てっぺんハゲを徹底的に解消するワザ 〜頭頂部の薄毛・はげの画像まとめ7選

%e3%83%8f%e3%82%b2%ef%bc%91

「最近てっぺんが薄くなってきた…。」そう思っていたら危険信号です。
ハゲのタイプにも色々とあると思いますが、頭頂部のハゲは特に気になるもの。
人前でお辞儀することや電車で座る際に立っている人の目線が気になったりとストレスも感じると思います。
今回はそんなてっぺんハゲを解消する方法を紹介したいと思います。

てっぺんハゲが起こる原因

まずは薄毛になるメカニズムから解説していきます。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

毛髪にはヘアサイクルというものがあります。
通常、成長期(4〜7年)、退行期(2〜3週)、休止期(数ヶ月)のおよそ4〜7年を1サイクルとして毛髪は生え変わっています。
ヘアサイクルが何らかの原因で乱れることにより、成長期が短くなり、休止期が長くなってしまいます。
つまり、髪が成長しきらず短いまま抜け、成長のためには休んでいる期間が長くなることで、薄毛という目に見える形で表れます。
このヘアサイクルが乱れる原因は何なのか?

①AGA

てっぺんハゲの原因でまず疑ったほうがいいのがAGAです。
AGAは男性型脱毛と言われており、男性ホルモン「テストステロン」「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素が結びつくことでジヒドロテストステロン(DHT)と言われる強力な男性ホルモンがAGAを発症させます。
ジヒドロテストステロンは乳頭を含める毛包周囲にある毛細血管を収縮させ、毛髪の成長を抑制させることにより薄毛になると言われています。
ちなみに5αリダクターゼはⅠ型とⅡ型があり、てっぺんハゲはⅡ型が影響していると言われています。

また、AGAは遺伝により発症するとも言われています。
様々な研究機関が研究し薄毛遺伝子といわれる「アンドロゲンレセプター」の感受性が薄毛に影響すると言われています。
隔世遺伝すると言われ、特に男性に強く表れることが多い様です。
父方の家系に薄毛の人が多くいることよりも、母方の家系に多くいることの方が薄毛になる確率が高いと言われています。
ジヒドロテストステロンがアンドロゲンレセプターに作用することによりヘアサイクルの異常を引き起こし薄毛になります。

②FAGA

AGAの女性型です。
女性ホルモンの「エストロゲン」は毛髪を育てる働きがあり、エストロゲンが活発に分泌している間は健康的に毛髪が育ち、薄毛になりにくい状態になっています。
しかし、加齢により「エストロゲン」の分泌量は減少していき、早い人ですと30代から減少が始まります。
特に閉経が近づくにつれ減少し、閉経後はほとんど分泌されなくなります。
そうすると、エストロゲンにより抑制されていた男性ホルモンの分泌量が増え薄毛になります。
加齢以外に減少する原因は、ストレス・生活習慣の乱れ・行き過ぎたダイエットなどです。

また、エストロゲンは分泌量が多いと髪が生え変わるサイクルが長くなるので、薄毛や抜け毛が起こったとしても、その進行は非常に緩やかで、ほとんど気になりません。

③食生活

バランスの悪い食生活は確実にてっぺんはげを起こします。
脂質中心の食生活が続くと、頭皮の皮脂腺からの皮脂の分泌量が増えてしまいます。
そうすると毛穴に皮脂が詰まったりして、髪の成長を妨げます。

また、髪の成長に必要な栄養素として「タンパク質・ミネラル・ビタミン」かあります。
これらが不足することでも薄毛の原因となります。

健康美は食からと言われるように食生活は毛髪にも大きく影響します。
普段から偏った食事ではなくバランスの良い食事を心がけたいものです。

④生活習慣

タバコ・お酒・睡眠など習慣になっているものの中にもてっぺんはげを起こす原因があります。

タバコは血管を収縮させますので、頭皮への血行が悪くなり栄養が届きにくくなってしまいます。
また、栄養の吸収を促進するビタミンを破壊したり、男性ホルモンの分泌を増加させたりもします。

