女性の前頭部の薄毛の原因と対策 〜おでこハゲをキュートな髪型に!!〜

qcnxm

このところ増加傾向にある女性の薄毛は、広い範囲が軟毛化するのが特徴です。男性のように完全にハゲてしまうことはほとんどありませんが、前頭部から頭頂部にかけてがスカスカになり、頭皮が透けて見えるような状態になります。この様な薄毛を改善するためには、どうすれば良いのでしょうか?今回は、そんな女性の薄毛の原因と対策を説明すると共に、カバーするための髪型を紹介します。

(出典:http://www.c-hairs.jp/images/hairrestore/solution_bnr_1.jpg

女性の前頭部の薄毛の原因

薄毛は、基本的には老化現象の一種で、年齢を重ねるにつれて発症する確率は高くなっていきます。また、性ホルモンの作用も関係しており、男女での発症頻度には大きな違いがあります。このために、年配の男性と比較すると、若い女性は圧倒的に薄毛になりにくいと考えられてきました。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

ところが、本来は薄毛になりにくいはずの若い女性の間で、髪の毛についての悩みを抱える人が急増しています。特に、目立っているのが前頭部の薄毛です。これは、ホルモンと髪型の2種類の原因が考えられます。ちなみに、前者が原因の薄毛はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれており、後者は牽引性脱毛症と名付けられています。この2種類の脱毛症の仕組みについて、この節では説明してくことにします。

(出典:http://himazines.com/wp-content/uploads/2015/06/matumura2-300×315.jpg

FAGA

FAGA(女性男性型脱毛症)は、名前が示している通りの内容で、女性に発症するAGAのことです。このAGAは、男性の薄毛の大部分を占めている症状で、DHT(悪玉男性ホルモン)が根本的な原因です。この物質は、男性ホルモンのテストステロンがⅡ型5αリダクターゼという還元酵素に変換されて生成されたもので、本来は男性生殖器の発育をサポートするという役割を担っています。

ところが、DHTが毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターと結合した場合は、毛母細胞の増殖が抑制されると共に皮脂の分泌量が過剰となります。これにより、ヘアサイクルが狂わされる上に毛包がミニチュア化するので、細い毛しか生えなくなると共に長く伸びることなく抜けてしまうようになります。

なお、DHTの生産に関与している還元酵素は生え際から頭頂部の毛根内部に存在しているので、AGAの薄毛はこの部分に集中することになります。日本人男性でAGAになるのは約30%で、アンドロゲンレセプターのDHTに対しての感受性やⅡ型5αリダクターゼの活性力の高さが発症を左右すると考えられています。ちなみに、これらは遺伝により決定される分野で、前者は母方の祖父から受け継ぐ隔世遺伝、後者は両親のどちらかが持っていれば受け継ぐ優性遺伝です。

これらの遺伝子を女性が受け継ぐ場合も当然あるのですが、通常であればAGAが発症することはありません。それは、女性ホルモンのエストロゲンの作用によるもので、DHTの生産量が抑制されているからです。ただし、何らかの原因でエストロゲンの分泌量が低下するとDHTの影響を強く受けるようになり、AGAが発症することになります。

なお、女性の場合はⅡ型5αリダクターゼが分散して存在しているので、頭髪全体が薄毛となります。このために、広範囲に広がるということからびまん性脱毛症とも呼ばれています。


(出典:https://hairhapi.com/system/item_images/images/000/013/440/medium/325850ee-df06-4dea-b3c3-330421248194.jpg?1437469775

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、外的な要因により生じる薄毛のことで、髪型やエクステ、ヘアアイロンなどが原因です。これらにより、頭皮には大きな負担がかかってしまい、血行が悪化して毛根内部の細胞組織に十分な栄養を供給できなくなるので、髪の毛の成長が阻害された状況となります。

また、引っ張られた状態が恒常化することで細胞組織自体がダメージを受けるので、髪の毛が生えなくなることもあります。ちなみに、負担を受けた部分だけが薄毛になるということがFAGAとの大きな違いで、前頭部だけではなく頭頂部や後頭部にも起こり得ます。さらに、生え際が広くなるタイプや頭頂部に穴が開いたようになるタイプ、分け目が広がるタイプなど形態が多様ということも牽引性脱毛症の特徴です。

(出典:https://rank.cd-cdn.com/image/upload/w_345,c_limit,a_exif/rankingshare-0b1ee5904cb311e6a8b406e0b9b52e4f4bc054dfd42beb351a.jpg

前頭部の薄毛をカバーする髪型

デコハゲと呼ばれるような残念な状況にあっても、ヘアスタイルを工夫することでチャーミングに見せることは可能です。この節では、オススメの髪型をご紹介します。

1.バング

(出典:http://silkyhair.top/wp-content/uploads/2016/07/%E5%90%89%E9%AB%98%E7%94%B1%E9%87%8C%E5%AD%90%E3%83%8F%E3%82%B1%E3%82%99-450×356.jpg

(出典:http://pic.prepics-cdn.com/ha19950131/36299107_220x220.jpeg
頭頂部の髪の毛が普通に残っている場合は、この部分で前髪を作ることにより、生え際は全く目立たなくなります。あまり重くならないようにすることがポイントで、無理なく薄毛を隠すことが出来ます。

2.ショートカット


(出典:http://formfragen.com/ikumo2/shorthear.JPG
牽引性脱毛症による薄毛の場合は、ショートカットにするだけで劇的に改善するケースがあります。この場合のポイントは、分け目を無理に作らないということで、薄毛の進行を防ぐという意味でも非常に効果的です。また、ロングよりも手入れが簡単なので、髪の毛が痛んでいるという人には、特にオススメできます。

