【10代の若ハゲ向け】生え際が後退してしまう原因と対策とは?

rexfeatures_365087a

rexfeatures_365087a

出典:http://www.independent.co.uk/life-style/health-and-families/hair-loss-receding-hairline-baldness-causes-10472942.html
ハゲは40代から50代の人に引き起るものだと思いがちですが、実は10代の青春真っ盛りの時期にもハゲになってしまう可能性はあるんです。

10代だと恋愛をしたいお年頃…好きな人ができて、彼女と一緒にデートをしたりしたいですよね。でも、あなたがもしも若ハゲだった場合。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

もしかしたら、あなたの青春は若ハゲのせいでお預けになってしまう可能性があります。でも心配はありません。10代の若ハゲは治ります!

今回は、そんな若ハゲになってしまいそう、もしくは既に悩みの種になっているという10代の男性に向けて、若ハゲで後退してしまう原因と対策について解説していきます

10代のみなさんは、原因と対策さえしっかりとすれば、比較的簡単に治るので、諦めずに治療していきましょう。

生え際からの抜け毛の場合は男性型脱毛症の可能性が…

hair-transplant-for-women-hair-loss

出典:https://hassonandwong.com/hair-loss/female-pattern-hair-loss/
10代と言えば、体毛が濃くなって、ヒゲが生え始めてくることもあります。もちろん全員が10代の内に体毛が濃くなったて、ヒゲが生えるという訳ではなく、個人差がありますが、大半の男性は10代の内にこのようになるでしょう。

それは、男性ホルモンの働きによるものです。

男性ホルモンは、男性を男らしくしてくれるホルモンで筋肉や骨格のをたくましくしてくれる働きや、性欲を高める効果、免疫力を高める効果、気持ちを高揚させるなどの良い働きをしてくれます。

しかし、その一方で、体毛が濃くなり、男性型脱毛症にもなってしまうんです。

男性型脱毛症って何?

男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンというホルモン物質が体内で5aリダクターゼという還元酵素によってジヒドロテストステロンという物質に変えられることで引き起ります。

ジヒドロテストステロンは非常に厄介で、毛乳頭の細胞内に存在する「レセプター」と結合して、発毛を制御してしまうという恐ろしい作用があります。
発毛を制御されてしまった毛乳頭はもちろん、健康的な髪の毛を作ることはできないので、髪の毛を丈夫にすることができず、髪の毛が抜け落ちてしまうという脱毛症の症状が出てしまうのです。

ちなみに、女性でも男性型脱毛症を発症してしまう人もいます。女性の男性型脱毛症は「女性男性型脱毛症」といい、女性の体の中に存在する男性ホルモンの働きが活発になることで引き起ります。

しかし、男性に比べるとその発症率は極めて低く、女性ホルモンが減少してしまうことでホルモンバランスが乱れてしまい、男性ホルモンの活発になるのではないかと言われています。

男性型脱毛症の特徴とは?

man

出典:http://www.prcpb.com/for-men.html
男性型脱毛症には、ある特徴があります。それは、髪の毛が抜け落ちる範囲です。先ほどご紹介した5aリダクターゼという還元酵素ですが、前頭部から頭頂部にかけての毛乳頭のレセプターにしか存在しないと言われています。

そのため、所謂ハゲと呼ばれてしまっている人たちを見てもわかるように前頭部から頭頂部までが薄毛になり、後頭部は比較的残っていますよね。

髪が抜ける範囲が前頭部から頭頂部にかけてなのは、5aリダクターゼが存在していた毛乳頭が前頭部にしかないからなのです。

そのため、若はげで生え際からハゲてきている人は、男性型脱毛症の可能性がとても高いです。

若ハゲになりやすい人

copingwithstress_456px

出典:http://www.cdc.gov/features/copingwithstress/
男性ホルモンの影響以外にも、若ハゲになってしまう原因には様々な原因が考えられます。それらは、単体では髪の毛への影響が少ないかもしれませんが、重なり合うことで、髪の毛にさまざまな影響を及ぼしてしまいます。

では、若ハゲになってしまう男性ホルモン以外の原因を見ていきましょう。

◆ストレス
男性ホルモン以外の影響でハゲてしまっている人のなかで最も多いのが過度のストレスを抱えている人です。
ストレスは髪の毛に良くないということは、既に多くの人が知っていると思いますが、その影響力は絶大で、血行不良や皮脂の過剰分泌などを引き起こしてしまいます。

それらは引き起こすことで丈夫な髪の毛が生えてづらい状態になってしまうので、ストレスを軽減させるということが非常に大切になります

。しかし、現代ストレス社会においてストレスを軽減させるということはとても難しく、10代の若者でも、勉強や部活、人間関係、イジメなどで、多くのストレスを抱えてしまうという人も少なくないはずです。

そのため、ストレスを受けないのではなく、受けたストレスを解消させるという方法を身に付けるのが、薄毛を改善させるための一番の近道になるはずです。

◆運動不足
10代のみなさんは、筋肉がありますか?部活動で、ある程度筋肉がついていると思いますが、運動をしていないという人は、注意が必要です。運動不足になると、体全体の筋肉量が低下します。

