クレンジングオイルを使った頭皮マッサージは薄毛に効くの?

chigai

クレンジングオイルを使った頭皮マッサージは薄毛に効くの?

■頭皮にオイル!これって大丈夫?

頭皮が脂ぎってしまっているのが良くないことは、感覚として皆さんが持ち合わせているものだと思います。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

頭皮の乾燥で悩んでいるならまだしも、皮脂で悩んでいる方なら「どう考えても油を頭に塗るなんて逆効果じゃないか?」と、考える方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、オイルには保湿効果がありますから、頭皮の乾燥に悩む方にもオススメです。

ただ、実はもっとオススメしたいのが、頭皮の皮脂が多くてベタついているタイプの方なんです!

■クレンジングオイルとマッサージの効果って?

オイルマッサージと聞くと、なんとなく「うるおい」という言葉を連想すると思います。

実際その通りで、オイルマッサージには保湿効果もありますが、同時にオイルを使って毛穴に詰まっている老廃物や脂を浮き上がらせる効果もあります。「揉み出す」なんて表現がピッタリでしょうか。

つまり、頭皮が脂っぽくべたつく方こそ、クレンジングオイルとマッサージによって余分な皮脂を浮き上がらせることが出来るだけに、試してみていただきたい方法なんです。

また、頭皮にオイルを浸透させることによって「十分に頭皮がうるおっている」と、皮脂腺に伝え、皮脂の分泌を抑える効果もあります。

一見、脂に油で相性が悪そうなクレンジングオイル。でも実はオイルで潤いを保つことが、脂っぽい髪の解消につながることがおわかりいただけたでしょう。

■オイル選びは慎重に

当然ですが、家庭用のサラダ油などを使う訳にはいきません。
そしてクレンジングする際のオイルにも多種多様な種類、そしてそれぞれに特徴があります。

・ホホバオイル

chigai
出典:http://touhikansouoil.com/muzirusi/72/

ベタつかず、さらっとした使用感が特徴のホホバオイル。

トリクロンサンと呼ばれる抗酸化作用があることや、細胞構成が人間と似た構成をしているため、頭皮になじみやすいなど、クレンジングオイルの中でもポピュラーなものと言えます。

また、加熱性抽出された透明な色のものではなく、非加熱抽出された黄金色のホホバオイルを選んだほうが、オイルが持っている成分が多く残っています。

クレンジングオイルの中でも最も安全なオイルとされており、皮膚疾患がある方や皮膚が弱い方にもオススメできるオイルです。

・スクワランオイル

haba03
出典:http://wakaba-kakeibo.com/main/enet/haba1.html

サメの肝臓から採れる肝油タイプのものと、オリーブから抽出されるタイプ(オリーブスクワラン)の2種類があるのがスクワランオイルです。

サメの肝油で作られたものの方が純度が高く、殺菌作用効果があります。

人間の肌にもなじみやすく、酸化しにくいため大変優れたオイルではありますが、いかんせん値段がほかのオイルに比べると割高なのが残念なところです。

・オリーブオイル

bg_img02
出典:http://www.nippon-olive.co.jp/

食用としては有名なオリーブオイル。オイルクレンジングにも用いられることがあります。

オリーブオイルの7割を占めるオレイン酸という成分が皮脂にも40%含まれており、頭皮へのなじみも良いオイルです。

最大のメリットといえば、オイルの中では比較的手に入りやすく、安価である点といえるでしょう。

使用の際は純度の高いエクストラバージンオイル選ぶと良いでしょう。ただし、頭皮付近にニキビができている方は使用を控えたほうが良いとされています。

また、オリーブオイルは洗い流しにくいため、オイルクレンジング後の後処理に手間がかかるという欠点もあります。

・椿オイル

oosimatubaki_oil
出典:http://www.idm-ne.com/aitem/oosimatubaki_oil/

日本古来から愛用されているのが椿オイル。椿オイル入りシャンプーなども発売されているため、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

ミネラルやビタミンといった髪に潤いを与える効果のある成分が微量ながら含まれていることや、酸化防止のオレイン酸が成分の80%以上を占めており優秀なオイルです。

また、椿油には「テオフィリン」と呼ばれる、髪の保護や、フケの発生を抑える成分も含まれているため、頭皮のオイルクレンジング向きのオイルといえます。

ただ、椿オイルには独特なにおいがある点やオリーブオイルと同じように少し洗い流しにくいという欠点もあります。

・アンズオイル

4903018202083_2
出典:http://products.yanagiya-cosme.co.jp/category/C_ANZU/4903018202083.html

さらさらとしたオイルであり、またほのかに甘いいい香りがするため、あまり油っぽさがないのが特徴です。

保湿効果も高く、オレイン酸も含まれておりなかなかにこちらも優秀なオイルですが、注意点としてはイネ科にアレルギー反応がある方は、発症してしまう可能性があるので気を付けなければなりません。

・セサミオイル

sesame-oil01
出典:http://www.rawfood-lohas.com/sesami-oil.shtml

ゴマを原料としているのがセサミオイルです。一瞬調理に使われる「ごま油」が脳裏をよぎるところですが、こちらはクレンジング用です。

ごま油に比べると純度が高い為、酸化しにくく、匂いもかなり控えめです。

老廃物などを体外に排出する「デトックス効果」が高いとされているのがセサミオイルであり、頭皮の皮脂を浮き出させるのはもちろん、若返り効果も期待できます。

■たくさんの種類があるけれど…

代表的なものを挙げさせていただいただけでもかなりの種類があるクレンジングオイル。

選ぶ際のポイントとしては

・自分のアレルギー成分が含まれていないか
・香りが嫌なものではないか
・サラサラとしたタイプがいいのか、しっとりとしたタイプがいいのか
・価格面

こういった部分を見て選択するとよいでしょう。

「絶対にこのオイルじゃないとダメ!」ということはありませんが、サラサラタイプで人気があるのは「ホホバオイル」、しっとりタイプで人気があるのは「椿オイル」となっているようです。

試しに、薬局等で見比べてみるのもよいでしょう!

