女性のハゲ・薄毛改善法まとめ7選〜女性のハゲを救う〜

illust6

薄毛と聞くと男性を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?
実は女性も薄毛に悩まされているのです。
今回はそんな薄毛に悩んでいる女性必見の改善方法をご紹介します。

男女で違う薄毛の原因

同じ人間だから薄毛になる理由は男女で同じと思う人は多いでしょう。
しかし、実は薄毛となる原因は男女で違うのです。
同じ人間でも体のつくりやホルモンバランスなど違うように薄毛の原因も違います。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

男性の薄毛の原因

①男性ホルモン
男性ホルモンのテストステロンを5αリダクターゼ(還元酵素)と呼ばれる物質が変換させ強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)になり、毛細血管を収縮させます。
それにより毛髪の成長を抑制させることにより薄毛になると言われています。

②遺伝
薄毛遺伝子といわれる「アンドロゲンレセプター」の感受性が薄毛に影響すると言われています。
隔世遺伝すると言われ特に男性に強く表れることが多く、父方の家系に薄毛の人が多くいることよりも、母方の家系に多くいることの方が薄毛になる確率が高いと言われています。

③食生活
食生活は毛髪に与える影響は大きく、脂質が多い食事など偏った食事で薄毛になる場合もあります。
毛髪の成長にはタンパク質やミネラル、ビタミンも必要になります。
食生活が偏ると血行が悪くなり、毛母細胞に栄養が行かず、毛髪の成長を妨げることになります。

④睡眠・ストレス・タバコなど生活習慣
睡眠・ストレス・タバコは血行を悪くする要因の一つです。
血行不良より、毛母細胞に栄養を送ることができなくなり毛髪の成長を妨げることになります。

以上が男性の薄毛の原因と言われています。

女性の薄毛の原因

①女性ホルモン
女性ホルモン「エストロゲン」は、30代で減少を始めます。
このエストロゲンが減ることにより、女性は体調など様々な所に支障をきたします。
よく聞く更年期障害もその影響の一つで、髪も例外ではありません。
エストロゲンの減少によりヘアサイクルが乱れ薄毛になると言われています。

そして、女性しか経験することができない出産も薄毛の原因とされており、これもエストロゲンが関係しています。
妊娠中は赤ちゃんに栄養を取られますので、エストロゲンなどの女性ホルモンで髪の成長期を維持しますが、出産すると一気に女性ホルモンが減ることがあり、髪は休止期に入るのだそうです。
その結果、ヘアサイクルが乱れ薄毛になっていくと言われています。

②ストレス
これは男性同様で、ストレスは自律神経系交感神経を緊張させ血管を萎縮させます。
そうすると、頭皮への血行が悪くなり髪に必要な栄養が送れなくなることでヘアサイクルが乱れ薄毛になります。
現代の女性は育児・仕事・プライベートな人間関係などストレスが多いのは事実です。
ストレスは薄毛の原因として見逃せないものの一つです。

③無理なダイエット
大半の女性が経験するダイエット。
実はこれも、間違ったダイエットをしてしまうと薄毛の原因になります。
人間が栄養を取るためには、食べたり飲んだりしなければなりません。
食べなければ髪にも栄養が届きません。
極端な食事制限は体だけではなく髪にも十分な栄養が行き渡りませんので、へサイクルが乱れ、薄毛になる可能性があります。
無理なダイエットはホルモンバランスにも影響しますので注意です。

それと、男性同様に脂質中心の食事ですとそれもまた薄毛の原因となります。
タンパク質、ミネラル、ビタミンなど髪に良いとされる栄養素をバランスよく摂らないと薄毛の原因となります。

④生活習慣
これも男性と同じですが、睡眠が足りないと薄毛の原因となります。
成長ホルモンは午後10時から午前2時の間に大量に分泌されますので、この時間帯になるべく眠りにつけるように調整したいものです。
睡眠をきちんと取らないと髪の成長を妨げることになります。

