ハゲが遺伝するって本当なの?その確率とメカニズムとは

遺伝でハゲるって本当なんでしょうか?母方の父がハゲてたらハゲる、とよく聞くんですが、本当なんでしょうか?
なぜハゲるのか、などハゲるメカニズムを教えてください。

引用http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1319716643

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

このような質問があるようにハゲは遺伝であると言う噂はよく聞きます。では果たしてはげは本当に遺伝によるものなのでしょうか。

薄毛は遺伝するのか?

よくハゲは遺伝すると言いますが結論から言うとその答えはイエスでもありノーでもあります。その理由と言うのは男性型脱毛性、すなわちAGAはその体質が遺伝すると言われているためです。つまりおじいさんや父親が男性型脱毛性である場合では薄着になる要素を受け継いでいる可能性は高いといえます。しかしながら100%発症するとは言い切れないと言うわけです。実際に男性型脱毛性が発症する原因には様々なものがありますがその中で家により発症する場合は全体の約25%と言うデータがあるようです。

男性型脱毛性の体質が遺伝するとされているのは脱毛物質とも呼ばれる男性ホルモンの強化版、ジヒドロテストステロンの受け皿となるアンドロゲンレセプターと言うものの感受性の高さが遺伝するためと考えられています。またアンドロゲンレセプターの感受性を高さを決める遺伝子はエックス染色体に存在すると言われています。人間のエックス染色体は母親から引き継がれるため母方の父親が薄毛の場合はその遺伝子を受け継いでいる可能性が高いと考えられています。
さらに男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変換されてしまうファイブαリダクターゼの活性の高さにも遺伝によってうささらに男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変換されてしまうファイブαリダクターゼの活性の高さにも遺伝によって受け継がれるものがあると言われています。こちらは両親どちらかにもかかわらず優勢遺伝で受け継がれるものなので両親のどちらかがファイブαリダクターゼの活性がある遺伝子を持っていれば生まれてくる子供は同じように活性の高いファイブαリダクターゼを持っていると考えられます。
以上のように男性型脱毛症は遺伝の影響を受ける脱毛症と言われていますが男性型脱毛性が遺伝するわけでなくあくまで男性型脱毛性になりやすい体質が遺伝すると言うことを忘れてはいけません。男性型脱毛性の主な原因としては先ほど書いたジヒドロテストステロンの影響と言われていますがこれは原因の1つでしかありません。男性型脱毛性の発症にはその他の様々な要素が絡み合っていると考えられているためこの様々な要素についても大学で気に解明されていませんが毛髪の健康を損ねてしまうような食生活や不規則な生活習慣や頭皮環境などが影響しているのではないかと考えられています。頭皮と髪の形は体分の1部であるのでこれらが影響していると言うのは安易に考えられることなのです。

「ハゲが遺伝するって本当なの?その確率とメカニズムとは」の画像検索結果

出典https://hagelabo.jp/articles/aga-heredity

男性型脱毛症を遺伝しやすい人の特徴

では果たして自分自身が男性型脱毛性の遺伝をしやすいのかどうか気になる部分ではあると思います。遺伝しやすいかどうかは両親の家系に依存すると言われていますので特にその中でも母親のほうの遺伝子をよく見る必要があります。その後を継いで父親のほうの遺伝子が影響してくるのです。
まず母親の遺伝子が持つアンドロゲン受容体が敏感であるかどうかということが重要なポイントになってきます。アンドロゲン受容体の原子は母親から受け継がれると言われています。男性は生まれてくるときに父親からワイ染色体、母親からエックス染色体と染色体を受け継いで生まれてきます。そしてアンドロゲン受容体は母親のエックス染色体によって決まると言われているので母親の遺伝子が敏感かどうかがポイントになると言うのです。女性に男性型脱毛性が発症する事はあまり見られていませんので母親が薄毛と言う事はなかなか無いと思われます。なのでその遺伝子を持っている可能性を確認する手段としては母親のお父さんであるおじさんにあたる人が参考になると言われています。自分にとって母親方のおじいさんが男性型脱毛性の場合自分のアンドロゲン受容体も敏感である可能性は高くなってしまいます。
そして次に両親のどちらかがファイブαリダクターゼの完成度が高い電子を持っている場合です。ファイブαリダクターゼの遺伝子は両親のどちらからも子供に反映されます。そしてさらにこのファイブαリダクターでは完成度が高い方が優先的に入れるする優勢遺伝子と言われています。両親のどちらか一方が完成度の高い遺伝子を持っている場合その強さを受け継いでいる可能性が高く男性型脱毛性になりやすいと考えられます。
以上の2点から推測されるのが最も男性型脱毛性が遺伝しやすいと言われているのがアンドロゲン受容体の印鑑度が高い遺伝子を持っている割ファイブαリダクターゼの活性度が高いでしょ持っている方と言えるでしょう。しかしどちらか一方だけでも受け継いでいると発症率は高くなってしまいますので注意してください。

