AGA薄毛の7つの最先端治療法の紹介

脱毛は、皮膚科で診る病気ではありますが、ひと昔前までは、「抜け毛対策」と言いまして、先ず市販の育毛剤、発毛剤を試す人が多かったのが実情でした。男性型脱毛症(AGA)に関しては、これまで「人種的な差による毛髪の生理的研究」つまり「皮膚の個性」という捉え方でした。そのため、医師側も、あまり積極的にAGAを治療してこなかった現実があります。この状況を大きく変えたのが、2005年に新しく登場しただAGA 治療薬フィナステリド(商品名プロペシア)でした。この薬を使用するためには医師の処方箋が必要だったのです。こうした事情が後押しし、皮膚科の医師も、AGAの治療に乗り出したのです。そうした実情を踏まえ、AGAの最先端治療法を検察して行きます。

AGA治療は、適した治療でなければ効果はない

男性型脱毛症の治療(AGA)と一口に言いましても、多岐に渡っています。
その中には、科学的なエビデンス(証拠)が認められないものもただあると言えましょう。
しかし高い金を投資して、治療を受けるのですから根拠のない治療でなく、出来るだけ、科学的に効果が証明された治療を受けたい、のが誰しも考えることでしょう。
そのため、日本皮膚科学会が「男性型脱毛症治療ガイドライン」を2010年策定しました。そこでこのガイドラインに沿って、AGAの最先端治療の治療法について述べて行きます。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

内服液フィナステリドの作用メカニズムと薬効について

弱い男性ホルモンであるテストステロンをもっと、強力な男性ホルモンであるDHTに還る働きをする、酵素に5α還元酵素がります。
また5α還元酵素には、I型と2型の2種類があります。
AGAの治療としてガイドラインで、強く進められています一つには、内服薬である「ファイナステリとがあります。
この薬剤は、5α還元酵素2型の疎外材です。
基本的にはテストステロンとよく似た構造を持っていて、5α還元酵素2型をテストステロンと奪い合う形式で、酵素を阻害します。
この阻害効果によって、テストステロンが、より強力なDHCに返還されるのを抑える効果を持つのです。
このように作用の仕方が、男性ホルモンに関わるメカニズムなのです。
飲み薬ファイナステリドは、5α―リダクターゼの2型のみをブロックし、その働きを抑制する薬です。
そうすることによって、前頭部や頭頂部で、「硬毛の軟毛化」を促進するジヒドロテストステロンの増加を防ぎ、AGAによる薄毛脱毛の進行を食い止めるのです。
AGAによって、成長期が短縮してしまっていた髪の毛が、簡単には抜けずに育っていけば、外見からも、髪がだんだんと太く長くなりますし、毛根もそれだけたくましく育つのです。

内服液ファイナステリドの使い方と注意点

フィナステリドの用法は、20歳以上の男性におけるAGAのみに使う薬剤です。
他の脱毛症には使わない方がいいでしょう。
また女性への適応はないとされています。
特に女性が妊娠している場合は、フィナステリドを使うと、生まれてくる男児の外性器が異常をきたしてしまう可能性があります。
錠剤としては、0.2㎎錠、1.0㎎錠の2種類があります。
日本の臨床試験では、0.2と1.0の間に明確な差が認めれなかったこともあり、2種類の錠剤が、販売されています。
日本の臨床試験では、「やや改善」以上の効果は、1日当たり、1錠48週間内服すると58%、3年間内服すると78%、でした。
自分ではなかなか毛髪が増えたと言うのに気づくのは難しいのですが、本来は見栄えを良くする治療ですから、自分で気づくことは必要なく、人からの印象が大事と言えましょう。見かけ上の効果が出るまで、6ヵ月以上は必要になります。
また効果持続のために、継続的な服用が必要でしょう。
一般的には、服用してから3ヵ月後「抜け毛が減った」などの効果が多いようです。

フィナステリドの副作用について

どのような薬にも、多かれ少なかれ、副作用は突きものです。
フィナステリドの場合は、臨床試験における副作用はごく軽いものでした。
薬を飲んだことと関連がありそうな副作用は、フィナステリド0.2㎎錠を投与したグループで1.5%、1㎎錠のグループで6.5%、プラセボを投与されたグループで、2.2%ありました。
どちらのグループも、男性機能の低下や、性欲の減退など「性」に関するものが大半でしたが、いづれも「自覚症状」で、日常生活に大きく影響をきたすものはなかったようです。そもそもフィナステリドには、性欲に関与するテストステロンを減らす作用はないので、理論的にも男性機能に支障をきたすことはないと言えるでしょう。
このため、フィナステリドを試したい方は、先ず「脱毛症外来」のある病院やクリニックで診察を受けなければなりません。
そこで、AGAと診断されれば、20歳以上の男性であれば、特別な検証なしで、フィナステリドを処方してもらうことができます。
ただし、QOL改善薬としての位置づけですので、健康保険の適応は認められず診察、薬剤費とも全額負担となります。
また市販後の調査では、国内で、数10万人が内服していると推測されていますが、その内数10例が、肝臓機能障害が報告されています。
数十万人の服用者に対し、副作用の報告例が、10数例あった場合は、一般の医薬品あら特別な注意喚起はなされません。
しかし、QOL改膳薬であるフィナステリドには、一応注意喚起の必要性があります。
なおフィナステリドは、「プロペシア」の商品名で、旧万有製薬から商品化されています。