3.ショートボブ


(出典:http://livedoor.blogimg.jp/mc_matome_complate/imgs/5/2/52bc5033.jpg

(出典:http://p.twpl.jp/show/large/qCNxM
このように額が広いタイプの人は、ショートにするだけでイメージは一変します。また、単なるショートカットよりもショートボブの方が、髪の毛のボリュームを感じさせることが出来ます。薄毛が生え際部分だけにとどまっているようなタイプには、かなり向いています。

4.ベリーショート


(出典:http://waka-hage.com/wp-content/uploads/2016/05/et-20110919-1-ns300-278×300.jpg

(出典:http://livedoor.blogimg.jp/cutesokuhou/imgs/6/e/6e30b178.jpg
少し薄毛が広い範囲にまで進行している場合は、思い切って短くしてしまうと案外目立たなくなります。これは、髪の毛が分散しないからで、逆に増えたように見えるほどです。また、頭皮への負担も少なくなるので、育毛という観点からも期待できます。

5.パーマ


(出典:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5f/9a/7ae519fc18c0eecb8098cfbc7086d17d.jpg
短くすると共に緩めのパーマをかければ、自然なボリュームアップを実現できます。全体的に薄くなっているような場合には、特に効果的です。ただし、頭皮にパーマ液が付くとダメージになるので、信頼の出来る美容師さんを見つけるなどの工夫が必要です。

女性の前頭部の薄毛の対策と改善する方法

髪型を変えることで前向きな気持ちになれるなどメリットを得られますが、これだけでは薄毛を改善することは出来ません。そこで、この節では前頭部の薄毛を改善する方法について説明することにします。

HARG療法


(出典:http://www.harg.org/img/eplasty15e10_fig5.gif
テレビCMでも繰り返し宣伝されているように、薄毛は病院で治療を受けることが出来ます。この医療機関での薄毛治療は、2,005年にAGA治療薬プロペシアが厚生労働省に承認されたことからスタートしたもので、これまでは男性の症状を主な対象としていたのですが、現在では女性の薄毛に対しても有効な治療法が考案されています。

様々な種類の治療法がある中で、効果と安全性の両方が優れているのがHARG療法という再生療法の一種です。なお、この治療法の具体的な内容は次の通りです。

HARG療法は人間の組織の中心的役割を担う「幹細胞」から抽出された150種類以上の「成長因子」を直接頭皮に注入します。同時にHARGカクテル(ビタミンB、ブフロメシル、システィン)も注入いたします。注入された成長因子やHARGカクテルは、毛包を蘇らせ、毛母細胞を強力に刺激して、発毛を促進させます。HARG療法は、男女の性別に拘わらず、頭皮の育毛と増毛を可能にする最新の毛髪再生治療です。世界各国における共同研究のもと開発された、毛髪再生の有効成分をダイレクトに頭皮に与えていく治療法で、医療機関でしか施術することができない発毛・育毛療法です。

引用:http://harg-aga.com/03_about-harg.html
HARG療法がオススメできる理由は、女性の薄毛に対して発毛を働きかける世界で唯一の治療法ということです。また、現在のところ副作用が1件も報告されていないということも魅力で、不安を感じることはありません。あえて問題点をあげるとすれば、健康保険が適用されないということで、治療費は全額自己負担となってしまうということです。このために、事前に確認しておくのが適当です。

パントガール


(出典:http://bonadea-clinic.com/_src/sc1437/sign.jpg
パントガールは、ドイツで開発された内服薬で、女性の薄毛を身体の内側から改善するということを目的としており、ビタミンB1・D-パントテン酸カルシウム・ケラチン・薬用酵母・L-シスチン・パラアミノ安息香酸など様々な栄養素を配合しています。

ちなみに、期待できる効果と効能は、びまん性脱毛症(FAGA)の改善や白髪の防止、爪の修復改善などです。また、12歳以上であれば摂取できるほど安全な内容ですが、腹痛や下痢、眩暈、嘔吐、動悸、頭痛などの副作用が報告されており、このような症状が発生した場合は医師の診察を受けなくてはなりません。

なお、パントガールの値段は業者ごとに異なっていますが、1ヶ月分の平均的な相場は5,000円~6,000円程度です。急激に作用する治療薬ではないので、効果を体感するまでには3ヶ月~6ヶ月程度は必要です。

リアップリジェンヌ


(出典:http://ikumouzai-ladies.com/img/bafter6df.jpg
ドラッグストアーで購入できる育毛剤の中で、女性の薄毛に最も効果的なのはリアップリジェンヌです。適応症は、壮年性脱毛症で、育毛及び脱毛進行予防を効能・効果としており、第一類医薬品に指定されています。ちなみに、壮年性脱毛症とは成人のAGAのことで、FAGAも含んでいます。

この育毛剤は、ミノキシジルという有効成分を配合していることが特徴で、短期間で効果を発揮します。臨床試験では、6ヶ月の使用により、プラセボと比較して5倍以上も髪の毛が増加したことが確認されています。少し薄毛が進行している場合は、特に期待できる内容です。

まとめ

女性の薄毛は、男性のように完全にハゲてしまうまで進行することはほとんどないので、適切な対処をすれば回復させることが可能です。今回紹介したヘアスタイルを楽しみながら、同時に育毛にも取り組んでみてはいかがでしょうか。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。