薄毛には「ビタミン」が効く!それぞれのビタミン解説

vitamin-kami-1

髪の毛は、漢方医学で血餘(けつよ)と呼ばれているように、血の余りにより生成されています。このために、栄養状態に余裕がある場合は健やかに成長しますが、そうでない場合には抜け毛の増加などのトラブルが発生しやすくなります。つまり、薄毛の予防や改善のためには、食事による栄養補給は非常に重要ということです。

その中でも特に摂取を心掛けなくてはならないのが、様々な種類があるビタミンという栄養素です。そこで、今回は薄毛に効くビタミンをピックアップして紹介することにします。

(出典:http://xn--e-pi2bo28b76oh5l.com/wp-content/uploads/2015/11/vitamin-kami-1.jpg

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

薄毛に効くビタミン1.ビタミンA


(出典:http://blog-imgs-48.fc2.com/a/t/o/atokiku/800pxRetinolvg.png

ビタミンAの内容

ビタミンAは、脂溶性ビタミンの一種で、化学的にはレチノイド(retinoid)と呼ばれています。目や皮膚、粘膜の健康を維持する働きがあり、不足すると視力が低下したり、細菌やウィルスに感染しやすくなるなど不安定な状態となります。このために、これらの症状を改善するための治療薬としても使用されており、その中でもOTC医薬品のチョコラADとニキビ外用薬のディフェリンは広く知られています。

ちなみに、厚生労働省ではμg単位での年代ごとのビタミンAの食事摂取基準を作成しています。


(出典:https://hfnet.nih.go.jp/usr/wadai/vitaminA-8-2.jpg

ビタミンAの育毛効果

ビタミンAによる皮膚の健康を維持するという作用は、髪の毛に対しても発揮されます。これは、髪の毛も上皮組織の一種
だからで、丈夫な状態をキープするためには必要不可欠な栄養素です。さらに、頭皮の保湿や抗酸化作用などもあるので、薄毛や抜け毛を予防する効果を期待できます。

ただし、過剰摂取した場合には栄養障害を引き起こし頭皮が硬くなるので、抜け毛の増加や軟毛化といったトラブルを引き起こすことになります。このために、かなり取り扱いが難しいという一面も持っており、注意して摂取しなければなりません。

なお、ビタミンAを豊富に含んでいる食品は、肉類では豚や鳥のレバー、野菜類では人参やかぼちゃなどが代表的です。ちなみに、植物性食品に含まれているカロテンは、体内で必要な量だけビタミンAに変化するという性質があるので、過剰摂取になる心配はありません。このために、育毛を目的にビタミンAを摂取する場合は、緑黄色野菜を食べるのが安全でオススメです。

薄毛に効くビタミン2.ビタミンB群


(出典:https://nestle.jp/wellness/kids/CMS/Resources/kids/mama/images/check/details/v-b_img1.gif

ビタミンB群の内容

ビタミンB群は、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB3(ナイアシン)・ビタミンB5(パントテン酸)・ビタミンB6・ビタミンB7(ビオチン)・ビタミンB9(葉酸)・ビタミンB12の8種類の栄養素総称で、ビタミンB複合体とも呼ばれています。いずれも水溶性のビタミンで不要な分は尿として排出されるので、過剰摂取による副作用の危険はありません。ただし、その代わりに備蓄することもできないので、毎日摂取する必要があります。

ビタミンB群の育毛効果

ビタミンB群の内で育毛に効果的なのは、毛母細胞を活発化させて頭皮環境を正常化するビタミンB2、髪の毛の原料となるケラチンの形成をサポートするビタミンB6、コラーゲンの生成をサポートし髪の毛を太く成長させるビオチン、毛細血管を強化し頭皮環境を正常化するビタミンB12の4種類です。

ただし、ビタミンB群は、それぞれが助け合いながら作用するので、8種類すべてをバランスよく摂取するのが適当です。ちなみに、複数の種類のビタミンB群を含有している食品は、牛乳や卵、レバー、大豆、海草、野菜などがあります。

薄毛に効くビタミン3.ビタミンC


(出典:http://themeupgo.com/wordpress/wp-content/uploads/2015/11/vitaminc07.jpg

ビタミンCの内容

ビタミンCは、水溶性ビタミンの一種で、化学的には L-アスコルビン酸のことです。生体内の活動において多様な場面で重要な役割を担っており、特に美白や美肌など見た目に関する様々な問題を改善する効果を発揮します。このために、美容のビタミンとも呼ばれており、美容液や化粧品などの色々なスキンケア商品に配合されています。

なお、ビタミンCが不足すると疲れやすくなるうえに免疫力が低下するので、貧血や感染症になりやすくなります。また、水溶性のビタミンということから大量に摂っても副作用の危険はないので、毎日積極的に摂取するのが適当です。ちなみに、摂取基準は以下の表のようになります。


(出典:http://chlostanin.co.jp/06Wa_news/2013/imgs2013/2013_07/p4_childwind02.jpg

ビタミンCの育毛効果

美容のビタミンとの異名をとるビタミンCは、育毛に関しても様々な効果を発揮します。具体的には、血行と細胞分裂を活性化する作用による発毛の促進、老化の原因物質活性酸素の働きを抑制することによる頭皮環境の正常化、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの潤い成分を増加する作用による髪の毛のサイズアップなどです。つまり、太くて長い髪の毛の成長をサポートすると共に、その土壌である頭皮の若々しさを保つということになります。

