女性の薄毛に効果がある治療薬ってどんなものがあるの?

今や女性でも薄毛と言う問題を抱えている人も少なくはないといえます。ストレスや生活習慣や日々生活している中で女性の過ぎの問題はどんどん深刻化しているようです。女性の過ぎには女性特有の間や発毛メカニズムに合った治療が必要となってきます。

女性の薄毛の原因は様々な理由がありますが最も大きな影響としては頭皮の老化であると理解しましょう。
女性は30歳を過ぎたあたりから頭皮の老化が目立つようになります。具体的に言うと頭皮が乾燥しやすくなりさらに地肌が硬くなってきます。このような状態になるともう髪の毛が弱くなりやすく髪の毛も早く抜けてしまうといったことが起きます。本来はいちどはいた髪の毛は5年から10年ぐらいは伸び続けるのですが毛根が弱ってしまうことで早く抜け落ちてしまいます。抜けた髪の毛はまた生えてくるのですが現在生えてくる髪の毛よりも細い髪の毛が生えてくると無敵のサイクルが早くなってしまうので女性の髪の毛はどんどん細くなり薄毛になってしまいます。女性の薄毛の特徴は髪の毛の本数が少なくなることではなく昔よりも髪の毛自体が細くなって薄毛と感じるのが一般的だと言われています。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

女性の抜け毛に効く治療薬とは

女性の薄毛の悩みには原因や頭皮の状況に合わせた薬を選ぶ必要があります。特に男性ではメカニズムや作用する成分が違うので女性の薄毛に効果のある治療薬を選ぶ必要があるということです。最近になってくれた女性の薄毛の問題では今現在では女性の薄毛に効果があるとされている治療薬は数が少なく限られたものになっているようです。

「女性の薄毛に効果がある治療薬ってどんなものがあるの?」の画像検索結果

出典http://ikumou-professionals.com/2782.html

女性に聞く抜け毛を予防する薬の種類としてまず1つ目はパントスチンという薬があります。アルファトララジオールと言う成分が配合されていて抜け毛を抑えて育毛や発毛を促進してくれる作用があるようです。これは男性の薄毛治療にも使用をされているということですが女性でも使用できるように改良されているそうです。さらに個人差もちろんあるのですが多くの人が手ごたえを感じているそうです。床に髪の毛が増えたと言う実感よりは頭皮の状態が改善されシャンプーしたときや髪の毛をブローした時に抜け毛が減ったと言う実感の方が多いようです。しかしこの成分には気をつけたい副作用もあります。主な副作用としては頭皮の痒みや炎症です。これはこの薬の中に入っているアルコールによるものだといえます。若干のアルコールが頭皮の消毒のために配合されているのでお肌が弱い方はこのアルコールに反応して痒みや炎症が起きてしまうことがあります。特に妊娠中や授乳中の方は胎児や赤ちゃんに影響が及ぶ可能性がありますので使用を控える方が望ましいと言えるでしょう。

2つ目はミノキシジルと言う薬です。こちらは塗り薬も内服薬も両方ありますが特徴としては今までは男性の薄毛治療に使われていました。しかし女性の過ぎにも有効であると判断されたため女性の薄毛の治療にも使われるようになったと言うことです。このミノキシジルには血管拡張作用があります。そのため頭皮の血行が促進されて毛根に栄養が行き渡り抜け毛を少なくすると同時に発毛を促進してくれる効果を期待できるということです。ストレスや不規則の生活が原因で女性ホルモンのバランスが乱れ薄毛になっている方や更年期の女性の薄毛治療によく使われると言われています。
しかしながらこのミノキシジルも副作用があります。特にミノキシジルをタブレットとして内服薬で使用する場合は副作用の心配も大きくなります。ミノキシジルが配合された製品を使う場合考えられる副作用としては頭皮の痒みやただれなどがあります。または眠気や頭痛を感じたり体重の増加やむくみが見られる場合もあります。

そして女性の薄毛治療で発毛促進する薬は以下のようになります。
まず1つ目はスピロノラクトンと言う薬です。
女性の薄毛の場合には女性ホルモンの働きが悪ことが大いに関係しています。この有効成分は女性ホルモンの特にエストロゲンに働きかけ増やしてくれる薬だそうです。皮膚科のニキビ対策用の薬として処方されることもあるようです。女性ホルモンであるエストロゲンを増やし上の潤いを保ちながら元気な髪の毛をつくります。
それと同時に薄毛が進行しないように食い止める効果も期待できます。この薬はほとんど副作用がないため安心して服用できるというのも大きなポイントとなっていることです。
2つ目の成分はパントガールと言う薬です。このパントガールはドイツ発祥の薄毛の薬です。この薬は女性の薄毛治療薬専門となっています。特に女性に多い髪の毛全体が薄くなっていく症状などに効果を発揮してくれます。タンパク質のケラチンやアミノ酸のシスチンなどにより抜け毛の改善や発毛の効果などが期待できます。体に副作用の出る成分は配合されていませんのでサプリメント的なイメージが強いのですが医薬品に所属するために医者の処方が必要になってきます。ただし効果を実感するためには少し時間がかかるようで最低でも3ヶ月、できれば半年から1年間は飲み続けることが必要になって来るそうです。その間に妊娠する可能性がある場合はよく医者と相談してから使うようにしましょう。

薄毛を治療薬で行うメリットは?