ミノキシジルによる発毛促進治療

その他の治療薬としては、臨床試験でも優れた効果を発揮した、ミノキシジルがあります。
もともとは血圧を下げる薬でした。
しかし血圧を下げる効果はさほど見られず、全身の体毛が増えると言う副作用があったため、栄養の治療ではあまり使われませんでした。
製薬メーカーは、この多毛という作用に着目して発毛として開発、販売をし、現在に至っているのです。
このミノキシジルという薬は、日本で市販されています「リアップ」「リアップレディ」の主成分です。
アメリカの「ロゲイン」も同じ成分です。
違うのは、主成分の濃度で、リアップやリアップレディは1%濃度、ロゲインは5%の濃度となっています。
この他にアメリカの製品は、12%濃度というのも販売されています。
以上のような市販されている育毛剤は、いづれも塗り理薬ですが、飲み薬として使用するケースもあります。
女性用に2%ローションが、男性用として5%ローションが販売されています。
毛乳頭からVEGFという生長期維持因子を産出させて、その効果を発揮していることが知られています。
男性の場合、フィナステリド内服と、この薬の服用を同時に行うと、効果は倍加します。このミノキシジルは、国内では、大正製薬の「リアップ」、海外では、アメリカのファイザー社の商品「ロゲイン」などに配合されています。

ミノキシジルは主に頭頂部の発毛効果

ミノキシジルを使用すると、髪の毛が太くなり、長く伸びるのに加えて、休止期の毛根が成長期に移行して、新しい毛が生えて来ることもあります。
一般的には、頭頂部の薄毛に効果的とされていますが、数年というレベルで、治療を続けて行けば、前頭部にも、発毛効果が見られるケースがあります。
薄毛、脱毛になる人は、体質、健康状態、生活状況など、薄毛、脱毛がおこりやすい「何か」を持っている人が多いとされています。
頭皮の状況として、言えば、血流が悪化し、皮脂腺がやや太くなっています。
また頭皮の皮下で、白血球リンパ球の増加が見られると言う場合もあります。
いずれにしろミノキシジルによる治療を辞める場合は、辞めた後どうするか、髪の毛の健康のため、何をしていくのか、何ができるのか、その点を医師と相談して決めておくことが大切です。

自毛植毛のススメ

自毛植毛の最大の目的は、髪の毛を作る「毛包」を生きたまま移植,生着させて、脱毛部に、自分の髪を再生することです。
自毛消耗のデメリットは、植毛して、直ぐにふさふさとした毛髪になるのではないと言うことです。
手術後、しばらく移植したところを(は、短い毛のままであったり、一時的に抜けたりします。
しかし本来の自毛植毛の目的は、「髪の毛を植える」のではなくて、「髪の毛を作る毛包」を移植し、長い目で見て、「自分の毛を」生えさせることと言えましょう。
そこで問題になるのが、植えた毛包の生着率の事です。
施設や手術法によっても異なりますが、きちんとした植毛専門のクリニックであれば、95%以上が生着しますが、たとえ一旦脱落しても、直に、必ず自分の髪の毛が生えてきます。手術後に、一時的に、脱毛するのは、移植した毛髪が、ヘアサイクルの休止期に入ってしまうためです。
しかし、毛包が生着していさえすれば、その中では次の髪を作る準備をしていますので、安心して待っている方がいいでしょう。
髪が伸びて生えそろうまで6~8ヵ月はかかります。

外科的治療と内科的治療

内科的治療には一つの限界があります。
抜本的な解決を求めるなら、現状では、「自毛植毛」という外科的治療がおオススメです。男性型脱毛症の原因は一つではありません。
決定的な解決法はまだないと言った方が確かでしょう。
いまだに多くの専門家、学者たちが模索しているのが実情と言えましょう。
2005年からスタートしました、服役治療ですが、今の所まだすべての人に、効果があるとは言い切れない段階です。
また服用をやめると脱毛が進み、元の状態に戻ってしまうため、飲み始めたら長期戦を覚悟しなければならないと言った状況です。
確実に薄毛部分の毛が増え、特別なメンテナンスをしなくてもよく、また費用的にも、ランニングコストがかからない、と言う意味では、現状においては、男性型脱毛症の治療は自毛植毛が最善の策と言えるかもしれません。
しかし、美容外科も含めて、外科治療において抵抗がないアメリカや、台湾、韓国と異なり、日本人は、体にメスを入れるのを極端に嫌います。
こうしたことも今後の課題と言えそうです。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。