既に結構やばいかも?生え際のはげ進行度チェック!

日本人の薄毛進行は、生え際より、つむじ、頭頂部の薄くなる確率が高いのが特徴と言えます。これは諸外国のM字型の薄毛から始まるのと、少々違っています。薄毛が気になってきたら、男性型脱毛症(AGA)の服用がいいでしょう。しかし、このAGAにもどこまで進行したのかによって、その段階が決められています。それは高島分類法と、ノーウッド進行度分類が日本にはあります。そこで日本で一般的に使われていますノーウッドAGA 進行分類に焦点を当て、AGAのメカニズムとその進行度についてチェックしてみました。

脱毛の原因 男性型脱毛症(AGA)のメカニズム

薄毛、抜け毛は、若い年代から中高年の人たちまで、男性に限らず女性にも、たいへん幅広い層の人たちが関わっている、トラブルと言えましょう。
そのような薄毛、抜け毛の悩みを改善して行くために、「進行する脱毛」と、「一時的な脱毛」を分けて考えた方がいいでしょう。
ここでは、一時的な脱毛は、おいといて、進行するAGAについてそのメカニズムを考察していきます。
そして進行する脱毛であるAGAと、フィナステリドの関係について考察してみましょう。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

AGAによる「硬毛の軟毛化」

AGAは、ヘアサイクルの成長期が短縮し、太く硬い毛がだんだんと成長して、細く短い毛に置き換わっていくことで始まります。
通常は5年くらい伸びる髪の毛が、成長期が1年、あるいはもっと短くなり、抜けてしまいます。
髪の毛が十分に成長しないので、毛根もあまり太くならない内に、休止期に入ってしまいます。
その萎縮した毛根から3ヵ月位後に、新しい毛が生えてきて、それが1年もたたないうちに、また抜けてしまいます。
こうした状態を繰り返していきます。
そうやって毛根は、細く短く色素も少ない、柔らかな毛が増えて行き、産毛状態になってきます。
それがさらに進むと、休止期から成長期に移行しない、つまり新しい毛を生やさない毛根が増え、結果的に、細くやわらかい毛まで減ってしまいます。

AGAの主な原因はジヒドロテストステロン(GHT)

DHTは、男性ホルモンのテストステロンが、5α―リダクターゼという還元酸素によって変換されてできる、体内物質です。
男性は、思春期を迎えると、体が筋肉質となり、声変わりして、髭や陰毛が生え、ペニスが大きくなって、射精するようになります。
男性ホルモンのテストステロンは、こういった男性の、「男らしさ」を表現している物質で、おもに睾丸で作られます。
このようなテストステロンは、特に男性の心身にとって大きな役割を果たします。
このテストステロンから、酵素5α―リダクターゼの働きによって、DHTが作られると、毛乳頭が委縮し、毛母細胞の成長が抑制されます。

DHTを抑えるフィナステリド(プロペシア)登場

酵素5α―リダクテーゼには、1型と2型の二つのタイプがあります。
1型は、全身の皮脂腺が、広く分布するのに対して、2型は、前頭部、頭頂部の毛乳頭細胞、毛母細胞と前立腺にだけ、存在することが解っています。
飲み薬のプロペシアは、この5α―リダクテーゼの2型のみをブロックし、その働きを抑制する薬です。
そうすることで、前頭部や頭頂部で、「硬毛の軟毛化を促進するDHTの増加を防ぎ、AGAによる薄毛、脱毛の進行を食い止める」のです。
AGAによって成長期が短縮してしまった、髪の毛が育っていけば、髪がだんだん太くなり、毛根もたくましく育ちます。

AGAの進行度を知るにはハミルトン・ノーウッド分類法を

AGAに、初めて男性ホルモンの関与を、科学的に立証しましたのが、ハミルトンというアメリカの研究者です。
ハミルトンの実証以来、現在では、研究の科学レベルの進展とともに、AGAの遺伝について、詳しくわかるようになりました。
そしてアメリカの皮膚科医ノーウッド博士が、ハミルトンのAGAの型分類を整理し、ノーウッド分類法を完成させたのです。
この分類法は、二人の名前を取って、「ハミルトン・ノーウッド分類」と呼ばれ、現在では世界的に、AGA薄毛の進行度として使用されています。
自分が今どこまでAGAが進行しているか、一目で分かります。

AGAと男性ホルモンの関連について

1942年ホルモン学を専攻した、アメリカのハミルトンは、AGAに男性ホルモンが関与していることを科学的に証明したのです。
それは、詳細な臨床的観察から、AGAが起きて来る現象に、男性ホルモンの関与を明らかにしたのです。
1思春期以降に発症
2思春期以前に睾丸除去すると発症しない
3思春期に睾丸除去すると進行が止まる。
4テストステロンを投与すると、再び進行し始める。
ハミルトンはこうした、臨床結果を踏まえ、AGAに男性ホルモンが深くかかわっていることを実証したのです。

