ハゲに効く食べ物とは~キムチと納豆がいいって本当!

マタニティブルー、マリッジブルーという言葉は、よく女性の間で使われていますので知っている人は多いでしょう。これは、心身の環境の大きな変化により、気分が落ち込むことで、使われますが、最近これに加えて、「薄毛ブルー」という言葉が使われるようになりました。薄毛も大きな体の変化です。毛髪ファ少ないと言うことは、外見上の不利益となることは誰しも感じることです。このことは洋の東西を問わず、昔から感じていることです。薄毛を感じた時、人は皆育毛を本気で考えます。育毛の基本色はトウガラシであり大豆と言われています。そこでハゲにならない「ハゲの食卓」を徹底考察して行きます。

食生活を見直して髪フサフサ

日々の何気ない食生活。
そこには様々な問題が隠されています。
朝食抜き、塩分の多い食事など、放っておけばやがて健康を脅かすことになりましょう。それは髪の毛も同じことです。
今あなたが囲んでいる食卓は、”生える食卓”なのか、“ハゲる食卓”なのか。
この一字違いでは済まされない大きな違いがあるのです。
毛髪が十分にあるときは、「人に髪はなぜ必要なのか」という疑問を抱く人は少ないでしょう。
健康と髪の毛は、失ってみて初めてそのありがたさが解るものなのです。
今からでも遅くありません。
育毛に対して真剣に考えてみましょう。
それにはまず、これまでの食生活の改善から始めなければなりません。
毛髪を促進する良い食べ物は何か、髪の主成分となる栄養素は何かを知る必要があります。あなたの食生活を改善することが、見事な黒髪を手に入れることになるのです。
効くか効かないかわからない育毛剤に頼るより、今あなたが育毛のために何をするかが大切なのです。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

これを食べれば毛が生える 海藻・魚介類のオススメ

美しく、健康的な髪は黒々、ツヤがあり、昔からの言い伝え通り、海藻類・魚介類など海育ちの食べものには、ミネラル類が多く含まれ、毛髪の健康には欠かせない食べ物です。それを証明するものがあります。
漁師の人の髪を観たらわかります。
年を重ねても、肌ツヤが良く、ハゲの人はあまり見られません。
海藻類が髪に良いと言うには理由があります。
髪に光沢をもたらすもととなっていますのは、コンドロイチンという成分です。
これは、海藻類のぬめり成分であります、ムコ多糖体の一種です。
つまり海藻類を摂取することで、髪に艶を与える成分を摂れると言う訳です。
また海藻類にはヨードもたっぷり含まれています。
このヨードを始め、亜鉛や細胞分裂を促してくれます栄養成分をたっぷり含んでいます。そして魚介類は、ビタミンだけでなくミネラルも豊富に含んでいますので、髪の毛には最適の食べものと言えましょう。

バージンオリーブオイル料理で、育毛効果を

バージンオリーブオイルには、オレイン酸が結合型として含有していますので、口の中に入ると、結合型のオレイン酸が、腸で知覚神経を刺激して、体内で、IGF-Iを増やします。
このことでバージンオリーブオイルを、多く摂取する人たちに認知症が少ないと言うことも判明しました。もちろんバージオリーブオイルは、体内でIGF-Iを増やす作用があることから、育毛にも効果を発揮すると言う訳です。
このオイルは、地中海料理で使われる特徴的な食材の一つです。
バージンオリーブオイルを、多く摂取する南イタリア地方の人たちは、認知症のかかるリスクは少なく、ハゲの人も少ないと言われています。
もちろんオリーブオイルは脂肪なので、それなりのカロリーはあります。
しかし、IGF-Iは、脂肪を燃やすスタンパク質を増やすので、同じカロリーを持つ他の脂肪を食べた時よりも、太りにくいと言うメリットもあります。

ハゲル食材ナンバーワンは多めのスイ-ツ

”甘いものは別腹“という言葉は、女性の中で良く聞く言葉です。
果たしてそうでしょうか。
スイーツは、薄毛対策の大敵と言えるでしょう。
スイーツを食べますと、のど飴の効果と同じような仕組みで、胃の知覚神経が機能低下するため、それまでの満腹感が和らぎ、甘いものは別腹状態になる元と勘違いされています。お腹いっぱいでも、ケーキなどのスイーツが食べられるのは、こんなメカニズムが働いているのです。
しかし薄毛に悩むあなたにとって甘いものは別腹、と悠長なことは言っていられません。甘いものは確実に、あなたの胃に入ります。
そして胃の知覚神経を麻痺させるのです。
スイ-ツの食べ過ぎで、せっかく食事で食べたトウガラシの働きが低下するのです。
目の前にある甘い誘惑、その反面、頭の上の薄毛の悩み、当分食事での葛藤は続くことになりそうです。

