ミノタブ5mgと10mgの違いを徹底的に調査してみた!!

薄毛に悩まれている人は一度は耳にしたことはあるであろう成分、ミノキシジル。

効果もしっかりあると有名な成分です。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

そのミノキシジルのタブレット、通称ミノタブ。

そのミノタブにもいくつか種類があるようです。

その違いは5mgのものと、10mgのものがあるようです。

さて、その違いはいったいなんなのでしょうか?どちらのほうがいいのでしょうか?

そもそもミノキシジルとは?

「ミノタブ とは」の画像検索結果

出典http://minotabu.blog.so-net.ne.jp/

ミノタブとはミノキシジルのタブレットのことです。

ミノタブの主成分、ミノキシジルはもともと発毛剤として誕生したわけではありません。

もともとは高血圧患者のために血圧を下げるために生まれました。

血流をよくして血圧をさげるようにできたミノキシジル。服用していた高血圧患者に多毛症が見られたので改良されて発毛剤として使われるようになりました。

また、今回ご紹介しているのはミノキシジルのタブレットですが、塗るタイプのミノキシジルも存在します。日本では大正製薬からリアップと言う製品が発売されています。
ミノキシジルのタブレットは血圧を下げる作用がありますのでそれにより血管が拡張されて頭皮の縮んでしまった毛細血管を広げる効果があります。頭皮の毛細血管は髪の毛に栄養を送るためにとても重要な役割を果たしています。
毛根へ栄養素を送ることによって髪の毛を作るので栄養素が毛根まで届かないと健康的な髪の毛が生えなくなってしまいます。
そうなると完全に成長しきる前に抜けてしまったり細くてしっかりしていない髪の毛が生えてくるのでハゲの原因になってしまいます。

そして、ミノキシジルは医薬品になりますのでもちろん副作用も存在します。
まず1つ目の副作用としては多毛症です。ミノキシジルタブレットは経口薬ですので頭皮にダイレクトに作用するわけではなく血管拡張作用により血管が広がって髪の毛を生やすと言う仕組みなので全身の毛が濃くなるという副作用があります。
2つ目の副作用は顔のむくみなどです。むくみと言うのは血管内の血液の濃度が下がることで血液の濃度を戻そうとするときに起こるようです。ミノキシジルのタブレットの血管拡張作用で広がった血管内は血液の濃度が下がります。その作用で血管の中から周辺の細胞に水分が排出されることでむくみが出ます。
3つ目はミノキシジルタブレットを服用することによって動悸が起こる可能性があります。ミノキシジルタブレットを服用することで血流が良くなり、血流が良くなりすぎた場合同期が起こることがあります。心臓の鼓動が速くなりばくばくと心臓の音が大きく聞こえる症状になります。不整脈にもつながりますのであまりにもひどい状態になれば服用するのは中止しましょう。
4つ目は頭皮のかゆみ等です。タブレットを服用すると血流が良くなりますのでかゆくなる場合があります。特に飲みだしてから数日間は頭皮に痒みがあるようですが特に問題がないようですし慣れてくるとの声が多いのであまりにも痒みが取れない場合のみ服用を中止しましょう。
なのでミノキシジルタブレットを使うべきではない方は以下のようになります。
低血圧の方、肝臓が悪い方、薄毛が深刻では無い方、完全に毛根がなくなっている方、副作用が怖い方です。

「ミノタブ とは」の画像検索結果

出典http://xn--o9j5fc4frb3f5bg3b5b5p.net/

ミノタブ5mgと10mgの違いは?

では実際に5ミリグラムと10ミリグラムでどのような違いがあるのでしょうか。
まず効果の部分で言うとミノキシジルタブレットは5ミリグラムでも十分に効果が得られると言われています。継続的に飲み続けることが条件にはなりますが5ミリグラムでも寝るタイプよりも直接服用した方がしっかりと効果が出ると言われています。
ではミノキシジルタブレット10ミリグラムの場合はどうでしょうか。ミノキシジルの内服量はいちにち10ミリグラムいないと決められています。
なので1日に服用できるマックスの量になります。気になる効果としては5ミリグラムよりも効き目が高く5ミリグラムでも効果がなかったと言う方には10ミリグラムがオススメされることが多いようです。しかし薬は飲み続けると体制ができてしまいます。10ミリグラムから始めた場合5ミリグラムに戻したくても戻せなくなってしまうという可能性がありますので気をつけてください。やはり5ミリグラムと10ミリグラムを比較するとやはり10ミリグラムの方が効果は期待できるといえます。しかしながら体質の問題もあるので5ミリグラムで聴く人がいきなり10ミリグラムから始めると戻せなくなってしまうのではじめは5ミリグラムから服用するのおすすめします。