⑤ヘアスタイル
基本的に女性は髪に気を使いおしゃれにしています。
パーマやカラーを毎月している人もいるようですが、過度にやり過ぎることで髪やのダメージになり細く見えたりします。
また、頭皮にも刺激が加わることで薄毛の原因になりかねません。

そして、長いと縛ることが多いと思いますが、これも毎日続けると頭皮に負担がかかり薄毛になってしまいます。

⑥ヘアケア
髪を大事に扱うことはとてもいいですが、日に何度もシャンプーしたり、合わないシャンプーを使っていることで皮脂のバランスが崩れ薄毛になることがあります。
必要以上に皮脂が多かったり、逆に乾燥しすぎることで薄毛の原因になります。

男性と女性で微妙に原因が違うのをお分かりいただけましたか?
次は女性の薄毛症状について解説致します。

女性の薄毛症状

①脂漏(しろう)性脱毛症
髪を洗う頻度が少なかったり、頭皮に合わないシャンプーを使っていたりすると皮脂が必要以上に分泌されることで起こる脱毛症状。

②粃糠(ひこう)性脱毛症
脂漏性とは逆で頭皮の乾燥により起こる症状。一日に何度もシャンプーしたり、シャンプーが合わなかったりするとフケかゆみの原因になります。
このフケが毛穴を防ぐことで脱毛の原因になります。

③分娩後脱毛症
産後の脱毛症状。
ホルモンバランスの乱れにより起こります。

④牽引(けんいん)性脱毛症
長時間継続してポニーテールやアップスタイルなど髪を引っ張る様なスタイルにしている場合に起こる症状。
頭皮に負担がかかり薄毛の原因になります。

⑤瀰漫(びまん)性脱毛症
頭髪全体の髪が脱毛する症状。
原因は加齢やストレスダイエット等様々で全体が均一に脱毛するので、境界線がはっきりわからないのも特徴です。

以上が女性の薄毛症状となります。
原因を理解していると、症状と繋がっていることが分かるはずです。

それって私かも!?こんな人は要注意!

では、具体的にどんな人が薄毛になる可能性があるのか。
下記表に一つでも当てはまる人は注意です。

1 職場でのストレスが多い。
2 出産直後だ。
3 育児が大変と感じる。
4 ほぼ毎日髪を結ぶ。
5 年齢は30代より上。
6 人間関係があまり上手くいっていない。
7 パーマ・カラーの頻度は2~3週間に1回。
8 毎日2~3回髪を洗う。
9 シャンプーしたのにかゆい。

又は、べとべとしている。

10 夜は眠れず夜更かしすることが多い。
11 最近急激なダイエットをした。
12 揚げ物など脂っこいものを毎日食べる。

あなたはいかがですか?
もしかすると、ほとんどの人が一つ当てはまったかもしれません。
では、具体的に何をすれば良いのか、改善策をご紹介していきます。

女性の薄毛改善法7選

①バランスの良い食生活

illust6

(出典: http://www.tmch.or.jp/kensin/overview/letters/metabolic3.html
食生活は髪にも大きく影響しますので、バランスと摂れた食生活を心がけましょう。
おいしいからと言って炭水化物と脂質の多い食事になりがちですが、タンパク質を中心にビタミンとミネラルなどの栄養素も積極的に摂っていきましょう。

また、女性ホルモンを増やすことで薄毛改善になりますので、大豆製品や卵はお勧めです。
大豆製品には「大豆イソフラボン」と呼ばれる栄養素があり、女性ホルモンに似た働きをしてくれます。
卵もコレステロールという悪いイメージがありますが、コレステロールは女性ホルモンの大切な材料となります。
最低でも1日1個食べる習慣をつけましょう。

②ヘアスタイルを見直す

ヘアスタイルを見直すことはとても重要です。
頻度の多いパーマやカラーは本当に必要なのか?
実はもっと周期を遅くしても問題ないことがあります。
いつもより1週間周期を遅らせるだけで頭皮にかかる負担は減ります。

また、ほぼ毎日長時間アップスタイルをしている人。
たまには頭皮を休める意味でも、髪を下ろしてみませんか?
楽なのはわかりますが、自分自身も周囲の人も新鮮に感じ印象が柔らかくなる可能性もあります。