お酒は肝機能が悪くなることで肝臓で作られるタンパク質の量が少なくなり髪の成長に必要なタンパク質が足らずに成長しないことからてっぺんハゲに繋がってしまいます。
また、ビタミンB群がアルコールの分解に使われるので髪が成長しにくくなります。

そして、睡眠。
人間は寝ている間に成長ホルモンを分泌し、毛髪を成長させます。
その成長ホルモンは22時から2時の間が最も分泌すると言われています。
また、睡眠が不足すると頭皮の血行が悪くなり、ヘアサイクルが乱れますので毛髪の成長を妨げることになります。

⑤ストレス

ストレスは自律神経を乱れさせ血流を悪くします。
血流が悪くなることで髪に必要な栄養が届きにくくなり抜け毛が増えてしまいます。

また、ストレスを感じると大量の亜鉛が消費されてしまいます。
亜鉛は髪の成長に必要なタンパク質を体内で合成されるときに必要になります。
その亜鉛がないということはタンパク質がうまく合成されずに薄毛になってしまうのです。

てっぺんハゲを解消する方法

原因が分かったところで、改善方法を紹介していきたいと思います。

生活習慣・食生活を見直す

原因でもあったように、生活習慣と食生活はてっぺんハゲの原因となっています。
他の改善方法を行う前にまずはこれから見直していきましょう。

タバコやお酒については一気に止めてしまうのは反ってストレスを感じて、ストレスもてっぺんハゲの原因となります。
無理のない範囲で、減らしていく方が良いでしょう。

食生活に関しては、直ぐに始められると思います。
バランスの良い食事をすることは健康にとっても非常に良いことです。
外食が多い人は外食を減らし、栄養バランスの良い献立を考えるようにしましょう。

自毛植毛

自毛植毛とは、頭部や側頭部の髪が生えている所から毛髪を採取し、薄くなった部分に植え付けることで薄毛を目立たせなくする植毛手術。
自分の髪を植毛するので拒絶反応がなく自然な仕上がりで効果が高い反面、費用が高く植毛の本数制限があり数回に分けて手術をする必要があったり、傷跡が残る場合があります。
確かに費用とリスクを考えると怖い気がしますが、定着率は高く、てっぺんハゲに悩んでいる人で薄毛が解消され喜んでいる人がいるのは事実です。
どうしても改善したく費用に余裕のある人は一度検討みても良いかもしれません。

クリニック治療

これはクリニックに行き、成長因子の注射を頭皮に直接注射をする治療方法です。
毛乳頭や毛包を細胞レベルで活性を促進させ、毛髪を成長させます。
産毛の状態の毛や細くて弱々しい毛を太くて強い成毛に育てることを目的としているそうです。
効果は短時間で出るようですが、頭皮に直接注射をするので非常に痛いという事です。

通院は数回通う必要があり、その度に費用が掛かります。
効果が中々感じられない場合は費用も多くかかるかもしれません。

薬の服用

薄毛に良いとされている服用薬を飲む方法です。
主に3種類あります。

ミノキシジル

元々は血管拡張薬として高血圧や心不全などの治療薬のために開発されました。
しかし、服用する患者の毛髪が濃くなったことで、発毛に効果があると発見され発毛薬として使われるようになりました。

効果は元々血管拡張薬ですので、血管を拡張し血流を良くすることで毛髪に必要な栄養素を届けやすくする効果があります。
また、毛母細胞に働きかけて活性化させる効果もあります。

フィナステリド

こちらは男性の前立腺肥大の治療薬として開発されましたが、服用患者に発毛が見られたことにより薄毛の治療薬として使われるようになりました。
フィナステリドはDHT(ジヒドロテストステロン)といわれる、強力な男性ホルモンを抑制することで薄毛を改善する効果があります。

パントガール

女性の薄毛を改善する治療薬です。
薄毛治療薬は男性用のミノキシジルなどが主流でしたが、女性の薄毛に効果合がある治療薬として開発されました。
男性と女性では薄毛になる原因が違ったりします。
毛乳頭への栄養供給と頭皮のターンオーバーを最適化することによって、髪の毛を発毛させる効果があります。

