いくつ当てはまる?薄毛の原因20選!

いくつ当てはまる?薄毛の原因20選!

■薄毛の原因は本当に様々!

あなたは、何故自分が薄毛に悩むようになったのか、その原因をしっかりとつかんでいますか?

自信をもって「これが原因です!」と言える方はかなり少ないのではないでしょうか?それほど、薄毛の原因は様々です。

本来の原因を知らぬまま、闇雲に発毛や育毛を試したところで、良い効果は得られません。自らの薄毛の原因を把握して、最良の薄毛対策をしたいところですね!

また、ここでご紹介している原因に該当することを避ければ、薄毛のリスクが軽減できるということにもつながります。

薄毛が気になってきた方も、いま薄毛で悩んでいる方も、しっかりと原因を把握しておくことは重要です。

■1.ストレス

もはや現代病といっても過言ではないストレス。ストレスが原因で様々な症状が体に起きるといわれていますが、薄毛もその中の一つとされています。

ストレスが溜まると、内臓器官の機能が低下し髪に必要な栄養素が生成されにくくなることや、自律神経がおかしくなってしまい、血の巡りが悪くなってしまいます。

更に、ストレスは男性ホルモンを過剰分泌させてしまいます。

そして薄毛の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」を生成してしまうことに。AGAについてお悩みの方や、発毛剤に興味のある方はご存知の成分です。

DHTが生成されると非常に困るのが、せっかくDHTを抑える発毛剤などを服用しているにもかかわらず、ストレスによってDHTが生成されてしまうので思ったよりも効果が上がらない点。

発毛剤や育毛剤を使用したり、食生活を変えてみたり、薄毛に対して試行錯誤をしているにもかかわらずあまり効果が表れない場合は、ひょっとするとストレスが原因かもしれません。

それほど、ストレスは薄毛にとって天敵なのです。

■2.食生活の乱れ

薄毛の原因の中でも「わかっているけど触れたくない」のが食生活についてではないでしょうか?ストレスと並び薄毛の大きな原因のひとつとされています。

油っぽいものを食べれば、摂取しすぎた油を体外に排出しようとします。その結果頭皮からも皮脂が多く排出され、炎症や毛穴詰まりの原因となります。

また、寝る前に食べるのも良くありません。体内の血液が胃の中の消化を助けるために集中してしまい、頭皮に血が巡りにくくなってしまいます。同じ理由で、暴食もよくありません。

ただやはり「食事くらいは好きにしたい!」というのが人の性。非常に気持ちはわかります。

勘違いしてはならないのは「食事制限をしましょう!」とお伝えしたいのではありません。むしろ、髪に良いとされる食べ物はかなり種類が豊富です。それこそ多少でも意識をもって食事を選ぶだけでも大きな変化につながります。

もちろん、本気で取り組めば食べられるものはかなり制限されます。自分の出来る範囲で心がけることが重要です。

■3.眼精疲労

眼精疲労は目付近の血液の巡りが悪くなることが主な原因です。
そしてその血管は頭皮につながっています。

つまり、目の疲れはダイレクトに髪の毛にも反映されるということです。特にM字ハゲや側頭部の薄毛の原因として眼精疲労が挙げられることが多いです。

現代では、パソコンやスマートフォンが普及していることに加えて、こういった機器を使用するのは若者が多いため、20代、30代で薄毛に悩んでいる方は、眼精疲労を取り除く努力をしてみるのも良いかもしれません。

■4.ダイエット

暴飲暴食や肥満体型も髪にとって良くないことではありますが、ダイエットも仕方によっては注意が必要です。

特に食事制限によるダイエットは、必要なカロリーや栄養素が不足しがちであり、結果髪や頭皮に栄養がいきわたらなくなってしまい、抜け毛の原因になることがあります。

人間の体には栄養素を行きわたらせる優先順位が決まっていますが、その中でも直接生命活動にかかわらない髪や頭皮は後回しにされてしまいます。

食事制限によるダイエットを実践している中で、抜け毛や薄毛が気になってきた場合は食事メニューの見直しやサプリメントによるビタミン補助が必要でしょう。

■5.ホルモンバランスの変化

髪にとって重要と言われているのが「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンです。そしてこのエストロゲンが減少し、男性ホルモンが増えてしまうと、薄毛につながってきます。

