M字はげの芸能人を追う!! 【画像・写真あり】

c2dfa9f57c99eea18685ff87e0414512

生え際がアルファベットの”M”みたいな形になってしまうM字ハゲは、まるで剃り込みを入れたような状態になってしまうので、人相が一変してしまいます。また、頭頂部の薄毛と比較すると、改善するのが難しいとも言われています。この厄介な問題に対して、どのように対処すればよいのでしょうか?M字ハゲの有名人を見ながら考えていくことにしましょう。

(出典:https://i.ytimg.com/vi/4W2nepgMUqY/hqdefault.jpg

M字ハゲとは?

M字ハゲは、生え際が後退するタイプの薄毛のことで、男性の薄毛の90%以上を占めているAGA(男性型脱毛症)の典型的な形態です。このAGAは、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質の作用により引き起こされる症状で、遺伝と老化とが大きく関与しています。なお、この症状の基本的な仕組みは以下のような内容です。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

血液中を流れる男性ホルモン(テストステロン)は、毛根にある毛乳頭に入り込むと、5αリダクターゼ酵素によりジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。このジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞に入ると、毛母細胞の細胞分裂が活発に行なわれなくなり、発毛を妨げます。また毛周期が乱れて成長期が短くなるため髪が成長する前に抜けてしまい、抜け毛や薄毛の要因となります。

男性ホルモンがなぜ毛乳頭に入り込むかは、男性ホルモンを受け入れるレセプター(受容体)を持っているかどうかによります。そしてこのレセプターの有無は、遺伝によるものと考えられています。

引用:http://www.skincare-univ.com/article/005411/
ちなみに、テストステロンを変換する5αリダクターゼ酵素は、Ⅰ型とⅡ型の2種類があり、AGAに関与しているのはⅡ型と考えられています。このⅡ型の5αリダクターゼ酵素は、生え際から頭頂部にかけての毛根に分布しているので、AGAの薄毛はこの範囲に集中します。なお、生え際が後退する薄毛がM字ハゲと呼ばれるのに対して、頭頂部が薄くなるタイプはO字ハゲと呼ばれています。

(出典:http://hageryman.jp/wp/wp-content/uploads/2015/09/rabbits-ear-1.jpg

治すのが難しいM字ハゲ

AGAに対しては、既にプロペシアという内服薬が開発されており、医療機関で処方されています。この治療薬の作用は、ジヒドロテストステロンの生産に関与しているⅡ型5αリダクターゼの酵素活性を阻害するという内容で、飲む育毛剤などと呼ばれていますが、髪の毛に対してダイレクトにアプローチするわけではありません。ただし、原因物質の生産が抑制されるので、薄毛の進行を防止することが出来ます。

ちなみに、2,005年に厚生労働省が承認する際に実施した臨床試験では、被験者の58%に軽度改善以上の効果が表れたということが確認されています。ただし、これは頭頂部に対しての写真評価の結果であり、M字ハゲについてはこれよりも低いと推測できます。

何故なら、この臨床試験に引き続いて行われた非ランダム化比較試験では、前頭部に対しての写真評価も発表されており、頭頂部よりも効き目が少ないという結果が判明しているからです。具体的には、頭頂部への効果が、軽度進行が2.1%、進行なし20.2%、軽度改善34.3%、中等度改善37.4%、著名改善6.1%だったのに対して、前頭部は軽度進行3.0%、進行なし25.3%、軽度改善37.4%、中等度改善32.3%、著名改善が2.0%という内容です。

なお、軽度改善とは髪の毛の成長は認められるが薄毛の領域をカバーする状態にまで至っていないという意味で、中等度改善とは薄毛領域が部分的にカバーできるようになったという状態のことです。そして、著名改善とは薄毛部位が薄くなっていない部位と同程度にまで回復したことを指します。つまり、薄毛を改善するためには最低でも中等度改善以上が必要ということになります。

これを踏まえて非ランダム化比較試験の結果を見ると違いは明らかで、頭頂部の薄毛に中等度改善以上の効果が発揮されたのが43.5%だったのに対して、前頭部は34.3%と9%以上も低い数値にとどまっています。このことから前頭部の薄毛、つまりM字ハゲは、AGA治療薬プロペシアを使用しても改善するのが難しいという結論となります。

(出典:http://www.prozentou.com/img/zentoubu.jpg

M字ハゲの有名人

治すのが難しい以上は、M字ハゲでもかっこよく振る舞わなくてはなりません。そこで、参考になるのが有名人のヘアスタイルです。この節では、M字ハゲでもかっこいい有名人をご紹介します。

所ジョージ


(出典: http://snap-gossip.com/wp-content/uploads/2012/03/c2dfa9f57c99eea18685ff87e0414512.jpg
所ジョージさんは、かなり進行したM字ハゲですが、髪の毛を金髪にすることで目立たなくさせています。また、常にベリーショートにして隠そうとしない点も好感度につながっており、タレント好感度調査などの様々な人気ランキングでも長年にわたって常に上位をキープしています。

(出典:http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-d6-d8/nostalgic_white_nights/folder/291066/25/3527725/img_16?1319120833
このように、かなり若い頃から生え際が後退していたようですが、悩んで暗くなっていた様子は全くありません。ネガティブな部分を表に出さないようにするということが、所ジョージさんに学ぶべき一番のポイントなのかもしれません。

