【高校生向け】薄毛対策入門。若ハゲの対策をしよう

gnj1008290510016-p2

高校生と言えば、勉強やスポーツなど色々なことを頑張らなくてはならない大変な時期です。こんな時に、薄毛になってしまったら、かなりのダメージを受けてしまいます。そんな人のために、高校生でも出来る薄毛対策を紹介いたします。


(出典:http://www.sanspo.com/geino/images/100829/gnj1008290510016-p2.jpg

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

高校生の薄毛の仕組み

薄毛が、男女で発症頻度に大きな違いがあるのは、性ホルモンの作用が関係しています。女性ホルモンのエストロゲンが髪の毛に潤いを与えるコラーゲンの生成を促す作用があるのに対して、男性ホルモンのテストステロンが変化したジヒドロテストステロンはヘアサイクルを狂わせる作用があります。このジヒドロテストステロンが原因で進行する薄毛が、テレビのコマーシャルでもおなじみのAGA(男性型脱毛症)です。

このために、男性の薄毛は、テストステロンの分泌量が顕著に増加する思春期以降に発症するということになります。これが、高校生でも薄毛になる仕組みで、生え際の後退やつむじ周辺が薄くなっている場合は、ほぼAGAとみて間違いありません。


(出典:http://aga-log.com/wp-content/uploads/2016/02/Whats-AGA.jpg

AGAとは?

AGAは、男性の約30%に見られる症状で、時間をかけて進行するのが特徴です。ちなみに、基本的には生理的な現象にすぎないので、身体的な部分に悪影響が及ぶような危険はありませんが、見た目はかなり変化するために精神的には打撃を受けてしまいます。なお、疾患としての概念は次のような内容です。

毛周期を繰り返す過程で成長期が短くなり,休止期にとどまる毛包が多くなることを病態基盤とし,臨床的には前頭部と頭頂部の頭髪が,軟毛化して細く短くなり,最終的には額の生え際が後退し頭頂部の頭髪がなくなってしまう現象である。休止期脱毛と異なり,パターン化した脱毛が特徴である.日本人の場合には 20 歳代後半から 30 歳代にかけて著明となり,徐々に進行して 40 歳代以後に完成される。

引用:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf

これは、皮膚科学の国内最大の社団法人日本皮膚科学会が2,010年に発表した男性型脱毛症診療ガイドラインから抜粋した文章です。このガイドラインは、国内におけるAGAの標準治療試案として作成されており、これを反映した治療が医療機関で実施されています。


(出典:http://www.aga-clinic.com/wp-content/themes/AGAclinic-pc/images/top/top-img06.png

AGA治療の内容

男性型脱毛症診療ガイドラインは、様々な種類の治療法を科学的根拠に基づき推奨度を決定するという内容で、A、B、C1、C2、Dの5段階に分類しています。ちなみに、最高ランクのAという評価を受けたのは、フィナステリド内服とミノキシジルの外用で、それぞれを内服療法と外用療法における第一選択薬に用いるべきとしています。

ちなみに、フィナステリドの内服とはプロペシアのことで、ミノキシジルの外用とはリアップのことです。前者は、AGAの原因物質DHTの生産を抑制することによる抜け毛予防、後者は毛乳頭細胞と毛母細胞を活性化することによる発毛促進効果を発揮します。このように、両者は作用機序が違っているので、併用することにより育毛効果を高めることが出来ます。

フィナステリドとミノキシジルを併用する治療のことはミノフィナ療法と呼ばれており、現在のAGA治療の主流です。ところが、安全性が確立されていないという理由により、未成年者は適用外となっています。このために、高校生の薄毛対策は、フィナステリドとミノキシジル以外の方法で行わなければなりません。


(出典: http://ikumouclear.com/wp-content/uploads/2015/12/30750dbffe6dafa46437e6eef1cd6a09.png

高校生の薄毛対策

高校生の薄毛対策は、AGA治療の主流として用いられているミノフィナ療法が使えないということで、大人とは違う内容となります。この節では、具体的な方法を紹介することにします。

テストステロンを増やす


(出典:http://image.healthil.jp/item/image/normal/825982.jpg?time=
AGAの年代ごとの発症頻度は、20代で約10%、30 代20%、40 代30%、50 代以降40%超と年齢を重ねるにつれて高くなります。これは、加齢により分泌量が低下したテストステロンをサポートするために、ジヒドロテストステロンの生産量が増加するからです。

このために、テストステロンを増やすことにより、ジヒドロテストステロンの生成を抑制できる可能性があります。ジヒドロテストステロンの生産量が減少した場合は、AGAの根本的な原因が改善されるので、薄毛の進行も緩和されます。また、テストステロンには成長を促進させるという作用があるので、発育途上にある高校生の時点で意識的に摂取することは、育毛以外の観点からも有効です。

ちなみに、テストステロンを増やす方法としては、筋トレやウォーキングなどの運動、良質な睡眠、栄養素の摂取の3種類が基本です。逆に、ストレスやアルコール、喫煙、負担が強すぎる運動は生成を抑制してしまいます。

