円形脱毛症でもパーマ・カラーは大丈夫? 〜ハゲだっておしゃれしたい〜

c7a9f0c4

自分では気づかずに人から言われて気づいた円形脱毛症。
初めての円形脱毛症だと「まさか自分が!?」と思うでしょう。
同時に「白髪があるからカラーしたい」とか「ボリュームがないからパーマかけたい」と思うけど大丈夫なのか?
もう一つ悩みが増えるのは辛いもの。
今回は円形脱毛症とおしゃれについて解説します!

パーマ・カラーのメカニズム

パーマやカラーはおしゃれをする上で人をとても美しく魅せてくれるものです。
髪色を変えて気分を変える、白髪で老けて見えるから白髪隠しで染める、ボリュームを出して若々しく見せるためにパーマをかけるなど、人によって様々な理由でパーマ・カラーに頼る部分も多いと思います。
しかし、パーマやカラーは科学的な薬剤で体質によっては刺激を感じる人がいるのは事実です。
だとしたら、やはり円形脱毛症の人はパーマ・カラーをしないほうが良いのでしょうか?
パーマがかかる仕組みとカラーが染まる仕組みについて解説し、円形脱毛症の原因から関連性を検証していきます。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

パーマがかかるメカニズム

images-3-jpg

(出典: http://beautynavi.woman.excite.co.jp/style/detail/4403
パーマ剤の成分表と働きの表をご覧ください。
■1剤の成分

成分 働き
還元剤 毛髪のシスチン結合を切断する。
アルカリ剤 毛髪を膨潤・軟化。

還元剤を活発に働かせる。

コンディショニング成分

毛髪保護成分

補修成分

毛髪の手触り向上

毛髪補修・保護

その他 品質保持

■2剤の成分

成分 働き
酸化剤 切断したシスチン結合を再結合させる。
コンディショニング成分

毛髪保護成分

補修成分

毛髪の手触り向上

毛髪補修・保護

pH調整剤 薬剤のpH保持
その他 品質保持

パーマは1剤と2剤に分かれており、還元作用と酸化作用によってかかります。
1剤中の還元剤が毛髪のシスチン結合という比較的強い結合に水素を与えてシスチン結合を切断します。
その後2剤中の酸化剤が還元剤と逆の作用の水素を奪うことでシスチン結合を再結合させます。
この1剤と2剤は混ぜて使用しないで、順番に塗布していきます。
毛髪がロッドに巻かれた状態でこの還元・酸化作用が起こることで、毛髪をクセ付けることができパーマがかかります。

カラーが染まるメカニズム

images-4-jpg

(出典: http://mnky.jp/25479/2
次にカラー剤の成分と働きをご覧ください。
下記はアルカリタイプの酸化染毛剤です。
■1剤の成分

成分 働き
酸化染料 発色させる
アルカリ剤 毛髪を膨潤・軟化。

還元剤を活発に働かせる。

コンディショニング成分

毛髪保護成分

補修成分

毛髪の手触り向上

毛髪補修・保護

その他 品質保持

■2剤の成分

成分 働き
酸化剤 1剤中のアルカリ剤と結びつき活性酸素を放出させる。
コンディショニング成分

毛髪保護成分

補修成分

毛髪の手触り向上

毛髪補修・保護

pH調整剤 薬剤のpH保持
その他 品質保持

アルカリタイプの酸化染毛剤とは一般的におしゃれ染めや白髪染めで使われており、1剤と2剤に分かれているタイプです。
① 1剤中のアルカリ剤が毛髪を膨潤させ、キューティクルを開きます。
② 1剤中のアルカリ剤が2剤中の酸化剤(過酸化水素)を分解することで活性酸素を放出しメラニン色素を分解します。
③ その活性酸素は酸化染料を酸化して発色させます。
これらの反応が毛髪内で同時に起きています。
要はメラニン色素を分解することで髪を一度明るくし、そこに染料で色を乗せていくということです。
使用するときは1剤と2剤を混合して使用します。