とはいえ、サプリメントなどでエストロゲンだけを多量に摂取していればいい訳ではなく、あくまでバランスが重要です。

■6.頭蓋骨のズレ

頭皮は頭蓋骨の上に被さっている訳ですから、当然頭蓋骨が変化すれば頭皮にも変化が訪れます。

頭蓋骨がズレてしまうと頭皮が引っ張られてしまい、血管を圧迫。血流の流れが悪くなってしまい、薄毛の原因につながります。

■7.生活習慣

忙しい方は特に乱れがちなのが生活習慣。食事などは気を付けることはできても、仕事の都合上でどうしても生活習慣だけは如何ともしがたいケースもあります。

生活習慣の一つで怖いのが「朝シャン」です。夜に入浴する時間がないといっていわゆる「朝シャン」が日常化してしまうと、皮脂の過剰分泌などのトラブルを引き起こし、薄毛の原因につながります。

■8.頭皮の汚れ

人間の頭皮や髪は、非常に汚れが付着しやすい箇所であるといえます。その為、そのままにしておくと非常に不衛生です。

場合によってはそれが炎症のもとになってしまったり、汚れた皮脂が毛穴に詰まってしまい、発毛や育毛の妨げとなり、薄毛や抜け毛の原因となる可能性があります。

■9.シャンプーの仕方

力強くシャンプーをすると汚れが落ちている気がしますし、何よりも気持ちいいと感じる方も多いのではないでしょうか?ここがシャンプーの仕方に関する落とし穴です。

力強くゴシゴシと擦るようなシャンプーの仕方は頭皮を傷つけてしまい、炎症の原因になるほか、皮脂が落ちすぎてしまい過剰分泌に繋がる可能性があります。

優しく、指の腹で揉むように洗うのがベストとされているのですが、良いシャンプーの仕方を幼少期や少年期から覚えて実践できている方は、意外と少ないのではないでしょうか。

■10.シャンプーの種類

「シャンプーは髪によくない」そんな言葉をよく耳にすると思いますが「“自分自身に合わない”シャンプーはよくない」が、正解に最も近いでしょう。

洗浄能力の強いものがよいのか弱いものがよいのか?
保湿成分が高いものがよいのか低いものがよいのか?
どんな成分の入っているものがよいのか?

一概に「高ければいい」「髪に良さそうであればいい」というものでもありません。大事なのは「自分自身の頭皮や髪の状態にマッチングしているか」といった部分です。

そして自らに合わないシャンプーを使い続けていると、薄毛の原因に成り得る訳です。

■11.タバコ

体に悪いとされるタバコ。実は髪にも大きな影響が生じます。

タバコに含まれるニコチンは栄養の吸収を助けるビタミンCを破壊してしまいます。そしてビタミンCが破壊されると、血流の流れをよくするビタミンEにまで影響が及んでしまいます。

また、ストレスの項でもご紹介した男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」が、喫煙することによって増加傾向にあることがわかっています。

食生活の乱れやストレスと並ぶ、薄毛の大きな原因といえるでしょう。

■12.ヘアスタイリング

ワックスは頭皮や髪にとって刺激物です。適量を守ってスタイリングしないと悪影響を及ぼします。

また、長期間にわたって同じ髪の分け目にしていたり、ドレッドやポニーテールなど、頭皮を引っ張るようなヘアスタイルを続けていると、生え際から薄毛が進行していく原因になります。

■13.乾燥肌

皮脂が多すぎるのも良くないですが、かと言ってすべて洗い流してしまうのもNGです。

潤いが足りなくなってしまえば頭皮もカサカサになってしまい、髪をとどめておくことが難しくなります。シャンプーをかなり長時間する方などは、乾燥肌になっていないか要注意です。

■14.睡眠不足

髪にとって「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間があることをご存知ですか?

