【必見】リアップとプロペシアの併用発毛・育毛効果あり

男性型脱毛症(AGA)は、思春期以降のある年代から前頭部、頭頂部の髪の毛が薄くなり脱毛が進行して行く病気です。このように進行する脱毛、男性型脱毛に対して、「プロペシア(フィナステリド)」という薬が開発、実用化され、これまでの薄毛治療に大きな影響を与えてきました。薄毛の人に1年間プロペシアを投与、AGAの58%に、薄毛の進行を抑制して、髪を増やす効果が認められたのです。こうしたプロペシアの脱毛抑制治療に加えて、大正製薬が開発したミノキシジルを主成分の「リアップ」を併用して使用、さらに強力な発毛・育毛の甲が期待されるとして、今注目を浴びています。プロペシア、リアップ両者ともに日本の薄毛対策のエース格と言われ、その両者の併用で、さらに効果がアップされることは間違いないでしょう。その効能とメカニズムを追ってみました。

男性型脱毛症(AGA)のメカニズム

このタイプの薄毛は、女性でも、更年期近くや、また若くても女性ホルモンの働きが低下する場合に起ってきます。
女性の体内でも、男性ホルモンは作られていて、女性ホルモンが減少して来ると、相対的に、男性ホルモンの作用が強く表れるために、男性と類似した脱毛症が現れるのです。
先ずもっとも一般的なAGA発症のメカニズムは、
1額の毛髪の生え際が後退するタイプ
2額の両側の生え際が後退するタイプ
3頭頂部に円形の薄毛部分が現れるタイプ
4これらの物が同時に存在する混合型タイプ
に分けられます。
比較的若い人に多く、初期のAGAで見られ、正面から見ても薄毛の部分は、直接見えませんが、「やばいなー」という感じを与えます。
全てのAGAが、この分類に当て余るわけではありませんが、それぞれの間の移行型が存在します。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

プロペシアは 日本の薄毛治療を大きく変えた飲む発毛剤

プロペシアは、酵素を阻害して、男性ホルモンの一部の産生を抑制する薬剤です。
2005年厚生労働省の薬事承認を受けて処方できるようになったことで、医師が薄毛に本格的に、取り組み始めたきっかけを作ったのがプロペシアという名前の内服液です。
正確に言いますと、フィナステリドという成分に、発毛作用があることを製薬会社が治験で証明し、それが正式に認められたと言うことです。
フィナステリドは現在世界の60ヵ国で、使用されている飲み薬です。
AGAの治療として、日本皮膚科学会が策定した「男性型脱毛症治療ガイドライン」では、強く進められているのが、このプロペシア内服薬です。
この薬剤は5α還元酵素Ⅱ型の阻害剤です。
基本的に、テストステロンとよく似た構造を持ち、この阻害効果によって、テストステロンより、強力なDHTに返還されるのを抑える効果も持ちます

プロペシアの効能

いきなり手術をするには抵抗がある人は、プロペシアの服用から始めるといいでしょう。
発毛作用のあるフィナステルドと言う成分が、1錠中に1㎎含まれています。
効果がある場合は、服用して、3ヵ月位から症状が改善し始め、6~12ヵ月後に、旭者になります。
飲み続けることが大切です。飲むのを辞めた場合、頭髪はすぐに元に戻ってしまいます。
最近、AGAのメカニズムについての研究がかなり進み、遺伝的な要因と、男性ホルモンの体内変動が、重要な関わり合いを持つと考えられるようになりました。
こういった研究成果を踏まえて、AGAの進行を食い止めるプロペシアが開発されたのです。
実際プロペシアを3~6ヵ月使用した人は、脱毛量の減少や、軟毛の成長が見られ、AGAの進行遅延が見られ、その有効性が随所に表れている、と言う報告もあります。

頭頂部に効くつける育毛剤 リアップ

リアップは、1999年日本で初めて厚生労働省で認可されたくすりです。
ミノキシジル含有の「リアップ」が大正製薬から発売され、一般の薬局で買えるようになりました。
これまで、「育毛」として認められていた薬剤はありましたが、「発毛」「脱毛(抜け毛)」の進行予防の効果が認められたタイプは、日本で初めての薬剤リアップでした。
頭皮に使用することで、毛包に直接作用、発毛・育毛効果が公に認められたのです。
効能としましては、

♦正常なヘアサイクルに復活させる
ヘアサイクルに変化を起こし、小さくなった毛包を大きく成長させ、毛髪を太く、丈夫に育て上げる効能を持っています。
♦ミノキシジルの効用
ミノキシジルルは、毛包に直接作用する。細胞の増殖やたんぱく質の合成を促進することによって、発毛作用を促します。
特にミノキシジルが1%の濃度で入っていますので、頭頂部に有効性が認められています。

