【高校生必見】高校生の若ハゲの原因と対策!

img_20150815_190246-1024x768

img_20150815_190246-1024x768

出典 : http://www.atlasworkshops.com/blog/a-parents-guide-to-picking-a-high-school-summer-trip-in-europe/

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

自分はまだハゲとは無縁だと高を括っている高校生男子のみなさん。残念ながら高校生でも若ハゲになる可能性もあります。とても信じたくない事実だとは思いますが、実際に高校生でも髪の毛がかなり薄くなってしまっている人もいます。一般的にハゲと言えば40代~50代くらいの男性に多くみられるものですが、高校生にも起きる可能性がある……いったいなぜ高校生でもハゲになる可能性があるのでしょうか?今回は、高校生でもハゲになってしまう原因やその原因に応じた対処法、予防方法に迫ります。高校生で自分も結構きているんじゃないか?というひとは、ぜひ、こちらを参考に若ハゲにならないように予防してみてください。

【高校生でもハゲる可能性があるの?】

16-112813-why_men_go_bald

出典 : http://www.askmen.com/fashion/fashiontip_150/188_fashion_advice.html

信じたくはない事実ではありますが、高校生でもハゲる可能性はあります。しかし、すでに完全に毛穴がなくなってしまっているというようなハゲではないので、加齢からくる薄毛などに比べると、比較的治しやすいので安心してください。

【高校生がハゲてしまう原因とは?】

では、そんな高校生がハゲでしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか?ハゲてしまう原因を見ていきましょう。

『ストレス』

stress-in-relationship

出典 : http://www.relationships.org.nz/stress-the-relationship-killer/

ストレスは高校生の薄毛を生んでしまう原因の中でも代表的なものです。しかし、そんなことを言ってしまったら、働き盛りの20代後半~40代後半ほどの男性の方が職場でストレスを抱えていることが多いのではないだろうか?確かにそう考える人もいます。しかし、実際は、高校生と言うのは精神的にも身体的にもしっかりと成長を仕切っていない人が多く、特に精神的なストレスは「学校での人間関係」、「テスト前の追い込み」、「辛い部活動」などさまざまな場面で負担になることが多く、精神的にも肉体的にも成熟している20代後半~40代後半の男性に比べると、ストレスに弱いのです。さらに、高校生は身体的にもまだ成長期。精神的なストレスが身体に影響を及ぼすこともあります。ではストレスと若ハゲはどのような関係性があるのでしょうか?ストレスを感じると男性ホルモンが活性化され、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンという物質に変換されます。このジヒドロテストステロンは強い脱毛作用があり、髪の毛が抜けてしまいます。
[改善方法]
原因がストレスなだけに、この場合はさまざまな改善方法があるはずです。ストレスの原因となっているものを排除するか、ストレスを受け続けそれを発散するように努力をするかです。ストレスの発散方法は人それぞれだとは思いますが、運動をするのがおすすめです。運動はストレスを解消させる効果的な方法で特に屋外で日光を浴びながらの運動はセロトニンと言う物質を分泌し、ストレスを解消させてくれるためおすすめの方法です。また、体を動かすことで体が温まり新陳代謝が活発になり、血流が良くなるため、薄毛を予防する効果もあります。普段全然運動していないという高校生の方は日ごろから運動をする習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

『男性ホルモン』
高校生になると、大半の男性は髭が生え始めると思います。また、髭と同時に体毛も濃くなり始めます。これは、男性ホルモンが増加している証拠です。しかし、中学生くらいからすでに髭や体毛が濃いという人もいると思いますが、男性ホルモンの増加には個人差があります。このようにこの年代は特にホルモンバランスを崩しやすく、そのことが、薄毛を引き起こす直接的な原因になります。ではホルモンバランスは薄毛とどのような関係があるのでしょうか?男性ホルモンは先ほどストレスで解説した通りで、ジヒドロテストステロンという強い脱毛作用のある物質が影響して薄毛になってしまいます。

[改善方法]
男性ホルモンの影響を受けて脱毛症の症状が現れている場合はその根本的なジヒドロテストステロンという物質の分泌を抑えてあげる方法が効果的です。ジヒドロテストステロンは体内で男性ホルモンのテストステロンが5‐aリダクターゼという酵素に毛母細胞を攻撃されてできてしまう物質のため、深いところから改善するなら5‐aリダクターゼが毛母細胞を攻撃するのを抑えることさえできれば、改善することができるでしょう。ではその方法とはどのようなものがあげられるのでしょうか?5-aリダクターゼに効果的な成分はフィナステリドという成分があげられます。フィナステリドはAGA治療薬などに多く配合せれている成分で、アメリカの「Merck & Co.」という製薬会社が独自に開発した成分で、抗アンドロゲン剤の一つでもあります。フェナステリドの原料は、メキシコに自生しているノコギリヤシという植物で、エキスを抽出し化学合成して作られたのがフィナステリドです。通常の育毛剤などにもノコギリヤシエキスと言う成分が入っているのを目にすることもあると思いますが、その成分よりもより効果的に5-aリダクターゼの働きを抑える効果があります。
しかし、フィナステリドは体質によって効果が薄い人もいるので、絶対に完治するとは言えません。