心臓は髪の毛まで血管を通して血液を送ることで髪の毛を育てています。しかし。筋肉量が低下することで、髪の毛に血液を送る力が弱まり、正常に髪に血液をくれない状態が続いてしまうことで、抜け毛の症状が出てしまうこともあります。

◆食生活の偏り
食生活の偏りというのも髪の毛にとても悪影響を及ぼします。食生活が乱れてしまうと、所謂メタボになってしまう可能性がありますが、メタボは皮脂の分泌が多く、毛穴に皮脂が詰まりやすいのです。

毛穴が詰まった状態になってしまうと、髪の毛の成長を阻害してしまうので、健康な髪の毛が生えてこない状態が続きます。すると、細くなった髪の毛に他の血行不良などの要因が重なり、抜けてしまう可能性もあります。

特に10代の男子と言えば、お肉が大好き!という人がとても多く、男性ホルモンの働きが活発なため、皮脂の分泌が元々多いですので、注意をしたいところですね。

◆スタイリング剤の使い過ぎ
10代男子に多い若ハゲの原因はスタイリング剤の使い過ぎです。高校生や大学生くらいになると、男性ならスタイリング剤を付けて毎日髪の毛をセットするという人も少なくないはずです。

しかし、スタイリング剤を毎日過剰に付けてしまっていると、毛穴にスタイリング剤が詰まってしまい、丈夫な髪の毛が生えにくくなってしまいます。

さらに、スタイリング剤を付けて汗をかくことで頭皮の表面を覆い隠すようにスタイリング剤が伸びてしまいます。

すると、頭皮が皮膚呼吸できない状態になり、細胞分裂の妨げになり、抜け毛を発生させてしまう可能性もあるのです。

◆薬の影響
髪の毛が抜け落ちてしまう原因として有名なのは、薬の副作用です。抗がん剤などは特に脱毛する副作用を持つ薬で有名ですが、抗がん剤だけでなく、その他の薬の副作用でも脱毛をしてしまう可能性があるんです。

例えば、抗不安剤や睡眠導入剤、抗鬱剤などの心療内科などで処方されることの多いお薬は、脱毛してしまう副作用を持っていることで知られています。

しかし、この場合は、薬の使用をやめると同時に自然と回復に向かいますので安心してください。

脱毛症ではなく抜毛症(ばつもうしょう)の可能性もあるので注意!

若ハゲはさまざまな原因で引き起るといいましたが、抜毛症の影響も考えられます。では次に抜毛症についてみていきましょう。

抜毛症とは、その名の通り、髪の毛を自分で引き抜いてしまうという精神疾患で、特に思春期の女性に多いとされる症状ですが、もちろん男性でも引き起る可能性もあり、内向的な性格を持つ人がかかりやすい精神疾患です。

抜毛症の原因
その全容はほとんど解明させておらず、いまだに謎の多く存在する疾患でもあります。その中でもこのような疾患が出てしまう原因として有力な説は、セロトニンの不足にあると言われています。

セロトニンはみなさんも効いたことがあるのではないでしょうか?リラックスをしたりすると出る物質です。抜毛症の人は常に緊張をしていて、リラックスできていない状態になっているようです。

また、こちらもストレスなどの影響が考えられるため、ストレスがいかに体に良くないかということが分かりますよ。

抜毛症の対策
抜毛症は、明確な治療法が存在しません。SSRIという治療法で、セロトニンの分泌を増大させるという治療法があります。

しかし、人によっては髪の毛を抜くのが気持ちよくて抜いてしまうという人もいるので、そのような人にとっては、セロトニンが増えようが、減ろうが、あまり関係ないのです。

このような状態になってしまうと、あとは自分の意志で治すしかありません。度々言われるのが、15秒間我慢すれば抜きたい衝動が収まると言われています。

すべての脱毛症にいえる対策とは?

全ての脱毛症にいえる対策方法をご紹介します。みなさんも正しい対策方法を覚えて効果的に若ハゲを改善しませんか?

ストレス解消
さまざまな原因がありましたが、やはり髪の毛が抜けてしまう原因として多いのはストレスの影響が多いようですね。そのため、ストレスを解消するということがとても大切です。

ストレスの解消方法は人それぞれだと思いますが、やはり一番簡単なのは、休むことです。

ストレスをうまく解消できずに限界に達してしまうと脱毛という症状で現れてしまうので、ストレスを溜めやすいという人は、リラックスできる環境でゆっくりと休むと良いでしょう。
食生活の改善
生活習慣もとても大切です。生活習慣を整えるということは、非常に大切で逆に生活習慣さえできていれば、ストレスの解消もある程度できるので、一石二鳥です。生活習慣を見直すなら、まず適度な運動を心掛けると良いでしょう。
運動をすることで、適切な時間にお腹が減り、適切な時間帯に眠くなるので、すべてのバランスを整えることができるでしょう。

若禿は治る!諦めないことが肝心です!

follow-non-muslim-doctors-advice-for-worships

出典:http://aboutislam.net/counseling/ask-the-scholar/morals-manners/follow-non-muslim-doctors-advice-for-worships/

このように、10代の若ハゲはさまざまな原因が重なり合い引き起っていることが多いです。みなさんは若ハゲの原因になるようなことはしていませんでしたか?

若くしてハゲてしまうと精神的なかなり辛いので、なるべく若ハゲの原因となることは、控えて、髪のための生活を心掛けてください。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。