つける育毛剤ロゲイン

リアップと同タイプの育毛剤に「ロゲイン」があります。
これは、アメリカのファルマシア・アップジョン社によって、外用発毛剤として開発された医薬品です。
このロゲインには、ミノキシジル5%(女性用には2%)が入っています。
ミノキシジルは、もともと血管を拡張して、血圧を下げる経口薬で、これを投与した患者さんが、発毛効果が認められたことにより、アメリカで開発されたものです。
この海外で作られています、ロゲインを入手するのは難しい面があります。
リアップは、市販されていますので、容易に入手できますが。ロゲインは、薄毛治療を行っています、クリニック以外では、個人輸入や、インターネットでの通信販売しか入手できません。
インターネットの通信販売では、類似品が多く出回っておりますので、注意が必要です。循環器系疾患の既存歴がある場合の副作用を考えますと、信頼できる医療機関での治療と並行して使用する方がいいでしょう。

プロペシとアリアップを並行して使用、より効果的な発毛・育毛を

リアップとプロペシアを並行して使った場合、発毛・育毛の薄毛対策により効果を発揮すると言うこと、多くの症例が報告されています。
それはオフェンスとディフェンスで、がっちり固め、これまでの育毛対策にない強力な発毛・育毛を促進、そして脱毛を抑える体制が整うことになります。
リアップが、AGAに効果的なミノキシジルという、成分を含んでいるところから、発毛・育毛、を促進させる、オフェンス的な働きをします。
一方のプロペシアは、男性ホルモンを抑制して、抜け毛を減少させ、抜け毛体質から脱出するディフェンス的な働きをします。
つまり、リアップが発毛促進効果、プロペシアが抜け毛を抑える効果がある、と言うことです。
リアップ、プロペシアの、お互いの持つ長所を一緒に組み合わせることで、発毛、育毛、抜け毛予防の環境作りに、大きな効果を発揮することが可能になったのです。

リアップ、プロペシアの並行使用は長期に続けて効果を発揮

リアップにしても、プロペシアにおいても、使用したからすぐに効果が現れると言うものでもありません。
少なくとも3ヵ月、6ヵ月で一部その効果が表面化し、1~2年立つとはっきりした効能が現れる性質のものです。
使用方法は、リアップが1日2回の朝と晩、プロペシアは、1日1錠がベターでしょう。先ずは6ヵ月を目指すことが肝心です。
リアップとプロペシアの併用の場合、ミノキシジルの濃度は1%の物がいいでしょう。
濃度が高くなればなるほど、体への負担や頭皮への負担が大きくなるのです。
濃度は低くても、発毛効果は、期待できます。
リアップの濃度は、一般的なものでは1%が中心となっていますが、アメリカ産のロゲインの濃度は5%が主力となっているようです。

リアップとプロペシアの並行使用にはこんな人にオススメ

♦親戚に薄毛のある人、
AGAは、遺伝性が強く、親戚、親に薄毛の人がいる場合、AGAの可能性が大きく、遺伝とホルモンが大きく関係するからです。
特に遺伝については、最近の研究である程度解明されています。
例えば、父親が「M字型」だと、本人もM字型に脱毛が進行すると言うことです。
♦根気よく続けられる人
リアップ、プロペシアを単独に使用したとして、その効果が現れるのは6ヵ月、12ヵ月が一般的です、
二つを併用したとしても、効果の表れる期間が短くなることは考えられません。
根気よく続けられる人には必ず効果が期待されます。
♦20歳以上の成人男性に限られます。
AGA に適用されるものですから女性はNGです。そして20歳以下の男性もNGとなります。

リアップとプロペシアの併用における副作用について

どのような薬にも、多くの副作用があることは周知のとおりです。
プロペシアの副作用については、開発した万有製薬の添付書類にもありますように、肝機能障害を持つ人には慎重に使用すること、妊婦、または妊娠している人は、使用しないことなど明記しています。
これは副作用により、男子胎児の生殖器官に、影響を及ぼす可能性があることから使用しないようにしています。
この副作用については、次のことが考えられます。
♦男性機能の低下
一般的に言われていますのが、男性機能低下症が起こることが危惧されると言うことです。しかしこれは理論的に考えにくく、臨床的にも否定されています。
2006年に発表された論文では、プロペシアを3年間投与し、重篤な副作用は一例も見られなかったと報告されています。
♦頭皮のほてり・かゆみ
リアップの主成分、ミノキシジルは、もともと高血圧の人のための治療薬でした。
そこから来る、ほてりやかゆみの出る可能性はあります。

医療機関で相談できるようになったAGA

医療機関でAGAを治療とする場合、大きく分けて2つの選択肢があります。
一つは、薬を服用する、内科的な投与後の自毛植毛、という外科的な治療です。
医療機関によって、内科的な治療と、外科的な治療を並行的に行うところもあります。
AGA治療の相談が可能な医療機関は、基本的には皮膚科、内科、形成外科いずれかと言えましょう。
最近は薄毛治療の、専門クリニックも増えてきていますので、自分に合って医院を選ぶことが大切です。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。