そこが知りたい】前頭部(生え際)の薄毛の原因と対策

前頭部(生え際)の薄毛は、O字ハゲと呼ばれている頭頂部の薄毛よりも治りにくいと言われています。このために、早めにきっちりと対策しなければ、取り返しのつかない状態となってしまいます。そこで、今回はどのような原因でハゲてしまうのかと、適当な対策の内容について説明していくことにします。


(出典:http://konatoki.com/wp-content/uploads/2014/08/Fotolia_52320429_XS.jpg

前頭部の薄毛の原因

前頭部の薄毛の内で、生え際が後退するタイプのものは、M字ハゲと呼ばれており、ほぼ100%を男性が占めています。これは、このタイプの薄毛は、男性ホルモン由来の物質(DHT)が原因で進行するからです。このために、この生え際が後退するタイプの薄毛のことは、男性ホルモン型脱毛症(AGA)と呼ばれています。

なお、AGAの原因物質DHTは、男性ホルモンのテストステロンの一部が変化したもので、Ⅱ型5αリダクターゼという還元酵素と結合して生成されます。このDHTが、毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合することで、脱毛因子が誘導されて脱毛指令を発信するたんぱく質が作り出されます。これにより、髪の毛の成長期が短縮されてしまうので、すぐに寿命となり抜け落ちる状態となります。

ちなみに、髪の毛の成長期は3年間から5年間程度は続くのですが、AGAの場合は半年間から1年間程度と考えられています。このような状態が繰り返し続くことにより、該当する範囲の髪の毛は短毛化と呼ばれる状況となります。さらに、DHTには皮脂腺の活動を促進する作用もあるので、毛根は常に皮脂にされされた状態となり、毛包の機能が弱まり細い髪の毛しか生えなくなります。

つまり、弱々しい髪の毛しか生えないうえにすぐに抜けてしまうということで、ボリュームは著しく不足するようになり、最終的には生え際が後退して頭頂部までの髪の毛は全部なくなってしまいます。これが、前頭部(生え際)の薄毛の原因と大体の仕組みです。

(出典:http://hsclinic.jp/img/cont/map23.gif

AGAを改善する方法

AGAは、体内で生産されている物質が原因で発症して進行するので、栄養補給や血行促進などのアプローチだけでは不十分な効果しか得ることは出来ません。何故なら髪の毛は成長が阻害されている状況となっているので、そこに栄養を与えても直ぐに抜けてしまうからです。

このために、現在行われているAGA治療は、根本的な原因であるDHTの生産を抑制するというアプローチが主流となっています。具体的には、プロペシアという治療薬による内服療法で、かなりの高確率で進行を止めることが出来ます。ちなみに、世界60か国以上でAGA治療に利用されており、その効果については国際的に承認されています。

なお、プロペシアの作用機序は、DHTの生産に関与しているⅡ型5αリダクターゼの酵素活性を抑制するという内容です。髪の毛や毛根に対しての直接的な効果は何もありませんが、これによりヘアサイクルが改善されるので、脱毛症の進行はひとまず止まることになります。

(出典:http://marikinen.jp/beauty/aga/img/img_02.gif

それでも難しい前頭部の薄毛

AGAが原因の前頭部の薄毛は、先ほど述べたように原因がわかっているうえに改善する方法も確立されています。このために、一見すると心配いらないように思えるのですが、実際にはそれほど簡単というわけではありません。特に、難しいのがハゲる前の状態にまで回復させるということです。

例えば、プロペシアは90%以上の効果が期待できるなどと言われていますが、これは厚生労働省が承認する際に1年間かけて行った臨床試験の結果を根拠としたものです。具体的には、1日1mgの投与により98%の割合で不変以上の効果が確認されています。ただし、不変とは変わらないという意味であり、大部分が改善したという結果ではありません。

また、この臨床試験に引き続き行われた比ランダム化比較試験では、さらに詳細な記録が公表されています。これは、オープン試験としてトータルで3年間投与したもので、頭頂部の写真判定では軽度進行が2.1%、進行なしが20.2%、軽度改善が34.3%、中等度改善が37.4%、著名改善が6.1%で、前頭部の場合は軽度進行が3.0%、進行なしが25.3%、軽度改善が37.4%、中等度改善が32.3%、著名改善が2.0%という内容です。ちなみに、軽度改善、中等度改善、著名改善とは、それぞれ次のような状態をさします。

・軽度改善 明確な髪の毛の成長が見られるが、薄くなった領域を被うというまでではない
・中等度改善 薄くなった領域が新たな発毛により部分的には被われているが、薄くならなかった領域と比較するとその密度は低い
・著明改善 薄くなった領域がほぼ完全に被われており、その密度は薄毛化していない領域とほぼ同等

このことからプロペシアを3年もの間毎日服用しても、薄毛を完全に回復できたのは頭頂部で6.1%、前頭部に至ってはわずか2.0%しかいなかったということになります。

(出典:http://xn--aga-vb4b7a5iwjzd6a0pqc1619ejdwb3tckz5ce8qvr3b.com/wp-content/uploads/2016/02/dermatol005.png

スポンサードリンク

それではどうすれば良いのか?

