湯シャンで抜け毛が治るのは都市伝説?科学的に徹底検証

今回は湯シャンというものについて調べていきます。

湯シャンは、「タモリ式入浴法」として紹介された、石鹸を一切使わない入浴法の一つとしても話題になりました。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

ローラや福山雅治も実践していて、薄毛や肌荒れ、乾燥肌の改善に効果があるということで、気になっている方は多いのではないでしょうか?

そもそも湯シャンってなに?

シャンプーやコンディショナーを使わず、お湯(36〜38度)だけで丁寧に洗髪することです。シャンプーでの洗髪は皮脂を取りすぎてしまい頭皮に負担がかかるのです。洗髪前にブラッシングをするとさらに良いです。

本来は水だけでも洗浄力はあるので、垢やホコリなどは落ちます。ただ皮脂は水に溶けづらい性質の為、ぬるま湯(33℃〜35℃)で洗うことで皮脂を溶かして洗い流してくれます。

引用http://womagazine.jp/1235

要するにお湯のみで髪を洗うということです。

シャンプー、コンディショナー、トリートメントなどあらゆる化学的製品の使用を取りやめ、肌本来の力を引き出すための方法と言えます。

さらに本格的に湯シャンを行いたい方は、お酢、もしくはクエン酸で地肌を洗い、乾かした時のギシギシ感を軽減させると良いでしょう。

お酢の場合は匂いが独特のため、クエン酸の方がオススメです。

肌質・季節別の湯シャンポイント

乾燥肌の人向けの洗い方ポイント

普段から頭皮が乾燥しがち…という人は低めの温度で洗い流すようにしましょう。高い温度で洗い流すと乾燥がすすみ、かゆみやフケの牽引になるので注意が必要です。

お湯の温度を低めにしても乾燥が気になるようであれば、洗う時間を短くするなど調整してみてください。

脂性肌の人向けの洗い方ポイント

どうしても頭皮がベトベトして気持ち悪い…という人は少しずつお湯の温度を上げて洗い流すようにします。ただし、温度が高過ぎると脂を落としすぎることになってしまうので注意してください。

続けていくうちにベタベタ感がなくなってきたら、徐々に温度を下げましょう。

季節に合わせた洗い方ポイント

夏場は汗をかきやすく頭皮も汚れやすいので、毎日洗います。夏の洗髪はできるかぎり水に近い温度の“ぬるま水”で洗い、低温の洗髪に慣れましょう。

逆に冬場は頭皮が乾燥しやすくなるので、洗う回数を2~3日毎にしましょう。それでも乾燥が気になるようであれば、少し低めの温度で洗うようにしましょう。

引用:https://vi-ve.jp/116117

このように、肌質やその季節によっても湯シャンのやり方は微妙に異なってくるので注意が必要です。

湯シャンの目的は、シャンプーで落としすぎてしまう皮脂を取り戻し、肌本来の油分やバリア機能を復活させることです。

そうすることで地肌が健康になり、これまで皮脂分泌のために使われていた栄養分が髪に回るようになり、新しく健康的な髪が生えてくると言われています。

ではそんな湯シャンのメリット・デメリットを見ていきましょう。

湯シャンのメリットは?

Young woman washing her hair sitting in bathtub.

出典

http://matome.naver.jp/odai/2142537933985711101

実際に湯シャンをすると、具体的にどんな効果が期待できるのでしょうか。

・髪がサラサラつやつやになる
・髪にハリやコシが出てボリュームアップが期待できる
・抜け毛が減った
・頭皮の脂性が改善された

引用http://ikumou-life.com/shampoo/4465/

以上のようなメリットになります。

ただし、このような効果を実感するまでには約半年から3年ほどかかります。

なぜなら、それまでシャンプーを使うことによって過剰に分泌されていた油分が正常に戻るまでの時間がかかるからです。

そのため初めの方は、髪のベタベタ感を感じることになりますし、湯シャンの日とシャンプーの日を交互に繰り返す場合はさらに効果を実感しにくくなります。

 

湯シャンのデメリットは?

スタイリング剤が使えない:さすがにワックス等はお湯だけの洗髪では洗い流すのは厳しいです。男にとってこれはかなりきついって方も多いと思います。

ホコリがつきやすい:シャンプーしてリンスすると髪はサラサラなのでホコリがつきにくいらしく、湯シャンのみだとホコリがつきやすいとのこと。

よく洗わないとべたつく、臭い:特に髪の長い女性でこのデメリットが多く書かれていました。ショートの人に比べて洗い残しの可能性が高くなるそうです。

人に言いづらい:湯シャン=汚い、ケチ、身なりに気を遣っていない、というイメージがあるようで人には言いづらいようです。

引用http://nyu-su01.com/688.html

などなど、デメリットもあるようです。

また、特に普段からフケの多い人は、脂漏性皮膚炎の可能性があるため、シャンプーの抗菌効果がなくなるとさらに悪化する恐れがあります。

頭皮に違和感を感じた場合は、皮膚科医に相談した上で徐々に湯シャンを取り入れていく必要があります。

a beautiful girl standing at the shower

出典http://woman.type.jp/wt/feature/439

湯シャンとはシャンプーを使わずに洗うこととなりますが、メリットデメリットがもちろんあるようです。

では、シャンプーを使う場合と使わない場合では何が異なるのでしょうか?