また、髪の毛に対しての直接的な作用ではありませんが、ビタミンCは神経伝達物質のドーパミンやアドレナリン、副腎皮質ホルモンの合成に関与しているので、ストレスを緩和する効果があります。このために、ストレスが原因の脱毛症に対しては、根本的な原因を改善する作用を発揮します。

なお、ビタミンCはレモンやオレンジなどの柑橘類のフルーツに豊富に含まれていることが広く知られていますが、熱に弱いなど壊れやすい性質を持っています。このために、高速回転のジューサーで絞ってジュースにするとほとんどなくなってしまい、十分な量を摂取することが出来ません。

また、酸っぱいのが苦手という人にとっては、丸ごと食べるのはかなりの苦痛を伴います。そこで、オススメなのがジャガイモやサツマイモなどのイモ類です。これらに含まれているビタミンCは、でんぷんにより守られているので、加熱しても損失しにくいという特徴があります。ちなみに、イモ類のビタミンCの含有量はオレンジとほぼ同レベルなので、必要摂取量を無理なく上回ることが可能です。

薄毛に効くビタミン4.ビタミンD


(出典:http://www5c.biglobe.ne.jp/~ecb/chem/pic/07_06_02.gif

ビタミンDの内容

ビタミンDには、きのこなど植物性食品に含まれるエルゴカルシフェロールと動物性食品に含まれているコレカルシフェロールに対しての総称で、脂溶性に分類されているビタミンの一種です。また、紫外線を浴びることで体内で合成できるという特徴があるので、太陽のビタミンとも呼ばれています。

なお、化学名をカルシフェロール(calciferol )と名付けられているように、カルシウムの働きに深く関与しています。ちなみに、この栄養素の食事摂取基準量は以下の表の通りです。

(出典:http://midorimushi-family.jp/blog/wp-content/uploads/2015/08/vitamin-d.jpg

ビタミンDの育毛効果

ビタミンDは、骨や歯を丈夫にする栄養素として知られていますが、これはカルシウムの吸収を高める作用によるものです。これにより、免疫力が向上するので、ストレスによる抜け毛を防止します。つまり、直接的に頭髪に働きかけるというわけではありませんが、薄毛に対しての予防的な効果を期待できるということになります。

薄毛に効くビタミン5.ビタミンE


(出典:http://vitamin.bod777y.net/wp-content/uploads/2015/04/151995725_%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3E.jpg

ビタミンEの内容

ビタミンEは、脂溶性ビタミンの一種で、化学名はトコフェロール(tocopherol)といいます。これは、ギリシア語で子供を産むという意味のTocosと、力を与えるという意味のpheroという言葉を合わせたもので、1922年にアメリカ合衆国の科学者により妊娠に効果的な物質として発見されたことが名前の由来となっています。

なお、ビタミンEは脂溶性なので体内に備蓄されるために、通常の食生活を送っている限りは欠乏症になることはほとんどありません。また、一方で食品から摂取している限りは過剰症にはなりにくいとも考えられています。ちなみに、厚生労働省による2,015年版でのビタミンEの食事摂取基準量は次の通りです。

(出典:http://www.vitamin-mineral-navi.info/img/e-6.jpg

ビタミンEの育毛効果

ビタミンEの最大の特徴は、活性酸素の働きを阻害する強力な抗酸化作用を発揮するということです。ちなみに、活性酸素は本来は外部から侵入してくる細菌やウィルスから防御するという役割を担っているのですが、この内の一部は正常な細胞にまで攻撃を加え酸化させます。これにより、病気や老化などのトラブルを引き起こす原因となります。頭皮や毛包内部の細胞組織が老化すると、髪の毛にも当然悪影響が及ぶことになります。

なお、薄毛は年齢を重ねるごとに発症頻度が増加する症状で、基本的には老化の一種と考えられています。このために、老化を防止するビタミンEは、根本的な問題を改善する効果を期待できます。このように、老化により発生する確率が高くなる問題を事前に予防することはアンチエイジングと呼ばれているので、ビタミンEによる薄毛の改善はエイジングケアの一種ということになります。

まとめ

このように、ビタミンには髪の毛に対して様々なメリットを見込めるので、食生活に取り入れることにより薄毛の危険を遠ざける効果を期待できます。ただし、過剰摂取により逆に薄毛の危険を高めるビタミンAのようなケースもあるので、正確な知識に基づいて実践しなくてはなりません。

また、ビタミンが髪の毛に良いからといって、それだけに偏るという食生活も適当ではありません。たんぱく質・炭水化物・脂肪の三大栄養素を不足しないように摂取したうえで、ビタミンも補給するというのが基本です。特に、たんぱく質は髪の毛の材料となる栄養素であり、十分に摂取しなくてはなりません。摂取量の一応の目安は体重と同じグラム量で、体重が60㎏の場合はたんぱく質60gが必要ということです。

このように、トータルの栄養バランスを考えた食生活を送ることにより、髪の毛だけではなく健康状態全体が改善することになります。ただし、短期間で見違えるような効果を得られるわけではないので、焦らずに続けていくようにしましょう。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。