育毛のために日本酒を熱燗で

よく昔から言われている言葉に「適量のお酒は百薬の長」というのがあります。
これは学界でも報告されていることです。
まったくお酒を飲まない人よりも、適量のお酒を飲む人の方が長生きすると言うのです。それは日本酒でも例外でなく、1日1~2合が適量と言われています。
では酒の効能と言いますとどのような物質を言うのでしょうか。
日本酒の原料であります蒸米には、デンプン、タンパク質、さらに脂肪が含まれています。
米に麹菌が作用して、これらの物質を酵素反応で分解し、ブドウ糖、アミノ酸、脂肪酸を作ります。
さらに清酒酵母がこれらの物質をアルコール発酵することにより、エタノール、炭酸ガス、エステルなどの香成分、及びアミノ酸や有機酸などのうまみ成分へと変化させ、日本酒が生まれます。
こうした日本酒を飲むなら、知覚神経が刺激されやすい熱燗で飲むと、育毛により効果的と言われています。

これを食べると毛が生えて来る 育毛の基本食はトウガラシと大豆

薄毛の食卓のメインデッシユは、トウガラシと大豆と言えましょう。
トウガラシには、その辛味成分でありますカブサイシンが、含まれています。
大豆には、イソフラボンが含まれ、どちらも育毛効果がある栄養素というのが報告されています。
髪の主成分はアミノ酸です。
そのアミノ酸を含む、タンパク質を摂ることは、毛髪促進のためには不可欠と言えましょう。
このたんぱく質を摂取しないと、髪の原料が不足するのです。
毛髪を主成分とするタンパク質は、いくつものアミノ酸で構成されています。
その中で最も多いのは、硫黄を含む、アミノ酸、含流アミノ酸の一つ、シスチンです。
このシスチンは、体内で、含流アミノ酸で毛髪中に、含まれていますメチ二ンからも合成されますが、このメチ二ン自体は、体内で合成できない「必須アミノ酸」です。
つまり、シスチンや、メチ二ンを含むタンパク質を食事から摂取しない限り、毛髪を作る原料は不足すると言うことです。

キムチを食べれば毛が生える?(1)

キムチを食べますと、辛味成分であるカブサイシンが、胃腸の近く神経を刺激し、その刺激情報が、脳を経由して、全身へ伝えられ、毛根で、IGFILが増加します。
その例があります。
キムチを大量に食べる国があります。そうです。韓国です。
そのせいでしょうか、韓国の薄毛率は日本より低い、とのデータが報告されています。
韓国に行って見ればわかることですが、高齢者を見ても確かにハゲている人は少ないようです。
キムチを食べますと、口の中が熱くなったり痛くなったり、さらに辛い青唐辛子などを食べますと、舌がしびれます。
この刺激は、自覚神経症の麻酔を意味し、かえってIGF―Iを減らしてしまいます。
これはあまり刺激が強いため、知覚神経から放出され、IGF―Iを増やす作用をもったカルシト二ン遺伝子関連、ぺプチド(CGRP)という物質が、枯渇してしまうために起る現象なのです。

キムチを食べれば毛が生える?(2)

IGF-Iとは、インスリン様成長因子―Iの略です。
「IGF-Iを増やせば、毛が生える」と一般に言われています。
この物質は血液を固めない作用に他に、組織の血流を増やす作用があることが最近の研究で分かってきました。
CGRPを体の中で、増やす作用を持っているのは、女性ホルモンである、エストロゲンです。
このエストロゲンの産出が、低下すると様々な体の不調が出ます。
更年期障害です。
更年期に見られる脱毛も、IGFILの低下が原因とみられています。
CGRPを増やすためには、薬で、エストロゲンを補填することは、様々な副作用を考えますと、日常の育毛方法としては不向きと考えられています。
薬でのエストロゲン服用の代わりに、毎日食べられて安全にCGPRを増やす食材が必要となります。

納豆に含まれる植物性たんぱく質が毛髪促進に最適な栄養素

植物エストロゲンと呼ばれる物質があります。
これは大豆に含まれています。イソフラボンです。
イソフラボンの作用は、エストロゲンのそれによく似ているところから名前が付けられました。
日本人が乳がんに羅患する比率が、諸外国と比べて低いのは、みそ汁を毎日飲むからと言われています。
このことを知り、アメリカでは、家畜のえさでしかなかった大豆が見直され、健康維持の食費として利用されるようになりました。
イソフラビンは、女性ホルモンの作用を阻害することで、乳がん細胞の増殖を抑えると考えられてきましたが、このメカニズムはまだ解明されていません。
イソフラビンにはエストロゲンのように、知覚神経のCGRPを増やす作用があります。こうしたことから豆腐入りの納豆や、みそ汁にトウガラシをかけて食べると、あなたの薄毛の悩みは、たちどころに解消するかもしれません。
ぜひ試してみてはどうでしょう。

育毛にはトウガラシで胃のツボを刺激するのが一番の効果

知覚神経を刺激する代表的な物質は、トウガラシの辛味成分である「カブサイシン」です。トウガラシを食べた時に感じる胃の暑さからも、トウガラシで胃の知覚神経が刺激されていますことが実感できます。
カブサイシンによる、胃の知覚神経の刺激情報は体の暑さや、痛みを伝える神経系のネットワークを介して、脳に伝達され、その結果IGF-I効果となって、育毛を促進することになるのです。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。