何歳から若ハゲと呼ばれるのか~みんなの意見のまとめ~

結論から先に言いますと、若ハゲと呼ばれているのは、一般的に30歳以下の人をこれまで若ハゲと呼んでいたようです。しかし近年、時代が欧米化し、食生活、生活習慣、社会環境が大きく変化し、その影響が頭皮にも表れ、驚いたことに、10歳代で、すでに薄毛の人が見られるようになりました。原因は生まれつきか、または何かの頭皮のために起ったものだろうと考えられます。子どもの頃は、大人と違って、テストステロンの量が少なく、これまでハゲの心配はない、と見られていましたが。そこで、ハゲに悩む人たちの各世代の意見をまとめ、現代ハゲ事情を検証してみました。

10代から50歳代男女に さまざまな薄毛の悩みが

薄毛、脱毛と言いましても、人によってそのトラブルや悩みは様々あります。
「前頭部が薄くなり始め頭皮に発疹が出来、薄毛が進み、地肌が見えるようになりました」(20歳男性 学生)。
これは明らかに「男性型脱毛症(AGA)」の症状です。
頭髪治療の飲み薬、塗り薬の使用を中心として、治療を今でも続けています。
製薬会社の行ったAGA の発症率は、20歳以降の男性全体で、約30%という数字を示しています。
AGAは、遺伝や男性ホルモンと大きく関わっていることは分かっていますが、何か一つの原因で起こるわけではありません。
AGAは進行性の症状です。
いったんスイッチが入りますと、止まりませんので、薄毛を気にしている人は何らかのケアが必要ですし、そのケアが早ければ早いほど、効果的な改善につながると言えましょう。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

若い女性にも薄毛の悩みが急増

薄毛の悩みは男性だけではありません。
最近は若い女性にも、薄毛の悩みを訴える人が多くなりました。
「20歳になったころから、自分の髪の毛が薄いなあと感じるようになり,放っておいたら地肌が透けて見えるようになり悩んでいます」(20歳女性 介護職)
老人ケアの仕事についていましたので、毎日いろいろな人と接し、髪の毛が薄いのを見られるのが嫌で、相当なストレスを感じているのでしょう。
治療は投薬で少しずつ改善して行き、今ではほとんど、周りが気付かないほど回復しているようです。
若い女性の薄毛、脱毛については、その原因については、まだよくわかってない部分もあるのは確かです。
ストレスの過剰(仕事の悩み、人間関係など)や、仕事の忙しさなどによる生活の乱れ(睡眠、食事)が、関わっているケースが多いようです。

髪の変化と女性ホルモンの関係

「ハリやコシがなくなったな」「髪の毛が細くなった」「髪に艶が亡くなった」「分け目がはっきりし出した」これ若い女性に共通した薄毛の悩みです。
女性の髪の加齢変化は、血流が悪くなることと併せて、女性ホルモンのバランスが崩れることが大きな要因とされています。
もちろん、これがすべてとは言えませんが、加齢に伴い髪の毛の状態が、どう変化するのかを知っておくことは、頭髪チェックにとって大事なことです。
女性ホルモンでよく知られていますのが、エストロゲンとプロゲステロンです。
女性らしい体つきを維持し、妊娠、出産に大きく関わって来るのがホルモンなのです。
髪の毛を保持するために、働くとされているのはエストロゲンの方です。

女性の髪のエイジング

女性ホルモンの分泌は、20歳代がピークなのです。
30歳を過ぎますと、徐々に減少し、45~55歳の更年期に、急激に下降を始めます。
それに伴い、ホルモンのバランスが崩れていくに連れて、様々な変化が現れてきます。
女性ホルモンとは、卵巣から分泌されるホルモンで、エストロゲントと、黄体ホルモンであるプロゲステロンの二つがあります。
その分泌量が30代を境に減少します。
この現象は誰も避けられない加齢の変化なのです。

20代

女性ホルモン分泌量の、ピークに向かう20代は、髪の状態も最高に良い時と言えるでしょう。
髪のハリ、コシ、量の多さはピークの時期です。
ただし量や質には個人差が有り、20代で、白髪が出る人が、希少ですがおります。

30代

徐々に髪の毛に、波打ったようなうねりが出てきます。
これは髪が乾燥しやすくなり、空気中の水分を含んでしまうためで、この時期から指通りの悪さを感じるようになります。

40~50代

更年期前後には髪質が低下、閉経後にはそれが顕著になり、薄毛が目立ってくることもあります。

60代以降

髪の加齢変化は顕著になり、頭皮の乾燥が加速します。
薄毛が気になり始める人もいますが、健常毛の状態をキープする人も、個人差が大きく出てきます。

データでみるAGA 年代別発症率

加齢と共に、男性型脱毛症の発症率は高くなります。
「前頭部がハゲて、かつらや植毛に頼らなければならない」(60歳男性 無職)や「結婚に影響を及ぼすので、薄毛を治したい」(30歳男性 会社)などの悩みは、世代を代表している悩みと言えましょう。
ある製薬会社の調査データを見てみますと、AGA のピークとみなされる年代は、60歳代43.4%をピークに、50歳代39.9%、40歳代32.5%、30歳代20。5%、20歳代12.5%と下降していきます。
このデータは、あくまで意識調査にのっとったデータで、あくまで薄毛に対して各世代、どのように意識しているのか、がテーマになっています。
このデータで興味を魅かれますのが、20代の薄毛に悩む人です。
20代で、薄毛、抜け毛を意識している人の内、75%の人が将来の毛髪状態に懸念を抱いていることです。
男性型脱毛症が、いかに精神的影響が大きいかを、浮き彫りにされているようです。