円形脱毛症の原因

images-5-jpg

(出典: http://xn--8dr584ai6i0a810jsc914h2f0a.com

① 自己免疫疾患

通常人間は免疫機能を持っており体内に異物が入ってくると排除する機能があります。
この機能が何らかの影響で自分自身の正常な細胞や組織を異物と判断し攻撃をしてしまうのだそうです。
円形脱毛症の場合は毛根を異物と判断して攻撃し、毛根が傷んで抜け落ちてしまいます。
このような異常が起こる原因はまだ解明されていないそうです。

② ストレスの影響

強い精神的ストレスを受けることで交感神経が活発に働きます。
長くストレスが続いたり、ストレスが強かったりすると交感神経が異常をきたし、血行に影響が出てきます。
その結果、頭部の血流が悪くなり毛根へ栄養がいかなくなることで毛髪が抜け落ちてしまいます。

③ 遺伝的な影響

様々な国が円形脱毛症と遺伝の関連性について研究をしており、その中で親等が近いほど発症する確率が高いというデータもあります。
2親等(兄弟・祖父母・孫)よりも1親等(親・子)の方が高いと言われています。

④ アトピー素因

アトピー素因とは気管支喘息・アトピー性皮膚炎・結膜炎・アレルギー性鼻炎のうちいずれかを持っている人のことです。
円形脱毛症を発症した人の半数近くがアトピーの人であると報告されています。

円形脱毛症とパーマ・カラーの関係

ここまではパーマとカラーの成分とメカニズムと円形脱毛症の原因について解説してきました。
原因を見る限り直接パーマとカラーが円形脱毛症の原因とはなっていないようですが、すでに抜けてしまった所に薬剤が付くとどうなるのか解説していきます。

円形脱毛症とパーマについて

パーマの成分で刺激がありそうなのは、シスチン結合を切断する還元剤と、毛髪を膨潤させるアルカリ剤、シスチン結合を再結合させる酸化剤です。
その中で特にアルカリ剤は、直接的な刺激の元となっていたり、髪や皮膚のタンパク質を溶かしてしまう可能性があります。
頭皮や髪に対しての負担はかなり大きい成分です。

円形脱毛症とカラーについて

カラーの成分で刺激があるのは酸化染料とアルカリ剤、過酸化水素です。
アルカリ剤はパーマ同様髪と頭皮に対して負担の大きいものですが、アルカリ剤と過酸化水素が結びつくことで強力な活性酸素を放出します。
頭皮や髪はただでさえ空気でも酸化しているのに、活性酸素により酸化スピードが上がります。
活性酸素により負担が更に強まります。
また、酸化染料はジアミン染料と言われるアレルギー物質です。
体質によってはかなり負担の大きい成分となります。

パーマとカラーが及ぼす影響

パーマとカラーが円形脱毛症に影響を及ぼすとは100%言い切れませんが、メカニズムや成分を見ると少なからず円形脱毛症に関係する様な気がします。
円形脱毛症は毛根が傷んで抜け落ちているので、パーマやカラーなどの薬剤は更に刺激になり傷ませる可能性があります。
上記のような成分などが刺激になって、頭皮の環境が悪化することで円形脱毛症の範囲が広くなるのと、1ヶ所だけだった円形脱毛症が複数になる多発型円形脱毛症になる可能性もあります。
治療のために内服薬や外用薬を使っているのに、パーマやカラーの影響で治療が思うように進まないことも起こり得ます。
ですから、円形脱毛症の人にはパーマやカラーはあまりお勧めできません。

