こめかみハゲ対策と原因!主な原因はDHTの増加?

男性の髪が、年と共に薄くなっていく現象で、その内の多くの人は、「男性型脱毛症」と考えられています。いつもなら感じることのない雨粒を頭皮に感じてしまったり、短くて細い毛が増えてきた、家族や知人に「最近が薄くなったんじゃない」と指摘された時などさまざまな機会で、髪の変化に気付かされます。
この男性型脱毛症は、多くの男性を悩ませ、心を暗くさせてきたのです。
男性型脱毛症のことを、別名AGA と呼ばれています。
こめかみの薄毛は、このAGAの一つとして捉えられ、日本人に限らず、世界中の男性に現れる現象です。
この男性を悩ましているこめかみハゲ、上から見たら、丁度ローマ字のMに似ているところから、M字ハゲとも呼ばれています。
その要因と対策法を検証して行きます。

男性型脱毛症を引き起こすその要因は

「どうして男性型脱毛症になってしまったのか?」と思ってしまう男性は多いでしょう。この要因としましては「遺伝」と「ホルモン」の関係、この2つが大きな要因として挙げられましょう。
男性ホルモンの関与を始めて科学的に実証したのが、アメリカのホルモン科学者のハミルトンという研究者と言われています。
同時に、男性ホルモン投与で、脱毛が進行した男性の家系には、男性型脱毛症の人が多く、逆に、男性ホルモンの投与で、脱毛が表れなかった男性の家系には、男性型脱毛症の人が少ないと言う結果が出ました。
これにより、男性型脱毛症は、遺伝と男性ホルモンが深い関係があることを実証したのです。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

AGA薄毛と遺伝、ホルモンの関係

遺伝で、親から子へ伝わる体質は、AGAに大きな関わりがありますが、必ず発症するとは限りません。
脱毛に関しましては、加齢やストレスなどが誘因となって、スイッチが入って発症すると言う説です。
男性ホルモンについては、届く場所によって働きが変わり、額の生え際と頭頂部だけで脱毛を促進する作用が起こります。
これはホルモンによって作用が変わると言う、ホルモンの性質から起こる現象です。
実は男性ホルモン(テストステロン)には「毛を増やす」という作用があるのですが、前頭部と、頭頂部の毛乳頭に多くある、酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛を促進する物質が作られます。

AGAの発生率は約30%

AGAは、いくつかの誘因が重なって発症します。
遺伝やホルモンの多少にかかわらず、その発症には個人差があることも明確化されています。
ある製薬会社の行った調査によれば、AGAの発症率は、20歳以降の男性で、約30%という数字が示されています。
また自分が薄毛であると認識している男性は、日本で、1260万人、そのうち気にかけているのは、800万人、何らかのケアを行っている人は650万人というデータがあります。
AGAは、遺伝やホルモンと大きく関わっていることは分かっていますが、一つの原因で起こるわけではありません。

こめかみハゲの主な要因

男性ホルモンには、2種類あります。
大まかに分けて、テストステロンとジヒドロテストステロン(DHT)です。
これは、成人男性では、おもに睾丸から、一部は副腎から分泌されます。
テストステロンの作用は、精子を作る、筋肉や骨格を発達維持させる、大脳皮質を発達させるなど、いい意味での男性気質をつかさどるホルモンと言えましょう。
一方DHTは、思春期以降に、悪い作用しか起こさない、男性ホルモンと言えましょう。
そのDHTは、テストステロンから変換されてつくられるホルモンです。
このDHTが、こめかみハゲに大いに関係してくるのです。

こめかみハゲはDHTの増加によって起る

DHTは、男児がお母さんのおなかにいる時期(妊娠期)では、陰嚢や陰茎などの男性器の発達に関与してきます。
DHTは思春期を過ぎると、頭部の脱毛(こめかみハゲ)逆に、髭や体毛を濃くしたり、皮脂を過剰分泌させたりします。
高齢者には、前立腺肥大を発症させたりする、いわば悪玉男性ホルモンなのです。
この悪玉男性ホルモンを、抑えることができるのが、「フィナステリド」という薬なのです。つまり商品名「プロペシア」なのです。
こめかみハゲが起こる要素は、DHTの増加だけでなく、亜鉛不足、遺伝的要素などは主な要因として挙げられます。

こめかみハゲの対策

AGAの一つとされています、こめかみハゲの対策は、多岐に渡ってあります。
亜鉛の摂取、育毛剤、ノコギリヤシの摂取、大豆イソフラボソの摂取等が考えられます。しかし一番有効と思われますのがプロペシアの服用でしょう。
これは男性型脱毛症(AGA )の治療として、日本皮膚科学会が出した、治療ガイドラインとして、強く勧めている内服薬だからです。
このアメリカで開発された、男性型脱毛症の進行を食い止める薬、プロペシアという薬が、どのような仕組みで、男性型脱毛症、こめかみハゲを食い止めるか詳しく述べて行きます。

