ハゲの対策は化粧水で!頭皮の乾燥から守ろう

「抜け毛を防ぐためにはなにが大切か?」と女性に聞くと、大半の人が「髪をやさしくいたわる」という答えが返ってきました。これは、一見当たっているようですが違います。本当に大切なのは、髪を生み出す毛根部のケアです。毛根部が健康であれば、髪は抜けてもまた生えてきます。抜け毛を恐れず頭皮ケアすることが髪の健康には不可欠な要素と言えましょう。その頭皮を乾燥から守ってくれるのが化粧水なのです。ハゲ対策の一環として化粧水がなぜいいのか、検証して行きます。

髪と頭皮の関係を知り尽くそう

髪をケアするなら、先ずは髪の本体と、髪を育てています頭皮のことを知りましょう。
頭皮の仕組みが深く理解できれば、髪の正しいケア方法が解ります。
髪は、普段あまり意識することはないでしょう。
髪は皮膚の一部ですが、体毛の中で特別扱いされています。
ケアの点においても、まさにほかの体毛とは別格扱いとなっています、
それは髪をケアする製品(頭皮料)や方法、数えきれないほどの髪のケア商品が市販されています。
人間の体毛でこれだけ手厚くケアされているのは、髪の毛だけと言えましょう。

髪は皮膚の一部

髪は、皮膚の付属器の一つです。
頭皮とは切っても切れない関係にあります。
頭皮が健康でなければ、健康的な髪は育ちません。
それはまさに、豊かな畑に、おいしい作物が栽培されるかのようです。
毛根部は、毛包と呼ばれる繊維上のさやで包まれていて、
そこに皮脂線や大汗腺(アポ区リン酸)や立毛筋が付着しています。
実はこうした器官の生理的ネットワークの中心になるのが、髪と言えましょう。
髪は毛根と毛幹から出来ているのです。
毛幹とは、皮膚の外部の部分を言います。
一般的に髪と言う言い方は、主に毛幹を指し示すもので、毛髪という言い方がわかり易い言い方かもしれません。

良いドジョウ(頭皮)がなければ木(髪)は育たない

髪は土に根を下ろした木の様なものです。
毛髪の土と言えば頭皮、その状態が髪の成育を左右する一つの鍵と言えましょう。
その根に当るのが毛根です。
頭皮の中にある毛根は、血液によって運ばれてきた、栄養やホルモンなどを受け取って、毛髪を生み出すのです。
根を植えることが植物の生育に欠かせないように、毛髪にとっても最も大切な部分です。生き生きとした毛髪にしたい、取り戻したい、そんな願いをかなえるためには、髪の土台となっています、頭皮の健康をいかに守るかがポイントです。
頭皮が、水分が足りなくて乾燥したら、栄養分の少ない土では、髪は育ちません。
そこに、化粧水の大きな役割があるのです。

化粧水で乾燥した頭皮に潤いを与え、薄毛の進行を止めよう

髪のトラブルで一番多いのが、頭皮の乾燥による抜け毛と言えましょう。
乾燥している頭皮には、外部からの水分補給が必要となります。
化粧水には、その水分を補い、補った水分を留まらせる働きが備わっています。
そして保湿力を高める機能も備わっています。
化粧水によっては、こうした保湿だけの働きだけでなく、栄養成分を補ってくれるものもあります。
そして頭皮用の化粧水もあり、育毛を促進する、栄養素を含んだ化粧水も市販されています。
化粧水と言いますと、女性のメイク用のことをイメージしますが、髪も皮膚の一部、頭皮に潤いを与え、健康的な髪の成長に役立つ化粧水もあるのです。

ターンオーバーを正常に保つが頭皮のトラブルを防ぐ

ターンオーバーと言うあまり聞きなれない言葉ですが、サッカーや、バスケットの競技では良く聞く言葉です。
頭皮は、他の皮膚と同様に、表層から、表皮、・真皮、皮下組織といった層から形成されています。
また他の健康な皮膚と同様に、絶えず新陳代謝を繰り返しています。
その一つが表皮のターンオーバーです。
ターンオ-バーとは、表皮の一番下の基底層で、分裂した表皮細胞が、その形と性質を少しずつ変えながら、各細胞としての役割を果たし、最後に表皮の最外層の角質層でその運命を終えます。
こうした一連の経過をさしてターンオーバーと言います。

ターンオーバーが正常でなければフケや抜け毛など頭皮トラブルに

ターンオーバーが正常でなければ、数多くの頭皮のトラブルを引き起こす要因となります。瑞々しいハリのある頭皮が保持できなくなり、バリア機能も低下し、フケや、かゆみなど頭皮のトラブルの原因となります。
こうしたことを防ぐためには、化粧水の活用が不可欠な要素止まります。
化粧水を利用することで、頭皮の乾燥を防ぎ、ターンオーバーを正常に戻す働きをしてくれます。
こうした皮膚のトラブルの中でも、一番多く、厄介なのが、地肌にフケが広がることです。これは自分だけでなく、他人にも不快感を与えてしまいます。

