バランスの良い食事こそ薄毛への投資

美しい髪、黒々とした艶のある、髪を作るために必要な栄養素は何でしょうか? 毛髪に良い食べ物と言うと、真っ先にイメージするのが、黒々とした海藻類でしょう。髪の主成分は、アミノ酸です。アミノ酸を含むのはたんぱく質です。髪はタンパク質でできていますから、まずは良質のたんぱく質を摂ることが必要です。良質のたんぱく質とは、食品からしか摂取できない必須アミノ酸を、バランスよく含んでいるものを指します。この必須アミノ酸が不足しますと、抜け毛にもつながることになります。バランスの良い食事は、薄毛対策の最前線と言えましょう。こうしたことで、ここでは、抜け毛、薄毛と食事について考察してみます。

髪にとって必要な栄養素は?

髪の栄養素として、アミノ酸に次いで必要なのは、ミネラル類も健康な髪を作る上で、欠かすことは出来ません。
中でも、髪質を守る亜鉛や鉄分、メラニン色素の合成に欠かせない銅が、挙げられます。ビタミンの中では、ビタミンB群やピオチンが特に重要と言えましょう。
体内の活性酸素を減らすことも薄毛予防につながると考えられますので、抗酸化成分の摂取も大切です。
どうしても栄養バランスの隔たりが生じてしまう様なら、市場に数多く出回っています。サプリメントで補うようにしましょう。

含流アミノ酸の働き

髪の主成分・含流アミノ酸の毛髪を燃やすと、硫黄の様な臭いがします。
毛髪の主成分であります、タンパク質はいくつものアミノ酸から構成されていて、その中でも最多いのが、硫黄を含むアミノ酸、すなわち含流アミノ酸の一つ、シスチンだからです。
シスチンは体内で、含流アミの酸で、毛髪中に含まれています。
メチ二オンからも合成されますが、このメチ二オン自体は体内で、合成できない「必須アミノ酸」なのです。
つまり、シスチンやメチオ二ンを含むタンパク質を、食事から摂取しない限り、毛髪を作る原料は不足してしまうのです。

髪にとって特に重要な栄養素群

タンパク質
タンパク質には植物性タンパク質と、動物性たんぱく質があります。
植物性たんぱく質は、動物性たんぱくよりも、体内での吸湿率が悪いとされています。
大豆などの植物性たんぱく質だけでなく、肉や魚などの動物性たんぱく質もしっかり摂ることで、必須アミノ酸をバランスよく摂取することができるのです。
ミネラル類
タンパク質、脂質、炭水化物の3大栄養素の代謝などに欠かせない、微量栄養素です。
亜鉛は、髪の原料となる、たんぱく質の代謝に不可欠な栄養素と言えましょう。
これが不足しますと、毛母細胞を含む、すべての細胞分裂がスムーズに進みません。
鉄分も不足しますと、皮膚の粘膜にとって、マイナスとなります。
皮膚の一部である髪の毛にとっても同様です。

その他の重要栄養素

ビタミン類
抗酸化ビタミンのほか、髪に重要とされるのはビタミンB群です。ビタミンB1や、ビタミンB2は、タンパク質の代謝に関係してきます。ビタミンB2ハ、カミナドノサイボウノサイセイヲサポートシ、ハツイクノビタミントイワレテイマス。ビオチン(ビタミンH)はエネルギー代謝に変わり、不足しますと、血流にも悪影響を及ぼします。
抗酸化成分
活性酸素を除去する抗酸化成分は、植物などに含まれる香り成分や臭い成分などの総称です。ベータ―カテロン、ビタミンC、ビタミンEは代表的な抗酸化ビタミンです。この他トマトに含まれるリコピン、緑茶に含まれるカテキンベリー類に含まれるアンtシ二アン大豆のイソフラボン、胡麻に含まれるゴマリグナン等が知られています。

毛髪の主成分は、タンパク質

毛髪は、ケラチンという硬いタンパク質が主成分です。ケラチンは、十数種類のアミノ酸から構成されています。髪の90%は含流アミに酸にあるシスチンやメチオ二ンのほか、グルタミン酸、イソロイジンなどで構成されていますケラチンです。これ以外は、メラニン色素や脂質、勤続などです。

糖質の摂りすぎは、薄毛につながる

毛根につきものの皮脂腺、脂肪の多い肉、脂っこい食べ物など、脂質の多い食材を摂りすぎると、皮脂腺が発達し過ぎて、しまいます。その結果、血中のホルモンが個条に毛質に取り込まれ、毛根が衰えて細くなります。

タンパク質だけでは不十分

食事でとったタンパク質を、私たちの体で、利用できる形に変える仕組みを「代謝」と言います。
食事は、タンパク質だけでなく、ビタミン類も取る必要があります。
毛髪を始め、体を作る材料になっているタンパク質は、食事で摂ったタンパク質がいったんアミノ酸に分解された後、再合成されたものなのです。
この一連の動きを「タンパク質代謝」と言います。
タンパク質代謝には、ビタミンB群、中でもビタミンB2の働きは欠かせないものです。同じビタミン群の中ではこのB2が注目されるのです。
それは細胞の再生に関わっており、毛髪の成長を促進してくれます。
他にも頭皮の健康に欠かせないビタミンA、,毛細血管を強くするビタミンp 、など様々なビタミンの働きがあってこそ毛髪は守られているのです。

