自毛植毛が失敗した写真・画像まとめ!【注意】〜植毛治療は気をつけて〜

自毛植毛は、有名スポーツ選手や芸能人が実際に利用しているということで、成功率が高い安全な治療法と考えられています。しかし、一方では失敗したケースも報告されており、中には取り返しがつかないような状態になってしまったものもあります。そこで今回は、これらの中から特に深刻な状態になったものについて紹介していくことにします。


(出典:http://shokumouinfo.com/hair/wp-content/uploads/2015/03/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%BC%EF%BC%92.jpg

自毛植毛とは?

自毛植毛は、自分自身の毛根組織を移植することにより、薄毛を改善するという内容の治療法です。かなり進行した状態にも対応できるうえに、薄毛の原因を問わないということも魅力です。このために、多くの人が利用しており、1年間での実施数は20万件を超えています。ちなみに、その内の約13%は女性です。

なお、自毛植毛の効果と安全性を知るうえで参考となるのが、日本皮膚科学会が2010年に発表した男性型脱毛症診療ガイドラインです。これは、男性の薄毛の大部分を占めている男性型脱毛症(AGA)の標準的治療試案として作成されたもので、皮膚科学の根拠に基づいた情報を選び出し、有用性について評価するという内容です。

自毛植毛は、この中で行うよう勧められるという意味のBという評価を受けています。これは、行うよう強く勧められるという意味のAに分類されたミノキシジルの外用とフィナステリドの内服に次ぐもので、国内外における膨大な診療実績と患者の病悩を考慮した結果です。

ただし、充分な経験と技術を有する医師が行う場合に限定するとしています。これは、簡単な治療ではないからであり、施術者のレベルが未熟であった場合は、失敗する危険があるということを窺わせる内容です。


(出典:http://www.umedabiyou.jp/mens_index/images/header/mv01.jpg

自毛植毛の成功例

なお、自毛植毛が安全な治療法として認識されている理由は、スポーツ選手や芸能人が実際に利用して成功したことが広く知られているからです。まずは、これらの成功例について見ていくことにしましょう。

W・ルーニー

イングランドプレミアリーグで活躍中のスーパースターW・ルーニー選手が、2,011年と2,013年の2度にわたって行った自毛植毛は、大きな話題となりました。現役のサッカー選手が植毛手術を受けることは極めて異例で、仕上がりと共にプレイへの影響という点も注目されることになります。


(出典:http://aga-kokufuku.com/wp-content/uploads/2016/02/runi1.jpg
このように、25歳にしてかなりAGAが進行しており、デーティングサイトが実施した最も美しいW杯サッカー選手を決める投票で最下位になるほどです。欧米では、薄毛は個性として認められているなどと日本ではまことしやかに囁かれていますが、どうやら事実ではなかったようです。ルーニー選手自身も植毛に踏み切った理由として、25歳でハゲるつもりはなかったからと語っています。

(出典:http://blog-imgs-55.fc2.com/k/a/m/kame38/m0014149937.jpg
ご覧のように、手術から2年後にはこのようにフサフサになっています。ちなみに、費用が1万ポンドだったことも公表しています。ただし、この状態では不満があったようで、この年の6月に2度目の手術を実施しています。


(出典:http://static.independent.co.uk/s3fs-public/styles/readmore_card/public/thumbnails/image/2016/08/30/13/wayne-rooney.jpg
そして、こちらが現在(2,016年)のルーニー選手の頭髪です。本人はかなり満足しているようで、ハゲと呼ばれるような状態からは完全に脱却しています。また、サッカー選手としてのパフォーマンスの低下も見られません。このために、ルーニー選手の自毛植毛は、無事成功したケースということになります。

中野浩一

日本の有名人では、自毛植毛を行ったことを公表している人はほとんどいませんが、そんな中で全てをオープンにしているのがスポーツコメンテーターやタレントとして活躍している中野浩一さんです。


(出典:http://avrasya-haber.net/wp-content/uploads/2013/11/nakano-b.jpg
現役時代から男性用かつらのテレビコマーシャルに出演しており、かなり若い頃から薄毛だったことは広く知られています。ちなみに、上の画像は自毛植毛を受ける直前のものです。


(出典: http://www.kamiyutaka.com/wp-content/uploads/2014/12/fa4e9e9b3b167db1fa8c370a3b9c9dd6.jpg
このように、順調に回復しています。


(出典:http://www.mj-dragon.com/common/images/movie/tat2015-nakano1.jpg
ただし、残念ながら長くキープすることは出来なかったようで、手術してから10年後の2,015年には上の画像のような状態になっています。これは、60歳という年齢も関係しているのかもしれません。このために、ルーニー選手ほどではありませんが、健康状態が悪化したということも聞こえてこないので、中野浩一さんもまずまずの成功と言えそうです。

自毛植毛の失敗例

それでは、いよいよ失敗したケースを紹介していくことにします。これらを見ていくことにより、自毛植毛は安易に選択できる治療ではないということが、お分かりいただけると思います。

回復が十分でない

自毛植毛は、美容目的の治療に分類されているので、健康保険が適用されない自由診療となります。このために、かなり高額になるケースも少なくはありません。また、お金をかけたからといって、必ずしも十分に回復せずに残念な結果に終わってしまう場合もあります。


(出典:http://waka-hage.com/wp-content/uploads/2016/06/top_exp_img.jpg
かなり、定着していますが、これでは薄毛のままです。


(出典:http://www.shokumou.cc/omni/img/towa.jpg
こちらも同様に、十分な回復とは言えないようです。しかも、生え際部分がかなり不自然に見えます。