主な服用薬はこの3種類となります。
それぞれに副作用があり、継続的に使用する場合はランニングコストもかかります。
また、服用を止めてしまうと再度薄毛になる場合もあるようですので、その辺も考慮の上検討しましょう。

てっぺんハゲを7選

ケース1

%e3%83%8f%e3%82%b2%ef%bc%91%e3%83%8f%e3%82%b2%e2%91%a0
(出典: http://xn--nckuad2au4azb6dvd8fna0612p532a.com/%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%82%BF%E3%83%96%E3%81%A8%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%82%A2
この方は、ミノキシジルなどの治療薬を服用したことでてっぺんハゲを改善しました。
どのくらいの期間服用して改善したのかは分かりませんが、まるで別人のような頭皮です。

ケース2

%e3%83%8f%e3%82%b22%e3%83%8f%e3%82%b2%e2%91%a1
(出典: http://hagetekita.com/
AGA専門クリニックに行き治療したそうです。
具体的な治療方法は記載されていませんが、これもまた劇的な変わりようです。
この方は、深刻に悩まれていたようですが、クリニックに行ったことでもやもやしていたものも解消されて思い切って行って良かったと言っています。
悩むよりも先にクリニックを受診するのが良いみたいですね。

ケース3

%e3%83%8f%e3%82%b23%e3%83%8f%e3%82%b2%e2%91%a2
(出典: http://ikemen-bald.com/
このケースの場合、まずは食事や睡眠の改善を行い、シャンプーも湯シャンで行ったそうです。
しかし、これと言って効果がなかったため育毛剤の使用を始めました。
すると、効果が表れ始めかなりの改善になったそうです。
もしこれが、いきなり育毛剤を使っていたらこのような結果にならなかったのかもしれません。
食生活や生活習慣を直したと言うベースがあってこその結果の様な気がします。

ケース4

%e3%83%8f%e3%82%b2%ef%bc%94
(出典: http://ikumouhayasu.net/archives/44
この方は、食生活の改善と服用薬と育毛剤によって治療をしたようです。
やはり、食生活と言う基本的な改善を行ったために、薬の効果が表れるという事でしょうか?
一つのか治療法で効果がない場合は、複数組み合わせると効果が発揮されるようです。

ケース5

%e3%83%8f%e3%82%b2%ef%bc%95

%e3%83%8f%e3%82%b2%e2%91%a4
(出典: http://xn--u9j627hohc0y5aok3a.biz/jige/jigesyokumou-qa03.html
このケースは、自毛植毛を行いました。
しっかり定着しており。自然に生えています。
後姿は全くの別人になります。
植毛の場合は発毛が見られればその後もきちんと髪が生えてくるので安心です。

ケース6

%e3%83%8f%e3%82%b2%ef%bc%96%e3%83%8f%e3%82%b2%e2%91%a5
(出典: http://propecia-finpecia.ldblog.jp/archives/23244343.html
この方も薬の服用で改善しました。
しかし、AGAの治療の効果がこんなに高い事には驚きました。

ケース7

%e3%83%8f%e3%82%b2%ef%bc%97%e3%83%8f%e3%82%b2%e2%91%a6
(出典: http://wakahagekaizenn.seesaa.net/article/389692874.html
やはり治療薬の服用で改善しました。
本来の服用期間は6ケ月という事ですが、3ケ月でここまでの結果を得ることができたそうです。
本当に効果は高いようです。

てっぺんハゲは解消できます

てっぺんハゲの画像をご覧いただきましたが、どう感じましたか?
てっぺんハゲになると一生治らないと言うのは一昔前の話です。
現代の医学では薄毛治療について研究が進んでおりますので、ご覧頂いたように多くの人がてっぺんハゲを解消しています。

もし、てっぺんハゲで悩んでいるのであれば一人で悩まず、まずは専門クリニックを受診し相談してみると良いかもしれません。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。