自毛植毛後の刑か観察のまとめ~植毛の実態に迫る~

頭皮に穴をあけて毛を植える「植毛」の材料には、人口毛と自毛の2種類があります。頭皮の穴をあけて毛を植えるという点では同じでも、人口植毛と自毛植毛とでは大きく異なります。人口毛は、異物であるため、体の中で、異物(拒絶)反応が起こって外へ出そうとするので抜けてしまい、毛根にあたる部分が皮下に残って炎症を起こすなど、トラブルが多く、アメリカの多くの州では禁止されているほどです。一方外科的な手術に抵抗を示す日本人は、まだまだ認知度の低い、自毛植毛ですが、最近増えている傾向にあります。自毛植毛は自の髪の毛の基となる部分を植えますので、いったん生着しますと、抜けても生えて来るので、他の方法にはないメリットです。ここでは自毛植毛の実態を徹底的に追求し、自毛植毛した人のその後の経過を追ってみました。

自毛植毛は田植えに似ている まずは田んぼに植えて育てよう

植毛手術を世界で初めて論文発表したのは、1939年、九州大学医学部皮膚科の奥田庄二氏です。
当時は、ハンセン病で、抜け落ちた眉毛の再建を目的に、行われていたようです。
戦後は、無月経症(むげつけいしょう)に対する陰毛再建の目的で植毛が行われていました。プロペシアによる治療効果が見られるまでには、通常6ヵ月以上かかりますので、多くの薄毛に悩む人たちから「髪を何とかしたい」と言う要求が相次いだこともあり、自毛植毛手術に踏み切ったと言う話も伝わっています。
自毛植毛は、自分の毛のため、拒絶反応はなく、いわば自分から自分への臓器移植の様なものです。
薄毛部分の毛根に発毛する力がなくなっている、そんな場合でも毛を埋め込み、皮膚を移植する植毛手術によって、毛髪を蘇らせることができるのです。
やはり植毛手術は、自分の毛がベストと言えましょう。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

植毛手術は皮膚科専門医で受けよう

植毛手術とは文字通り、頭に毛を植えるテ術です。
植える毛は、人口毛では、移植部分への定着が難しく、急性炎症が起きる可能性もあり、定着しても1~2年荷1回の植え替えが必要になってきます。
自分の毛を毛根ごと移植する、自毛植毛法であれば定着しやすく、5~6年間は髪が伸び続けます。
ドナーに使う毛は、後頭部から取るのが一般的です。
それは薄毛が進行しても、後頭部の毛は、太いまま残っているからです。
男性型脱毛症が非常に進行している人は、後頭部中央の頭蓋骨の突起より下まで、脱毛が進む場合もあります。
多くの場合、この領域は毛が残っているはずです。
医学的に言えば、男性ホルモンの影響を受けにくい場所と言えましょう。
この後頭部部の毛を、薄くなった頭頂部や前頭部に、移植するのですが、この作業はまさに田植え作業の様なイメージがあります。

自毛植毛手術の実態

自毛植毛手術は、毛根1本1本移植する「遊離植毛手術」と、毛のある部分の頭皮を血管ごと薄毛部分に移植する「有茎弁植皮手術」があります。
それと似た植毛手術に「皮弁法」があります。
これは栄養血管の通った、根元の部分を残して切り離した皮弁を回転させ、脱毛部に移植します。
主に頭頂部から前頭部へ移動させます。
毛流に沿った自然な生え際を作るのが難しい方法で、現在ではあまり行われていません。
有茎弁植皮手術は、定着率は良いものの、手術時間や費用は多くなります。
遊離植毛手術は、テストステロンの影響を受けにくい、後頭部や側頭部から採取した頭皮を、毛包単位に細かく株分けして、1株ずつ脱毛部へ移植します。
一般的にこの方法の植毛手術が多いようです。
バランスよく植えることが出来、自然な生え際になります。
最近ではメスを使わない手術も可能になっています。

それ以外の植毛手術

ティシュエキスパンダ―法

これは脱毛部を切り取って、縫合する「縫縮法」の一種です。
毛のある頭皮の下に、シリコンのバッグを挿入し、これに生理食塩水を注入して徐々に膨らませ、伸ばして、ゆとりの出来た頭皮で脱毛部分を覆う方法です。
この方法は現在でも瘢痕性脱毛症などに多用されている方法です。

マイクロ植毛法

また自分の毛を後頭部から取ってきて、これを1本ずつ植毛することを「マイクロ植毛」とも呼んでいます。
この1本植毛法、マイクロ植毛は、主として、毛の生え際に行われ、その後方に、ミニ植毛、スリット植毛、有茎弁法などを行うのが一般的です。
マイクロ植毛を毛の生え際に行うのは、植毛部を出来るだけ、自然な生え際のように見せるためです。

切除縫合法

ハゲの部分を切り取り、毛のある部分で、縫い合わせます。
比較的小さいハゲの治療に使います。幅の広いハゲの場合その部分の皮膚は、一般に悪化している場合が多く、一度に切除できないのです。

ミニ植毛法

数本の毛をまとめて植毛する方法です。1本植毛の高峰に行います。

スリット植毛法

採取した毛髪を細かく切ります。この状態をスリットと言います。スリットを10~20本くらい一塊にして、植毛します。
スリット法は、1本植毛、ミニ植毛の高峰に植えます。
やはり自然の毛髪に近い感じを作り出すためです。別名「田植え法」とも呼ばれています。