どうしてもパーマ・カラーをしたい時は

円形脱毛症の人はあまりパーマ・カラーをお勧めしないとは言いましたが、どうしてもやりたいという人もいると思います。
そういう人は

美容院で染める

fa37bac79026a7ce2381bd07ea82cfdf

(出典: http://keanu.wp.xdomain.jp/wp-content/uploads/fa37bac79026a7ce2381bd07ea82cfdf.jpg
自分で染めないで美容院で染めるようにしましょう。
自分で染めるとどうしても患部にもカラーがついたり、染まりが良いように刺激も強い場合があります。
美容院だと患部を避けて塗布してくれますし、市販のものよりも刺激は抑えてあります。
値段は確かに高いですが、仕上がりは自分でやるよりもキレイですしリラックス効果もあります。
どうしても染めたい場合は円形脱毛症の期間だけは必ず美容院で染めましょう。

ヘアマニキュアを使う

6854

(出典: http://www.minx-net.co.jp/staffblog/satoru_tsuchiya/upload_images/6854.jpg
美容院に行くお金もないし、時間もないと言う人はヘアマニキュアをお勧めします。
ヘアマニキュアはイオン結合により染料が吸着し、髪の表面に色が付くものです。
強い刺激もありませんし、酸化染料でかぶれる人が行うこともあります。

しかし、注意があって一つは明るくしたい人には不向きです。
先程も言いましたが、ヘアマニキュアは髪の表面に色が付くものです。
酸化染料の様に明るくしてから色を入れるものではありませんので、向いている髪は白髪隠しをするケースになります。
白髪ですと、白い部分に色がきれいに入りますのでヘアマニキュアを最大限に楽しめます。

もう一つは、皮膚に付くとすぐには色が落ちないということです。
酸化染料の様にクリーム状で油分が多いわけではなく、ヘアマニキュアはジェル状でイオン結合で素早く吸着します。
専用リムーバーもあるようですが、完全に落ちるわけではなくシャンプーなどで徐々に落ちていくことが多いです。
自分で施術する際には細心の注意を払い塗布しましょう。

パーマは酸性パーマでかける

c7a9f0c4

(出典: http://blog.livedoor.jp/place1126/archives/cat_50050817.html
最後にアルカリパーマでかけないで酸性パーマでかけるです。
基本的に円形脱毛症の場合はパーマもお勧めしませんが、頭皮の刺激の原因となるアルカリ剤が未配合の酸性パーマなら頭皮の刺激もかなり減ります。
酸性パーマも還元剤と酸化剤を使ってかけていくのですが、ダメージの一番の原因となるアルカリ剤が入っていませんので、かなり負担が少ないです。
もし、どうしてもかけたい場合は医師と相談し大丈夫であれば、酸性パーマ剤を扱っている美容室でかけましょう。
そして、なるべく円形脱毛症部分にパーマ剤が付かないような工夫をしてもらいましょう。

こんな人は注意が必要

大丈夫なケースをお伝えしましたが、次に挙げる人は注意が必要です。

ステロイドで治療している人

ステロイドの外用薬や内服薬を免疫機能が過敏になっている可能性がありますので、アレルギーを引き起こす可能性があります。
それにより円形脱毛症が悪化する可能性は高いです。

自己免疫機能が原因の円形脱毛症の人

この場合も免疫機能が、過敏になっている可能性があります。
更に症状が悪化するのと、アレルギーを引き起こす可能性がありますので注意しましょう。

アレルギーやアトピーなどがある人

円形脱毛症の時は通常よりも毛根が傷んでいる可能性があります。
アレルギーやアトピーがあると頭皮も敏感になっています。
そうなると発毛する環境ではなくっているところに科学的な成分で刺激のあるパーマやカラーが付く事で治りが遅くなるかもしれません。
自分の体質を把握しておきましょう。

円形脱毛症の人は細心の注意を

基本的に円形脱毛症の人はパーマやカラーをしない方が良いのは前提ですが白髪が気になったり、芸能人が素敵な髪型だと真似したくなりますよね?

そういう場合は美容室で染めたり、ヘアマニキュアにしたり、酸性パーマにしてみたりなど工夫をしてみてください。
それと同時に医師と美容師に相談してみましょう。

一番は円形脱毛症症の完治ですので、それを第一にして医師などに相談しておしゃれを楽しみましょう!

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。