【早めのハゲ予防】高校生でも簡単、若ハゲ改善法

pp03_illust

「ハゲ」と聞くとハゲ散らかったオヤジの頭を想像しませんか?
しかし、最近では高校生などかなり若い世代もハゲに悩んでいたりします。
髪型でお洒落を楽しみたい年頃なのに、自分がハゲだと言う現実を知ったときはかなりのショックでしょう。
また、今はハゲではなくても今後すぐにハゲる可能性もあります。
間違った習慣や行動により更にその可能性は高くなります。
でもご安心を!
そうならないために今から予防が大事です。
今回は高校生でも簡単にできるハゲ予防〜薄毛改善法までをご紹介します。

高校生の薄毛

本当にそんな若いうちからハゲるの!?と疑いたくなりますが、現実なのです。
人間の髪は一日100本前後は抜けるのですが、それ以上に抜けて生えてこなくなると薄毛になります。
高校生でもその可能性はあり、「最近額が広くなってきたような気がする」「寝起きの枕についた抜け毛が増えている」「毎朝かっこよくスタイリングしていても、トップのボリュームが出にくい」など様々なところで薄毛を疑いたくなる事が起きます。
薄毛になるメカニズムは年齢問わず変わりませんが、その原因は高校生ならではのものかもしれません。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

高校生の薄毛の原因

では、そんなに若く成長期のはずの高校生がなぜハゲるのか?
原因を見ていきましょう!

ホルモンの影響

pp03_illust

(出典: http://jcrgh.com/shikkan/ppuberty_kikuchi/ppuberty3.html
高校生などの思春期は体毛が濃くなったり髭が生えたりと体に変化が起こります。
これは男性ホルモンが増えているため起こることで、大人の体へと変わっていきます。
この男性ホルモンはテストステロンと呼ばれるもので、これが5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)という強力な男性ホルモンに変換されます。
このDHTが毛乳頭細胞と結合してしまうと、毛髪を作るための細胞分裂が少なくなります。
これにより、毛髪の成長を抑制させ成長途中で脱毛したり、細い毛が生えてきて薄毛になります。
よく言われるヘアサイクルが乱れることになります。

遺伝

遺伝と言われると元も子もないと思ってしまいますが、遺伝もハゲる可能性としては十分あり得ます。
父方の家系に薄毛の人が多くいるよりも、母方の家系に多くいる方がハゲになる確率は高くなるそうです。
あなたの家系はどうですか?
ただ、遺伝だからといって打つ手がないわけではありませんのであまり悲観的にならないようにしてください。

極度のストレス

社会人から見ると学生は大したストレスを抱えているようには見えないことがあります。
しかし、今の高校生も社会人並みにストレスを感じていることが多いのです。
・塾などで勉強漬けになる
・キツイ部活動
・学校での人間関係
・通学時間が長い
・アルバイト

など。
この他にも個人個人ストレスを感じるところが違い、学校が終わってからの予定もぎっしり詰まっています。
かなりタイトなスケジュールの人もいて、忙しさのあまり知らぬ間にストレスが体を蝕んでいきます。
交感神経を興奮させ、血管を萎縮させますので血行が悪くなり、それが薄毛の原因へと繋がります。
ストレスも見逃せない原因の一つなのです。

ヘアスタイリング

とにかくオシャレをするのが好きなお年頃です。
服装はもちろん髪も入念にキメます。
ワックスやジェル、スプレーなどを巧みに使い一番いい状態を作り上げます。
ここまでは特に問題はありません。
そのスタイリング剤を落とさないで寝るのは問題があります。
スタイリング剤のほとんどは油分を中心に処方されています。
洗い落とさずに寝てしまうと、油分が毛穴に詰まり炎症やかゆみなどを引き起こし頭皮環境を悪化させます。
それが毎日だと抜け毛が増えハゲになってしまいます。
使うことは問題ありませんが、使用したらその日の内に洗い流すようにしましょう。

食生活

食べ盛りの高校生は質より量を求めます。
とにかくお腹が減っています。

放課後、友達同士でファミレスやファーストフード店に行ったり、小腹がすいたからコンビニで揚げ物を買ったり、家で勉強する際の夜食にカップラーメンばかり食べたり。
思い当たる節が結構あるのではないでしょうか?

上記のような食事は炭水化物と脂質が中心の食事になります。
特に脂質が多いと皮脂分泌が多くなり、頭皮の毛穴をつまらせる原因になります。
また、コレステロール値も上がりますので、ドロドロな血液になり流血が悪くなります。
結果、頭皮に栄養が行き渡りにくくなり、抜け毛が増えて薄毛へとなっていきます。

社会人だけでなく、高校生でも友達や先輩との付き合いがありこのような食事になりがちです。
時々なら良いでしょうが、しょっちゅう食べている人は将来のために一度食事を見直した方が良いかもしれません。

睡眠不足

夜更かししている高校生は本当に多いそうです。
夜遅くまで好きなテレビ番組や深夜のアニメを見たり、塾で遅くなり寝る時間が遅くなったりなど。
様々な理由で睡眠時間が削られています。
慢性的な睡眠不足は血行を悪くし、成長ホルモンの分泌も妨げてしまいます。
つまり、毛髪が成長しにくい状態になってしまうのです。
しっかり寝ないと、髪だけではなく疲労が蓄積されイライラすることで他のことにも悪影響が出ますので、睡眠時間はしっかり確保しましょう。

高校生のハゲ予防

高校生の薄毛の原因を見てきましたがどうでしたか?
では、原因がわかったところで予防策を見ていきましょう。
始めるなら今からです!

