【ここが違う!】富士額とM 字はげの違いをどこよりもわかりやすく解説!

富士額とM字ハゲは、共に生え際を表現する言葉です。ただし両者には大きな違いがあり、M字ハゲを放置しておくと、どんどん後退してしまい、頭頂部までの髪の毛が全部なくなってしまう状態にまで進行します。このような事態にならないためには、正確な知識を身につけなくてはなりません。そこで、これから富士額とM字ハゲのそれぞれについて、説明していくことにします。


(出典:http://www.mw-personal.jp/img2/kariganebitai.jpg

富士額とは?

富士額は、生え際部分が富士山の稜線のような形になっている額のことで、かなり古い時代から美人の代名詞とされてきたことが知られています。平安時代には、ハマグリなどの二枚貝をピンセットのようにして、額の形を整えるために生え際部分の髪の毛を抜いていたようです。痛い思いをしてでも綺麗になりたいというのは、現代の女性がレーザー脱毛を行うのと共通しています。

なお、富士額に憧れる女性が多かったのは、容姿を決定づけるポイントだったということだけではありません。人相学的にも、結婚運が良いとされているのです。特に、額が広いタイプの場合は、家庭的な良相であると規定されています。

家族や社会に関する価値観が変化した現在では、家庭的という言葉は必ずしもポジティブな意味を持たなくなっており、それにつれて富士額の値打ちも低下しています。ただし、和服が似合う美人の条件にあげられるように、マイナスの印象を与えるだけの言葉ではありません。


(出典:http://up.gc-img.net/post_img/2014/01/MQ2yW14iLSMXwec_PyFVP_69.jpeg

M字ハゲとは?

M字ハゲは、生え際部分が後退するタイプの薄毛のことで、中年以降の男性に多いのが特徴です。M字ハゲと名付けられている理由は、生え際がアルファベットのMのような形に見えるからです。これは、AGAという症状の典型的な形態で、男性ホルモンが変化して作り出されるDHTという物質が根本的な原因です。

ちなみに、基本的には遺伝により受け継ぐ体質のようなもので、進行したとしても病気になるような心配はありません。ただし、見た目は大きく変わってしまうので、異性からの評価はシビアなものとなってしまいます。少なくとも、結婚運を良くするというようなポジティブな印象を与えることはありません。この点が、富士額との決定的な違いです。

(出典:http://results-exam.com/wp-content/uploads/2016/01/m.png

M字ハゲの仕組み

M字ハゲの大部分を占めるAGAは、思春期以降に徐々に進行する症状です。これは、この時期に分泌量が急増する男性ホルモンのテストステロンの一部が、5αリダクターゼという還元酵素に変換されてDHTが生産されるからです。この物質が、毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合することにより、皮脂の分泌量が過剰になると共にヘアサイクルが狂わされてしまいます。

なお、ヘアサイクルとは、発毛と脱毛とを繰り返すサイクルのことで、成長期・退行期・休止期という3つの段階があります。成長期は1か月に1cm前後のペースで髪の毛が伸びている状態で、男性は3年~5年程度継続します。これは、毛根内部の毛母細胞が細胞分裂を順調に繰り返している状態ですが、時期が来ると活動は停滞してしまいます。

これが、退行期と呼ばれる状態で、期間は2週間~3週間程度です。そして、次に毛母細胞が活動を停止してしまう休止期へと移行します。この期間は大体3か月程度で、再び毛母細胞の活動がスタートして新しい頭髪が作り出されることにより、下から押し出されるような形で古い髪の毛は抜け落ちてしまいます。

つまり、ヘアサイクルが正常に機能している限りは、髪の毛が抜けても直ぐに生え変わるので、薄毛になる心配はないということです。ところが、AGAの場合はこのようなわけにはいきません。何故なら、本来であれば3年~5年続くはずだった成長期が、半年~1年程度にまで短縮されているからです。長く伸びる前に抜けてしまうので、当然薄くなってしまいます。

また、過剰に増加した皮脂により、細菌が繁殖するなど毛根にはトラブルが起こりやすい状態になっているために、毛包のサイズが徐々にミニチュア化してしまいます。これにより、短い毛や細い毛が占める割合が多くなり、さらに薄毛が進行することになります。

ちなみに、AGAに関与している特殊な還元酵素は、生え際から頭頂部にかけての毛根に存在しているので、薄毛になるのはこの範囲に集中します。つまり、つむじ周辺部が円を描いたように薄毛になるO字ハゲも原因は同じということで、M字ハゲと同時に進行するケースも少なくはありません。

なお、日本人男性のAGAの発症頻度は、約30%と考えられています。発症のカギを握っているのは、5αリダクターゼの分量と、毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体のDHTに対しての感受性です。これらは、いずれも遺伝により決定されるもので、前者は父方、後者は母方から受け継ぐと考えられています。