■油の“酸化”には要注意!

一回のクレンジングオイルのマッサージにおいて、そんなに多量のオイルを使用する訳ではありません。

そして、いくら参加に強いオイルを選んでいたとしても、時間が経てばだんだんと酸化は進み、劣化をしてきてしまいます。

油の多くは、参加が進むと色が濃くなったり、匂いを発したりするようになります。購入時に比べて違和感を感じるようであれば、それはもう替え時ということでしょう。

その為、クレンジングオイルに関しては一度に大容量のものを購入するよりかは、小さめのものを何回かに分けて購入するとよいでしょう。

■“酸化したオイル”はこんなにも危険!

「酸化を防止する効果があるって書いてあるし、ちょっとくらい悪くなっても…」と、いった考えで酸化しはじめたオイルを使うのは非常に危険です。

よくよく考えてみてください。酸化“しにくい”オイルが酸化“している”ということは、それだけオイルの状態が悪化しているということです。

酸化したオイルでクレンジングをしてしまうと、頭皮を痛めてしまったり、赤くかゆみを伴ってしまいます。

本来、頭皮や髪のために行っているはずのオイルクレンジングで、逆に自分自身の頭皮や髪を痛めつけてしまう結果につながります。絶対に避けたいところです。

■肝心のマッサージ方法は?

オイルを準備したら早速頭皮マッサージをしていきましょう。

・頭皮を乾いた状態にする

なんとなく、髪を洗った後のほうが良さそうな気がするかもしれませんが、むしろ逆で必ず頭皮は乾燥させた状態で始めてください。

湿った状態ではじめてしまうと、水がオイルを弾いてしまいますし、最後にオイルを洗い流す際にもシャンプーをする為、あまり意味がありません。

このとき、ブラッシングをしておくと、髪が絡まりにくく、頭皮に行き渡りやすくなるのでオススメです。

・マッサージをする

いよいよマッサージをしていきます。

肝心のオイルの量ですが、手に500円玉サイズ位を出してください。髪量が多い少ないに限らず、量は変わりません。

優しく、全体をまんべんなく揉んでいきます。皮脂や臭いが気になる箇所があれば、そこは重点的に行っていきましょう。

5分~10分ほどマッサージをすれば終了です。

・さらに効果を高めたいなら…

マッサージが終了し、なじませた時点で洗い流しても良いのですが、もしここでもうひと手間加える余裕があるならば、シャワーキャップや蒸しタオルで頭全体を包んで5分~10分ほど放置するするとよいでしょう。

頭皮が温まれば毛穴が開き、その分汚れも浮きやすくなります。

・洗い流す際も要注意!

頭皮のためとはいえ、オイルですから少し髪に嫌な感じがあるかもしれません。そのため熱湯で一気に洗い流したいところですが、必ずぬるま湯でゆっくり数分かけて落としていきましょう。

洗い流した後にシャンプーをするのですが、ここでも要注意です。

使用したオイルにもよるのですが、基本的には一回のシャンプーですべてを洗い流すことは難しいかと思います。オイルを含んだ髪は泡立ちづらいためです。

その際はシャンプーを2回に分けて行うのですが、2回目は少しシャンプーの量を少し控えめにしたほうが良いでしょう。

手間暇はかかりますが、しっかりとした手順で行えば、実感できるほど頭皮がスッキリしていますよ!

■オイルクレンジングをする頻度は?

実際にやってみるとわかるのですが、オイルクレンジングをした後は非常に気持ちよく、毎日でもしたくなってしまう方もいるかもしれません。

ですが、毎日のようにオイルクレンジングで皮脂を落としきってしまうと、皮脂腺が皮脂の量を保とうと過剰に分泌を始めてしまい、結果余計に脂っぽくなってしまう可能性があります。

目安としては1週間~2週間に1度。場合によっては3週間に1度位のペースで十分です。

■育毛剤や発毛剤と併用できる?

オイルは天然由来の成分のものですから、育毛剤や発毛剤との併用も基本的には問題ありません。

もしも、いま育毛剤や発毛剤を使用している場合は、オイルクレンジングの終わった後に使用してみるとよいでしょう。これまで以上に毛穴の老廃物や皮脂が落ちている状態なので、薬が浸透しやすくなっています。

一応、何らかの症状が出ないかどうかの注意はしておき、炎症等が発症した場合には、オイルクレンジングか育毛剤、発毛剤いずれかの使用をやめたほうがいいでしょう。

■結局、薄毛に効くのか?

ここまで、クレンジングオイルそのものや、マッサージについて説明させていただきました。

とはいえ結局気になるのは「薄毛に対して効果があるのか?」という部分だと思います。

クレンジングオイルによるマッサージが発毛、育毛に大きな効果があるかといえば答えはNOになります。

クレンジングオイルによるマッサージは決して頭皮だけでなく、顔や体も施すよう、皮膚全体のケア方法です。

頭皮の育毛や発毛だけに効果のある方法ではないということになります。つまり、発毛や育毛効果を期待して行うというよりも、補助的な行いであるという認識が必要です。

毛穴に詰まった皮脂を浮き出させたり、血行を良くすることは発毛や育毛をしていく上で必要不可欠な行いです。

その手段として発毛や育毛の取り組みの効果を上げる役割は十二分に果たしてくれるだけに、一概に薄毛対策に全くならないとは言えないのが、クレンジングオイルによるマッサージです。

アレルギーや肌が弱い方でなければ、是非一度試してみるのもよいでしょう!

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。