『食生活』

tip-stop-making-this-diet-mistake

出典 : https://www.t-nation.com/diet-fat-loss/tip-stop-making-this-diet-mistake

高校生のみなさんは、好きなものばかりを食べていませんか?若ハゲになってしまう原因には食生活も深く関係してきます。では、どのような食生活が若ハゲを生んでしまうのでしょうか?それは肉中心の食生活です。高校生男子は特にお肉が大好きな人が多いと思いますが、普通の量を普通に食べている分にはなにも問題はないのですが、肉ばかりを食べているようでは、若ハゲになってしまう可能性があります。では肉中心の食生活がどのように若ハゲと関係しているのでしょうか?食生活というのは直接体に影響を及ぼすもので、牛肉や豚肉などの肉類には脂質が多く含まれていますが、脂質を大量に摂ることによって身体も油っこくなります。つまり、頭皮も皮脂が多くなり脂っこくなってしまうのです。すると大量に出た皮脂は、頭皮の環境を悪くしてしまい、毛穴が詰まります。毛穴が詰まることで髪の毛が生えてくる過程でその生涯になってしまうので、薄毛になる原因となってしまうのです。
[改善方法]
食生活が原因で若ハゲになってしまっている場合は、それを改善することで大幅に改善することが期待できます。では髪の毛に良い食べ物というのは、どのようなものがあげられるのでしょうか?髪の毛というものは、たんぱく質からできています。たんぱく質は卵などに豊富に含まれている成分で、こちらをしっかりと摂ること髪の毛がしっかりと成長をするようになります。しかし、たんぱく質だけでは髪の毛は健康的に生成することはできません。髪の毛を健康的に生成するためには、必ずミネラルやビタミンなどの成分が必要になります。このような成分は緑黄色野菜に多く含まれており、これらをしっかりと摂るとこで、健康的な髪の毛を維持できるようになります。そのため、もし薄毛に悩んでいる、みなさんの中に、肉が大好きで毎日朝晩お肉という生活を送っている人がいるなら、食生活を改善することで効果的に改善することができるでしょう。

『睡眠不足』

あまり関係ないようで、実はとても深く関係しているものは睡眠不足です。睡眠は髪の成長ととても深い関係性があり、睡眠不足に陥ることで髪の毛は細く弱くなってしまいます。では、なぜ睡眠不足で若ハゲになってしまうのでしょうか?それは、成長ホルモンが関係しています。成長ホルモンは睡眠中に分泌する物質で髪の毛の元となる毛母細胞の働きを活発化させるホルモンです。髪の毛はこの成長ホルモンの働きによって成長をしています。そのため、しっかりと睡眠をとることができていないと、髪の毛に直接的に影響を及ぼしてしまうのです。さらに、成長ホルモンは多く分泌できる時間帯に限りがあり、23:00~翌2:00までの間に盛んに分泌が行われます。そのため、この時間帯にしっかりと睡眠をとることができていれなければいけません。高校生は部活で帰りが18時や19時になる人も少なくなく、さらに帰って来てからも、宿題をしたり、テスト勉強をしたりととても大変ですが、遅くても成長ホルモンの分泌が盛んな24時までには寝るという習慣をつけることが大切です。

[改善方法]
しかし、いくら睡眠が大切であると分かっていても、眠くならないので睡眠をとることができない!と言う方もいるはずです。また、中途覚醒と言って、睡眠中にふと目が覚めてしまいそれを1回の睡眠で何度も繰り返してしまい、結果朝になっているという睡眠をとってしまっている人もいます。その原因の多くはリラックスができていないことが原因です。そのような人がしっかりとリラックスするためには、それなりに工夫が必要で、例えば半身浴などがおすすめです。半身浴はぬるめのお湯に長時間浸かる入浴方法で心身ともにリラックスした状態を作り出すことができます。また、自律神経のバランスを整えてくれる効果もあるので、ストレスを持っている人にもおすすめの方法です。入浴方法は38℃~40℃程度のお湯に胸から下までの範囲で浸かります。入浴時間は最低でも20分以上が良いでしょう。

【高校生のハゲの原因は生活習慣が深くかかわっている!】

sleep-mental-health2-660x439

出典 : http://whole9life.com/2015/04/mental-health-sleep-1/

高校生で若ハゲになってしまう原因にはさまざまなものがあり、そのほとんどが普段の生活習慣と深い関係性がありました。しかし、生活習慣を変えるということは簡単そうで、実はとても難しいことです。普段当たり前のように積み重ねてきた生活習慣はしっかりと意識をしてなおしていかないと、とても治るものではありません。しかし、しっかりと生活習慣を改善しなければ現時点では大丈夫でも、将来後悔をすることにもなってしまいます。みなさんの生活習慣は今回ご紹介したものに当てはまってはいませんでしたか?当てはまっていた場合は、薄毛を引き起こしてしまう可能性も十分に考えられるので、早めに改善をするように心がけてください。また、すでに薄毛に悩まされている高校性の人は、薄毛は生活習慣からくるものがほとんどで、それらは比較的早期に治すことができますので、諦めずに治療を続けてください。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。