30代女性の薄毛予防!ハゲの5つの原因と改善策

xdiet-jpg-pagespeed-ic-qpn5bfply5

男女問わず、年齢と共に髪にハリコシがなくなり、量も減っていくことがあります。
特に40代、50代はその変化が著しく感じ、薄毛になってからでは改善するのにも一苦労します。
早いと30代から薄毛に悩まされたりします。
そこで、早いうちから薄毛予防が必要になります。
今回はハゲの原因から考える30代女性の薄毛予防を紹介していきます。

薄毛に悩む女性たち

「薄毛」と聞くとつい男性のハゲ頭を想像してしまいませんか?
実は近年女性も薄毛に悩まされている人が多くなっています。
しかし、男性の薄毛と違い完全にハゲるケースは少なく、薄くなるとかハリコシがないとかそういう悩みが多いのが特徴です。
また、薄くなると2度と生えなくなるのではと心配する声もありますが、女性の薄毛には原因に沿った対処法があり、またそれを予防する方法もあります。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

では、一体なぜ薄毛になってしまうのか?
そこには女性ならではの原因がありました。

女性の薄毛の原因

①加齢

女性ホルモン「エストロゲン」は、30代で減少を始めます。
加齢に伴いエストロゲンは減少すると体調など様々な所に支障をきたします。
更年期障害もその一つで、最近はプレ更年期と言われる30代からの更年期に似た症状が表れる人もいます。
このエストロゲンは減少すると、ヘアサイクル乱れさせ薄毛になると言われています。

また、女性は妊娠・出産をします。
出産は薄毛の原因とされており、これもエストロゲンが関係しています。
妊娠中は赤ちゃんに栄養を取られますが、エストロゲンなどの女性ホルモンで髪の成長期を維持します。
しかし、出産すると一気に女性ホルモンが減ることがあり、髪は休止期に入るのだそうです。
その結果、ヘアサイクルが乱れ薄毛になっていくと言われています。

②栄養不足

xdiet-jpg-pagespeed-ic-qpn5bfply5

(出典: http://bi-plus.net/diet/super-light-eater-method/
日本の女性は痩せすぎと言われるように、少し栄養失調気味な所があります。
その原因は多くの女性が経験するダイエットです。
痩せたいからと言う思いで、「野菜だけ摂ればいいや」とか極端に食事の量と回数を減らす人がいます。
これはかなり間違っていて一時的に体重が落とせたとしてもすぐにリバウンドしてしまうのと、薄毛の原因になります。
栄養を取るためには、必ず食べたり飲んだりしなければなりません。
食べなければ髪にも栄養が届きません。
間違った食事は体だけではなく髪にも十分な栄養が行き渡りませんので、へサイクルを乱れさせ薄毛になる可能性があります。
無理なダイエットはホルモンバランスにも影響しますので注意です。

③ストレス

wysiwyg_339f6364e557c414bcc7

(出典: https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/11889/images?page=1
現代の女性は仕事・育児・家事・介護・人間関係などやることが多くストレスが多いのは事実です。
ストレスは自律神経系交感神経を緊張させ血管を萎縮させます。
そうすると、頭皮への血行が悪くなり髪に必要な栄養が送れなくなることでヘアサイクルが乱れ薄毛になります。
ストレスは長く続くことが多くためこまめに発散も必要です。
薄毛の原因として見逃せないものの一つです。

④ヘアスタイル

女性は髪型によって気分が左右されると言ってもおかしくはありません。
少しの白髪やプリン状態(根元が黒く毛先が明るい状態)、ボリュームがないだけで気になって仕方ありません。
パーマやカラーをしている人は多いと思いますが、過度にやり過ぎることで髪のダメージになり細く見えたりします。
2~3ケ月周期で行うならまだマシですが、2~3週間のペースで行う人もいます。
薬剤に配合されているアルカリ剤や酸化剤などの刺激が頭皮に加わることで薄毛の原因になりかねません。

そして、長く伸ばしていると縛ることが多いと思いますが、これも毎日続けると頭皮に負担がかかり薄毛になってしまいます。
生えぎなどがハゲて見えたりしますので、注意が必要です。