それが午後10時~午前2時の間。この時間にしっかりと睡眠をとれているか否かも大きな差が産まれると言われています。

また、眠っている間は体内活動も比較的穏やかです。その為、普段は後回しにされがちな頭皮にも十分に血液と栄養が配分されることになりますので、やはり十分な睡眠は頭皮や髪にとって必要不可欠と言えます。

■15.カルシウム不足

意外に思う方も多いかもしれませんが、カルシウム不足も薄毛の原因の一つとなります。

よく「カルシウムが不足するとイライラする」なんて言葉を聞きませんか?

これは脳の神経細胞の働きが低下してしまうためと言われています。そして脳の働きが悪くなれば、その上にある頭皮や髪の毛にも影響が及びます。

筋肉や骨のように、髪の毛はカルシウムで出来ているわけではありませんがとても重要な栄養素のひとつです。

また、年齢を重ねるとだんだんとカルシウムは吸収しにくくなっていくので、高齢で薄毛に悩む方は積極的に摂取するとよいでしょう。

■16.運動不足

髪に限ったことではないですが、運動不足はやはり身体にとって良いものではありません。

運動不足に陥ると筋肉の働きが低下します。血液は筋肉の働きによって循環されますから、運動不足の場合、血の巡りが悪くなります。

血の巡りが悪くなれば、頭皮に栄養素が上手く運ばれなくなり、結果的に薄毛につながってしまうわけです。

また、汗をかくことで体は老廃物を外に出します。毛穴に詰まった汚れも、汗をかくことによって浮き出てきますので、適度に汗をかくことはやはり基本にして重要です。

■17.加齢

40歳~50歳辺りから、体は徐々に衰えていきますが、髪や頭皮も例外ではありません。

体の細胞が老朽化し、栄養素を取り入れきれないことや、動脈硬化によって血流の流れが悪くなってきてしまうのが原因と言われています。

また、60歳を超えたあたりから、人間の体は自然と毛が抜けやすくなります。これを「老人性脱毛症」と言います。

ただし、歳をとっても元気な髪の毛をしている方がいることも事実です。そういった方々は日頃から適度な運動や食事生活に気を付けている方がほとんどです。

なにより、加齢とともに薄毛にならないためには若いうちからの心掛けが重要です。

■18.飲酒

お酒が大好きな方は要注意です。飲みすぎてしまうと肝臓がアルコールを早く分解しようとするために、髪に必要なタンパク質の元である“アミノ酸”を消化してしまうことになります。

また、アルコールを分解する際に、一度アセトアルデヒドという有害な成分に変化するのですが、あまりにも一度にアルコールを摂取しすぎるとこのアセトアルデヒドがうまく分解されずに血液中に巡ってしまいます。

そしてこのアセトアルデヒドは、薄毛の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」を増加させる働きを持っています。お酒が大好きで薄毛が気になってきた方は、少し控えめにしてみるとよいでしょう。

■19.遺伝

「ハゲは遺伝する」とはよく言いますが、実はまだ正確には解明されていません。もしも親族に薄毛が多く、気になるようであれば「AGA遺伝子検査」を受けてみるのもよいでしょう。

■20.肥満

ダイエットの項でもお伝えしましたが、肥満も髪や頭皮にとって天敵です。

肥満体系の方は血液中の脂質が多く、血の巡りが悪いため、その分頭皮や髪にも栄養素が行きわたりにくくなります。

また、汗をかきやすいため頭皮に汚れが付着しやすく。その汗の種類もサラサラとした良い汗ではなくベトついた悪い汗のであることが多いため、頭皮の炎症を引き起こす原因となりえます。

痩せすぎもよくはありませんが、太りすぎも髪や頭皮にとっては良くない要素と言えます。

■原因を知ることが発毛への近道!

薄毛の原因20選と聞くと、非常に多いと思われがちですが、ご紹介した内容のほとんどは日常生活に大いにかかわるものだったことがおわかりいただけたでしょう。

逆に言えば、薄毛の原因の多くは日常生活の中で気に掛けることが出来るということです。

今、薄毛に悩んでいる方の原因究明はもちろん。薄毛になりたくない方も、原因を知ることによって事前に予防ができる訳です。

自分が該当しそうな項目は、今一度見直してみるといいでしょう。

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。