【新事実】後頭部の薄毛・はげは治るらしい!?

20120522d

薄毛の多くは、生え際から頭頂部にかけての範囲に集中するのが特徴で、これらの部分がハゲてしまった場合でも側頭部や後頭部には髪の毛が残っているというケースは少なくはありません。しかし、全ての薄毛は同じ原因で発症しているわけではないので、後頭部がハゲてしまうということも起こり得ます。そこで、今回はこのような珍しいタイプの薄毛の原因と対処法について検証していくことにします。

(出典:http://blog-imgs-56.fc2.com/a/l/o/alopecia945/20120522d.jpg

薄毛の種類

髪の毛は、頭部を保護するために生えている体毛の一種で、毛根の内部に存在している毛母細胞という組織が分裂することにより、下から押し上げるようにして成長します。ちなみに、毛母細胞の活動は常に同じペースで行われるわけではなく、成長期(3年~5年)→退行期(2週間~週間)→休止期(3ヶ月~5ヶ月)という順番で繰り返し移行しています。このようにして髪の毛が生え変わる周期のことは、ヘアサイクルと呼ばれています。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

このヘアサイクルが正常に機能している場合は、髪の毛が抜けても新しいものが直ぐに生えてくるので、心配することはありません。ところが、何らかの原因により狂ってしまった場合は、成長期が短くなったり休止期で停滞するような状況となるので、髪の毛が成長途上で抜けてしまう上に生え変わりにも時間がかかる様になります。

薄毛は、このような状態が慢性化したことで発生する症状で、様々な種類があることが判明しています。この節では、薄毛の種類ごとの原因と特徴について見ていくことにしましょう。

AGA

AGAは、男性型脱毛症とも呼ばれている症状で、ジヒドロテストステロンという物質の作用により発症します。思春期以降に徐々に進行する脱毛症で、前頭部から頭頂部までの範囲に薄毛が集中するのが特徴です。これは、この部分の毛根内部に、ジヒドロテストステロンの生産に関与している特殊な還元酵素が存在しているからです。ただし、後頭部や側頭部にまで及んでいるケースもあります。

なお、AGAの基本的な疾患概念は以下のような内容です。

毛周期を繰り返す過程で成長期が短くなり,休止期にとどまる毛包が多くなることを病態基盤とし、臨床的には前頭部と頭頂部の頭髪が軟毛化して細く短くなり、最終的には額の生え際が後退し頭頂部の頭髪がなくなってしまう現象である。

引用:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdfURL

これは、ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の内部に存在しているアンドロゲンレセプターと結合することで、脱毛因子のトランスフォーミング増殖因子(TGF-β)などを誘導して毛母細胞の活動が抑制されることが原因です。また、皮脂の分泌量が過剰となるので、毛根もダメージを受けてしまいます。これにより、太い毛が細くなり、長く伸びることなく抜けるようになります。中年以降の男性に多く見られるM字ハゲやO字ハゲは大部分がAGAで、頭皮がオイリーで変色しているということが共通しています。

ちなみに、日本人男性の約30%がAGAと言われており、人口に直すと2,000万人前後ということになります。テストステロンが急増する思春期以降に開始し、時間をかけて徐々に薄毛となります。20歳代後半から30歳代にかけて目立つようになり、50歳以降のAGAの割合は40数%と半数に近づきます。

(出典:http://ys-tsu-hair.com/wp-content/themes/ys/images/results04-1.jpg

びまん性脱毛症

AGAに、男女で発症頻度に大きな違いがあるのは、男性ホルモンと女性ホルモンの体内の分量の違いが関係しています。つまり、テストステロン優位な男性はジヒドロテストステロンの生産量もそれだけ多くなるので、これに比例してAGAが発症する確率も高くなります。ちなみに、AGAは遺伝的な要因が極めて強いと考えられており、特に母方の祖父から受け継ぐ男性ホルモンレセプター遺伝子の多型が重要なポイントです。この遺伝子を持っているとジヒドロテストステロンがに対する感受性が強くなるので、高確率でAGAを発症することになります。

一方これに対して、女性の場合はエストロゲンが優位な状態であり、体内のテストステロンの分量は男性の10分の1程度にとどまっています。このために、AGAの決め手となるような遺伝子を受け継いでいたとしても薄毛になるということはありません。

ただし、エストロゲンの分泌量が低下した場合は、状況は一変してしまいます。つまり、テストステロンが優位な状態となるので、AGAに対しての歯止めが効かなくなるということです。この女性のAGAは、広い範囲が薄毛になることが特徴で、びまん性脱毛症とも呼ばれています。

これは、AGAの発症に関与している5α還元酵素が、男性よりも広い範囲に分布していることが理由です。このために、全体的に薄毛となるので、後頭部にまで及んでしまうケースも少なくはありません。

(出典:http://kindaikampo.net/Ekzemploj/Malofta8/malofta8_backhead_080905

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、名前が示しているように、髪の毛を引っ張りすぎたことが原因で薄毛になるという症状です。同じ髪型を長期的に行っていると生じやすくなり、負担を受けた部分が薄くなってしまいます。これは、引っ張られたことにより頭皮が硬くなるので、血液循環が悪化して毛根に栄養素を供給できなくなるからです。このために、毛母細胞が分裂する頻度が低下するので、髪の毛の成長も停滞した状態となります。

また、毛根へのダメージが特に強い場合は、機能を喪失して髪の毛は生えてこなくなります。仕組みとしてはブラジリアンワックスと同じであり、頭皮がデリケートなタイプほど薄毛になりやすい傾向にあります。このために、近年は若い世代の女性に急増していることが報告されています。

ちなみに、牽引性脱毛症で後頭部が薄毛になるのは、この部分に負担がかかるおさげなどの髪型をしているケースです。逆に、ポニーテールなど前方に負担がかかる髪型は、生え際や前頭部が薄毛になります。

