若いうちの対策が大事!大学生から始める薄毛対策

f535daddb8b0a01a2386e549cd3c804b

若いうちの対策が大事!大学生から始める薄毛対策

f535daddb8b0a01a2386e549cd3c804b

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

出典: http://imgassets.com/irorio/uploads/2013/10/f535daddb8b0a01a2386e549cd3c804b.jpg

薄毛になってしまってから発毛をするのは容易なことではありませんか、大学生くらいから将来的に薄毛に悩まないために薄毛を予防することは比較的簡単に行うことができます。今回は、将来的に薄毛になるのが嫌なあなたのために、大学生からでも始められる薄毛対策方法について解説していきます。是非こちらを参考に将来的にフサフサでいつまでも若いね、と言われるような髪の毛を維持してみてください。

育毛剤を使い元気な髪の毛を育てる

prod_main

出典:http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/product/

育毛剤は薄毛対策にとても役立つ代物で、主に「ミノキシジル」と言う成分を使用して、血流を良くし、毛根に栄養のある血液をしっかりと届けるという形で育毛をしていきます。ミノキシジルは、基本的には安全な成分ですが、稀に副作用で頭皮が痒くなったり、かぶれたりする可能性もありますが育毛剤はおおよそ6,000円~7,000円程の価格で購入ができ、さらに効果も期待できる、とてもおすすめの薄毛対策方法です。現在では副作用の出る可能性があるミノキシジルをしようした育毛剤の他にも、様々な薄毛に有効な成分を含む育毛剤も出ており、比較的副作用の可能性も低いものまで様々な種類があるので、自分に合った育毛剤を選び、継続的に使用することが必要になります。

育毛サロンに通う

大学生でアルバイトをしている方で、経済的に少し余裕のある方におすすめしたい薄毛対策方法が、「育毛サロン」です。こちらの薄毛対策方法は、可視光線という光を使用した薄毛対策で、可視光線から、特殊な光を頭皮に照射し、血行を促進させたり、免疫力をアップさせたりする方法がとられます。また、育毛サロンではその他にも頭皮マッサージで血流を促進させる方法やスチームを使用して、毛穴に詰まったシャンプーでは落としきれない汚れなどを取ることで頭皮を健康的な状態に保つことができるので、健康的な育毛環境を整えることができます。育毛サロンの価格は、安いサロンの場合は、一年間に50万なので、1か月に約4~5万円ほどかかる計算になります。そのため、お金に少し余裕のある大学生なら、確実に薄毛対策をできるでしょう。

髪の毛に良い食べ物を食べる

01

比較的簡単にできる薄毛対策は食生活の改善です。こちらの方法は、髪の毛の成長に欠かすことのできない栄養のある成分を持つ食物をとることで、健康的で元気な髪の毛を育てるという方法です。それでは、髪の毛に良い食べ物を見ていきましょう。
【たまご】
髪の毛の主成分となるのが、たんぱく質です。たまごはそのたんぱく質を多く含んでおり
更に、亜鉛やセレニウム、鉄、硫黄など、髪の毛を健康的に保つための栄養素を多く含んでいるので、継続的に摂取することで、健康的な髪の毛を手に入れることができます。
【緑黄色野菜】
しかし、たまごや亜鉛などを摂取しても、それを毛髪へと変化させる力を持たないようでは、いくら食べても意味がありません。しっかりと摂取した、たんぱく質を毛髪へと変えるためには、ビタミンが必須になります。ビタミンを多く含むのは緑黄色野菜です。サラダなどにして食べるのもありですが、冷えた野菜は体を冷やしてしまうので、できる限り煮物にしたりして食べることをおすすめします。

【大豆製品】
大豆製品には「大豆イソフラボン」という成分が豊富に含まれています。大豆イソフラボンは、男性ホルモンを制御し、女性ホルモンと同じような働きをします。そのため男性ホルモンの上昇が原因で引き起る脱毛の症状を緩和させる効果も期待できます。また、唐辛子などに多く含まれている「カプサンシン」と併用して摂取することで、代謝が向上し、発毛効果もあります。

【海藻類】
海藻類は髪の毛が生える!という話を耳にする方も多いと思いますが、実際は海藻類には直接的な発毛効果はありません。では、なぜ、そう言われているのか、それは海藻類のミネラルの中に多く含まれているヨウ素と言う成分。こちらが、体の新陳代謝を高め、成長ホルモンの分泌量を増やしてくれる効果があります。成長ホルモン分泌量が増えると、髪の毛の元となる毛母細胞が活性化され、髪の毛の成長が良くなります。

【魚】
魚類には、髪の毛の成長に必要な栄養素がたくさん詰まっていると言われていますが、その中でも『サバ』、『イワシ』、『アジ』などの背中の青い青魚には、髪の毛を構成するためのアミノ酸の一種であるメチオニンが豊富に含まれています。さらに、メチオニンには、血液をサラサラにしてくれる効果があるので、頭皮中の毛細血管などでも血流が促進し、髪の毛に効率よく栄養を起こることができます。

