ミノキシジルの副作用で初期脱毛が起きたらどうすればいいの?

img_section031_tcm13-9966

ミノキシジルの副作用で初期脱毛が起きたらどうすればいいの?

■元々ミノキシジルは発毛の薬ではなかった。

ミノキシジルは元々血管拡張剤として開発された成分であり、高血圧対策の薬として誕生しました。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

その後の研究結果によって発毛効果があることが判明し、脱毛症や薄毛の改善治療薬として発売されるようになりました。

つまり、ミノキシジルは元々発毛のために開発された薬ではなく、あくまで発毛効果は副産物です。

その為、多くの副作用があることが分かっています。

■ミノキシジルは何故発毛効果があるのか?

何故、発毛効果を狙って作られた成分ではないにもかかわらず、ミノキシジルに発毛効果があるのか、気になりませんか?

この点については、ミノキシジルが元々“血管拡張剤”として開発された部分の答えがあります。

発毛において大切なことは多岐にわたりますが、その中でも大きな割合を占めるのが「体内の血流をよくする」という点です。

頭皮のマッサージを行う理由や、食生活の改善が発毛や育毛において効果的であるといわれているのも、血行をよくして、なるべく頭皮に血を巡らせたい為です。

先ほども述べましたが、ミノキシジルは血管を拡張させる働きがあります。つまりは血の流れる量を薬の力によって強制的に増やすということです。

こうすることによって、頭皮を活性化し、発毛を促す仕組みになっています。

■塗布タイプと内服タイプで副作用は違うのか?

ミノキシジルを使用する方法はふたつあります。

・塗布タイプ

頭皮に直接塗布するタイプのもの。発毛剤のリアップがこれに該当します。

リアップが日本“唯一”の発毛剤と、宣伝しているのは、このミノキシジルが配合されており、医薬品として認定されているからです。

服用タイプに比べると効果も薄い分、副作用も発症しにくく微弱なことが多いですが、頭皮に直接塗布するため、頭皮のかゆみが起きる可能性は比較的高いといえます。

・内服タイプ

直接体内に取り込むタイプのものになります。ミノキシジルタブレットなどが有名です。

直接吸収できる分、効果が高いですが、その分強い副作用を引き起こす可能性もあります。

また、国内では一部例外を除き内服用のミノキシジルは認可されておらず、海外から個人輸入して購入することになります。

海外では副作用の強さ、そして危篤性から内服タイプのミノキシジルを発毛剤として使用することを禁止する動きが非常に強くなっています。

場合によっては内臓疾患などにつながるため、注意が必要です。

■ミノキシジルの副作用で初期脱毛が起きたらどうすればいいの?

ミノキシジルの概要について軽くご説明させていただきました。端的に言えばミノキシジルに関しては“副作用”を頭に入れて使用しなくてはならないということです。

その副作用の中でも、起きてしまうと精神的にショックを受けるのが「初期脱毛」でしょう。

「発毛剤を使っているのになんで毛が抜けるんだ…?」と、思われるかもしれませんが、これにはしっかりとメカニズムが存在し、ミノキシジルの効果が表れる第一歩かもしれませんよ!

つまり、ミノキシジルの副作用で初期脱毛が起きた場合「様子を見つつ、続けてみる」というのがオススメなんです。

■初期脱毛は“生え変わり”の合図!?

発毛剤を使用すると、10日~1か月ほどで初期脱毛が起こる可能性があります。

なぜ初期脱毛が起きてしまうのか、これは人間の髪における3つの「ヘアサイクル」の影響だといわれています。

・髪における3つのヘアサイクル

成長期:髪の毛が生え、成長している状態
退行期:髪の毛の成長が止まっている状態
休止期:髪の毛の生え変わりの対象、抜けるのを待っている状態

img_section031_tcm13-9966
出典: w.aga-news.jp/secure/about_hair/index.xhtml

なんとなく察しがついたかもしれません。初期脱毛で抜けている髪の毛は「休止期」のものが対象であり、成長期の髪の毛が休止期の髪の毛を押し出して抜けているという風に考えられています。

ミノキシジルを使用すると、頭皮の血行が一気に良くなり、これまで滞っていた頭皮の活動が活発化していきます。

その為、弱っていた髪の毛は抜け落ちて、代わりに若い、強い髪の毛が生えてくることになります。

つまり、初期脱毛が起きたからと言って「ミノキシジルが体に合ってない」と考えるのは時期尚早なんですね。

初期脱毛は個人差がありますが2週間~1か月ほどで止まり、新たな髪が生えてくることを実感できるそうです。

逆に言えば、それ以上脱毛が続くようであれば、それは初期脱毛ではなく何かほかのトラブルが発生している可能性があります。必ず医師に相談しましょう。

■初期脱毛が起きなければ効果がない?

初期脱毛が「弱い髪の毛から強い髪の毛へ生え変わるヘアサイクルのひとつ」であるとするならば「初期脱毛が起きなければ、ミノキシジルは効果がないのか?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ご安心ください、初期脱毛が起きない方も大勢いらっしゃいますし、効果を実感している方もいらっしゃいます。

結局は、初期脱毛が起きるかどうかは、個人差ということになります。

■初期脱毛の終わりの合図は?