男性型脱毛症になりやすい遺伝子をもっている人がやるべきこと

実際に自分自身がどちらの遺伝子もうけついでしまっている場合男性型脱毛性になってしまう可能性はかなり高くなってしまいます。しかしあくまで男性型脱毛性になりやすい体質を遺伝子だけであって男性型脱毛症になるかどうか決まったわけではありません。しっかりと早めに予防して対策をねれば発症している可能性を少しでも抑える事は可能だといえます。
まず1つ目の対策方法としては育毛剤を使うと言うことです。育毛剤と言うと男性型脱毛性が発症してから使うものというのが一般的な考え方ですが実際のところ男性型脱毛性の予防にも効果を発揮してくれます。つまり少し気になり始めた段階で旅をすることで進行を遅らせたりすることが可能だということです。実際に発症してしまってから髪の毛を元の状態に戻すと言うのはかなり時間をかけてしまうことになります。しかしまだ発症していない段階で男性型脱毛性対策のために育毛剤を使い頭皮の環境整えることで進行や発症遅らせることができると言うのです。育毛剤は医薬品や薬部外品が多いものなのでしっかり正しいものを選び用法容量をきちんと守って毎日継続してお手入れすることを忘れずにやりましょう。
続いての対策方法としては専門の医療機関を訪ねてみてはいかがでしょうか。実際に薄毛のことに関してはなかなか他人に相談するのが難しいと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし専門家に相談する事は恥ずかしいことではありません。しっかりと男性型脱毛性の悩みを話して解決へ向けて一歩を踏み出すことも重要です。そして男性型脱毛性の悩み以外にも色々と体質の事や生活習慣のこと等を含めてアドバイスをもらえるのでとても大きなメリットがあると言えるでしょう。不安なのでストレスを抱えてしまう前にまずは思い切って相談してみてはいかがでしょうか。

男性型脱毛症は遺伝だけが原因ではありません

男性型脱毛性の原因は先ほども書いたように遺伝だけではありません。遺伝はあくまで男性型脱毛性を起こしやすい体質なだけであって実際に男性が脱毛性を発症するかどうかと言うのは日々の生活習慣などにもよって大きく変わってきます。特に生活習慣の乱れやストレス、タバコなども男性が脱毛性の発症のきっかけになったり男性型脱毛性を悪化させる要因となっています。
遺伝以外の男性型脱毛性が起こりえる生活習慣としてはまとめると以下のようになります。
まずは睡眠時間が短い人です。人間は寝ている間に成長ホルモンを出して細胞を活性化させるという特徴持っています。すなわち睡眠時間が短くなってしまうと細胞を活性化させる成長ホルモンが必要な分だけ分泌されなくなります。そうなると髪の毛もしっかりと成長ができなくなってしまいますので本来の強くて太い髪の毛ではなく細くて抜けやすい髪の毛が生えてきてしまいます。そうなると髪の毛の周期が間に合わずドンドンと薄毛が進行してしまうのです。特に夜の10時から2時まではゴールデンタイムで追われていて成長ホルモンが特に分泌されやすい時間帯と言われていますのでこの時間に睡眠をとるように心がけましょう。
続いての原因は食事の内容が偏っていて栄養バランスが悪い食事ばっかり取っていると言うことです。最近ではコンビニや外食で済ませてしまう人も多いと思いますが栄養分が偏ってしまうと髪の毛に必要な栄養素が体内に吸収されずに髪の毛を作るために栄養が少なくなってしまうと強い髪の毛が作れなくなってしまうといったことが起こります。そうなってしまうと先ほどもあげたように弱くて抜けやすい髪の毛が生えてくるので薄着が進行してしまうのです。髪の毛も体の1部ですのでしっかりと栄養バランスのとれた食事をとるようにしましょう。
そしてその次の原因としてはやはりタバコが挙げられます。タバコの中に含まれているニコチンやタールが全身の血流を悪くしてしまいます。血流が悪くなってしまうのは体だけではなく頭皮でも言えることです。頭皮では細かい毛細血管が多く走っていますが血流が悪くなってしまうと毛根まで必要な栄養素が届けれなくなってしまいます。髪の毛を作る上で必要な栄養素が足りなくなってしまうとこちらの場合も強い髪の毛が作れずに弱い髪の毛が生えてきてしまいます。そうなってくるとどんどん髪の毛が抜けてしまって薄毛が進行してしまいます。
さらに毎日使っているシャンプーやリンスにも注意してください。シャンプーやリンスの使い方も重要です。まずシャンプーは自分に合ったものをチョイスするように心がけましょう。特に男性型脱毛性が気になる方は育毛シャンプーなどがお勧めだと言えるでしょう。そしてしっかりとシャンプーを流し切った後にリンスをつけますがリンスは毛先だけにするようにしてください。頭皮についてしまうと毛穴を詰まらせてしまう原因になってしまいます。そしてリンスもしっかりとすすぎで流しきるように心がけましょう。

 

 

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。