フィナスナステリド(プロペシア)による脱毛抑制治療

薄毛が目立ち始まる年代にとって、人によって差がありますが、一般的にはこめかみハゲの大きな特徴として、薄毛、脱毛が始まると、それが年月の経過とともに、進行していくことです。
ですからこめかみハゲのへの対拠としましては、薄毛、抜け毛の進行を食い止めること、このための治療が大切なこととなりましょう。
このプロペシアという薬が、どのような仕組みでこめかみハゲの進行を食い止めるのかを知るのも重要な事と言えましょう。
こめかみハゲは、DHT という悪玉菌という、体内物質が主な原因として起こることが解っています。
プロペシアンの服用によって、DHCの増加を抑え、脱毛の進行を抑えるのです。

飲むタイプと付けるタイプがある

現在の内科治療では、飲むタイプの発毛剤「プロペシア」と、つけるタイプの育毛剤「リアップ」「ロゲイン」があります。
飲むタイプのプロペシアは、承認された薬で、発毛作用のある「フィナステリド」と言う成分が、1錠中に、1㎎含まれています。
効果がある場合は、服用して3ヵ月位から症状が改善され始めます。
一方付けるタイプの育毛剤リアップは、発毛効果のある、ミノキシジルが1%の濃度で入っています。
これは頭頂部に有効性が認められた薬です。こめかみハゲの場合、進行が頭頂部まで進んだ場合は有効とされている薬です。

飲む発毛剤プロペシアの副作用について

薬には、多くの副作用があることは一般的な常識となっています。
しかしプロペシアに関しては、2006年に発表された論文では、プロペシア3年間の服用で、重篤な副作用は1例も見られなかった、と言う報告が示されています。
発売当初は、男性機能低下症などが危惧されたものですが、理論的に考えにくく、臨床的には否定されている、と言うのが現状です。
しかし一つだけ注意したいのは、妊娠中の妊婦の服用です。
胎児に影響する可能性があるとの見方もあり、服用は避けた方がよさそうです。

薬での治療は、1年が目安

内服薬プロペシアの効果は個人差が有りますが、6ヵ月から1年続けたところで、その効果を判断し、その後の治療経過を見直すことも大切と言えましょう。
プロペシアの説明書には確かに、6ヵ月投与しても、脱毛症の進行遅延が見られない時は、投薬を中止する、ことと書いてあります。
プロペシアの処方は、薄毛治療を専門としない、内科医でも可能ですが、その経過に関わらず投与を続けている場合もありますので、出来たら、皮膚科や、専門の医師に相談することが肝心です。

こめかみハゲ その他の対策

こめかみハゲの対策として、AGA の飲み薬プロペシアや、塗り薬リアップ対策のほかにも、多くの対策があります。
診療医院、クリニックで診療を受けることも対策の一つと言えましょう。
こめかめハゲの場合、それが認められた時からの進行は、驚くほど速いケースも症例として報告されています。
「知らないうちに、いつの間にか頭頂部まで広がっていた」ということにならないよう、早めの治療・対策が必要でしょう。

大豆イソフラボンを積極的に摂取しよう

現在欧米の影響を受けて、日本人の食生活の変化は大きく変わりました。
食事は「髪への投資」の中でも、最も重要な要素です。
髪を大切にするのは、まず日常生活の食事改善が何よりも必要となりましょう。
そうした中で、こめかみハゲの対策として重要な一つに、大豆イソフラボンの摂取があります。
イソフラボン配合の育毛剤を選ぶことも、こめかみハゲの対策の一つと言えましょう。
この栄養素はこめかみハゲだけでなく、各種の効果があります。
美肌効果、ダイエット効果、バストアップ効果、更年期障害、生活習慣病にも効果も認められています。
そして骨の量が減少して、スカスカになり、骨がもろくなる骨租髪症への効果もあります。

亜鉛の摂取もこめかみハゲに効果

亜鉛は薄毛、抜け毛対策にとって重要な栄養源と言えましょう。
一般的に言って、家庭での食事では、日常的に不足していると言っていいほど、栄養素と言えましょう。
亜鉛摂取の場合、その効果は大きく分けて2つあります。
1髪の毛の90%を占めるケラチン合成の役割を担う効果です。
25αリダクターゼ酵素を抑制することです。
5αリダクターゼ酵素は、抜け毛の原因ですので、必然的に抜け毛対策の効果として、その栄養源となります。
その代表的な食品としては、生カキ、煮干し、たたみいわし、豚レバーなどです。

ノコギリヤシの摂取もこめかみハゲの重要な要素

ノコギリヤシは、北米の大陸南部からメキシコにかけて、見られる植物です。
摂取する方法は、一般的に言ってサプリメントからの方法になります。
AGA 対策用の育毛剤に含まれています。
育毛剤の使用について、注意したいことは、持病に影響することもあります。
特に、高血圧、低血圧,不整脈、心臓疾患、腎臓疾患などの病気は、要注意です。
育毛剤だから副作用はない、とは言切れません。
養毛剤の成分は、製薬にしろ、生薬にしろ、人体に何らかの作用を及ぼすわけで、使い方によって、それが行き過ぎたりした時は、目的とは違う作用をもたらす可能性があります。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。