おすすめの「飲む発毛剤」TOP5

おすすめの「飲む発毛剤」TOP5

■飲む発毛剤の大きな利点と気になるポイント!

頭皮へ直接塗布するタイプのものに比べると、手軽に摂取できるところが大きな利点です。

食前食後などに服用するタイプであったとしても、友人や仕事仲間の前で堂々と「サプリメントだから」と公言できるなど「人目を気にしなくていい」というのも、薄毛に悩む方々にとっては重要なポイントではないでしょうか?

とはいえ、なんとなく飲むタイプの発毛剤って「本当に効果があるの?」と考えている方も多いかと思います。どうしても「発毛剤=頭に塗り込む」なんてイメージが先行してしまいがちではないでしょうか?

そんな気になる飲むタイプの発毛剤をあらゆる角度から徹底解剖し、オススメの飲む発毛剤5選をご紹介させていただきます!

■そもそも「飲む発毛剤」は効くのか?

例えば、美肌効果があるといわれているコラーゲンは経口摂取では意味がないなんて話を聞いたことがありませんか?

実際、コラーゲンに関していえば経口摂取による効果があるのかないのかはいまだにはっきりしていない部分が大きいとのことですが、こういった話を聞くと「飲む発毛剤はちゃんと効くのかな?」というのが、やはり気になる所だと思います。

結論から先に申し上げますと、飲む発毛剤に関しては塗る発毛剤よりも体内に直接摂取するため、効果が表れやすいとされています。

だからと言って即効性がある訳ではありません。半年から長ければ数年単位で飲み続けることとでようやく効果が発揮されるものがほとんどです。

そして飲む発毛剤と一口に言ってもその種類は様々です。中には副作用が存在するタイプのものもあり、経口摂取によって発毛剤自体の効果が高まる分、副作用のリスクも同時に引き上げられてしまう欠点もあります。

それだけに、しっかりとした知識を持って飲む発毛剤の選択をしなくてはなりません。ただ闇雲に購入してしまうのは良いとは言えません。

■一口に発毛剤と言っても色々な種類が!

上でもご紹介したように、飲む発毛剤と言ってもすべてが同じではなく、症状や状態に合わせて自分自身に一番有用なものがどれなのかを選ばなくてはなりません。

ここでは、代表的な3つの成分について説明していきましょう。

・ミノキシジル

育毛剤としておなじみの「リアップ」に含まれている成分と聞けば、身近に感じられる方もいらっしゃると思います。

元々は血管を広げるための薬として開発され、高血圧の治療薬として使用されていましたが、この薬の副作用として脱毛改善や育毛効果があることが発見されました。

ミノキシジルの大きな特徴として「頭頂部」の育毛には効果を発揮するものの「前頭部」の育毛にはあまり効果的ではないという点があります。また、どちらかといえば脱毛を阻止するというよりかは発毛効果を期待するタイプです。

副作用としては、頭皮のかゆみやニキビなどの吹き出物の発生のほか、頭髪以外の毛が過剰に増えてしまう多毛症や、動悸などの症状が発症する場合もあります。

また、高血圧治療のための薬であることからも、持病のお持ちの方は十分に考えてから服用しましょう

・フィナステリド

元々はアメリカで前立腺肥大の治療薬として認可されたのがフィナステリド。海外でも60ヶ国で認可されているかなりメジャーな治療薬です。

男性型脱毛症の大きな要因と言われている男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の分泌を抑える働きがあるため、脱毛症に有用とされています。

更に、脱毛症の解消に大きな効果を持つフィナステリドですが、続けて服用していくと発毛効果も表れてくることが研究で判明しています。発毛だけでなく髪質や太さの向上効果もあり、非常に優れた成分です。

また、ミノキシジルと大きく違う点が「頭頂部」だけでなく「前頭部」の生え際にも効果があるとされている点です。いわゆる“M字ハゲ”にも効果があります。その為、ミノキシジルと同時に服用する方も少なくはありません。

副作用としては性欲減退、うつ症状などがあるとされていますが発症率は1%~2%とそこまで高くはありません。ちなみに、女性の服用は禁止されています。

・デュタステリド

2015年9月28日に厚生労働省より正式にAGA(男性型脱毛症)へ効果がある薬品として認められたのがこのデュタステリド。

先ほどのフィナステリドと同じく男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の分泌を抑える働きがあるとされており、フィナステリドと並び世界中で注目されている発毛成分です。

その効果はフィナステリドの約1.5倍とされており、高い効果が期待できますが、円形脱毛症といった若ハゲにしか効果がない点や、20歳未満の方の安全性やその効果についてはまだはっきりと判明していないとのことであり、未知な部分も多い成分です。

■医薬品と医薬部外品の違いって?

riappu
http://www.taisho.co.jp

いまや、かなりの種類が存在する飲む発毛剤。その中から自分自身に合ったものを選んでいくのも非常に大変です。

ですが、発毛剤として有名なリアップの広告を見てみると日本で“唯一の発毛剤”とのうたい文句が。これはいったいなぜでしょうか?