食生活を見直す

image-preview30

(出典: http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/treatment/diet01.html
バランスの悪い食生活から今日で卒業しましょう!
カップラーメン、コンビニ食、ファーストフードなど、脂質ばかり摂っていては髪はもちろん体にもよくありません。
バランスの良い食事をしましょう。
具体的には、緑黄色野菜や果物からビタミンやミネラルを、肉魚などからタンパク質を摂取しましょう。
髪のもとになるタンパク質は成長を促進する上で大事になります。
また、ビタミンやミネラルはそれを助ける効果や血行を促進する作用があります。

学生だと自宅に帰るとご飯を作っていてくれるはずです。
恐らく栄養を考えて作っていると思いますので、まずは自宅でご飯を食べて、間食などのカップラーメンやファーストフードは止めましょう!

よく寝る

676

(出典: https://sokkadayo.jp/676/
寝る子は育つと言われるように成長のためには寝ないといけません。
塾で帰りが遅くなったり、いつまでもTVを見たりゲームをして夜更かししていませんか?
体の成長もそうですが、髪の成長も十分な睡眠の上で成り立ちます。
成長ホルモンが最も多く分泌されるのが、22時から2時の4時間の間です。
遅くてもこの時間内にベッドに入るようにしましょう。
髪の成長のためはもちろんですが、十分な睡眠により疲れが取れ体も軽く、勉強などがはかどったりもします。
パフォーマンス向上のためにも睡眠はとても重要なのです。

夜に必ずシャンプーする

1352147

(出典: http://healthil.jp/images/1352147
疲れてしまいお風呂に入るのを翌朝にしていませんか?
勉強に部活に遊びに、高校生は意外と忙しいものです。
帰りが遅くなり、疲れからお風呂も入らずにスタイリング剤が付いたまま寝てしまうのは良くありがちです。
学校があり、一応匂いは気になるので朝シャンをして行きます。
しかし、それはかなり危険なのです!
朝シャンプーして、一度髪をリセットしていますが、スタイリング剤はほぼ24時間ついたままになっています。
スタイリング剤の油分が毛穴を詰まらせ炎症やかゆみなどの症状として現れます。
これを何年も繰り返していると確実にハゲ街道まっしぐらです。
スタイリング剤でセットするのは良いのですが、必ず夜にシャンプーしてリセットし、髪と頭皮を休める時間を作ってあげましょう。
そして、シャンプーの際はしっかりすすぎ、指の腹でマッサージするなどのような正しい方法でシャンプーしましょう。

以上の3つがハゲの予防策となります。
今からでも始められることですので、未来の自分のために今すぐ始めましょう!

既にハゲが気になっている人は?

予防策はわかりましたが、既にハゲが気になってきている場合はどうすれば良いの?
あくまでこれまでは予防であって、改善ではありません。
では、既にハゲている人はどうするかというと、次の3つを参考にしてみてください。

クリニック治療を行う

これは育毛メソセラピーやHARG治療法などの注射をしてもらうことです。
これは成長因子を直接頭皮に注射して、発毛を促進するという方法です。
費用は学生にとって安いものではありませんが、一定の効果があるそうです。
ただ、頭皮に注射するので苦手な人は難しいでしょう。

薬による治療を行う

クリニックで処方してもらったりネットなどで販売していることがあります。
主に内服薬で、最近TVで「AGA治療」などという言葉を耳にする機会が多いと思いますが、まさにそれです。
育毛を促進させる内服薬を処方してもらい育毛を体の中から促進させます。
血行促進作用や薄毛の原因となるものを抑制させる効果があります。
飲んですぐに効果は現れませんが、早くて1、2ヶ月後には発毛を実感することができます。
しかし、未成年は服用できないものもありますので、ネットや店頭などで購入せずに必ず医師や薬剤師に処方してもらったものを飲みましょう。

自毛植毛する

最終手段と言っても過言ではありません。
自分の毛が生えている後頭部から移植して植毛する方法です。
かなり高い効果があり、自分の毛を使うので拒絶反応もなく自然に仕上がります。
一度生えてくると生涯生えてくると一方で、傷跡が残ったりの後遺症や、費用が高いことが懸念材料です。
学生の場合はお金もないのと、植毛手術には親の承諾書が必要になります。
まずは、親に悩んでいることを打ち明けてからの話となりそうです。

育毛剤を使う

これまでに紹介した3つの改善方法はちょっと敷居が高く感じるでしょう。
そんな人のためには育毛剤を使うという方法があります。
高校生なのにもう育毛剤を使うの!?と感じるかもしれませんが、育毛剤に頼るのはとても賢い選択です。
育毛剤には毛髪の成長を促進する成分が含まれており、また薄毛の原因となるものを抑制する成分が含まれています。
薄毛になってしまってからより、なり始めた頃に使ったほうが効果を感じやすいのだそうです。
最近は男女問わず使用していますし、年齢も若い人も使っていたりします。
恥ずかしからず育毛剤という選択肢を選んでみてはいかがですか?

今から早めの対策を!!

今回は高校生のハゲ予防と薄毛改善法について解説してきました。

予防法と改善法は即効性のものではなく、根気強く行うと結果がついてくるものです。
コツコツ積み重ねた行動が何十年後に現れ始めます。
薄毛になってからでは改善も大変になるので、若い今だからこそやる必要があります。
何かと忙しいでしょうが、面倒臭がらずに根気よく続けましょう!

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。