なお、テストステロンを増やす栄養素は、亜鉛、ビタミンD、タマネギアイリンで、牡蛎や魚介類、玉ねぎなどの食品がオススメです。逆に、ご飯や砂糖などの糖質を過剰摂取するとテストステロンの分泌量を下げてしまうので、食べ過ぎないように注意しなくてはなりません。

育毛剤の利用

薄毛対策の最もポピュラーな方法は、育毛剤を利用することです。現在では様々な種類の商品が販売されており、高校生が使用できるものも少なくはありません。その中で、AGAに対して効果が期待できるのは塩化カルプロニウム、アデノシン、t-フラバノン、 サイトプリン・ペンタデカンのいずれかを主成分として配合している育毛剤です。

これらは、男性型脱毛症診療ガイドラインの中で、用いても良いという意味のC1に分類されており、一定以上の科学的根拠が認められています。また、副作用の危険がないということも共通しており、成長途上にある高校生でも安心して利用できます。

ちなみに、具体的な商品名は、カロヤンガッシュ(塩化カルプロニウム)、アデノバイタル(アデノシン)、サクセス(t-フラバノン)、毛髪力INNOVATE(サイトプリン・ペンタデカン)で、これらの中から選択するのが無難です。ミノキシジル配合のリアップほどの顕著な効果は期待できませんが、進行を食い止めるという程度であれば充分に可能です。


(出典:http://image1.shopserve.jp/dream-square.net/pic-labo/limg/4524120169592.jpg?t=20110318151004

サプリメントの服用

薄毛対策として育毛剤と共に人気を集めているのが、育毛サプリと呼ばれている健康食品です。身体の内側の状態を改善することにより、髪の毛の健やかな成長をサポートするという仕組みで、栄養不良が原因の薄毛に対しては顕著な効果を期待できます。

なお、若ハゲに悩む高校生にオススメなのは、ノコギリヤシやナツシロギクを配合した育毛サプリです。これらは、AGAの原因物質ジヒドロテストステロンの生産を抑制する作用があるので、ヘアサイクルの乱れによる薄毛の進行を防止します。

つまり、プロペシアと似た作用を期待できるということで、生え際や頭頂部が薄くなっている場合の利用に向いています。しかも、天然ハーブから抽出した成分ということで、副作用に見舞われるような心配はありません。もちろん、プロペシアと同レベルの効果を期待できるというわけではありませんが、20歳になるまでの代替品としては充分に優秀です。


(出典:http://wonderful-days.sakura.ne.jp/man/img/feverfew.JPG

高校生の薄毛治療

個人での薄毛対策には限度があるので、深刻な状態の場合は専門家に診てもらうのが適当です。テレビのコマーシャルなどメディアで盛んに宣伝されているように、現在では医療機関で薄毛を治せる時代となっており、未成年者に有効な方法も考案されています。この節では、高校生でも受けられる薄毛治療を紹介します。

フロジン外用液

フロジン外用液は、副交感神経から放出される神経伝達物質のアセチルコリンと類似した作用を行う成分を配合しており、頭皮に塗布することにより血管を拡張して血液循環を活性化する効果を発揮します。

ちなみに、フロジン外用液の主成分は、カロヤンシリーズに配合されている塩化カルプロニウムです。ただし、濃度には違いがあり、カロヤンシリーズの最高が2%なのに対して、フロジン外用液は倍以上の5%配合しています。これは、医師の処方を必要とするためです。

なお、フロジン外用液と同様の5%塩化カルプロニウム外用は、左右比較試験において6例中4例で発毛促進或いは脱毛防止効果が現れたことが確認されています。これは、プラセボを明確に上回っており、未成年者のAGAに対しては第一選択薬として用いられる根拠となっています。また、アロビックス外用液というジェネリックも用意されており、コストパフォーマンスという点でも魅力的です。


(出典: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mikipon444/20150921/20150921061533.jpg

グロースファクター再生療法

グロースファクター再生療法は、成長因子を頭皮に補い、髪の毛の成長シグナルを正常な状態に回復させるという薄毛治療です。特定の脱毛症だけを対象とした治療ではないので、性別を問わず様々な原因の薄毛に対して有効です。具体的には、64%に発毛効果があり、抜け毛の減少や現状維持などの不変以上の効果は実に97%に達しています。

ちなみに、グロースファクター再生療法は高校生でも受けることが可能で、副作用が発生する危険はありません。健康保険が適用されない自由診療に分類されているので、費用が掛かるということがデメリットですが、それに見合うだけの効果を期待できます。


(出典:http://glow-hair.info/wp-content/uploads/glowsfactor01.jpg

まとめ

高校生という多感な時期に薄毛になってしまうと、かなり不安になるのも無理はありませんが、現在では様々な改善策が用意されているので、それほど深刻に考えなくても大丈夫です。20歳を過ぎればミノキシジルやプロペシアを使用できるようになるだけではなく、harg療法や自毛植毛などの治療を受けることが出来ます。このために、かなり進行している状態からでも回復させることが可能です。

今回紹介したのは、あくまでも高校生でも行える薄毛対策で、仮に上手くいかなかったとしても問題はありません。本格的にスタートするのは20歳以降になるので、髪の毛よりも今しか出来ないことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。