シャンプーでハゲる?なんと辞めたら髪が増えた?

現在、日本人の1900万人もの人が、薄毛に悩んでいるそうです。確かに、電車に乗った時、座っている人を上から見ると、薄毛の人が多くなっているようです。
若い男性も、中年の女性においても、スカスカの薄毛で、地肌が見えている現象は顕著になっているような感がします。
薄毛がこうして増えているのは、ストレスの多い社会であることや、食生活の変化といった理由もあるでしょうが、シャンプーのせいもあるのではないでしょうか。
その理由として、いくつか考えられますが、最近のシャンプーには50種類に近い、化学物質が含まれているのはそう珍しい事ではありません。その化学物質の影響がないのでしょうか。そこでシャンプーを徹底解剖し,薄毛に与える影響を検証してみます。

シャンプーでハゲル理由

今シャンプー剤は、多種多様な商品が市場に出回っております。
どれを購入したらいいのか、店頭で迷ってしまう人は多いと言うのが実情でしょう。
それも、弱酸性タイプ、植物性タイプ、炭タイプ、ふけ取りタイプ、石鹸タイプ、ダメージケアタイプ、育毛タイプなど各タイプに分かれ、市場を席巻しています。
こうした商品には多かれ少なかれ、化学物質が含まれているものが多いのは確かです。
その化学物質が髪の毛の促進に、どう影響を与えているのか徹底検証します。

シャンプーのし過ぎは皮脂腺の発達を招き、薄毛に

朝シャンを含め、毎日シャンプーを行っている人は大勢いるでしょう。
シャンプーのし過ぎは、皮脂腺が大きく発達し、発達した皮脂腺から皮脂がジュクジュク出てくるようになります。
これをシャンプーですっかり洗い流してしまいますと、皮脂が不足してきます。
そのため、皮脂を大量に補っていく必要があり、皮脂腺が大いに発達します。
皮脂腺が発達し過ぎると、毛髪にとってマイナス面が数多く出てきます。
毛に供給されます、栄養の多くが皮脂腺に行ってしまい、そのため、毛は栄養不足の状態に陥ってしまいます。
そうなれば髪が十分に成長出来なくなると言うのは言うまでもありません。
太くて長い毛が減って、細く短い毛が増えることになります。

シャンプーのし過ぎは頭皮を薄くする

シャンプーのし過ぎで、頭皮が薄くなる、その理由は何でしょうか。
それは、シャンプーの一部は、強力な洗浄効果を持った、海面活性剤でできていると言うことです。
これによって頭皮のバリアを壊して、頭皮の新陳代謝を衰えさせるためです。
頭皮を含め、皮膚の表面には、外部からの異物の侵入を食い止め、皮膚内部の成分である水分の蒸発を防ぐ「バリア機能」があります。
このバリア機能を構成しているのは、アミノ酸を主成分としました、水溶性の天然保湿因子を含む、角質細胞と、その細胞同士を接着させている、セラミドは、主成分の脂溶性の細胞間脂質です。
この二つが交互に付き重ねられて、レンガとモルタルでできました壁のように、強固なバリアを形作っているのです。

強固なバリア機能を破壊するのが海面活性剤

強固なバリア機能を破壊しますのが、シャンプーに含まれています、海面活性剤です。
このバリア機能が失われれば、保湿できなくなり、水分が蒸発して行って、頭皮は乾燥し、細胞の再生ができなくなります。
失われたバリア機能を再生するには、健康な皮膚で、3~4日はかかります。
日本人女性の大半が毎日シャンプーしています。
人によっては朝晩2回もシャンプーしている人もおります。
このような状況が続きますと、ようやく再生しかけたそばから、シャンプーの洗浄力で、破壊していくことになり、頭皮は益々乾燥が激化し、干からびてしまい、潤う暇がなくなる、と言った状態となります。
頭皮が薄くなれば、産毛の様な髪しか生えてこなくなり、薄毛への道をたどることになります。

シャンプーに含まれている防腐剤が常在筋を殺す

シャンプーが、頭皮や毛根に与える影響は、他にもあります。
防腐材が頭皮の常在菌を殺すことです。
頭皮には数多くの常在菌が住み着いていて、この常在菌が皮脂や汗を食べて、酸性の物質を代謝しているのです。
そのおかげで、頭皮は、弱酸性に保たれ、雑菌やカビなどの侵入から守られています。
その常在菌は、私たちの頭皮を病原菌から守り、健康に、そして清潔にい保っているかけがえのない同志なのです。
シャンプーには、パラベンなどの強力な防腐剤が入っているものもあります。
シャンプーに含まれる、この防腐剤は当然頭皮の常在菌を殺します。
このため、常在菌が減ってしまった頭皮は、髪の成長を著しく阻害することになります。

脱シャンプー髪へ6つのメリット

シャンプーは、薄毛やハゲをつくる要因の一つ、との捉え方もあるのは確かです。
シャンプーを辞めて、水洗髪に切り替え、髪の毛が増えたと言う例も数多くあります。シャンプーを辞めて、これまで頼りなかった細い髪の毛が、1本1本が太くなり、しっかりしてきたと言う報告もあります。
確かに指で触れると、力強い腰や、弾力がはっきりと感じされます。
水だけで洗っている分には、適量の皮脂が髪に残りますので、それが、毛髪をコーティングするようになると考えられます。
髪には本来整髪力が備わっているのです。
そこでシャンプーを中止した場合、髪へのメリットを検証してみます。