ハゲていたって、もてる男性は沢山いる

「ハゲいるので、女性にもてない」「仕事にも女性のも自信がない」(20歳男性 会社員)という声が、若い男性の薄毛の悩みのトップを占めていると言ってもいいでしょう。
男性にとって、薄毛の悩みは自信喪失につながり、悩みのタネとなるものです。
果たしてそうでしょうか。
実は女性は、男性が気にしているほど、薄毛の男性を気にしていないのです。
それはデータにもはっきり示されています。
「女性から見た男性の薄毛を、どう思う」とアンケートを実施したところ、何とトップの40%を占めたのは「知的に見える」でした。
次いで「落ち着いて見える」の23%、優しそう20%、セクシー17%でした。
そして「恋人が薄毛になったらどうしますか?」という質問では、「何らかのアドバイスをする」がトップの68%で、次いで「そっとしておく」の20%、「育毛剤を買ってあげる」7%でした。
薄毛だからと言って、女性に振られることはありません。
時にはプラスイメージを抱いてもらえることもあると言うことです。

ストレスから抜け毛が始まり、AGAに

大学時代は髪の毛がフサフサ、青春を思い切リ謳歌し、髪の毛のことなど一度も考えたことのなかったNさん(23歳男性 サラリーマン)でしたが、会社に入って1年目で「薄毛が目立ち始め、初来が不安になった」、とその悩みは深刻です。
大学生から社会人になった途端、周囲の環境ががらりと変わり、人間関係も複雑になり、毎日のストレスは溜まるばかりです。
これは男女の差なく起きる現象と言えましょう。
特に女性は、こうした精神的ストレスが溜まり、円形脱毛症の兆候が見られるようになります。
必ずしもストレスが直接の原因ではないのですが、ストレスが溜まることにより、生活のリズムが狂い、ホルモンのバランスが崩れ、こうした現象につながって来るのでしょう。ちなみにNさんは早目の治療が功を奏して、今ではすっかり元気を取り戻し、頑張っているようです。

■Mさん(24歳男性 アルバイター)
童顔の残る、見るからに好青年といったMさんが、深刻な顔して悩みを打ち明けました「頭頂部が薄くなり、それが前方に広がり始め、友人と飲みにもいけない、恋人と会うのもつらい、いつも帽子を被って隠している」と深刻そう。
これは完全にAGAの初期の症状と考えられます。
お父さんのことを聞くと「父は若いうちからハゲで、親戚の人もハゲの人が多い」とのこと。
これはAGA が進んでいると思われますので。専門医の受診を勧めました。
治療を開始始めて5ヵ月過ぎたころ。Mさんに会い、その顔を見て驚きました。
なんとも爽やかな顔で「ガールフレンドが、『毛が生えてきた感じね』と言われ何か自信が持てるようになりました」と嬉しそうに話していました。
薄毛の悩みは、早い内に治療すれば回復する好例でした。

AGAを自覚するきっかけ

学校や仕事、朝の忙しい時間帯で、顔や髪の変化を掴むことは容易ではないでしょう。
それでは、どんな時に薄毛を自覚したらいいのか?ということですが、AGA を自覚する5大きっかけを述べてみましょう。

1小雨の降り始めに傘がないとき

傘がないときに小雨が降ると、毛が多い時は多少頭皮が濡れても、冷たく感じません。

2風呂上り、プールを出た時

どちらも髪がペタンコなったなと感じる

3髪のセットが上手くいかない

髪にボリュームが亡くなるのでセットが難しくなる。

4昔の写真を見た時

若い時の写真を見比べて愕然とする

5他の人の指摘

同窓会などで「お前少しはげたな」と言われたときのシックは応えます。
このようなきっかけがあり、改善を希望するなら、プロペシアなどの薬剤を投与するのがいいでしょう。

様々な若ハゲの悩みのまとめ

1若ハゲは10代から起きている

2子どもの頃は、大人と違ってテストステロンの量が少なく、薄毛の心配はない、と言う神話が崩れつつある。

3思春期を迎える10代後半から、男性ホルモンの分泌が活発になり、大人とほとんど変わらなくなる。

4薄毛や脱毛は10代、20代から始まる。

5 20代前半の若ハゲは、他の外部からの要因(生活習慣や皮脂にある毛穴の詰まりなど)と男性ホルモンの分泌の異常が原因。

6対策としてはカロリーの高い脂っぽい食事は避ける。

710代、20代は、どちらも皮脂の分泌が多い。

8 30代後半は、ハゲが目立ってくる年齢、新陳代謝が衰え始め、自分で発毛・育毛する能力が低下、ここで発毛対策を取らなければ、毛根が死んでしまう可能性がある。

9一般的に言って、普段は毛根には2~3本の毛が付着していますが、毛根が弱っている場合は1本しかなく、また髪の毛も細くなっている。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。