女性の生え際の薄毛の原因とは? 〜改善対策まとめ〜

このところ増加している女性の薄毛は、形態や原因はかなり多様で、AGA一辺倒の男性の症状とは異なっています。これは、生え際の薄毛に関しても同様で、改善するためには男性とは違うアプローチが必要となります。そこで、どの様な対策が必要なのかについて、原因と共にご説明します。

(出典:http://up.gc-img.net/post_img_web/2014/07/354dc90f6fd8505febd3e3d6e78cb9c1_727.jpeg

生え際の薄毛の原因

生え際の薄毛は、AGAの典型的な形態で、中年男性に多く見られるのが特徴です。これは、悪玉男性ホルモンのDHTが毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターと結合することにより、脱毛因子のTGF-βが誘導されてしまい、ヘアサイクルにおける成長期が短縮されることで進行するので、男性ホルモン型脱毛症とも呼ばれています。

ちなみに、DHTは男性ホルモンのテストステロンとⅡ型5αリダクターゼという還元酵素が結合したことにより、生産される物質です。Ⅱ型5αリダクターゼは、生え際から頭頂部にかけての毛根内部に分布しているので、AGAの薄毛はこの範囲に発症することになります。つまり、M字ハゲやO字ハゲと呼ばれる男性の薄毛の大部分はAGAということになります。

なお、AGAは男性特有の症状というわけではなく、女性でも発症することが確認されています。これは、テストステロンやⅡ型5αリダクターゼ、DHTなどのAGAに関与している物質は、女性の体内にも存在しているからです。この女性のAGAは、女性型男性ホルモン型脱毛症という意味で、FAGAと呼ばれています。

ただし、女性の生え際の薄毛の全てがFAGAというわけではありません。近年特に増加しているのは、牽引性脱毛症と呼ばれている症状です。そこで、この節ではFAGAと牽引性脱毛症について説明していくことにします。


(出典:http://mabuta-front.qwtt.jp/case/czb6j447tbd3zbqq/485a47deae7b946e183f0ba6b72268a7/400.png

FAGA

女性が男性と比較して薄毛になりにくい理由は、女性ホルモンのエストロゲンの作用によるものです。この物質は、美のホルモンとも呼ばれており、潤い成分のヒアルロン酸やコラーゲンの生成を活性化する作用があるので、髪の毛にハリと艶をもたらすことになります。

また、エストロゲンには髪の毛の寿命を引き延ばす作用もあるので、ヘアサイクルにおける成長期が男性が3年~5年なのに対して、女性は4年~6年と長くなっています。これにより、緑の黒髪と表現されるように丈夫な状態をキープしたままで長く成長することになります。

ところが、何らかの原因でエストロゲンの分泌量が低下してしまうと、このような状況は一変します。さらに、これに加えて母方の祖父から脱毛遺伝子を受け継いでいた場合は、髪の毛の成長期が短くなってしまい、長く伸びることなく抜け落ちてしまうことになります。これが、FAGAと呼ばれている症状の基本的な仕組みです。

なお、女性の場合はⅡ型5αリダクターゼが広い範囲の毛根に分布しているので、DHTが生産される場所は頭部全体に広がっています。このために、男性のAGAのように、必ずしも生え際から頭頂部までの範囲に限定して発症するわけではありません。

ちなみに、男性のAGAに対して効果を発揮する飲む育毛剤のプロペシアは、FAGAに対しては処方されることはありません。これは、海外で実施されたランダム化比較試験により無効であることが明らかになっているからです。

(出典:http://woman-ikumo.com/wp-content/uploads/Naomi-Campbell.2jpg.jpg

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、ポニーテールや編み込み、三つ編みなど頭皮に負担がかかるヘアスタイルが原因で進行する薄毛のことです。特に、同じ髪型を長時間続けていると要注意で、負担を受けた部分の髪の毛が抜けやすくなります。これは、髪の毛が引っ張られたことにより頭皮が緊張して血液循環が悪化し、発毛に必要となる栄養素を供給することが出来なくなるからです。

また、髪の毛が引っ張られることで、単純に抜けてしまうケースもあるのですが、このような原因での抜け毛は自然に抜けたものとは違い、成長や生え変わりに関与している毛包内部の細胞組織にまでダメージを及ぼすことがあります。特に、毛根へのダメージが強い場合は、髪の毛が生えなくなってしまいます。

つまり、牽引性脱毛症は毛根への負担が根本的な原因の薄毛ということです。このために、髪の毛を引っ張らなくても、起こることもあります。なお、負担を受けた部分の髪の毛が抜けてしまうので、生え際以外の部分が薄毛となるケースも少なくはありません。

(出典:http://www.kamiyutaka.com/wp-content/uploads/2014/11/Gaga.jpg

生え際の薄毛への対策

生え際の薄毛の進行を防ぐためには、適切な対策を取らなくてはなりません。女性の薄毛は男性とは異なり、毛根が機能を喪失することはほとんどないので、いわゆるハゲと呼ばれる状態にまで進行することはほとんどありませんが、それでも見た目のイメージは大きく変わってしまいます。そこで、この節ではFAGAと牽引性脱毛症の進行を防ぐための対策について、それぞれ紹介することにします。