薄毛治療を治療薬で行うメリットはいくつかあります。まず1つ目は大掛かりな方法では無いので継続しやすいと言うことではないでしょうか。薄毛治療にはある一定の期間は継続して続けることが必要となります。治療開始から実感するまでには長期間必要な場合も考えられます。直接薬物を頭皮になる場合は毎回病院に行ってやらないといけない反面飲み薬による治療は毎回名にいかなくても家で出来るので毎日の生活に取り込むことができれば継続しやすい方法と言えるのではないでしょうか。また飲み薬による治療は高い発毛効果と負担が少ないので理想的だと言えるでしょう。

2つ目のメリットは頭皮に直接薬剤を注入する治療ではかなり高額になると言われていますが治療薬を内服する方法としては1ヵ月の薬代や治療費の宮子がわかりやすくほぼ固定されています。なので薄毛治療を始めるときに高額な治療は不安もあり治療の第一歩なかなか踏み出せないと言うこともありますが内服治療は初期費用もかからずはじめやすい治療法といえます。

薄毛の治療を治療薬で行うデメリットは?

はじめやすく続きやすい医薬品である治療薬ですが医薬品である以上分作業はあります。なのでデメリットの1つ目はやはり副作用と言うことではないでしょうか。女性専用の薄毛治療薬を服用することで大きな副作用があったと言う報告はあまり見られません。しかし医薬品は医薬品です。特に薄毛治療にはホルモンバランスを整える作用があり頭痛や眠気や体重増加やむくみや頭皮のかゆみなどの症状が起こるといえます。しっかりと使う場合には医師の指示に従って用法容量を必ず守るようにしましょう。
2つ目はホームケアよりも治療費がかかるということです。今まで市販の育毛剤なのでホームケアしていても効果が実感できなかった人たちにとっては飲み薬による治療はやはり比較的負担も少なくはじめやすい治療法です。しかしやはり薬の治療になるので市販の育毛剤なると比べると高い効果が期待できますが費用としての負担は大きくなってしまいます。
さらにその他のデメリットとしては服用をやめると元に戻ってしまう可能性があります。飲み薬による治療では薬の成分によってホルモンの分泌を頼まれて頭皮のバランスを安定させながら発毛流すと言われています。この治療中に服用を中断してしまうと頭皮の環境が元に戻り薄着がまた進行し始めてしまうことがあります。やはり薄毛治療始めたら長期間の継続した治療薬の服用が必要になることをしっかりと理解しましょう。

治療薬での治療がお勧めな人は?

それでは治療薬での治療がオススメと言える方はどんな方なんでしょうか。大切な事は継続することなので継続ができる方はお勧めできるといえます。
さらにこれから病院で治療始めたいと思っている人にはオススメできます。薄毛が気になって今まではホームケアで対応していたにもかかわらず発毛効果が実感できずに病院治療考えてる方にお勧めできるといえます。病院での治療を始めるにあたって不安を持っている方も多いと思いますが薬を服用するだけで高い発毛効果が期待できるので病院治療中では最もはじめやすい治療法なのではないでしょうか。
そしてより手軽に高い効果を実感したい人にもお勧めです。毎日決められた量の薬を服用するだけで約3ヶ月を過ぎると実感できるようになるといえます。特に通院したりなどすることもなく普段の生活の中でできることが多いので気軽に取り入れるのではないでしょうか。

 

治療薬以外の治療法は?

女性の薄毛治療に関して飲み薬外にも色々と方法はあります。
外用薬と呼ばれるものには頭皮に乗って使うものもあります。これは先ほど紹介したミノキシジルも外用薬として使われる場合もあります。
外用薬に関しては飲み薬と併用することによってより高い効果を期待する方法もあります。
さらに注射を使ったハーグ療法等と言うものも存在します。これは毛髪の再生のために必要な有効成分をダイレクトに頭皮に駐車する方法です。このハーブ療法と呼ぶのは成長促進因子をビタミン等と一緒に薄毛が気になるところに駐車します。注射といっても針が細く頭皮を貫かない程度の白様ですか針を入れないので出欠もなければ痛みもないようです。そして何より有効成分が確実に毛根に届くと言うこともあり注射による授業の効果は高いですが治療費が高額になってしまうのがデメリットとなっています。
さらに点滴での治療法もあります。毛髪の成長や頭皮環境を健やかに保つために必要な成分をプラセンタエキス等と一緒に点滴で補う方法です。点滴は食事やサプリメントからでは大量に摂取することが難しい有効成分を補うことに適しています。

 

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。