松平健


松平健さんは、活躍の場が時代劇中心ということから髪の毛を目にする機会はそれほど多くはありませんが、生え際部分はかなり後退しており、M字ハゲと呼ばれるような状態になっています。


(出典:http://img.snowrecords.com/ep/2/14314.jpg
このように、若い頃と比較すると一目瞭然で、薄毛がかなり進行していることを確認できます。ただし、髪の毛が少なくなったからといって人気が低下したというわけではありません。代表作の暴れん坊将軍が2,003年に終了して以降は、歌手やバラエティーなど幅広いジャンルで活躍しており、好感度はさらに高くなっています。

ちなみに、松平健さんに学ぶべきM字ハゲ対策は、常に短いヘアスタイルをキープしていることです。無理に生え際を隠そうとすると、不自然な髪型になってしまいます。それよりも、堂々としている方がかっこよく見えるということを証明しています。

片岡鶴太郎


(出典:http://livedoor.blogimg.jp/aaaaazuki21/imgs/3/7/3745d9e3.jpg
お笑いタレントとしてデビューした後に、俳優や歌手、芸術家などの多方面で活躍している片岡鶴太郎さんは、M字ハゲが似合う有名人の一人でもあります。

(出典:http://ecx.images-amazon.com/images/I/81LTKios5HL._SL1500_.jpg
このように、現在と比較すると黒々としてボリュームはありますが、30代の前半には既に生え際が後退しています。これは、時間をかけてゆっくりと進行するAGAの典型的な状態です。

なお、片岡鶴太郎さんもこれまで紹介してきた人たちと同様に、生え際を隠すような髪型はしていません。常に、堂々としていることが見習うべき点と考えられます。

高橋 克実


(出典:http://www.zakzak.co.jp/gei/200906/image/g2009061905takahashi_b.jpg
スキンヘッドにしてしまったのでわかりにくいですが、高橋克実さんは生え際がMの形で後退している典型的なAGAです。20代はフサフサだったようですが、ブレイクのきっかけとなったテレビドラマショムニの時には、既に薄毛はかなり進行していました。

(出典:http://www.officiallyjd.com/wp-content/uploads/2013/07/20130703_syomuni_16.jpg
既に、スキンヘッドにしてから10年以上が経過しており、今ではすっかり見慣れた感じです。薄毛は、残っている部分とのコントラストで目立ってしまうので、丸坊主にすれば改善するということを証明しています。

M字ハゲが治った有名人

M字ハゲは、最初の方で説明したように元の状態に回復させることは非常に困難ですが、0%というわけではありません。この節では、M字ハゲを治した有名人を見ていくことにしましょう。

ISSA


(出典:http://www.geocities.co.jp/Milano-Cat/9707/sozai/kabegami/issa-kabe.jpg
一時は、若ハゲの代表のように言われていたISSAさんですが、いつの間にかフサフサの状態に変わっており、現在では薄毛とも呼べないほどのボリュームを実現しています。


(出典:http://articleimage.nicoblomaga.jp/image/279/2016/8/1/814b6b1ead099fa5f5d102294758cdb2b58ab1d81465203736.jpg
このように、額のしわやほうれい線には年齢を感じさせますが、髪の毛は若い頃よりも明らかに増えています。特に、注目すべきは生え際です。

(出典:http://naniwa23.xsrv.jp/wp-content/uploads/2013/11/e1a88b8e.jpg
これは、10年以上前の写真ですが、生え際が後退しているM字ハゲであることが確認できます。その後、どの様な理由によるものかは明らかではありませんが、髪の毛は復活を遂げています。一部では自毛植毛ではないかと囁かれていますが、確実な根拠があるわけではないようです。ちなみに、自毛植毛とは主に後頭部の毛根を採取して、薄毛部分に移植するという内容の手術療法です。

宮迫博之


(出典:http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/topicks/article_thumb/12470_original.jpg
お笑いタレントとして活躍している宮迫博之さんも、M字ハゲの改善に成功した数少ない一人です。こちらは、自毛植毛ではなく、薬により治療と言われています。具体的な薬品名についてははっきりとわかりませんが、おそらくAGA治療薬のプロペシアだと思われます。

(出典:https://hagelabo.jp/uploads/article/thumbnail/1619/B5DCC7F7C2E81B2F3.jpg
これは、育毛シャンプーのスカルプDが2,008年に主催したK-BO-BO-プロジェクトの参加時のもので、生え際がはっきりと後退している様子を確認できます。それが、現在では完全に回復しており、薄毛と呼ばれるような状態ではありません。

まとめ

M字ハゲは遺伝が強く関与している症状で、発症すること自体を防ぐことは出来ません。また、クリニックでの治療も本格的にスタートしていますが、基本的には病気ではなく単なる体質なので、自然治癒力により回復するということもありません。このために発症した場合は、嫌でも向き合わなくてはならないということになります。

そこで、参考になるのが今回紹介した芸能人の皆さんです。M字ハゲを受け入れるという場合は、髪の毛を短めにして清潔な状態を心掛けるということが好感度につながります。また、下手に隠すよりも個性としてアピールするのが良いように思えます。

なお、どうしてもハゲたくないという場合は、医療機関で治療を受けるという方法も用意されています。宮迫さんやISSAさんのように、劇的な回復に成功する確率は0%ではないので、思い切ってチャレンジしてみるだけの値打ちはあります。悩んでいるのであれば、M字ハゲの治療を行っている医療機関でカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。