医学的根拠に基づいた最新の治療を行ったとしても、生え際の薄毛を完全に改善できるのは確率的にはわずか2%に過ぎません。このために、薄毛になってから対処したのでは遅いということで、早めに対策しなくてはならないということになります。そこで、この節では、具体的な対策について紹介いたします。


(出典:http://xn--m-cfu0du30p6cg12p.net/img/logo141223kotira.jpg

対策1.AGAドックの利用

AGAに関連しているテストステロンやDHT、5αリダクターゼといった物質は、全ての成人の体内に存在しています。ただし、全ての人がAGAになるわけではなく、50歳以降でも50%以上の人は発症しないことが判明しています。これは、これらの物質自体に問題があるわけではなく、個人々々の体質が関係しているからです。

特に、強く関係していると考えられているのが、毛乳頭細胞の内部に存在しているアンドロゲンレセプターという受容体のDHTに対する感受性です。これは、X染色体に存在している遺伝子に記されており、母方の祖父から受け継ぐことになります。ハゲは隔世遺伝などと言われるのは、この AR遺伝子が根拠となっています。

なお、このアンドロゲンレセプターの活動力についてはAGAドックと呼ばれている検査キットで調べることが出来ます。その内容は、A(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)という4種類の塩基配列を調査するというもので、C、A、Gが繰り返される特定の場所でのリピート数を調べるCAGリピート数調査と、GとCだけを繰り返す場所でのGGCリピート数調査により判定します。ちなみに、これらの数値が高ければAGAになりやすく、逆ならばなりにくいということです。

このAGAドックは、クリニックで診察を受けなくても自宅で利用することが出来ます。検査は非常に簡単で、両頬の内側を採取棒で強く20回ずつこすりつけて粘膜を採取するだけで、同封の書類と共に宅急便で返送すれば数週間後には結果が判明します。これにより、AGAになりやすいという結果が出た場合には、医療機関で治療を受けるきっかけとなります。早めの行動へとつながるので、薄毛の進行を防止します。

(出典:http://www.laminationcolony.com/wp-content/uploads/2014/12/agadog001.png

対策2.正確な現状把握

AGAは、DHTがアンドロゲンレセプターと結合したことにより、脱毛因子が誘導されて成長期が短縮するという症状です。具体的には、3年~5年は続く成長期が半年~1年程度にまで短くなってしまいます。髪の毛が長くなるペースは1か月に1cm前後なので、ザックリ言ってしまうと12cmが限界ということで、短い髪の毛ばかりになります。

また、DHTは頭皮の皮脂腺の活動を活性化する作用もあるので、皮脂が過剰な状態に変化します。これにより、毛根はダメージを受けてしまうので、サイズがミニチュア化して細い髪の毛しか生えなくなります。つまり、抜け毛の中で短い毛や細い毛が占める割合が多くなったらAGAが発症している確率が高いということで、この段階から治療をスタートするのが適当です。このように、早い段階で正確に現状把握をすることが、将来の薄毛を予防します。

(出典:http://www.bikesinside.com/wp-content/uploads/2016/01/tanshoumou1.png

対策3.育毛剤の利用

現在のAGA治療は、プロペシアの内服と共に、ミノキシジルという成分を配合した外用薬を併用するのが主流となっています。このミノキシジルは、アメリカで開発された成分で、元々は降圧剤として使用されていたものです。後に、脱毛症に対しての改善効果が確認されたことから、薄毛の治療薬に転用されるようになったという経緯をたどっています。

なお、日本では大正製薬のリアップという育毛剤に配合されており、壮年性脱毛症に対しての第一類医薬品に分類されています。この壮年性脱毛症とは、成人以降のAGAのことで、前頭部の薄毛も含まれています。プロペシアと併用することにより、抜け毛予防と発毛促進の両方の効果を得られるので、単体でそれぞれを利用するよりも大きなメリットを享受できます。進行の防止ではなく薄毛の改善を目的としている場合は、ミノキシジル系育毛剤の併用がオススメです。

(出典: http://www.fpkrr.org/wp-content/uploads/2016/03/%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97.jpg

まとめ

このように改善するのが困難と考えられている前頭部の薄毛に対しては、早め々々の対処が有効です。また、正確な知識に基づき行動するということも重要なポイントで、デマに振り回されないようにしなくてはなりません。例えば、お笑いタレントがコマーシャルに出演した後に薄毛を改善したということで人気を集めている育毛シャンプーと呼ばれている商品は、AGAに対しては全く何の効果もありません。

また、薄毛を改善する方法として必ずあげられる食生活の見直しや禁酒禁煙などの生活習慣の改善も、AGAに対しての根本的な解決策にはなりません。これは、AGAは病気ではなく体質であり、遺伝が深く関与しているからです。健康状態が改善したからといって、体質までは変化しないので、薄毛の進行を抑止することは出来ません。

あくまでもAGA治療の基本は、原因物質のDHTを抑制するということで、手遅れにならないうちに治療を開始するということが具体的な対策となります。方向性を見失わないように心掛けたうえで、薄毛の改善に取り組むようにしましょう。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
スポンサードリンク
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。