髪の毛に良くない食べ物は控える

髪に良い食べ物もありますが、その逆、つまり髪に良くない食べ物も存在します。良くないとわいえ、摂りすぎに注意というだけで食べたから毛髪の発育に急激が変化が出るわけではありません。
【肉類】
現代人に多いのが、肉類の摂りすぎです。肉料理を中心とした食生活を送っている方も少なくないのではないでしょうか?しかし、肉類を中心とした食生活を送ってしまうと、当然、脂質の摂りすぎになってしまいます。脂質は、摂りすぎると脂性肌になり、頭皮からも皮脂が通常よりも多く分泌される状態になってしまいます。すると、頭皮環境が良くない状態になり、健康的な髪の毛を生やすための障害になる可能性があります。また、脂質を多く摂取することで血液もドロドロになってしまい、毛髪へ栄養のある血液を届けることができなくなってしまい、元気な髪を生やすことができなくなってしまいます。

【パン類】
食べ過ぎると髪に良くないと言われる食べ物の中でも特に意外なのが、『パン類』です。パン類には膨張剤が含まれていることが多いですが。膨張剤の中には体に有害なミネラルを含むものも多いと言われております。髪の毛を生成するために必要なミネラルは良質なものを取るように心がけてください。

【スナック菓子・ジャンクフード】
先ほど脂質は多くとりすぎると髪の毛に良くないと言いましたが、そんな脂質はスナック菓子やファーストフードに非常に多く含まれております。特に、ジャンクフードは脂質だけでなく腐らないようにするために多くの添加物が含まれているものが多く、髪の毛だけではなく体にも悪影響を及ぼす可能性も考えられるので、健康的な髪の毛を生やすためには極力控えた方が様でしょう。
【アルコール】
ビールや酎ハイなどのアルコール飲料に含まれるアルコールも実は髪にも良くないものです。アルコールは体内で分解されるときに大量の亜鉛を使って分解します。亜鉛は、髪を生成するために必要不可欠なもので、アルコール分解時に大量のアルコールを使用してしまうことで髪の毛の生成に必要な時に使えないという事態に陥ります。すると、健康的な髪の毛は生えず、細くて弱い髪の毛が生えてきてしまいます。そのため、アルコールも適度に飲むことを心掛けましょう。

乱れた生活リズムを改善する

20

健康的な髪の毛を生やすための根本的な方法は、乱れた生活リズムを改善するということです。生活リズムの乱れは、もちろん体にもあまり良いものではありませんが、頭髪にも影響を及ぼす可能性があります。中でも夜更かしというのは、成長ホルモンの分泌がピークになる22時~翌朝2時までの時間帯に睡眠をとれていないと、毛母細胞の分裂を正常に行うことができないため、髪の毛に悪影響を及ぼします。そのため、できる限り早寝、早起きを心掛けてください。

セルフマッサージをしてツボを押す

03

お金をかけずに薄毛対策をするなら、セルフマッサージが効果的です。セルフマッサージにも様々なやり方がありますが、今回ご紹介する者は、マッサージでツボ押しをするものです。

【風池】
中でも最も効果的とされているツボが、風池です。風池は、後頭部の首と頭の付け根に位置するツボで、そこを指の腹を使い、少しへこむ程度に押して気持ち良いところがあります。そこが、ツボです。ここを押すことで血流を促進する効果があるので、髪の毛を育てるための頭皮の環境が良くなります。

【百会】
百会にはリラックス効果があり、緊張により凝り固まった頭皮を柔らかくして、血流を良くしてくれる効果があります。

オイルなどを使いマッサージすることで、毛穴の汚れも取ることができ、より頭皮環境を整えることができるので、一石二鳥!是非押してみてください!

美容室でヘッドスパをする

セルフマッサージは確かに効果的ではありますが、やはり自分で継続的にならないといけないとなると、少々面倒でなかなか続かないものです。そんなときは、美容室でのヘッドスパをおすすめいたします。美容室では育毛サロン顔負けの気持ちの良い頭皮マッサージをしてくれるお店もあります。しかし、美容師さんによって技術的な差がとても良く出てしまいますので、自分の気持ち良いと感じるマッサージをしてくれる美容師さんを探さないといけません。

カラーを繰り返し行わない

適度にカラーリングを行う分には、何も問題はありませんが、ハイトーンカラーを繰り返すことで、頭皮の環境が悪化します。特に、ブリーチを使いカラーリングする場合は、髪の毛が痛むだけでなく、頭皮が炎症を起こす可能性もあります。そのため、カラーリングをする場合は、なるべく根元からベタ塗りはせず、頭皮から少し浮かせてカラーリングをするなどして染めるなどの工夫をする必要があります。また、美容室によっては頭皮が弱い人用の保護クリームなども取り扱っている美容室もあるので、皮膚が弱い方は必ず美容師さんに相談するようにしてください。

大学生からの薄毛対策で健康的な髪の毛を手に入れましょう!
このように、大学生からできる薄毛対策方法には様々なものがあり、比較的安い価格で行えるものもあります。将来薄毛に悩まないためにも、なるべく早い段階でこのように対策をしていくことが大切です。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。