自毛植毛は生きた自分の毛包を移植するもの

自毛植毛の最大の目的は、髪の毛を作る「毛包」を生きたまま移植、生着させて、脱毛部に、自分の髪の毛を再生させることです。
この自毛植毛も、完全なものではありません。
そこにはデメリットもあります。
植毛してすぐにフサフサになる訳ではありません。
手術後しばらくは移植したところは、短い毛のままであったり、一時的に抜けたりします。本来の目的が、髪の毛を植えるのではなく、自分の毛を生えさせることです。
そこで問題になりますのが、植えた毛包生着率と言えましょう。
施設や、手術法によっても異なりますが、しっかりした植毛専門のクリニックであれば、95%以上の生着で、不安は残りません。
たとえ一旦脱落しても、必ず自分の毛が生えてきます。
手術後に一時的に脱毛することがありますが、移植した毛髪が、ヘアサイクルの休止期に入ってしまうためです。
しかし毛包が生着していればその中で次の髪の毛を作る準備をしているのです。

植毛手術のヘアケア

新しい毛根を移植した、アフターケアはどうしたらいいのか?
誰でも悩むところです。
移植した毛根が、元気に成長出来る環境を整えることが大切でしょう。
シャンプーや養毛剤など、基本的にヘアケアは変わりません。
頭皮ごと移植した場合には、手術範囲が広く、1週間程度の入院が必要になります。
手術後の傷も大きいので、周囲の毛が伸びて来るまで、しばらくは傷跡が残る場合もあります。

自毛植毛手術の最大のメリットはメンテナンスいらず

AGAの悩みを解決する法はいくらでもありますが、その中でも自毛植毛法が優れているのは、後のメンテナンスがいらないと言うことでしょう。
大半が発毛効果の期待できない民間療法はもとより、人工植毛は植え直しが必要ですし、服用液はやめたらリバウンドしてしまいますので、続けなければなりません。
経済的な負担は勿論、精神的にいつまでも自由になれないのです。
やはり自毛植毛の最大のメリットは、メンテナスがいらず、半永久級的に自分の髪が生えて来ると言うことに尽きるでしょう。

自毛植毛手術は周りには気付かれることなく育毛ができる

自毛植毛の手術が終わったら、グラフとの脱落防止と、止血の目的で、通常は包帯を巻き、帽子を被って帰宅します。
翌日には包帯を取って、クリニックで消毒を行い、術後24時前後で、軽い洗髪も出来るのです。
薄毛を気にし、治療したことを周りの人に知られたくないと言う人も多いはずです。
手術後は、ドナーの縫合の跡も、よほどの短髪にしない限り、外見からは分かりません。前頭部、頭頂部も全く毛がない人でも、かさぶたが露出しますが、ある程度、髪が残っていれば、手術前に髭を伸ばしていると、隠すことができます。
植毛手術は原則として、周りには気付かれないようにするよう配慮している、クリニックが多いので、安心し手術が受けられます。

<h2自毛植毛手術を受けた人の喜びの声

自毛植毛手術を受ける前の人の心は、全体的に不安でいっぱいというのが本当の所でしょう。
自分の親戚にハゲの人が多いので、不安で寝られなかった人もいるでしょう。
そして手術後、自分の毛が生えてきた、ことを知った時の感動は薄毛の人しかわからない喜びと言えましょう。
自毛植毛手術を受けた人の声を集めてみました。

♦Aさん(38歳、会社員男性)
自毛植毛手術を受ける前まで、かつらをかぶっていました、自毛植毛手術をする前は「本当に毛が生えて来るのか不安でいっぱいでした」が、4ヵ月しない内に、本当に自分の毛が生えてきたときは感動しました。

♦Bさん(OL26歳、女性)
仕事中もいつも上から見られているようで、薄毛コンプレックスに悩み、クリニックの医師に相談に行きました。
そこで、メスを使わないで、簡単に自分の毛で治せる自毛植毛があると聞き、早速手術を行いました。
そして3ヵ月後、移植した髪が少し抜けましたので心配しましたが、何とそこから自分の毛が生えてきたのです。
涙が出るほど嬉しかったのを覚えています。
今は2年たちましたが何のコンプレックスもなく、跡形もなく薄毛は見えなくなりました。

♦Cさん(33歳、主婦)
「外から地肌が見えるようになり、電車の中でも、主婦の集まりでも常に恥ずかしい思いをしています」という悩みを抱え、クリニックの門をたたいたそうです。
そこで医師に、「頭頂部の薄毛は、自毛植毛手術で今は簡単に治ります」と聞き、早速手術をしました。
そして6ヵ月たち、見事自分の毛が生えてきました。
2年たった今、上から見ても全く分かりません。「これで堂々とお辞儀もできます」と嬉しそうに語ってくれました。

♦Dさん、(31歳 会社員男性)
「自分の父も、祖父も頭は見事なハゲでしたので、自分もいつか来ると覚悟していましたが、この若さで薄毛になるとは」結婚もハンデ付きと悩んでいました。
自毛植毛手術でそうした悩みは吹っ飛んだそうです。
手術後3年、今ではフサフサした毛が生えそろい、結婚もし、幸せな家族に満足していると言うことでした。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。