⑤ヘアケア

1c7979a20bb4dbf0d529588ce2c7a0fe

(出典: http://josei-bigaku.jp/shitehaikenaiheakea97589/
昔から「髪は女の命」と言われるように女性は髪をとても大事にします。
髪を大事に扱うことはとても良い事ですが、1日に何度もシャンプーしたり、合わないシャンプーを使っていることでフケ・カユミの原因や皮脂のバランスが崩れ薄毛になることがあります。
必要以上に皮脂が多かったり、逆に乾燥しすぎることで頭皮の環境が崩れ薄毛の原因になります。

また、正しいシャンプーをしている人はどのくらいいるでしょうか?
シャンプーのやり方も間違っていると薄毛の原因になります。

薄毛の予防策

女性の薄毛の原因をご理解頂けましたか?
では、予防策はどうしたらいいのでしょうか。
それは、原因となることを改善してあげればいいのです。
では、予防策を紹介していきます。

バランスの良い食事をする

まずは最重要で見直すことは食事です。
確かに太り過ぎは体に良くないこともありますので、ダイエットが必要でしょう。
しかし、あなたの体よく見てください。
本当にダイエットの必要がありますか?
意外と必要ないのに痩せようとする人は多いです。
痩せすぎは反って異性からすると魅力的に感じません。

バランスの良い食事とは「炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル」をバランス良く摂ることです。
全て人間にとって必要な栄養素です。
巷では炭水化物抜きダイエットが流行っていますが、炭水化物は筋肉を動かすために必要で筋肉は代謝を上げてくれます。
代謝が上がる事で太りにくい体になります。
筋トレなどを行うとより効果的になります。
人間にとって適度な炭水化物も必要なのです。

また、タンパク質は毛髪の元になる成分ですし、脂質は肌や毛髪のツヤには必要です。
ビタミン・ミネラルは毛髪が成長する助けとなります。

このようにそれぞれの栄養素は毛髪に対して効果的な働きをしてくれます。
30代女性は仕事や育児などとても忙しく中々バランスの良い食事を摂るのが難しい人もいます。
しかし、予防法としてまずは食事を見直しましょう!

ストレスを発散する

ストレスと思って甘く見てはいけません。
今やストレスは薄毛以外にも様々な病気を引き起こすことが分かっています。
ストレスにより重篤な病気にもかかる可能性があります。
30代女性は仕事と家事と育児を両立している人も珍しくありませんが、充実している一方で知らずにストレスを感じていることが多いです。
自分ではストレスに感じていないことも実はかなりのストレスになっていることもあり、知らず知らず蓄積されます。
そうなる前に自分なりのストレス発散方法を見つけましょう。

映画を見る、音楽を聴く、カラオケに行く、ショッピング、友人とのおしゃべり等。
人によって様々だと思いますが、薄毛だけではあなく体のためにも必ず発散方法を確立しておきましょう。

パーマ・カラーの頻度を見直す

こんな女性がいました。
「白髪が少しでも生えると気になってしょうがない」
そのため、2週間に一回白髪染めをするのだそうです。
これは50代女性ですが、30代女性も白髪がちらほら目立ってくる年齢です。
おしゃれのためにマメにパーマをかけたりします。

高頻度のパーマやカラーは髪と頭皮にとって良くありません。
薬剤の刺激が確実に薄毛の原因となります。
年齢と共に白髪が出てくる人もいるでしょう。
ボリュームが減ってペタンとする人もいるでしょう。
その際のパーマやカラーは改善方法として手っ取り早く効果的ですが頻度には注意です。
カラーは早くても1か月おき、パーマは2か月くらいが良いです。
パーマの場合は取れてきてもボリュームが出るようにカットやスタイリングが可能です。
カラーは2か月もすると白髪や黒い部分が目立ちますので、せいぜい我慢できて1ケ月と言ったところでしょう。

頭皮や髪にためにも一度頻度を見直しましょう!