皮脂腺が縮むため髪へ十分な栄養が行き届く

シャンプーすると、皮脂表面の皮脂を根こそぎ取り除き、大量の皮脂を分泌させます。
それをシャンプーによって、繰り返しますと、皮脂腺はさらにたくさんの皮脂を分泌しなければなりません。
その結果、皮脂腺を大きく発達させ、本来髪へ行くべきはずの栄養のほとんどが、大きくなった皮脂線に行き、髪は栄養失調状態となり、うぶ毛のような細い毛となります。
シャンプーを辞めれば、髪に栄養が行くようになり、毛も太く、しっかり育っていきます。

毛細血管が元気になる

シャンプーを辞めれば、毛根幹細胞が、界面活性剤の細菌毒性にさらされずに済み、毛根幹細胞は本来の機能を取り戻し、毛母細胞へさらに働きかけられます。
当然太い毛が育ち健康な髪になっていくでしょう。

頭皮が薄くなるので、毛根にいい影響を与える

シャンプーを辞めれば表皮のバリア機能が維持されますので、頭皮は次第に、潤いを取り戻し、基底層の新陳代謝が盛んになって頭皮はふっくらと厚くなります。そして毛は深く根を張って太く長く育つことになります。

常在菌が増え、頭皮が清潔になる

シャンプーを辞めれば、常在菌を殺さずに済み、頭皮は健康で、清潔な状態が保たれ、髪の成長にとって良好な環境は保たれます。

皮脂が髪に残って整髪力が付く

シャンプーを辞めれば薄毛の予防に役立つだけではありません。かみじたいに「整髪力」がよみがえることになります。適度な皮脂が髪の毛に野kルことにより、それが髪の整髪力を付けることに役立つのです。

嫌なべとつきと、臭いが髪から消える

シャンプーを辞め、水洗髪に還ることで、皮脂腺が縮ンダおかげで、皮脂の分泌自体が減り、それに伴い、臭いの基となる皮脂が参加して、出来る過酸化脂質の量も大幅に減ることになります。

今からでも遅くはない 水洗髪のススメ!

水洗髪は、髪もきれいになり、目も健康になり、これまで、シャンプーやリンスでは、お金もかかり、浴室のシャンプーや、リンスなどの多くのボトルも消え、スッキリします。
その水洗髪を始めるタイミングは、夏や梅雨など、皮脂が増える季節では難しいかもしれません。
その他の季節がいいかもしれません。
例えば仕事のない週末などは水洗髪にして,その機会を増やしていく方法が良いかもしれません。

水洗髪への移行は無理は禁物

シャンプーを辞めて、直ぐに4~5日は1階の水洗髪に切り替えるなどという過激な行為はタブーと言えましょう。
大量の皮脂が出ている段階では、1日1回、酸化下皮脂だけは流しておかなければなりません。
大量の皮脂が溜まって酸化して、過酸化脂質になり、頭皮を刺激すれば、脂漏性皮膚炎を起こして、フケが粉の様に落ちてくることになる可能性があります。
それだけでなく、水洗髪をしばらく続け、皮脂の量が少なくなれば、この間隔でも臭いやべたつきもなくなります。

髪がサラサラなびくのは干からびているから

風になびくサラサラの髪を、人は美しいと感じるようになったのは、昭和40年代のテレビコマーシャルからと考えられます。
そこからシャンプーの使用量が増え、各メーカーも多くのシャンプーやリンス剤を市販を始めました。
昔から言い伝えられている言葉に、美人の条件として「烏の濡れ羽色」の髪というのがあります。
烏の濡れた羽は艶やかに光、漆黒をして、光線によってはその一部が玉虫色に変化したりするさまが美しいと言う事でした。
この日本古来の黒髪の美を求めるならば、むしろシャンプーを使わない方が美しい髪を、手に入れることが出来るのではないでしょうか。

男のスキンケアは、不必要

最近の傾向として、化粧品コーナーに行くと目立つのが、男性が多いことです。
これはトレンドとはいえ、いかがなものでしょうか。
女性の専売特許と言えます、スキンケアをする男性が増えていると言うことです。
昭和の時代には絶対に考えられなかった現象と言えましょう。
男性の毛穴の大きさは、女性の倍以上もあります。
その毛穴が大きい分、化粧品に含まれる化学物質の害を受けることになります。
日本で使っています、ケミカルヒーリングの薬剤は、弱いものですが、アメリカでは、皮膚がズリ向けるほど強いものを用いていますので、やけどやかぶれなどのトラブルも多発しています。

頭皮の健康は、皮脂の量で判断

生き生きとした毛髪を作るために欠かせないのが、頭皮の健康です。
頭皮の状態は人それぞれ違いますが、毛根から分泌される皮脂の量によって、脂肌と乾燥肌に分けられています。
この頭皮のタイプによって、ケア法も変わってくるのです。
シャンプーすると言うことは、この皮脂の分泌に大きな影響を与えると言うことです。

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。