男性型脱毛症の診断基準

男性型脱毛症は、病気ではありませんが、特有の病態であるため、医学的な診断を下さなければなりませ。
ではどの程度髪が抜ければ、男性型脱毛症と診断されるのでしょうか。
男性型脱毛症は、髪が抜ける部位が、前頭部と、頭頂部に限られていますのが、大きな特徴です。
この発症に、男性型ホルモンが関わっている、ことを突き止めたハミルトンは、前頭部と、頭頂部における、脱毛の進行度を1~7段階に分類し、診断の指針としたのです。
AGAの診断を下す基準については、額の生え際から頭頂部までの距離で診断されます。ハミルトンは、「額の生え際の先端が 頭頂部の前方3センチを超えて後退を示す」を定義とし、後にこれを植毛外科医のノーウッドが「2センチ」に改定したのです。

AGAのハミルトン・ノーウッド分類

額の生え際から頭頂船まで、2センチという数字をAGAの臨界点としました。
欧米では、現在でも、「ハミルトン・ノーウッド分類」に、多少修正を加えたものをAGAの診断に使われているようです。
ハミルトン・ノーウッド分類は、日本にも輸入されましたが、日本人のAGAは、ハミルトンたちの分類とは少し異なっています。
それは、欧米の男性は、前頭部が薄くなる人が多いのに対して、日本人の場合は、前頭部の髪の毛が比較的保たれ、てっぺんの髪が少なる傾向が顕著になっていることです。
ちなみに、AGAの発症率は、欧米人と日本人とでは違います。
欧米では約50%の人がAGAになります。

ハミルトン・ノーウッド分類を日本人の脱毛パターンに合わして修正

日本では、ハミルトン・ノーウッド分類を、日本の脱毛パターンに合わせて修正したものを使う、皮膚科医師たちも多いようです。
その分類法を提唱しましたのが、以前札幌病院の皮膚科医高島巌氏です。
この高島分類では、額の生え際が臨界点に達していないのに、頭頂部は、薄くなっている2を加えたものです。
現在もAGAの人を診察する際には、この高島分類を使用するのが一般的となりました。ただし、AGAの進行過程を見るとき、人種によって、また個人差によって変わることもありますので注意が必要です。
自己判断の基準は、額の後退や、頭頂部の薄毛ですが、必ずしもパターンにとらわれず、気になったらすぐに皮膚科を受診することが肝心です。

ハミルトン・ノーウッド分類法の簡単な見方

ハミルトン・ノーウッド分類表は、AGAの進行度や症状によって、1~7の段階に分類されています。
この数字が大きくなるにつれ、薄毛の進行が進んでいると言うことです。

1型

髪の毛は健康な状態です。薄毛は始まってなく、髪も良好な状態です。

2型

生え際から少し薄毛が進行している状態で、周りが気付かない程度の薄毛です。

3型

生え際から完全に薄毛と分かる状態を言います。
この段階からは、早急に育毛対策が必要となります。
回復の見込みは十分あります。
この段階で、「プロペシア」の服用を考ええた方がいいでしょう。

4型

生え際から、頭頂部にかけて薄毛の進行がはっきり見られる状態です。
周りの人からも指摘されるように目立ってきます。
20代の若い人であれば完全な「若ハゲ」状態と言えましょう。
本格的な育毛対策に乗り出せば、回復の余地はあります。
この段階で本格的な「プロペシア」の服用が必要になってきます。

5型

この段階に来ますと、生え際から、頭頂部にかけて、薄毛の進行が顕著になってきます。ここでは育毛剤を使用しても、薄毛は進行し続けるでしょう。
ここまで来ると薄毛は、誰の目にも明らか、隠し切れない状態となります。
しかし本気になって育毛に務めれば、回復の余地はまだ残されていると言っていいでしょう。

6型

生え際から頭頂部にかけて、はっきりハゲが目立つようになります。
50歳以上の男性にはこのタイプが大勢います。
ここまで来ますと、育毛しても回復の望みは低いものと言えましょう。

7型

薄毛の進行は大きく、回復の可能性は完全に断たれます。
育毛しても望みはないので、かつらか、自毛植毛を行った方がいいでしょう。
ハミルトン・ノーウッド分類をわかり易く解説しましたが、こうした分類は、個人差があることは確かです。
人によって、症状によっても変わってきます。

AGAの日本での発症率は30%

ある製薬会社の調査で、日本人のAGAの発生率は20歳以上の男性で、約30%と発表されました。
それに比べて欧米人は約50%と高い数字を示しています。
その内、自分が薄毛と認識しています男性は、1260万人だそうです。
AGAは進行性の症状です。
薄毛にいったんスイッチが入ると、止めようがありません。
小さな点から広い範囲に渡って急速に広がっていきます。
それだけに1日も早く、その対策が必要になって来るのです。
今のところ最善の策として推奨されるのは、AGAの治療法を大きく変えた、飲む発毛剤プロペシアの服用が有力視されているようです。
このプロペシアは、5α還元酵素の活性化を阻害し、発毛を促進するフィナステリドと言う成分が含まれているのです。
ただし続けなければ効果が消えることになります。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。