(出典:https://hagelabo.jp/uploads/picture/image/504/thumbnail_imasia_9253820_M.jpg

M字ハゲの見分け方

M字ハゲは、生え際部分の髪の毛の成長が阻害されていることが原因で進行します。具体的には、6ヵ月~1年程度しか伸びなくなっているので、6cm~12cmほどで抜けてしまうことになります。また、毛包のサイズも縮小するので、髪の毛が細くなるということも重要なポイントです。

スポンサードリンク

つまり、抜け毛の中に短い毛や細い毛の割合が多くなった場合は、M字ハゲが進行していると見て間違いありません。さらに、皮脂の分泌量も増加しているので、頭皮がてかっており、ニキビができやすい状態になっています。これらの点は、生まれつきの富士額とは明らかに異なる部分で、見極める際の手掛かりとなります。

なお、M字ハゲの根本原因であるAGAは、遺伝的な要因が強く関与しているので、事前にある程度の予測が可能です。つまり、血縁者にM字ハゲの人がいる場合は、自分もそうなる可能性があるということです。以上をまとめると、次のようになります。

・短い毛や細い毛が抜ける
・頭皮がオイリーでニキビができやすい
・血縁者にM字ハゲの人がいる

これらを伴ったうえで、生え際が富士山のような形になってきた場合は、高確率でM字ハゲと思われます。


(出典:http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/41b09bba6e0d8869206b4f7f407ce6165e85eef1.25.2.9.2.jpeg

M字ハゲの治し方

髪の毛に関する研究が進められた結果、現在では薄毛に対しての治療も本格的にスタートしています。これは、M字ハゲに関しても同様で、初期の段階で治療を受ければ元の状態に回復させることが可能です。また、病院での治療以外にもいくつかの方法があります。この節では、それらの方法について紹介していきます。


(出典:http://aga-king.net/wp-content/uploads/2015/12/11-620×300.jpg

プロペシア

M字ハゲなどのAGA治療の中心は、飲む育毛剤とも呼ばれているプロペシアという内服薬の処方です。この治療薬は、1年間の臨床試験で98%という驚異的な高確率で効果が発揮されたことが確認されており、2,005年に厚生労働省に承認されています。

このプロペシアの作用機序は、Ⅱ型5αリダクターゼの酵素活性を阻害するというものです。これにより、DHTの生産が抑制されるので、皮脂の分泌量が正常化し、ヘアサイクルも元の状態に回復します。つまり、短縮されていた成長期が再び長くなるので、薄毛が自然と改善されることになります。

なお、プロペシアはAGA治療を行っているクリニックでのみ販売されており、店頭や大手通販サイトなどで購入することは出来ません。また、AGA治療は保険診療には分類されていないので、健康保険は適用されず、費用は全額自己負担となります。ちなみに、自由診療なのでクリニックごとに金額には違いがありますが、1か月に1万円前後が平均的な相場となっています。


(出典:http://www.hairmedical.com/propecia-aga/img/image3.jpg

育毛剤

国内で実施されたプロペシアの臨床試験は、成人男性のみを対象としていたので、未成年者に対しての安全は確認されていません。このために、20歳未満に対しては処方されていないので、他の方法を選択しなくてはなりません。薄毛を改善するための最も一般的な方法といえば、育毛剤を利用することです。

現在では様々な育毛剤が開発されており、薄毛のタイプに合わせて適切な選択が可能です。M字ハゲに悩んでいる人にオススメなのは、薬用プランテルという商品です。この育毛剤は、M字を克服したユーザーからの支持率第1位を獲得しており、まさにうってつけの内容を備えています。

プランテルがM字ハゲに効果を発揮する仕組みは、プロペシアとほぼ同様です。配合成分のヒオウギエキスとビワ葉エキスが、DHTの生産を抑制することにより、ヘアサイクルが正常な状態に回復します。

なお、プランテルの単品価格は9,800円とプロペシアとほぼ同額ですが、こちらは1本で50日使えるので経済的には優れています。しかも、定期購入の場合は6,800円になるので、さらにお得な値段で購入できます。


(出典:http://www.aege.jp/img/plantel3.jpg

大豆性食品

納豆や豆腐、豆乳などの大豆性食品は、フラボノイドの一種であるイソフラボンという成分を豊富に含有しています。この成分は女性ホルモンのエストロゲンと非常によく似た構造で、DHTの生産にかかわっている5αリダクターゼの活性を阻害する作用があることが確認されています。

このために、食生活に大豆性食品を取り入れることにより、M字ハゲに対しての予防と改善の効果を得られるということになります。

(出典:http://www.submiturlwebdirectory.com/img/daizu2.jpg

まとめ

富士額とM字ハゲは、まさに似て非なるもので、放置してしまうと10年後、20年後には明らかな違いが表れます。見た目で判断できない場合には、抜け毛や頭皮の状態、血縁者の薄毛の割合などから判別しなくてはなりません。

ただし、M字ハゲに関しての治療法は既に確立されているので、それほど深刻に考えなくても大丈夫です。発症してから5年以内であれば、プロペシアにより回復させることが可能です。このために、自分では見極められないという人は、AGA治療を行っているクリニックで診察を受けるようにしましょう。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
スポンサードリンク
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。