次に副作用の店で比較してみると元々ミノキシジルは血圧を下げる薬なので誰にでも使えるわけでは無いですし先ほど紹介したように副作用も存在します。
そしてミノキシジルタブレット5ミリグラム、10ミリグラムどちらの場合でも先ほど挙げた副作用は存在します。
副作用の種類としては同じものだと言えるでしょう。しかし5ミリグラムよりも10ミリグラムの方がミノキシジルの含有量が多くなっているので副作用が出る可能性は高くなりますし副作用の重さも重くなってくる可能性があります。なので医師の診断を受けてから利用を検討する上することをお勧めします。どちらを利用にするにしてもお医者さんと相談してから腹を決めるほうがいいとは言いますが副作用の危険性は10ミリグラムの方がある事は知っておくと良いでしょう。

「ミノタブ とは」の画像検索結果

出典https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%82%BF%E3%83%96+%E3%81%A8%E3%81%AF&safe=off&biw=885&bih=724&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiuitn27rTPAhXGrJQKHVWVDowQ_AUIBigB#imgrc=qURn7iL6G0r2GM%3A

そして5ミリグラムの場合でも10ミリグラムの場合でも両方とも男性型脱毛性のクリニックでお医者さんに処方箋を作ってもらうか個人輸入で購入するという方法があります。
個人輸入や輸入代行の場合はインターネットで買うことが可能ですか自己責任になりますので注意が必要です。入手のしやすさとしては5ミリグラムも10ミリグラムもそこまで変わりは無いようです。
基本的に入手経路は同じですし手に入れないのも同じ位だと言えるでしょう。ただしお医者さんに処方してもらう場合は必ず診察が必要になりますし自分が処方してもらいたい含有量を処方してもらえるとは限りません。しかしながら安全性で言うとお医者さんに相談する方が高いのでその辺は覚えておくと良いでしょう。

さらに値段の違いについてですが、購入する予算によって大きく変わりますが5ミリグラムの場合大体100錠で3,000円から1万円まで幅広くあります。特に個人輸入の場合は為替の影響によって値段が変わりますので注意しましょう。
そして10ミリグラムの場合は大体100錠入りで3,000円から1万3,000円まで幅が広がります。種類と値段はかなり多くありますので一概に言えない場合が多いですか基本的には5ミリグラムのミノキシジルタブレットより10ミリグラムのミノキシジルタブレットの方が高い傾向にあるといえます。含有量と値段を比較すると5ミリグラムよりも10ミリグラムの方がコスパ的には有利だと言えるでしょう。

実際に使っている人の意見では、5ミリグラムのミノキシジルタブレットを使われる方は初めてミノキシジルタブレットを使う人や薄毛が少し目立ち始めた方にお勧めができると言えるし人気があるようです。どこにかなり進行が進んでいると言う方は5ミリグラムでは効果が感じられないとの意見も出ています。
10ミリグラム上5ミリグラムのものを使って効果がなかったことやかなり薄着が進行せる方人気があるようです。また10ミリグラムのミノキシジルタブレットを半分に切ってミルグラムとして使っている人もいるようです。これはコストを抑えたいと言う理由でした。しかしながらかなり正確な技術が求められますので心配な方はしっかりと5ミリグラムと10ミリグラムを使い分ける方が良いと言えるでしょう。

まとめると・・・

以上のことをまとめると5ミリグラムのミノキシジルタブレットがオススメな人は、ミノキシジルの育毛剤を使ったが効果を感じられなかった方や初めてミノキシジルタブレットを使う方、副作用が心配な方やそこまで薄毛が進行していないと言う方は5ミリグラムから始めることをお勧めします。
また薄毛がかなり進んでいる方も初めてミノキシジルタブレットを使う方はいきなり10ミリグラムから行くのではなくまずは5ミリグラムで様子を見て本当に効き目がない場合に5ミリグラムから10ミリグラムにする方が良いでしょう。

そして10ミリグラムをお勧めできる人は育毛剤やミノキシジルタブレット5ミリグラムを既に使用している方で効果があまり実感されていない方や薄毛がかなり進行している方、10ミリグラムを半分に切って5ミリグラムとして服用しコストを抑えたい方、お医者さんと相談した結果10ミリグラムから始めることになった方はこちらの方がお勧めです。ただしミノキシジルはいちにちの最大服用量が10ミリグラムと決めているのでそれ以上越えて服用するのはやめましょう。

ミノキシジルタブレットの後ミルク飲むと10ミリグラムの違いをいくつかありましたが参考にしていただければと思います。実際に経口薬品として服用する形になりますのではじめのうちはお医者さんとしっかり相談して含有量を決めるのが1番だといえます。いきなり自分自身で購入するのは出来る限り避けて下さい。また、副作用が気になり始めて方はすぐに使用中止しましょう。
副作用は強いですがやはり効果の部分はかなり大きくなってきますので視野に入れて検討してみても良いのではないでしょうか。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。