スポンサードリンク


(出典:http://imageshotfrogjp.blob.core.windows.net/companies/%E6%A0%AA-%E8%87%AA%E6%AF%9B%E6%A4%8D%E6%AF%9B%E9%96%8B%E7%99%BA%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80/images-pr/%E5%88%87%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E7%B8%AB%E3%82%8F%E3%81%AA%E3%81%84%E6%9C%80%E5%85%88%E7%AB%AF%E6%A4%8D%E6%AF%9B%E6%8A%80%E8%A1%93QT%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0-36498_image.jpg
回復途上なのかもしれませんが、頭皮が透けて見えています。100万円以上かけてこれでは、成功したとは言えないのではないでしょうか。

傷跡が残る

現在の自毛植毛は、メスを使用しない方法が主流となりつつあります。これは、傷跡が残りにくいということがメリットといわれています。ただし、全く残さないというわけではありません。また、メスを利用する方法の場合は、傷をつけずに毛根組織を採取することは出来ないので、場合によってはかなり大きな跡が残ってしまうケースがあります。


(出典:http://stat.ameba.jp/user_images/20090531/10/hage1/ea/8c/j/t02200180_0352028810189096608.jpg
短髪にすると、間違いなく気づかれるレベルの傷跡が残っています。


(出典:http://nyhairloss.com/wp-content/uploads/acell1.jpg
こちらは、さらに大きな傷跡が残っており、生々しい感じがします。


(出典:https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_sigg.2Mx6uvkR0G1FHU4nm5BIw—exp5m-n1/d/iwiz-chie/note-348548-i1-img.JPEG
このように、肉が盛り上がってしまうと、髪を伸ばしても気づかれる可能性があります。いずれにせよ、このような状態になると、傷跡は一生消えないので、付き合っていくしかないようです。


(出典:http://www.nicehair.org/wp-content/uploads/2015/03/Hair-transplant-gone-wrong.jpg
進行した薄毛を改善するためには、このように広い範囲から採取しなくてはなりません。すると、当然傷跡も大きなものになってしまいます。

身体へのダメージ

自毛植毛は、外科手術の一種であり、しかも病気を治すことを目的としているわけではありません。このために、健康状態は必ずしも良化するわけではなく、場合によっては大きなダメージを受けてしまうケースもあります。これは、効果が得られなかったり傷跡が残るなどの失敗よりも、健康に悪影響が及ぶので深刻な問題と言えます。


(出典:http://www.durranceeng.com/island/org_img/org_img_3.jpg
頭皮が強いダメージを受けていることが、分かる画像です。


(出典:http://www.mexis.gr/portal/images/stories/bad_tranplants/20.jpg
こちらは、さらに生々しい状態です。ここから回復するまでには、かなりの時間が必要になりそうです。


(出典:http://www.hairtransplantnetwork.com/hair_transplant_photos/Dr_P_Shapiro/hair-restoration-surgery-photo-top-b4-immpo-158873.jpg
このように、移植した部分の頭皮が炎症により変色しています。麻酔が切れて以降は、かなりの痛みを感じるであろうことが容易に推測できる状態です。


(出典:http://www.gihiny.com/img/header.jpg

失敗しないための方法

自毛植毛は、今回紹介した失敗例を見ればわかるように、かなりのリスクを伴う治療法です。中には、後遺症が残るほどの深刻なダメージを受けてしまうケースもあります。スポーツ選手などの有名人が成功したからといって、安易に選択するのは非常に危険です。

ただし、一方で自毛植毛が効果的な治療法ということも事実であり、育毛剤や内服薬では改善できないような進行した薄毛にも対応することが出来ます。このために、利用すること自体を否定しているわけではありません。

クリニック選びのポイント

では、どのようにすれば良いのかというと、日本皮膚科学会の薄毛治療のガイドラインでも述べられているように、充分な経験と技術をれであれば、皮膚科学の社団法人が推奨できる治療を受けられることになるからです。

このためには、事前の情報収集が非常に重要で、信頼できるクリニックを見つけ出さなくてはなりません。症例写真を見せてくれることと、事前にカウンセリングを実施していることが最低の条件となります。

なお、自毛植毛は美容目的の治療のために、通常の皮膚科や形成外科では行われておらず、美容外科や美容皮膚科の領域となります。また、これらの中でも様々な施術を実施しているトータルクリニックよりも、自毛植毛を専門に取り扱っている医療機関が適当です。専門クリニックであれば、豊富な実績を積み重ねているので、施術者のレベルも高いと推測できるからです。


(出典:http://shokumo.net/img/header.jpg

口コミも参考に

また、実際に自毛植毛を行った人の口コミも貴重な参考資料として利用できます。これらの全てを鵜呑みにするのは適当ではありませんが、信頼できる内容を記しているものもあるからです。また、画像付きで長期的に頭髪の状態を紹介しているブログを見るのもオススメです。単に、薄毛が改善したというだけではなく、施術後の変化を理解できるからです。


(出典:http://xn--u9jth2e374l7dwcsdba7826b.com/img/header.jpg

まとめ

薄毛治療の最終手段とも言われている自毛植毛は、他では得られない効果を期待できる一方で、失敗した時のダメージも非常に強烈です。100万円以上のお金が無くなるうえに、身体への悪影響が及ぶケースもあるからです。このような事態に陥るのは、絶対に避けなくてはなりません。

自毛植毛するうえで最も大事なのは、薄毛を改善するということではなく安心して利用できる安全性の高さです。W・ルーニー選手のように健康的にフサフサになることを目指すようにしましょう。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
スポンサードリンク
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。