血行を促進するビタミンEに注目

ゴマ、アーモンド、落花生など、これらの食品に含まれる共通の栄養素は、「ビタミンE」です。
ビタミンEの持つ血行促進効果も、毛髪の成長を促す、絶好の栄養素と言えるでしょう。ビタミン類の中で、血行促進に大きな役割を期待されているのは、ビタミンEです。
ビタミンEは、血管壁に、こびりついて血管の老化を進める、過酸化脂質の生成を防ぎ、できてしまった過酸化脂質を分解して、血液をサラサラにする働きがあります。
つまり、血管をしなやかに保ち、血流を促進することが大いに期待できるのです。
ビタミンEは、種実類や種実を絞って作られる、植物油などに多く含まれているのです。最近注目されています、黒ゴマもビタミンEの多い食品の一つです。

噛めば噛むほど髪が生える

栄養を補うのであれば、今はやりの栄養サプリメントを摂取するのもいい方法でしょう。ビタミン剤などの、サプリメントで、毛髪に必要な栄養素を補う方が手っ取り早い、と言う人もあります。
しかしこれはあまりオススメできません。
食事は、ただ単に、栄養素を摂るための手段ではありません。
よく噛むことにより、その刺激は頭皮の血管にも伝わり、血行を改善することになるからです。
それだけ、毛髪に、栄養素が届きやすくなるのです。
飲み込むだけのサプリメントでは、得難い効果の一つと言えるでしょう。
豆、昆布などの硬い食べ物なら、いっそう効果的と言えましょう。

どのようなものを食べたら髪の栄養につながるのか

髪にいい栄養素は分かりましたけど、それでは、いったい何を食べたらいいのでしょう。ズバリ言って「まごはやさしい」食材です。
日本では、最近肉中心の欧米型の食事を摂る人が多くなりました。
つまりこれまで和食中心であった食卓風景が、大きく変わったのです。
そのため、脂質の摂り方に問題がありそうです。
脂質はエネルギー源や体を作る成分として、使われますが、摂りすぎると、エネルギーの過剰摂取となり、肥満などを招きます。
特に肉類などに多く含まれる、脂肪酸の摂りすぎは動脈硬化などを招く可能性もあります。血流が悪くなれば、当然頭皮の血行も悪くなりますので、髪の健康にとっても悪影響を与えます。
つまり資質の摂りすぎは、「ハゲル食生活」とも言えましょう。

「まごはやさしい」という言葉を知っていますか?

この言葉を知っている人は、食事の栄養に詳しい人と言えましょう。
まごはやさしい食材は、マメ、ゴマ、ワカメ,ヤサイ,サカナ、シイタケ、イモの頭文字をとって、まごはやさしいとなります。
この7種類の食材には、豊富な栄養素が含まれているのです。
野菜や果物には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
活性酸素を退治する抗酸化成分も含まれていますので、意識的に摂取したいものです。
抗酸化成分の働きを高める、酵素の働きを生で摂るのもオススメです。
また亜鉛や鉄など多様なミネラル類を含む、ナッツ類も、うまく摂り入れるといっそう栄養のバランスがとれた食事になるでしょう。

海の物には髪に良い成分がいっぱい

美しく健康的な髪はつやつや、そのつやつやには昔ながらの言い伝えとうり海藻類が大いに役立ちます。
海藻類だけでなく、魚介類など、海育ちの食べ物に含まれる、ミネラル類も髪の健康に欠かせない食材です。
なぜ海藻類が髪に良いのでしょう。
それには理由があります。
髪に光沢をもたらす、もとになっているのはコンドロイチンという成分を含んでいるからです。
これは海藻類のぬめり成分である、ムコ多糖体の一種なのです。
つまり海藻類を摂取することで、髪に艶を与える成分も取れると言う訳です。
また海藻類には、ヨードがたっぷり含まれているのです。
このヨードを始め、亜鉛や銅などのミネラル類は、活発な細胞分裂を促してくれる栄養成分なのです。

髪にいい食事のとり方

食事は髪のための先行投資の中で、最も重要なことなのです。
どのような栄養素を摂るのか、あるいは何を食べるのか、ということも重要ですが、その食べ方はもっと需要と言えましょう。一番大切なことは、ゆっくりよく噛んで食べると言うことです。
食べ過ぎを招き、肥満にもつながります。
肥満とは、余分な脂肪が体内に蓄積され、飽和状態のことを言います。
こうなると、血行が悪くなり、代謝の低下にもつながります。
さらに食事のときに、大量の水分を取りますと、消化吸収酵素を薄めてしまい、消化が悪くなります。
食事中の水分摂取は、コップ半分くらいの量にとどめた方がいいでしょう。

栄養サプリメントの活用

最近栄養サプリメントが、市場に数多く出回っています。
食事の大切さは分かっているけれど、つい忙しくて、簡単に済ませてしまうことも多いでしょう。
そのような人は、野菜や、果物、海藻類など摂取が少なく、そのため以前より栄養価が低下している人も多くなりました。
そのようなことから、栄養バランスを取るための手助けとして、栄養補助食品のサプリメントをうまく活用している人が見受けられます。
生活スタイルが全般に乱れている人の、補助栄養食品として今後も増え続けるでしょう。

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。