能性があります。
ステロイドは効果も抜群ですが、その副作用も強力なため、服用には細心の注意が必要になります。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。