正しいシャンプーをする

シャンプーの仕方は自信満々に正しいと言えますか?
意外と間違ったシャンプーをしがちで、それが薄毛の原因となります。
毎日のことで作業になりがちなシャンプーですが、正しいシャンプーの方法をご紹介します。

① ブラッシングをする

濡らす前に必ずやった方が良い事で、絡まりがあるとシャンプーの際に無理な力が加わり抜け毛や切れ毛の原因となりますので髪を整えておきましょう。
ホコリを取ることができますので、その後の工程がスムーズになります。

② ぬるま湯で素洗いする

単に濡らす作業になっている場合が多いですが、ここでは濡らすと言うより、素洗いと言ったほうが良いかもしれません。
お湯は熱過ぎず、ぬる過ぎず38℃位のお湯を頭皮から濡らし、指の腹でマッサージしながら洗っていきます。
ここをしっかり行うと皮脂汚れやホコリなどがほとんど落ちますので、その後のシャンプーの泡立ちも良くなります。
濡らすだけの作業にならないように丁寧に、最低2〜3分行いましょう。

③ シャンプー剤をつける

軽く水気を切ってから、いよいよシャンプーです。
まずは手の平で泡立ててから、頭皮につけていきましょう。
直付するとシャンプー剤が集中的に塗布されてしまうので、その後のすすぎ残しの原因となり、炎症やかゆみなどの症状となって現れます。
一番洗わなければならないのは頭皮ですから頭皮を中心に付けていきましょう。

④ マッサージする

爪は立てずに指の腹を使ってマッサージしていきます。
爪を立てたほうが気持ちいいという人や汚れが良く落ちそうと勘違いする人がいますが、それは頭皮を傷付け皮脂の分泌が余計に出てしまう可能性などがあります
結果的に頭皮環境の悪化に繋がります。
手はバスケットボールなどの大きなボールを持つようにして、ジグザグに動かしたり、円を描いたりしながら行うとリズミカルにマッサージしていきます。
全体にまんべんなく行い必ず洗い残しのないようにしましょう。

気持ちよさのあまり2〜3分行う人もいますがマッサージは1分位で構いません。

⑤ すすぐ

シャンプー後のすすぎですが、ここも非常に重要となります。
基本的には最初のすすぎと同じですが、シャンプー剤のすすぎ残しが無いように時間をかけてすすぎましょう。
すすぎ残しがあると頭皮の炎症やかゆみとなりそれが毎日蓄積されることで、抜け毛の原因となります。
そして、指すすぎ時に指の腹を使ってマッサージすることで血行促進や毛穴の汚れやシャンプー剤のすすぎ残しもなくなります。

⑥ トリートメントを付ける

男性だとトリートメントを付けない人もいますが、女性の場合ある程度の長さがあると思いますのでトリートメントを付けましょう。
トリートメントには毛髪保護成分や補修効果のある成分が豊富に配合されています。
頭皮というより毛髪にとっては大切なもので、きしみや指通りも良くなります。
頭皮など根本は健康的な髪だと思いますので、付けるのは傷んでいる中間から毛先を中心につけましょう。
根本につけると逆にボリュームダウンさせて仕上がりがペタッと潰れて仕上がる可能性があります。

⑦ すすぐ

これで最後のすすぎです。
トリートメントのすすぎも気を抜かずにすすぎましょう!
ただ、流しすぎるとトリートメントで得られる指通りを感じなくなるので、シャンプーのすすぎほど時間はかけなくても適度にすすぎましょう。
根本についていないので頭皮に残ることはほとんどないですが、体の方にすすぎ時にトリートメントが残ることがあるので体の方も注意しましょう!

髪を下ろす日を作る

髪をアップなど上げてばかりいるとそれがハゲの原因となります。
これは牽引性脱毛症と言う症状で上げたり縛ったりすることで頭皮に負担がかかりハゲてしまうそうです。
長くて邪魔だとつい上げたりしてしまいがちですが、時々下ろすようにしましょう。

今から予防を!

「薄毛になるわけがない」や「まだまだ先の話だし」なんて言っていたら、気付いたときにはもう遅いかもしれません。
毎年インフルエンザが流行りますが、流行の前に予防接種する人もいると思います。
全くかからないわけではないですが、軽度で済む場合が多いそうです。
薄毛も今のうちから予防しておけば、薄毛になる確率を抑えられたり進行が遅くなるかもしれません。
予防しておいて安心しながら歳を重ねたいものです。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。