③ヘアケア剤と頻度を見直す

jyosham

(出典: http://ikumouzai-ladies.com/hairtrouble/s1shampoo.html
シャンプーしたのに直後からかゆかったり、べとべとしていたり…。
それ実はヘアケア剤が合っていない可能性があります。
頭皮の一番いい状態は、皮脂があり過ぎてもなさ過ぎてもダメです。
シャンプーにより、皮脂を奪い過ぎてフケかゆみになったり、洗浄力が弱すぎてべとべとしているなど、シャンプーが合わないせいで様々なことが起こります。
自分の頭皮の状態を知り、それに合ったヘアケア剤を選びましょう。
もし、何を選んでいいかわからない場合は、行きつけの美容室の美容師さんに聞いてみましょう。

そして、頻度ですが1日1回に抑えましょう。
日に何度も洗うと必要な皮脂がなくなってしまいフケ、かゆみの原因となります。
夏場などどうしても2回洗いたい場合は、2回のうち1回はお湯で流すだけにするか、洗浄力が弱いシャンプーで洗うと良いかもしれません。
そして、必ず夜寝る前のシャンプーをお勧めします。
成長ホルモンが出る時間に頭皮環境が整っていると髪も成長しやすいですので、スタイリングが付いたまま寝ないように必ず夜寝る前にシャンプーしましょう。

④規則正しい生活を送る

t001-b

(出典: http://www.tukare-kaifuku.net/karada/23/
ついつい夜更かししていませんか?
先述しましたが、成長ホルモンは22時から2時の間に多く分泌されます。
この時間に睡眠についていると成長ホルモンも出やすくなります。
髪の成長もその時間に合わせたいですので、遅くても0時には寝るようにしましょう。

⑤ストレスを解消する

仕事・育児・介護・家事・近所との人間関係・家族関係…。
数えればきりがありませんが、日々私たちはストレスを感じています。
小さいストレスと思ってあなどってはいけません。
それが蓄積されることでも体には悪い影響を及ぼします。
自分なりのストレス発散方法を身につけ小出しに発散しましょう。
一人の時間を作るのも意外とストレス発散になりますよ。

⑥筋トレを行う

5504cb23-5557-4d9b-ac26-1a6af78c40d4

(出典: https://kaumo.jp/image/3797325
過度なダイエットをする人は食事制限だけで痩せようとする傾向にあります。
運動など辛いことは極力したくありませんよね。
しかし、食事制限だけですと筋肉が落ち代謝が落ちます。
筋トレなど運動をすることで代謝があがり血行も良くなります。
結果的に、頭皮にも影響するかもしれませんので筋トレは女性にもお勧めです。

⑦育毛剤を使用する

上記の改善策を行った上で育毛剤を使うことはとても効果的です。
育毛剤にはその名のとおり育毛のための成分がふんだんに配合されています。
本気で薄毛を改善したい人は育毛剤をお勧めします。

女性の薄毛の場合、男性の薄毛と違い完全にハゲになることは少ないです。
ですから、こういった育毛剤である程度改善する余地があります。
また、原因も自分の意志によって改善できることが多いですので、育毛剤と他の改善方法を併用することで薄毛改善を実感できる場合が多いです。

最近は女性用の育毛剤もたくさん発売されています。
男性用と女性用育毛剤では有効成分が違い、女性が男性用育毛剤を使うと副作用が出ることがありますので、必ず女性用育毛剤を使いましょう。

今すぐ隠したい人は

上記の改善方法はすぐに目に見えてわかるものではありませんが、効果を実感できる可能性は大いにあります。
しかし、今すぐ隠したい人もいるでしょう。
そんな人は、

①増毛スプレー、パウダーを使う。
②ウィッグを被る。
③普段の分け目を変える。

等もあります。
最終手段として覚えておいても良いと思います。

しかし、一番良いのは紹介した7つの改善方法です。
まずはできることから1つずつ始めてみませんか?

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。