女性の薄毛治療にミノキシジルは効果があるらしい?

髪の毛の成長や脱毛にはホルモンが関係し、女性ホルモンは成長を促進し、男性ホルモンは脱毛を促進します。薄毛・脱毛症は、男性の方が女性よりも圧倒的に、多いのですが,近年、20代、30代の若い女性にも、薄毛、脱毛症が急増しています。今や日本人女性の10人に1人は何らかの形で、薄毛に悩んでいると言われ、全国で600万人ぐらい薄毛の女性が存在すると言われています。そうした薄毛の女性に悩む人に朗報があります。発毛を促す薬剤ミノキシジルの登場です。ミノキシジルなどによる発毛を促す治療によって、薄毛の悩みを解消した、と言う女性が数多く出ています。そこで、女性の薄毛対策の、一番の治療薬のメカニズムと、女性の薄毛について検証して行きます。

今時の女性の薄毛事情

女性で、髪の毛が薄くなるのは、更年期によって、ホルモンバランスが、乱れたことによる場合が多いとされていましたが、今やその定説が変わりつつあります。
20代、30代の若い女性にも薄毛で悩む人は数多くいます。
それは日本人の食生活が欧米化したことや、社会での人間関係、学校でのストレスが溜まり、円形脱毛症の様な症状が出てくるようになりました。
数え上げればきりがないほど、薄毛の要因となる状況が次から次と出てきます。
過度なダイエットによる栄養不足、深夜まで働く機会が増え、不規則な日常生活、さらには喫煙や飲酒、このような肉体的精神的な無理が、ホルモンの異常につながり、男性ホルモンとのバランスが崩れ、甲状腺ホルモンの異常を起こすことになります。
やはり、女性の場合の薄毛対策は、食生活、日常生活の習慣の改善から取り組む必要がありそうです。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

女性の薄毛進行は男性と大きく違う

女性の場合、薄毛の進行の仕方は、男性のように、生え際やM字型からなるのとは違って、全体的に間引かれるように、薄くなっていく(びまん性脱毛)症状が大半と言えましょう。
そのため非常に分かりにくく「抜け毛の数が増えたよう」「分け目が広くなったよう」「頭皮が透けて見えるようになった」時になって、毛髪相談に行くケースが一般的です。
つまり女性型脱毛症は、完全にハゲることなく、ヘアサイクルが繰り返されるにつれて髪の毛が徐々に細くなり、頭皮が透けて見える「細毛化現象」が中心です。
さらに休止期の毛髪の割合が増加し、抜け毛が増え、髪の本数が減る、と言う特徴があります。
30歳前後から始まり、性ホルモンの分泌が変化する、更年期に特に目立つようになります。

薄毛対策のエースと言われるプロぺシア剤は女性適用外

女性の場合も遺伝的要素が強く、更年期を迎えますと、いわゆる「女性の男性型脱毛症」と呼ばれる脱毛症が生じます。
脱毛の進行速度が男性よりも遅く、男性ホルモンであるアンドロゲンの関与も少ない脱毛を男性型と呼ぶのに、異論を唱える人もいます。
そこでこれを「女性型脱毛」と呼ぶようになっています。
その原因はいろいろ考えられますが、はっきりとした直接原因はまだ不明です。
その男性型脱毛症の治療に用いられるのが“薄毛治療の革命”と言われています、薄毛対策のエース「プロペシア」が、女性には適用外となっています。
なぜ女性は適用外なのかと言いますと、女性が服用中に妊娠した場合、男子胎児の生殖器官に異常が発生する可能性があること、女性がプロペシアを服用しても男性と違って、その効果はほとんど見られないと言うことです。

女性の発毛を促す薬剤 ミノキシジル

ミノキシジルは、発毛を促す薬剤です。
体毛の増加などで、副作用には気お付ける必要がありますが、多くの人がその効能を認めている薬です。
ミネラルでは、特に男性ホルモンが関与していると考えられますが、女性の場合、亜鉛成分を多量に含む、サプリメントも有効な時が多いようです。
クリニックでも、発毛・育毛の促進にはミノキシジルが主に使われているようです。
先ずミノキシジルを中心とした治療を実施して、頭髪の状況を改善して行きます。
ミノキシジルを使用しますと、髪の毛が太くなり、長く伸びて来るのに加えて、休止期の毛根が成長期に移行して、新しい毛が生えて来ることもあります。
一般的にはどちらかと言いますと、頭頂部の薄毛に効果的と言われていますが、数年というレベルで使用しますと、前頭部に、発毛効果が見られるケースも報告されています。

発毛を促すミノキシジル誕生秘話

ミノキシジルが発毛を促す薬として、世界中で認められたのは偶然な出来事があったのです。
当初は高血圧を下げる薬として開発されました。
しかし使用する内に判明したのは、血圧を下げる効果はいつまでたっても現れません。
その内、全身の体毛が増えるという副作用が出てきて、実際の治療においては、使われなくなってきたのです。
しかしこれを知った製薬メーカーは、その「多毛」に目を付け、育毛薬として開発したのです。
当初は血圧を下げるために作られた薬で、末梢血管を広げる作用がありますので、使用すれば血液の改善が大いに期待できます。
これに加えて最近では、「毛乳頭細胞の増殖を促進する」「毛母細胞の退行を抑制する」などの作用があることがわかってきました。

ミノキシジルはリアップ、リアップレディの主成分

ミノキシジルという薬は、発毛を促す薄毛治療の最前線にあり、市販発毛剤リアップやリアップレディの主成分として使用されています。
またアメリカで開発された、ロゲインの主成分として使われています。
リアップとロゲインの違いは、主成分の濃度の違いで、リアップは1%、ロゲインは5%と濃度が大きく違っています。
女性向けの「ウイメンズロゲインは2%の濃度となっています。
この他に、外国ではミノキシジルの濃度が12%という高濃度の薬も販売されています。
こうした市販されている発毛剤は、いずれも塗り薬として使用されていますが、クリニックが治療薬として使用する際には、塗り薬、飲み薬として使用しているところもあるようです。

ミノキシジルの副作用について

ミノキシジルは、現在、男性でも女性でも使える薬です。
実際にこの薬を使って、発毛促進の治療を進めるときには、女性の患者さんに対しては、特に、副作用として、体毛の増加が指摘されています。
それは体の部位にもよりますが、体毛の成長期はせいぜい半年くらいです。
手足の毛でも、眉毛でも、何時まで何処までも伸びる、と言うことはありません。
実際はさほど問題にすることはありません。
特に男性であれば、ほとんど服で隠れてしまうほどです。
しかし女性でミノキシジルを使用する時には、、これから夏に向かうときや、肌の露出が比較的多い傾向の人の場合は、体毛の増加の事をきちんと理解して、使用する方がいいでしょう。
本人が服装でカバーしょうと言うこともあるでしょう。
そうした意味を踏まえて、ミノキシジルを使うのは、秋から冬にかけて、この薬での治療を行う人も増えているようです。

ミノキシジル使用後はどうするか ということを考えるのも大切

ミノキシジルによる治療の難しい所は、「発毛・育毛剤」の宿命ともいえますが、使用を辞めると、再び脱毛を起こしてしまう人が多いと言うことです。
薄毛・脱毛は、様々な原因、理由、きっかけで起こるものなのです。
薄毛、脱毛になる人は、体質、健康状態、生活状況など、脱毛が起こりやすい「何か」を持っていることが多いと言えましょう。
頭皮の皮下で、白血球やリンパ球の増加がみられる、と言う報告もあります。
いずれにしても治療を辞める場合は、辞めた後どうするかを、医師と相談しておくのがいいでしょう。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。