シャンプーのメリット

シャンプー(英: shampoo)は、頭髪および頭皮を洗浄するための洗剤である。シャンプーの形状には粉末、固形、ペースト、液状などがあるが、現代ではほとんどが後者のものである。原語はヒンズー語で「マッサージをして頭皮、毛髪を清潔に保つ」である。
また、洗髪自体を「シャンプー」「シャンプーする」と言う。シャンプーで髪と頭皮を洗浄した後は、リンス、コンディショナー、トリートメントなどで髪の保護をするのが一般的である。なお、洗髪の際にはシャンプーブラシが用いられることもある。
ペット用のシャンプーもあり、この場合は頭に限定せず、全身を洗浄するものである。車の外装用洗剤を「カーシャンプー」という場合もある。

引用https://ja.wikipedia.org

ここに、「頭皮、髪の毛を清潔に保つため」とあります。

他にも最近販売されているシャンプーの中には、医師監修のもと、頭皮ケアに効果的なシャンプーであったり、髪に潤いをプラスする効果があったりと、シャンプーごとに様々なメリットがあります。

 

images

出典https://hagelabo.jp/articles/105

本来、顔のお肌もそうですが、やはり清潔な環境にしておかないと不具合が出ることが多くなってしまいます。

シャンプーを使わない理由は、

湯シャンプーをする目的は本来、頭皮に残しておくべき皮脂を残し、頭皮や髪の毛が持つ本来のバリア機能を復活させることにあります。市販のシャンプーでは皮脂を取りすぎてしまうことが多く、それによって頭皮が乾燥して、かゆみなどの症状が起きます。
・頭皮の負担が減る
・頭皮が活性化する
湯シャンプーのメリットとしては頭皮の状態を健康に保ってくれます。

引用http://womagazine.jp

ということは、シャンプーの種類によってデメリットも変わってくるのではないでしょうか?

シャンプー本来の「清潔に保つ」こと、湯シャンをする理由の「皮脂を取り過ぎない」こと、臭いなどのことを考えるとシャンプー剤は必要であることをふまえると、

”湯シャンがいい”のではなく、”皮脂をとりすぎて清潔な状態を作れないシャンプーが悪い”のではないでしょうか?

やっぱりシャンプーは必要だった

シャンプーは頭皮を清潔に保つ意味でとても大事な役割を果たします。脂っぽい場合は頭皮をきれいに洗浄し、頭皮が乾燥している場合は保湿してくれます。頻繁にシャンプーをすると髪の毛は痛みますが、頭皮を清潔にしておくのは大切なことではないでしょうか。

引用https://hagelabo.jp/articles/105#item-1297

thumbnail_imasia_7192206_M

出典https://hagelabo.jp/articles/105#item-1297

以上のようにシャンプーはやはり必要なものです。

しかし!

シャンプーの中にも多くの種類があるので、自分に合ったものを選ぶこと、

そして、正しい手順でシャンプーを行うことがとても大切です!

種類別に見るシャンプーの成分

さらにシャンプーは、使われている材料によってさまざまな種類に分類されています。ここでは大きく分けて、「高級アルコール系」「石けん系」「アミノ酸系」の3つの分類と特徴についてご紹介します。

高級アルコール系シャンプー

高級と付くから値段が高いとか品質が良いというわけではありません。アルコールの分子に含まれる炭素数が多いものを高級アルコール、少ないものを低級アルコールと呼びます。

炭素数が多いものは泡立ちが良く、程よい洗浄力を持っています。一部に天然由来の高級アルコールを原料とした界面活性剤が使われている商品もありますが、多くが石油由来の高級アルコールを原料とした界面活性剤を使用しています。

石油由来の界面活性剤は、人によっては刺激が強すぎる場合があるので注意が必要です。市販されているシャンプーのほとんどがこの高級アルコール系です。

石けん系シャンプー

多くの商品に、洗浄成分として天然由来の油脂や脂肪酸にアルカリを反応させて作られた界面活性剤(石けん)が使われています。石けんは、天然由来の原料から作られることや、古い歴史をもち、人間が長く使ってきた界面活性剤であることから、石けん系シャンプーは、安全・自然志向の方から好まれています。アルカリ性で洗浄力も強く、毛穴の汚れも落としてくれますが、正しく使わないと皮脂をとりすぎるという特性も。

アミノ酸系シャンプー

前述のシャンプーと比べて刺激が弱く、頭皮にも優しい天然由来の高級脂肪酸にアミノ酸を反応させて作られた界面活性剤が使われています。肌の弱い方、乾燥しやすい髪質や頭皮の方などにオススメで、よく美容院で使われています。洗浄力も強くないので、しっかりした洗い心地が好みの方には向きません。

引用:http://www.skincare-univ.com/article/006678/

このように、シャンプーと一言に言っても、様々な種類があり、全く異なる効果があるのですね。

広告やネットの偽情報に惑わされず、自分自身で試しながら、本当に合うものを探していくことが必要です。

 

自分に合った適切なお手入れともの選びを改めて見つめ直してみてくださいね。

 

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。

コメントを残す

*