フケは自分だけでなく他人おも不快にする

ターンオーバーが正常でなくなった場合、つまり、28日周期が短くなり過ぎると、フケが多くなります。
これは、各表皮細胞が、各自の役割を全うせずに角質層にまで到達し、フケになると考えられるからです。
フケを防止するには、表皮細胞のターンオーバーを正常にすることが重要です。
そのためには、規則正しい日常生活がキーポイントとなります。
毎日の生活レベルで、出来るフケコントロールを守り、フケの出ない美しい髪を目指すようにしましょう。
それにはフケを出さないケア法が必要です。

フケを出さないフケコントロール法

フケを出さないようにする、フケコントロール法は、次の3つの方法があります。

適切なシャンプー

先ずは、頭皮と髪を清潔にすることが大前提と言えましょう。
特に乾燥したフケなら、頭皮用化粧水などを付けて、乾燥を防ぐことが重要です。

食事に気を付ける

辛いものや、甘いもの、お酒などの刺激の強いものは摂取を控えた方がいいでしょう。
バランスの良い食事を心がけることが、フケ防止に重要な要素です。

ストレスを掛け過ぎない

イライラなどの精神的ストレスも、フケの増加の要因となります。
髪ももちろんですが、頭皮の状態も十分に、精神状態と関係があるのです。

美髪を育てよう

髪の毛が乾燥状態にありますと、髪の毛の水分が、キューティクルから奪われてしまいます。
美しい髪が損なわれます。
美しく瑞々しい髪は、美しい頭皮から生まれます。
その頭皮が乾燥していますと、フケや、かゆみなど、多くのトラブルを生み出します。
化粧水で、頭皮に潤いを与えることは、バリア機能の低下を防ぎ、トラブルの基を解消し、抜け毛を防ぎ、薄毛の進行を抑えることにつながる、と言うことを再認識することが肝心です。
化粧水はそうした大きな役割を果たしてくれるのです。

キューティクルは指紋と同じ人それぞれ違う

毛幹を切りますと、内側から順に、毛髄質、毛皮質、毛小皮という構造抜成っています。この内の毛小皮が、キューティクルと呼ばれている部分です。
髪のダメージ初期は、このキューティクルの損傷のせいで、ツヤがなくなり、痛みを自覚します。
キューティクルは、肌で言いますと、表皮と同じ役割を果たします。
魚の鱗のような形をしていますので、髪を柔らかく曲げることができます。
キューティクルが常に重なり合い整っていれば、健康な髪であると言う証拠です。
キューティクルが、はがれそうになっていると、髪が傷んでいると言うことです。
またキューティクルは、指紋と同じで、人それぞれ違います。

化粧水を使ってほしい人はこんな人

髪に水分を与え、健康的な髪にし、薄毛の進行を抑える化粧水は、髪にトラブルのある人は勿論、頭皮が乾燥し、カサカサな人は、ぜひ、化粧水の使用をオススメします。

日常的にフケやかゆみがある人

髪がいくら輝いていても、地肌にフケが溜まっていたら、それは美髪とは到底言えません。自分だけでなく、人にまで不愉快な思いをさせてしまうでしょう。
化粧水で潤いのある髪にしましょう。

血行不良の人

頭皮の血行不良により、血液の流れが滞り、髪に栄養が行き渡りません。
ほっておくと薄毛の進行を促進します。
シャンプー後のマッサージなどが効果的です。
化粧水を使うことで、乾燥した頭皮が蘇り、血行不良にも役立ちます。

紫外線を浴びやすい人

紫外線を浴びると、髪の頭皮も日焼けし、乾燥に拍車を掛けます。
頭皮も皮膚の一部です。
紫外線によるダメージは、抜け毛の要因にもなります。
頭皮や毛髪の傷みを防ぐ意味でも、帽子などで、紫外線をカットしましょう。

免疫力の維持で髪の底自家らを

最近「免疫力」という言葉をよく耳にします。
これは健康な髪を維持する上でのキーワードと言えましょう。
免疫力というのは、外から入ってきた細菌や、ウイルスなどの外敵から体を守る、防御システムのことです。
風邪のウイルス、汚れた空気、飛び交うチリやホコリ、カビなどの雑菌の中で暮らしていけるのは、この免疫力が働いてくれているからです。
風邪をひきやすい人や、病気に掛かりやすい人は、免疫力が弱い人と言えましょう。
こうした免疫力を維持することは、薄毛予防にとって大切なことです。
実は髪は外敵からの攻撃に、さらされやすい部分です。
免疫力が落ちると、最初に犠牲になるのは髪なのです。

頭皮ケアを中心に考えた商品群

スカルプケアが今一般的になり、頭皮ケアを中心に考えた商品の伸びは、増加傾向にあります。
髪だけでなく、頭皮まできれいになり、スッキリと頭も軽くします。
頭皮の健康維持に大いに役立つでしょう。
頭皮をきれいに維持するタイプ「頭皮クレンジング・シャンプー」
落ちにくい地肌汚れをすっきりさせる「頭皮クレンジング・ヒーリング」
地肌の汚れを落とす「プレシャンプー」
頭皮の状態を正常に導き、艶やか、潤いのある髪に「頭皮ケアシャンプー」
地肌を清潔に保ち、ふんわりとしたしなやかな髪に「頭皮ケアシャンプー」
頭皮のフケ、かゆみを抑える「頭皮ケアシャンプー」
頭皮を正常に、髪に輝きを洗える「頭皮リンス・コンディショナー」
頭皮と髪を理想の状態にする「頭皮トリートメント」
等があります。

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。