数多くの育毛剤や発毛剤が存在するにもかかわらず、リアップの広告では「日本で“唯一”の発毛剤」と広告で謳っているのには理由があります。

リアップのような「医薬品」は、薬としての効果もそして副作用も高いものとして指定されており“治療”を目当てとするものです。

一方で「医薬部外品」は病気の“予防”を目的として作られているものになります。その為効果も副作用も抑えめに作られています。

基本的に“発毛剤”と呼べるのは「医薬品」に分類されるものであり「医薬部外品」は“育毛剤”と呼称されることが多いです。

飲む育毛剤を選ぶ際は果たして「医薬品」なのか「医薬部外品」なのかをしっかり確認してから購入することをオススメします。

■気になる“お値段”の話。

発毛剤や育毛剤の価格の話になると、薄毛に悩む多くの方々は「決して安くない」と感じる方が多いのではないでしょうか?

実際、薬の価格を見ていくと中には数万円するようなかなり高価なものまで存在しますが、飲む発毛剤に関しては大体が3000円~5000円前後。高いものでも1万円を超えることは滅多にありません。

また、効果はほとんど変わらずに価格を抑えた「ジェネリック医薬品」が飲む発毛剤にも存在するため、お財布事情にも非常に優しいと言えます。

■特選!5つの発毛剤をご紹介!

飲む発毛剤がどういったものなのか。そしてその良いところも悪いところもお伝えさせていただきました。

そしてここまでご覧いただいた方は「じゃあ結局どれを買えばいいの!」と、非常に悩まれていることかと思います。

ここでは、成分や役目別にオススメの発毛剤をご紹介させていただきますので、ぜひとも参考にしていただき、ご自身にあった発毛剤を見つけていただければと思います。

・ミノキシジルタブレット2.5mg/5mg/10mg

価格:3000円~
019569_minoxidil_tablets
http://goodjob.click

発毛剤の主な成分の項でもご紹介させていただいたミノキシブルのタブレットとなっています。価格も手ごろなため根強い人気があります。

また、プロペシアなど、ほかの発毛剤と併用することでより高い効果が期待できるとの声が非常に多い薬品です

ミノキシジルの含有量が3種類に分かれていますが、最初から5mgや10mgを使用してしまうと効果が強すぎてしまい、場合によっては強い副作用が生じることがある為、初めての方は2.5mgから購入してみるとよいでしょう。

・プロペシア

価格:4000円~
000830_propecia_minox10
http://goodjob.click

こちらはフィナステリドを含んでいるものになります。国内の臨床試験でも結果を残しており、高い効果が期待できます。

初期段階は一回の服用で約0.2錠が推奨されており、最大でも一回の服用で1錠までと定められています。また、女性の方は触れることすら危険とされていますので、保管などには注意が必要です。

効果が期待できる分、扱いが難しい発毛剤ということでもあります。副作用のリスクも念頭に置いての服用が望ましいといえるでしょう。

・アボダート

価格:3000円~
000059_avodart
http://goodjob.click

デュタステリドが含まれているアボダート。2015年9月より男性脱毛症治療薬として日本でも正式に認可されました。その為、専門医などにも気軽に服用について相談できるのは強みでしょう。

また、同じタイプのフィナステリドに比べて効果が高いと言われており、人によっては約3か月ほどで効果が表れる場合もあるそうです。

とはいえ体質によってはフィナステリドが含まれている発毛剤の方が効果を実感できるケースもあるので、一概にデュタステリド系の発毛剤がいいとは言えません。

ちなみにアボダートにはデュタスやデュタステリドといったジェネリック医薬品もありますが、中には「アボダートじゃないと効き目がなかった」という方もいらっしゃるようです。

・L-リジンプラス

価格:2000円~
017717_lysine1600mg
http://goodjob.click

必須アミノ酸と言われるリジンは、体内でたんぱく質を生成する際に有効な成分といわれており、体内で生成できないことから最も重要な必須アミノ酸と言われています。

髪の毛はたんぱく質から作られていますので、このリジンを摂取することも発毛には重要な手立てとなります。

リジンを単体で服用するというよりは、他の発毛剤の働きを助ける役目として同時に服用するのがオススメです。

・ソーパルメット

価格:1800円~
014754_saw_palmetto
http://goodjob.click

ノコギリヤシの成分が含まれているのがこのソーパルメット。

泌尿器系の症状改善や、女性のバストアップなどに用いられることもありますが、抜け毛や薄毛対策としても有用な成分とされています。

頭皮の皮脂分泌を抑える効果があるため、髪に脂っぽさを感じる方は服用してみると特に効果を実感できるかもしれません。

ノコギリヤシタイプの発毛剤には、ほかの発毛剤に比べ大きな副作用がないことに加え、非常に安価で購入することができるのが大きな魅力です。「まずは発毛剤を試してみたい!」という方にオススメです。

■飲むだけでなくモチロンほかの努力も…。

薄毛に悩む方々にとって発毛剤は非常に強い味方になってくれる一方で、副作用など一定のリスクも伴います。余裕がある方は一度専門医に相談をしてから、自分に症状や体質に合ったものを選ぶとよいでしょう。

また、こういったサプリメントにありがちなのが「飲めば効果が出る」と、自助努力を怠ってしまうこと。

確かに、服用するだけで効果が発揮されることもあるかもしれませんが、食生活の改善やほかのアプローチによる発毛、育毛対策等も同時に行うことでより大きな効果を得られやすくなります。

効果が高いといわれる飲むタイプの発毛剤ですが、飲み始めてすぐに効果が表れるものでもありません。気長に取り組んでいきましょう。

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。