(出典:http://konatoki.com/wp-content/uploads/2014/06/443x271xFotolia_33863059_XS.jpg.pagespeed.ic.LsSr5KWv5I.jpg

FAGA対策

FAGAは、エストロゲンの分泌量の低下が根本的な原因であり、ホルモンバランスの乱れによる症状です。このために、健康状態を改善するということが、基本的な対策となります。これにより、女性ホルモンが優位な状態に回復すれば、DHTの生産量は抑制されるので、狂わされていたヘアサイクルも元の状態に戻り、薄毛が改善されるという結果へとつながります。

なお、FAGAへの対策の方向性としては、中年以降の女性の多くが悩んでいる更年期障害に対してのアプローチと同じです。具体的には、ホルモンバランスを調整する効果があるプラセンタサプリの利用や鍼灸治療などがあります。これらにより、身体の内側の
状態を改善することで、根本的な問題が解消されることになります。

(出典:http://www.ueda-sekkotu.com/_p/5480/images/pc/58dcff92.jpg

牽引性脱毛症対策

牽引性脱毛症は、100%外的な要因により進行する症状で、身体の内側に問題があるわけではありません。このために、この症状に関しては食生活の見直しなどの生活習慣の改善ではなく、頭皮への負担を如何に少なくするのかが重要なポイントとなります。髪の毛を引っ張るようなヘアスタイルをしている場合は、すぐに止めなくてはなりません。

そして、次に行うのは頭皮の血行の改善です。頭皮の血液循環が良化することで毛乳頭細胞に栄養素を恒常的に供給できるようになり、毛母細胞の分裂が活性化して発毛が促進されることになります。具体的には、血液循環を活性化する成分を配合した育毛剤や、頭部のツボを刺激する頭皮マッサージなどの方法が効果的です。

ちなみに、初期の段階で適切な対策を実施すれば大体1年程度で、髪の毛はかなりの状態まで回復します。まずは、無理のないヘアスタイルに変えるということが、育毛に向けた第一歩となります。

(出典:https://rank.cd-cdn.com/image/upload/w_345,c_limit,a_exif/rankingshare-0b1ee5904cb311e6a8b406e0b9b52e4f4bc054dfd42beb351a.jpg

生え際の薄毛を改善する方法

女性の生え際が薄毛になる原因と進行を防ぐために何をすれば良いのかということは、お分かりいただけたと思います。この節では、さらに踏み込んで薄毛を改善する具体的な方法について説明していくことにします。

(出典:http://www.sakuraaz-aga.com/women/img/effects02.jpg

パントガール


(出典:http://agahair.net/wp-content/uploads/2016/06/mv.jpg
最初の方でも述べましたが、FAGAに対してプロペシアが有効でないように、薄毛治療の内服薬は男性を対象としたものが大部分を占めています。そんな中で、唯一存在感を発揮しているのが、ドイツで開発された世界初の女性用薄毛治療薬パントガールです。

この内服薬は、女性の薄毛を改善するために、たんぱく質やビタミンB群、特別な構造のアミノ酸などの豊富な栄養素が配合されており、身体の内側の状態を改善します。これにより、髪の毛の成長を刺激して、薄毛と髪質の両方が改善されることになります。

なお、パントガールは特定の脱毛症だけを対象としているわけではないので、様々な症状に対して有効です。ただし、健康状態を改善することにより薄毛を治すという方向のアプローチのために、内的要因で進行するFAGAに対しては特に効果を期待できます。ちなみに、白髪の防止やもろくなった爪を修復する成分も配合されているので、様々な美容効果を享受できます。

リアップジェンヌ


(出典:http://image1.shopserve.jp/e-katorea.com/pic-labo/rejenne.jpg?t=20111229155516
薄毛を改善するための多種多様な方法の中で、発毛を促進するという点で最も高く評価されているのがミノキシジルという成分です。2,010年に日本皮膚科学会が作成した男性型脱毛症(AGA)診療ガイドラインの中でも、外用治療における第一選択薬として強く推奨できると高く評価されています。

なお、ミノキシジルはアメリカで開発された成分で、元々は高血圧の治療薬として使用されていたのですが、脱毛症に対しての改善効果が確認されたことで、薄毛の治療薬に転用されることになります。このような経緯で誕生したのがロゲインで、現在では世界90か国以上で販売されています。

このロゲインの日本版のような位置づけの育毛剤が、大正製薬が提供しているリアップです。この商品は、壮年性脱毛症を対象とした第一類医薬品に分類されています。ちなみに、壮年性脱毛症とは、主に30代以上のAGAのことです。

リアップジェンヌは、女性用に提供されているリアップで、ミノキシジル濃度を1%に下げていることが特徴の商品です。こちらもリップと同様に、第一類医薬品に分類されており、女性の壮年性脱毛症、つまりFAGAを対象としています。

ちなみに、パントガールとは作用機序に違いがあるので、併用することが出来ます。身体の内側と外側から発毛を促進することにより、さらに効果を引き出すことが可能となります。

まとめ

このように、女性の生え際の薄毛を改善するための方法はいくつか用意されています。また、医療機関での治療も行われているので、専門家の診断を受けることが可能です。このために、それほど深刻に悩む必要はありません。適切な内容の対策を行うことにより薄毛は改善できるので、心身に負担をかけずに取り組むようにしましょう。

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。