高校生の抜け毛の原因と対策まとめ【徹底解説】〜10代の若ハゲを改善〜

抜け毛や薄毛といえば、40代以上の中年男性特有の症状と考えられていますが、実は若者や女性でも十分に起こり得ます。これは、高校生などの10代も例外ではありません。しかも、情報は十分に共有されていないうえに、必要以上に目立ってしまい、深刻な悩みへと発展するケースもあります。

そこで、このような悩みをどのようにして解消すれば良いのかを、これから詳しく説明していくことにします。


(出典:https://ikumouzai-seikatsu.com/system/articles/images/000/000/017/medium/3f06eb08-432f-49af-8ea1-025f9e215e72.jpg?1447388133

高校生の抜け毛の原因

薄毛になってしまうのを防ぐためには、抜け毛が増えてきたと気づいた段階で対応しなくてはなりません。ただし、高校生の抜け毛の原因は一つだけではないので、それぞれについての知識が必要です。これから、それらを一つ々々見ていくことにしましょう。


(出典:http://cm-tube.com/wp-content/uploads/2016/06/AGA01-580×327.jpg

AGA

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが変換されたDHTという物質が原因で進行する薄毛のことで、男性型脱毛症とも呼ばれている症状です。男性の薄毛の大半がこれと考えられており、日本人男性における発症頻度は全体の30%程度です。なお、具体的な疾患概念は次の通りです。

男性型脱毛症とは、毛周期を繰り返す過程で成長期が短くなり。休止期にとどまる毛包が多くなることを病態基盤とし、臨床的には前頭部と頭頂部の頭髪が、軟毛化して細く短くなり、最終的には額の生え際が後退し頭頂部の頭髪がなくなってしまう現象である。

引用:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf
つまり、M字ハゲやO字ハゲと呼ばれているような薄毛は、ほぼAGAとみて間違いないということです。ちなみに、発症するのは20歳代後半から30歳代にかけてが多いのですが、全てが該当するわけではありません。つまり、これよりも早い高校生の段階で発症する場合もあるということです。

なお、この症状は以前は男性特有と考えられていましたが、現在では女性でも発症することが確認されています。これは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量の低下により、テストステロン優位な状況となることが原因です。このために、女子高生であってもホルモンバランスが乱れてしまうと、AGAが発症するケースがあります。


(出典:http://xn--zdkza5911adjngisx4n.com/wp-content/uploads/2015/05/kamino-eiyou-tp.jpg

栄養不良

髪の毛は、体毛の一種であり、ムダ毛と呼ばれている脇やふくらはぎに生えているものと本質的には同じです。つまり、エステなどの脱毛サービスでムダ毛を除去しても病気にならないのと同じで、髪の毛を全てなくしたとしても健康に対して悪影響が生じることはありません。

言い換えれば、生きていくうえで必ずしも必要でない部分ということで、栄養素の残りの部分により構成されていると考えられています。このために、栄養不良のような状態が続くと髪の毛に回される分が不足するので、抜け毛が増加するという結果につながります。

なお、高校生で栄養不良になる原因として考えられるのは、スタイルを良くするためのダイエットです。プチ断食のようなごく短期的なものであれば問題はありませんが、期間が長くなる場合は薄毛になってしまう危険があります。


(出典:http://usuge-measures.com/img/sutoresu.jpg

ストレス

ストレスは、万病のもとといわれるほど様々なトラブルを引き起こす原因となります。これは、髪の毛に対しても同じで、強いストレスを受けると、髪の毛が白くなったり抜け毛が増加したりします。

具体的にどのような仕組みかというと、髪の毛の生成に必要となる亜鉛という栄養素を大量に消費してしまうのです。亜鉛は、たんぱく質の合成に関与しているミネラルで、この栄養素が不足するということは髪の毛の材料が供給できなくなるということです。このために、栄養不良と同じ状態となり、抜け毛が増加することになります。

さらに、ストレスはホルモンのバランスを狂わせてしまうので、過剰な男性ホルモン優位な状況を形成することによりAGAが進行するケースがあります。これは、男女問わず起こる可能性があり、高校生でも同様です。受験や部活、アルバイト、友人との関係などでストレスをため込み過ぎると、抜け毛が増加するのはこのような仕組みによるものです。


(出典:http://www.mueasa.com/img/header.png

高校生の抜け毛を改善する方法

それでは、これらの原因を改善する方法について説明していきます。

AGA対策の方法

テレビコマーシャルでも盛んに宣伝されているように、AGAは病院で治療を受けることが出来ます。これは、飲む育毛剤とも呼ばれているプロペシアという内服薬の処方が中心で、薄毛の進行を高確率で防止します。

なお、プロペシアがAGAの進行を防ぐ仕組みは、原因物質DHTの生産を抑制するという作用によるものです。具体的には、DHTの生産にかかわっているⅡ型5αリダクターゼという還元酵素を阻害するという作用を発揮します。これにより、短縮されていた成長期が元の状態に回復するので、髪の毛は短い状態で抜けなくなります。厚生労働省が実施した臨床試験によると、被験者の98%に不変以上の効果が確認されています。