(出典:http://blog-imgs-93.fc2.com/a/t/u/atussy0906/fc2blog_20160721055318f00.jpg

円形脱毛症

円形脱毛症は、10円ハゲとも呼ばれている症状で、突然脱毛班が発生するのが特徴です。基本的には、防御機能が誤作動を起こして毛根部分の自己抗原を攻撃してしまう自己免疫性疾患と考えられていますが、その直接の原因については遺伝やアレルギー、ストレスなど様々な説が唱えられており、現在でも完全に解明されたわけではありません。

なお、円形脱毛症の発生率はアメリカで0.1%~0.2%で、日本でも同程度と推測されています。このために、人口1億2,000万人で計算すると10万人~20万人程度ということになります。2,000万人前後にも達するAGAと比較するとかなり少数ですが、後頭部の薄毛に限定すれば、その差はかなり縮まります。何故なら、円形脱毛症は特定の範囲に限定して発生する症状ではないからです。

ちなみに、単発型・多発型・全頭型・汎発型などの種類があり、治癒が見込めない難しい症状に進行するケースもあります。ただし、専門外来を設置するなど医療機関での取り組みも本格的に行われており、全く希望が持てない状況というわけではありません。また、他の脱毛症とは違い明確に疾患として取り扱われているので、健康保険が適用される保険診療に分類されています。

(出典:http://believeinmyheart.com/wp-content/uploads/2016/01/21e86d43021e54f7a3b2299a026a028c.jpg

薄毛の治療法

後頭部の薄毛は、色々な原因で発生するということがお分かりいただけたと思います。この節では、これらの治療法についてご説明します。

AGAの治療法

AGAに対しての治療は、プロペシアという内服薬の処方が中心で、かなりの確率で進行を防止することが可能です。これは、AGAの原因物質ジヒドロテストステロンの生産に関与しているⅡ型5αリダクターゼの活性を阻害するという作用によるものです。これにより、ヘアサイクルと皮脂の分泌量が正常な状態に回復するので、髪の毛の成長が再開されることになります。

ただし、毛根に対して直接作用するわけではないので、発症してから年数が経過しているような場合は、改善効果が見られないというケースもあります。これは、機能を喪失した毛根を回復させることは出来ないからです。このために、後頭部にまで進行したような場合は、元の状態に戻すのは難しいということになります。ちなみに、プロペシアにより回復を望めるのは、発症後5年~10年がタイムリミットと考えられています。

(出典:http://www.hairmedical.com/propecia/img/image01.jpg

びまん性脱毛症の治療法

女性型AGAのびまん性脱毛症は、海外で実施された良質なランダム化比較試験により、AGA治療薬のプロペシアは無効であることが判明しています。ただし、現在では女性の薄毛に有効な治療法もいくつか開発されており、打つ手が何もないというわけではありません。その中で、特にオススメなのがHARG療法という老若男女問わず効果が期待できる治療法です。

なお、このHARG療法の基本的な内容は以下の通りです。

HARG療法は、人間のあらゆる細胞の元となる「幹細胞」から抽出した150種類以上もの「成長因子」を含むタンパクAAPEを直接頭皮に注入して発毛機能を蘇らせる再生医療です。HARGカクテルを注入した頭皮は「幹細胞」が強力に刺激されて活性化し、自らが「成長因子」を分泌し続けるため、発毛が継続します。あらゆる薄毛に効果を発揮し、治療が終わっても発毛が続く、薄毛を根本的に「治す」ための治療です。

引用:http://www.harg.org/aboutharg
この治療法は、発毛効果を見込めると共に安全性が高いということが特徴で、これまでに副作用が発生したというケースは1件も報告されていません。このために、エストロゲンの分泌量が低下しているという不安定な状態でも、健康を損ねてしまう危険はありません。

(出典:http://www.kyoritsu-biyo.com/shinryou/hair/img/graph_14_04_woman.jpg

牽引性脱毛症の治療法

牽引性脱毛症を改善するためには、まずは根本的な原因を取り除かなくてはなりません。最も良いのは髪の毛を短くすることで、これに加えて血行を良化する育毛剤を使用すれば、初期の状態であれば元に戻すことが可能です。

ただし、期間が長い場合は、これだけでは回復しないケースがあります。このような場合は、びまん性脱毛症同様にHARG療法が効果的です。また、これでも改善しない場合は、自分の毛根組織を薄毛部位に移植する自毛植毛という方法も用意されています。ちなみに、世界中で1年間に20万件実施されており、そのうちの約13%は女性です。行う条件は、移植できるだけの本数が残っているということのみで、原因や年齢、性別などは不問です。

(出典:http://xn--z3vu3ddymyry.asia/img/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E7%89%BD%E5%BC%95%E6%80%A7%E8%84%B1%E6%AF%9B%E7%97%87%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%A4%8D%E6%AF%9B2.jpg

円形脱毛症の治療法

円形脱毛症の治療は、皮膚科や専門外来で行われており、症状に合わせて適切な方法が選択されます。最も一般的な単発型の場合は、ステロイドを脱毛班に注入する注射療法により、1年以内に80%以上の確率で治癒を見込めます。なお、子供の場合は身体への負担が大きいということで、セファランチン内服など安全性を重視した方法が選ばれることになります。

(出典:http://www.enkei-soudan.com/img/chiryou/enkei2.jpg

まとめ

このように薄毛の中では珍しい部類に入る後頭部の症状に対しても、様々なアプローチによる改善が可能です。状況に合わせて適切な治療を実施することにより、薄毛を安全に改善することが出来ます。まずは、専門家に診てもらうということからスタートするのが、間違いのない確実な結果へとつながります。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。