初期脱毛が発毛への第一歩であるとわかっていても、初期脱毛自体がいつ終わるかわからなければ非常に不安ですよね。

まず、注意しておきたいのが髪の毛は一回の生え変わりで終わりではない可能性があります。何回か生え変わりを経て、強くコシのある髪に生まれ変わることもあります。

先の尖った、少しチクチクとした感じの髪が生えてくる頃が、初期脱毛の終わりといわれています。

■初期脱毛だけを気にしてはいけない!

初期脱毛はあくまでミノキシジルにおける副作用の一種です。そして、ミノキシジルにおけるどちらかといえば“うれしい悲鳴”と言えるでしょう。

こんな症状が発症した場合は、初期脱毛が起きていたとしてもミノキシジルの使用を控える必要があるかもしれません。

・多毛症

頭皮に直接塗布するタイプであれば頭皮だけですが、内服薬の場合は全身の体毛が増える可能性があります。

場合によってはこれまで生えていなかった部分にも生えてくることもあるそうです。

・動悸、息切れ

血管が広がるということは血液の流れる量が増えます。血液の流れる量が増えるとその分体はエネルギーを使い、負担がかかるので動悸や息切れが発生します。

場合によっては心臓に大きな負担がかかっていることもあるので要注意です。

・むくみ

血管が開くと、血液中の血液濃度が薄まってしまい、体内ではその薄まった濃度を元に戻そうと血管から細胞へ水分を出していきます。

その結果、体がむくんでしまいます。特に顔に表れることが多いようです。また、水分が体内に残ってしまうので、体重も増えます。

・頭皮のかゆみ

血行が一気によくなるので、頭皮にかゆみを発症することがあります。人によっては我慢することができないほどのかゆみを感じることもあるようです。

・しびれ

手、足、顔などのしびれや痛みの症状が出る場合があります。

しびれが発症する原因は多岐にわたるとされていますが、要因として最も報告が多いのが心臓への負担増加によるものだそうです。

・眠気

低血圧の方は発症しやすいのが眠気です。
気づきにくい副作用のため注意が必要です。

・頭痛

血管が大きくなり、血行が良くなることによって、周りの神経に影響を及ぼし頭痛につながるケースがあるそうです。

内服薬のミノキシジルタブレットの場合は頭痛薬との併用ができないので、ひどい場合は大変つらいでしょう。

■一番起きやすい副作用はどれ?

この中でも特に多い副作用が頭皮のかゆみだそうです。

内服タイプのミノキシジルはもとより、塗布タイプのミノキシジルにおいて起こる可能性が一番高い症例だからでしょう。

実際、ミノキシジルを使用して副作用を引き起こす可能性は8%と発表されています(リアップX5プラスの場合)。
出典: http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/

これを高いと感じるか低いと感じるかは人それぞれですが、使用の際にリスクを頭に入れなければいけない数字であることは確かでしょう。

■ミノキシジルで“死亡例”!?

2000年までにミノキシジルを配合した医薬品「リアップ」を使用した結果「死亡につながった」と言われたケースが3件ほどありました。
出典:http://news.a902.net/a1/2003/0926-54.html

この件に関しては絶対数が少ないことや、政府からの「副作用とは考えにくい」と否定的であったことからも、販売元の大正製薬は「科学的に死因ではないとみている」と発表していました。

ですが、もともと心臓に疾患を抱えているような方の場合は、心臓に流れる血液が急激に増えることによって心臓の大きな負担になる可能性があります。

また、アメリカのFDA(食品医薬品局)によれば、ミノキシジルタブレット(ミノキシジルの内服薬)によって引き起こされる副作用として次のものが挙げられました。

・多臓器不全
・心外膜液
・高カリウム血症
・心室肥大

これらは、場合によっては命にかかわるほど危険なものです。可能性こそ低いかもしれませんが、場合によってはミノキシジルを使用した誰しにも起こりうる症例なのです。

■ミノキシジルを安全に使う方法はないの?

効果が高い分、副作用も多いミノキシジル。ただやはり、薄毛を解決できるのならば使ってみたいのが性ですよね。

少々値は張ってしまいますが、ミノキシブルの内服薬を日本でも取り扱っているクリニックを探し、検査や医師の監修のもと使用するという方法があります。

ミノキシジルは血液に影響する成分なので、自己判断ではいかんともしがたい部分があります。

また、何らかの副作用が発症してしまった場合、使用を止めるだけでなく、必ず医師に相談することをオススメします。

勝手に使用を止めてしまうと、ミノキシジルの効果で開いていた血管が、急に狭まってしまうことによって、体に何かしらの異変が起きないとも限りません。

■ちゃんと体の異変に気付くことが大事!

ミノキシジルの初期脱毛について、今回大事なポイントをふたつお伝えさせていただきました!

・初期脱毛は決して悪いものではない!
・発毛効果のことばかりを考えるのではなく、副作用についても考えること!

どうしても「初期脱毛が起きたということは、発毛効果が期待できる!」と、考えてしまい、自らの体にその他の副作用が起きていても、見て見ぬふりをしてしまいがちです。

確かに、これまでハゲや薄毛で悩んできた方々にとっては、ようやくの思いで見つけた方法、実感できた効果ですから、気持ちは非常にわかります。

ただ、ミノキシジル以外にも発毛効果が期待できる成分や方法があることもまた事実です。

初期脱毛以外の副作用が起きていると感じたら、すぐに医師に相談しましょう。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。