ところが、この効果的な内服薬は、高校生のAGAに対しては使用することが出来ません。それは、国内の臨床試験は20歳以上の男性を対象に行われたので、未成年者に対しての安全性が確立していないからです。このために、AGA治療を行っている医療機関で診察を受けたとしても、高校生に対してプロペシアが処方されることはありません。

また、薄毛の予防や改善を目的として使用する育毛剤の中にも、成長期の使用を禁止しているようなものもあるので、高校生のAGA対策は大人よりもかなり制限された状況の中で行わなくてはなりません。しかも、お金をそれほどかけることもできないので、あくまでも一時的な対策と認識するのが適当です。

ちなみに、プロペシアは毛根を修復するような作用はないので、発症して5年以上経過した薄毛に関しては元の状態にまで回復させるのは難しいと言われていますが、逆に言うと5年未満であれば元に戻せるということになります。このために、15歳から発症したという特殊なケース以外は、仮に薄毛が進行したとしても成人からの治療で十分間に合うということです。

それでは、高校生によるAGA対策は何をすれば良いのかというと、食生活の改善です。特に、豆腐や納豆などの大豆性食品には、フラボノイドの一種であるイソフラボンを豊富に含んでいます。この栄養素は女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が類似しており、テストステロン優位な状況を改善します。つまり、ホルモンバランスを調整するので、AGAに対しての改善効果を期待できます。

もちろん、プロペシアと比較すると発揮される効果は微々たるものですが、一時的な対策としてはそれほど低レベルというわけではありません。また、お金をかけずに行えるということも、オススメできる理由です。


(出典:http://ikumousupplements.info/wp-content/uploads/2016/05/s_ahoS1D.jpg

栄養不良による抜け毛への対策

ダイエットにより抜け毛が増えた場合は、中止するのが適当です。髪の毛が抜けるようなダイエットは、栄養素が明らかに不足しているので、おそらくやり方が間違っていると考えられます。無理をして続けても良いことはないので、ひとまず適切な栄養補給を行い、計画を練り直さなくてはなりません。

なお、ダイエットによる栄養不良で失った髪の毛は、不足していた栄養素を補給することで取り戻すことが出来ます。具体的には、髪の毛の材料となるたんぱく質と、それをサポートするビタミンやミネラルなどです。肉や魚、緑黄色野菜をバランスよく食べることにより、数か月程度で元の状態に回復させることが出来ます。


(出典:http://kinntore-hosomaccho.com/wp-content/uploads/2016/01/c7616a8ff5200573c5062cd225a293ca_s.jpg

ストレスによる抜け毛への対策

ストレスとどのようにして付き合っていくのかは大人でも問われていることで、それほど簡単に解消することは出来ません。例えば適度な運動が効果的などと言われていますが、運動部に入っているような高校生でもストレスと無縁というわけにはいかないからです。

このために、ストレスによる抜け毛への対策は、根本的な原因を改善するというよりも対処療法のような内容となります。つまり、ストレスにより亜鉛が消費されることで抜け毛が増加するので、不足しないように補充するというやり方です。

なお、亜鉛は食品であれば牡蛎やビーフジャーキーに多く含まれているのですが、これらを日常的に摂取するのは簡単ではありません。それよりもサプリメントの方が手軽で、経済的な負担も少なくて済みます。ちなみに、お手頃価格のサプリメントであれば、1か月にかかる費用は200円から300円程度です。


(出典:http://pelolias.com/wp-content/uploads/25.jpg

まとめ

このように、高校生の抜け毛対策の基本は、栄養補給が中心です。これは、発育途上ということと経済状態を考慮したものです。お金をかけずに健康的に取り組めるということが、高校生でも出来る抜け毛対策の条件となります。

なお、これまで記述した以外では、普段のシャンプーを変えてみるという方法も効果を発揮する可能性があります。これは、大量生産型のシャンプーを使っているような場合は特に有効で、頭皮環境が正常化することによる抜け毛の減少を期待できます。ちなみに、ノンシリコンシャンプーなどの低刺激の商品も、1,000円未満の値段で販売されているものもあります。

ただし、これらの対策を実践したとしても、AGAの場合は劇的に改善させることは出来ません。あくまでも本格的な取り組みは20歳を過ぎてからになるので、高校生の段階で効果を体感できなくても何も問題はありません。ストレスにならないように、正確な知識を身につけておくのが適当です。

ちなみに、抜け毛が急激で10円玉のようなハゲが出来てしまった場合は、皮膚科で診察を受けなくてはなりません。それは、円形脱毛症と呼ばれている自己免疫疾患の一種で、通常の抜け毛とは原因が明確に違うからです。この疾患に対しては未成年者でも治療が受けられるうえに、健康保険が適用されるので、費用面でも心配する必要はありません。ほとんどは1年以内に治りますが、中には生涯治療が必要となるような悪性のものもあります。このために、早めに受信しなくてはなりません。

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。